カテゴリーアーカイブ
最新記事
プロフィール
どんぐりぱぱさんの画像
どんぐりぱぱ
プロフィール

本・書籍 ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村
ファン

2020年02月09日

ゼロ・トゥ・ワン_ピーター・ティール

本書は、瀧本哲史による序文では、
リーンスタートアップとは真逆の「競合とは大きく違うどころか、競合がいないので圧倒的に独占できるような全く違うコンセプトを事前に計画し、それに全てを賭けろ」というスタンスである、と紹介されています。

今、私が勤めている会社のビジネスモデルが、市場と乖離して来ている状況でして、読みながら、色々と思うところがありました。

ペイパルマフィアの親玉だけあって、鋭い洞察力はさすがです。
思考がなかなか深いです。

何気なく図書館の本棚から手にしたのですが、久しぶりの大ヒットです。
何かのヒントになるかも知れませんので、ぜひ読んでみてください。



以下は、備忘録。

今日の「ベスト・プラクティス」はそのうち行き詰まる。新しいこと、試されていないことこそ、「ベスト」なやり方なのだ。

採用面接でかならず訊く質問がある。「賛成する人がほとんどいない、大切な真実はなんだろう?」
正しい答えは次のようになるはずだ。「世の中のほとんどの人はXを信じているが、真実はXの逆である。」
視点が未来に近づくほど、いい答えになる。

<ドットコムバブルの教訓
1.小さな違いを追いかけるより大胆に賭けた方がいい
2.出来の悪い計画でも、ないよりはいい
3.競争の激しい市場では収益が消失する
4.販売はプロダクトと同じくらい大切だ

「誰も築いていない、価値ある企業とはどんな企業だろう?」
完全競争下では長期的に利益を出す企業は存在しない。
永続的な価値を創造してそれを取り込むためには、差別化のないコモディティ・ビジネスを行ってはならない。
独占は、すべての成功企業の条件なのだ。

(経済理論が完全競争の均衡状態を理想とするのは、モデル化が簡単だからであって、それがビジネスにとって最善だからじゃない)

「このビジネスは10年後も存続しているか」そのビジネスの定性的な特徴を客観的に考えてみる必要がある

<独占企業の特徴
1.プロプライエタリ・テクノロジー
2.ネットワーク効果
3.規模の経済
4.ブランディング

プロプライエタリ・テクノロジーはビジネスのいちばん根本的な優位性だ。それがあれば自社の商品やサービスを模倣されることはほとんどない。それは二番手よりも10倍は優れていなければならない。

ネットワーク効果を狙う企業は、かならず小さな市場から始めなければならない。Facebookはハーバードの学生だけの間で始まった。初期の市場は小さすぎて、そこに事業チャンスがあるようには見えない。

ソフトウェアのスタートアップは、販売増加にかかる限界費用がほぼゼロに近いため、劇的な規模の経済の恩恵を受けられる。しかし、多くの企業にとって、規模の拡大によるメリットは限定的だ。
規模拡大の可能性を最初のデザインに組み込むのが、優良なスタートアップだ。

強いブランドを作ることは独占への強力な手段となる。今いちばん強いテクノロジー・ブランドはアップルだ。アップルはハードウェアとソフトウェアの両方で、一連の複雑なプロプライエタリ・テクノロジーを有している。大量生産によって、材料価格も支配できる。その上、コンテンツの生態系を通して強力なネットワーク効果を享受できる。
アップルの一連の独占的優位性は偉大なブランドの陰に隠れているけれど、こうした本質なのだ。

独占を築くには?
1.小さく始めて独占する。
2.規模拡大
3.破壊しない
4.ラストムーバーになる

<起業するなら、かならずべき乗則を心にとめて経営しなければならない。いちばん大切なのは「ひとつのもの、ひとつのことが他のすべてに勝る」ということだ。
(ベンチャーキャピタルにとつて何よりも大きな隠れた真実はファンド中最も成功した投資案件のリターンが、その他すべての案件の合計リターンに匹敵するか、それを超えることだ)


7つの質問
1.エンジニアリング
2.タイミング
3.独占
4.人材
5.販売
6.永続性
7.隠れた真実

テスラ:
7つの質問すべてに答えたスタートアップ

1.ベンツはテスラのドライブトレーンを、トヨタはテスラのモーターを使っている
2.2010年に補助金が政治的に取り沙汰される一年半前、500億ドル近いローンを確保した
3.自分たちが独占できる極めて小さい市場からスタートした。ハイエンドの電気スポーツカーだ。
4.マスクは最高のエンジニアであり、最高のセールスマンでもある。だから両方に秀でた人材を集められたのもうなずける。
5.自社の販売店で販売とサービスを行っている。初期投資は大きいが、顧客体験をコントロールでき、ブランドを強化して、長期的には節約できる。
6.誰よりも速く前進しており、他社との差はますます広がる。みんなが欲しがるブランドになったということは、明らかなブレークスルーの証拠だ。
7.クリーンテクノロジーは環境に必要なものというより、社会現象であるという真実の上に、独自のブランドを築いた。

この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9620538
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック