2020年05月03日

このすば!17巻 魔王とカズマがまさかの一騎打ち!(この素晴らしい世界に祝福を!感想・評価)

この素晴らしい世界に祝福を!17巻[この冒険者たちに祝福を!]の感想・評価です。
遂に完結!

この素晴らしい世界に祝福を! 17巻 / 暁 なつめ

このすば!17巻の表紙


このすば!17巻の購入へ


(通販サイト)


・『この素晴らしい世界に祝福を!』の関連記事へ


Amazon


楽天ブックス



<あらすじ>

アクアは勝手に家出して、ゆんゆん、ミツルギ達と共に魔王退治に行ってしまいました。カズマ、めぐみん、ダクネスの3人も、彼女を追って魔王城に到着!

めぐみんはカズマから貰った大量のマナタイトを消費し、爆裂魔法を次々と魔王城に打ち込み、城から出てきた精鋭のモンスター達やを蹂躙します。城を守っていた強力な結界も破壊しました!

めぐみん:「『エクスプロージョン』――! 『エクスプロージョン』――! 『エクスプロージョン』――――ッッッッ!」
ダクネス:「じ、地獄だ……この世の地獄だ……! いくら大量のマナタイトのお陰とはいえ、この光景を陛下や貴族たちが見たら、めぐみんは間違いなく最重要危険人物に認定されるぞ……! 国が放っておかなくなる……!」
カズマ:「わははははは、何これちょー気持ち良い! 今までの鬱屈した気分が全部吹っ飛ぶ!めぐみん、やれやれ! もういっそ結界を破壊しても、魔法の連打は止めずに続けろ!」

カズマは城に潜入。アクアの捜索と魔王退治の始まりです!

この素晴らしい世界に祝福を!17 この冒険者たちに祝福を!【電子書籍】[ 暁 なつめ ]

価格:704円
(2020/5/3 09:37時点)
感想(1件)



<感想・評価>

5段階評価
おすすめ度    ★★★★
ハーレム度    ★★★★
戦闘・バトルの量:★★★
ラブコメ量:   ★★★★
読みやすさ:   ★★★★★

感想
最終巻ですが、いつも通りな感じでした。(笑) 普通に読んでいて面白かったんですが、最終巻にしては特別感がちょっと足りなかったというか、これで完結というのは惜しいと感じてしまいました。
しかし嬉しいことに、この『このすば!』のその後のストーリーが描かれた続編(あるいは単発の短編?)が出るかもしれません!作者さんがあとがきでも言っていますが、魔王より強いと言われていた魔王の娘がどうなったのか、魔王の正体は何者だったのかなど、謎がまだまだ残っています!(これで終わりなハズは無い!そう信じたいです)

カズマの女性関係は結局どうなるのかも見届けたいです。ハーレムエンドでも面白そうですし、そうなるとアクアやエリス様とどうなったのかなど、とても興味深いです。

いつも通りギャグテイストな最終巻でしたが、最後にカズマが見せた男気や、アクアがカズマのために流した涙などは、いつもと違ったかもしれません。
カズマはこれまで魔王軍の幹部などを、姑息な手段やめぐみんの爆裂魔法に頼って打破していたので、魔王とカズマの一騎打ちというのは新鮮でした!

最終巻という割にスッキリと終わった感じではないので、『その後』のお話を是非待っています!

(このすば!17巻の感想・評価)





この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9820401

この記事へのトラックバック
検索
最新記事

ライトノベルの発売日
ライトノベル
新刊の発売日情報!

可愛ければ変態でも好きになってくれますか?
『可愛ければ変態でも好きになってくれますか?』
感想・ネタバレ

『ダンまち』の感想・ネタバレ
『ダンまち』の感想・ネタバレ

『ありふれた職業で世界最強』の感想・ネタバレ
『ありふれた職業で世界最強』
感想・ネタバレ