カテゴリーアーカイブ
最新記事
プロフィール
どんぐりぱぱさんの画像
どんぐりぱぱ
プロフィール

本・書籍 ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村
ファン

2020年08月14日

習慣が10割_吉井雅之

習慣の本を読んで、ブログをサボっていたことを反省しました。
読書メモも、そこそこたまっているので、どんどん吐き出して身軽になりたいと思います。

さて、本書ですが、真実と嘘を区別できない脳の性質を利用して、楽に、快く習慣化していくことにフォーカスされています。
まぁ、習慣化というジャンルで言えば、当たり前のことしか書いていないかもしれませんが、自分の時間の使い方を見直すきっかけになり、ヒントも得られます。

「自分を変える習慣力」という本を読んだときにも気づいたことを、強化してくれる1冊でした。

ちなみに、成功のイメージ例として、出世するとか昇進するとかの価値観が、私としては若干違和感が残りました。
私よりも若い、20代や30代の人は、もっと違和感あるかもしれませんね。


以下は、備忘録。
大丸2️「1個前の習慣」を決める
早起きを習慣にしたければ、「何時に寝るか」を決めなさい。

大丸2️願望の量=辛抱の量
「甲子園で優勝する」という大きな願望がある高校生たちは、それを叶えたいと思うからこそ、厳しい練習にも耐えることができます。
「地区予選の一回戦を勝てればいい」という小さい願望しか持たない高校生だったら、「どうせ一回勝てればいいのだから、ハードな練習をしても無駄」と考えるので、厳しい練習に耐えることができません。

大丸2️長続きする習慣づくり
・受信習慣
(どうインプットするか)
五感からの情報を知る、聞く、感じる、見る
・言語習慣
(どう言語化するか)
インプットから得たイメージを言語に置き換える
・思考習慣
(どう考えるか)
言語をもとに考える
・行動習慣
(どう行動するか)
思考を行動に移す

「確信習慣」
(確信できるか、できないか)
「錯覚習慣」
(良い思い込みか、悪い思い込みか)

大丸2️人間の脳は、真実と嘘の区別がつかない。
だから、人間の脳は「できる」と思ったことは全部できるようになっています。
「なぜ自分はいつもできないのか?」と脳に問いかけたとします。すると脳は、できない理由を探します。
「どうすればできるのか?」と脳に問いかけたとします。すると、脳はできる方法を探します。

大丸2️「人に能力の差はなし。あるのは、習慣の差」だけである。
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/10118927
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック