広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

豆腐ダイエットの良さって・・・

豆腐ダイエットの魅力ってどこあるのでしょうか。
色々な料理に使えて味つけのバリエーションも広い豆腐は、
様々な方法でバリエーションを楽しみながら食べていられます。


豆腐ダイエットに用いる豆腐は木綿豆腐が向いています。
木綿豆腐は色々な料理に生かせる食材であり、絹ごし豆腐より栄養成分が豊富です。
豆腐は食べる量に対してもかなり低カロリーで、1丁あたり何と

絹ごし豆腐・ ・・120〜160キロカロリー

木綿の豆腐・・・150〜200キロカロリー


食べ応えもあり腹持ちも良いので、
置き換えダイエット特有の空腹感を感じずにいられる事が出来ます。


また、肉や魚に含まれる動物性たんぱく質は体内に4時間以上は残ってしまいますが、
豆腐は水分が多くたんぱく質が消化されやすく、短時間で体に吸収されていきます。


消化吸収がいい食材なため、胃腸が調子悪い時などにもいいです。
起き抜けに口にするものとしても豆腐はいいので、
腹持ちのよさもあって午前中の食事としては最適です。


豆腐を炭水化物に置き換えた食事なら、
少々食べ過ぎたり夜中におやつをつまんだりしてもカバー出来ます。
豆腐メインの食事効果で、ある程度ならリカバリーが効きます。


3食の食事のうちどこで豆腐を食べてもいいので、プランの調整が容易です。
予定外のことが起きてもメニューを立て直せば、きっと豆腐ダイエットはうまくいきます。

豆腐ダイエットの栄養素

豆腐にはダイエットに有効な成分がとても沢山含まれています。
豆腐の植物性たんぱく質は20種類あるアミノ酸を全て含み質的にも優秀です。
肉・魚と違い脂肪分が少ないので健康的で、たんぱく質補給も出来ダイエットに好都合です。


大豆に多く含まれる大豆イソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンに近い特性があります。
新陳代謝を活性化させてみずみずしいお肌を作ってくれます。
必要の無い体脂肪を減らし、血中コレステロールや中性脂肪を調整する大豆レシチンも重要です。


メタボリック症候群予防だけでなく抗老化作用もあると言われており、
内臓や肌の細胞をリフレッシュさせて若々しさをキープする効果があるとも言われています。


豆腐には大豆オリゴ糖という成分が含まれており、これは体内に入ると、
腸内のビフィズス菌の餌として届けられ、善玉菌が活性化する作用を助けています。
コレステロール値を下げたいなら、豆腐に含まれる大豆サポニンが有効です。


食べたものが脂肪となって残されないようにセーブしつつ、
気になる血中脂肪を適正値に下げて健康的な痩身ができるようにしてくれます。


たんぱく質や脂質、炭水化物を消費し、生命活動を円滑にするにはビタミンBが大事です。
摂った炭水化物をエネルギーに変えたり、蓄積されている脂肪を活性化するには、
大豆サポニンが重要です。豆腐はビタミンB群を含むので、ダイエット効果も上がります。
   
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。