広告

posted by fanblog

2021年08月16日

灰と幻想のグリムガル17巻の感想・評価(ランタとユメが戻って来た!)

『灰と幻想のグリムガル』17巻の感想・評価です。
ランタ・ユメと合流!一緒に戦う日々に戻る。

灰と幻想のグリムガル 17巻 / 十文字 青

灰と幻想のグリムガル17巻.jpg

・『灰と幻想のグリムガル』の関連記事へ
・『灰と幻想のグリムガル』17巻の詳細


<あらすじ>

アラバキア王国の遠征軍は、ジン・モーギスが総帥となり独立。ゴブリンたちと同盟を結ぶことに成功しました!

次なる冒険はオークを中心とした敵部隊がいる"お嘆き山"。とある王が建てた城があり、その王が死んだ際に哀悼の意を表するため、人々は墓標となった城に向かって嘆きの歌を唄ったのでこんな名前になったのだとか。

シホルを失い、ユメ・ランタと再会したハルヒロ達の一行は、アンナさんのパーティ『トッキーズ』とオリオンのキムラらと一緒に、お嘆き山の古城を攻略。
懐かしいキャラも再登場し、一緒に戦ってくれます!

<感想・評価>

作品の特徴(5段階評価)
おすすめ度    ★★(面白いが、クセが強くてお勧めはしにくい。私は好きです)
読みやすさ:   ★★★★
ラブコメ量:   ■■■(?判断が難しい)
戦闘・バトルの量:■■■■■
ハーレム度    ■■■
感想
・ミモリンのキャラがいいです!大好きです!(笑)

・今回はランタも仲間として復帰して、アンナさんもいて、頭のおかしい言動のキャラもいっぱいいたので、全体を通して罵詈雑言が飛び交っていた印象です。
この17巻を読んでいて気づいたんですが、おとなしいハルヒロ達とは対照的に、このシリーズには口の悪いキャラがメチャメチャ多いです!
ひかえめなハルヒロが周りに振り回されて、ハルヒロはどうしていいか分からなかったり、内心で不平を言ったり。つられて彼自身も口が悪くなったり。反応が面白いです。

・一時期は真っ暗な異世界に行ってしまったり、精神世界のような所で特殊能力を手に入れて戦ったり。当初の雰囲気とは大分違った作品になってしまっていました。でもこの17巻も含めて最近は昔の『灰と幻想のグリムガル』に戻って来た感じがして嬉しいです。
(シホルがいなくなったりセトラが入ったり、記憶がなくなってたり皆強くなってたりしますが)
私は泥臭く戦っているハルヒロたちが好きなのかもしれません。

・トッキーズは良いチーム!メンバーの関係が印象的でした。
――――――――
「あぁーうちはね? トッキーズはほら、ファミリーみたいな? てゆーか、ファミリーなんだよね! パパ・トキムネ、ママ・アンナさん、長男・タダっち、長女・ミモリさん、末っ子・俺ちゃん、飼い犬・イヌイみたいな」
「クッ……」

「ワンッ……」←(イヌイ)
――――――――
静かなキャラのミモリンがハルヒロにグイグイ来たり、イヌイが雑に扱われていて意外と本人もそれを受け入れていたり。たまに出る意外性が面白いです。

・シホルが何やら大変なことになっています!彼女は空を飛んでました!
何が起こっているのか分かりませんが、もしかするとシホルはもうハルヒロ達のところに戻ってこないかもしれません。
実際この作品は早々にマナトが死に、モグゾーも死んでしまいました。(キャラ死亡の前科あり) シホルはなかなか不憫。彼女にはもう少し幸せになって欲しいです。

(『灰と幻想のグリムガル』17巻の感想・評価)





この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/10911521

この記事へのトラックバック
検索
最新記事

ライトノベルの発売日
ライトノベル
新刊の発売日情報!

可愛ければ変態でも好きになってくれますか?
『可愛ければ変態でも好きになってくれますか?』
感想・ネタバレ

『ダンまち』の感想・ネタバレ
『ダンまち』の感想・ネタバレ

『ありふれた職業で世界最強』の感想・ネタバレ
『ありふれた職業で世界最強』
感想・ネタバレ

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。