広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

ブライトンネットのApple pencil用替芯

10.5インチiPad ProとApple pencilを使ってます。
手書きメモアプリを使って紙の手持ち資料を大幅削減、とっても便利に使っています。
が、iPadの画面とペン先はどちらも硬い材質なので、書き味はツルツルと滑る感じであまり良くありません。
Apple pencilはペン先と表示のズレも時間差もほとんどなくてとても使いやすいのですが、そのツルツルとした書き味だけが気になっていました。
iPadで絵を描く人は画面にペーパーライクフィルムを貼る人が多いようですが、少々値が張るのとペン先の磨耗が早くなるという話を聞いて躊躇してました。
主な使い方はメモ取りと簡単な図を書くぐらいだし。

そんな時に見つけたのが替芯、と言うか替ペン先。
純正のペン先に比べて摩擦が大きい材質のペン先で、ツルツルとした書き味を改善しましょうと言う製品。
レビューの評価は真っ二つの印象でしたが、それほど高価でもないのでなにはともあれ買ってみました。
届いたものをよく見ると、ペン先全体が柔らかいわけではなく、先端のみにゴムのような材質が使われています。
CF3F57D0-CAB3-4752-B12A-028EF75D447D.jpeg707F1FC9-D7B7-4C77-B32A-60E23B9E9839.jpeg

早速ApplePencilに装着すると鉛筆のような見た目に。

私のiPadはダイソーの保護シートが貼ってある。A4サイズで画面サイズに合わせて切って使うタイプ。
そのせいか書き味はツルツル感があまり変わらない。
試しに画面をクロスでよく拭いてみると少し抵抗が出てきた。
でも紙に鉛筆で書くような、サカサカした感じではなく、少し硬い消しゴムで擦っているような感触。
感覚で一番近いのは昔あったスーパーカー消しゴムのあの硬さ。
普通の消しゴムより固くて、字はきれいに消せない、ランボルギーニとかのスーパーカーの形をした消しゴム。
その硬さ、滑りが一番近い気がする。

ダイソーの保護シートを剥がせばまた変わるかもしれないが、100円とはいえまだ貼ったばっかりなので..

微妙な気持ちのまま使い続けているが、だんだん「これでも良いのかな」と思い始めてきた。

良い点
・純正より柔らかいので、コツコツという音が小さくなった。
・画面に傷がつきにくくなったと思う。
・なんだかんだとツルツル感は少し抑えられる。

悪い点
・斜めの線が少しブレる。
・紙と鉛筆の書き味ではない。

斜めの線がややブレるようになった。
絵を書く人は致命傷でしょう。が、私の使い方ではさほど気になりませんでした
紙と鉛筆の書き味にはならないことは想像できたが、予想より摩擦は少なかった。
とはいえ、純正よりはペン先は走らず、多少は書きやすくなった。
マジックやサインペンで硬いものに書いている感触に近い気がする。

そしてしばらく使っていると、何がそう感じさせるのかはわからないけど、本物のサインペンで書いているような感覚になっていることに気がついた。

なぜだろう??

純正だとコツコツと言う書き味のせいか、何というか「機械を使って書いている。」という感覚が抜けないのですが、少しペン先に弾力があるので機械感がなくなるのでしょうか?
「本当にペン先からインクが出ている。」感

※あくまで個人の使用感ですが...

ApplePencil・ApplePencil2用替え芯(ソフトタッチ 3個セット)BM-APRPSIN

新品価格
¥1,408から
(2019/12/14 18:08時点)


Apple Pencil (第一世代)

新品価格
¥11,443から
(2019/12/14 18:10時点)


ANKER PowerLine2

iPhoneやiPadの充電もUSBタイプCのPDで急速充電ができるようになりました。
Apple純正のタイプC-lightningケーブルは高いけど、iPad Proの充電時間に閉口してしまい、悩んだ末にAmazonでポチった。
タイプCのPDに対応したアダプターが安くなってきたことも手伝って。

iPad Proなんぞ、満充電に4時間近くかかっていたけど、2時間ほどで充電完了できる。
買ってよかった。

ケーブルと一緒に買ったアダプターはNIMASOの30Wタイプ。
タイプC端子が一つだけのもの。
会社で便利に使っていましたが、会社の机にはまだUSBタイプAの機器もたくさんあり、充電器を二つ使い分けていた。

煩わしいのでANKERのタイプCとタイプAが一つずつついた45Wアダプターを買い増した。
会社で使っていたNIMASOのアダプターは自宅に持ち帰ったが、肝心のケーブルは一本しかない。

そこでANKERのPowerLine2をポチった。

988B9DD1-321A-44C2-8C61-A3EADE30F45A.jpegC9B23E5D-1807-4A99-AE92-B5A84CA4C5C9.jpeg

箱から出てきたのは極太ケーブル!
ちゃんとまとめるバンドも付いてきました。

純正ケーブル(タイプAだけど)と比べると、この差。

14E9D822-602D-4E07-AEDB-A80716CC2F5A.jpeg

Apple純正ケーブルも最近のものは初期のものより少し太くなってるようですが、PowerLine2に比べると細い細い。

これで会社でも自宅でも急速充電が利用できるようになりました。

快適、快適

何年も使っているApple純正ケーブルは、よく見るとlightningコネクタの方のケースにヒビが入っていたのが見つかりました。
今まで気にしてなかったけど、トラブルになる前に購入して良かったです。

Anker PowerLine II USB-C & ライトニング ケーブル【Apple MFi認証取得 / Power Delivery 対応 / 急速充電&データ同期 / 超高耐久】 iPhone 11 / 11 Pro / 11 Pro Max / XR / 8(0.9m ブラック)

新品価格
¥1,599から
(2019/11/16 22:47時点)

iPad ProとUSBタイプC充電器

10.5インチiPad Proを購入してかれこれ2年が経ちました。
MacBookAirを使う機会がめっきり減りました。
が、しかしこれはiPad Proがすごいと言うより、私のパソコンの使い方が大したことないと言うことの方が大きいですが
(使ってるMacだって2012年製のものだし...)

会社内はそれほど強くペーパーレスを推してるわけではないですが、回覧物など紙で回せば時間がかかるし、(たまになくなるし...)回覧が終わって戻ってきた書類の処理も面倒だしで、印刷せずにPDFで送る人も増えました。

そんなこともあって必要な書類はみんなiPadに放り込んでおく使い方も楽になりました。

今までは紙の回覧物をいちいちスキャンして保存していた。
「せっかくエクセルやワードで作った資料なのに」と思いながら...

iPadはサッと取り出してサッと使えるところが大きな、非常に大きな魅力だと思うのですが、バッテリー持ちの良さもあってヘビーユーザーじゃない私は定期的に充電する習慣がないんですね。
で、会社で使おうと思うと充電が心許ないことがちょいちょいあり、そこでおもむろに充電を開始するのですが、付属充電器だと充電が非常に遅い。

iPad ProはUSBタイプCのPDに対応していて、純正のLightning-type-Cケーブルと対応充電器を使えば急速充電ができます。

純正ケーブルは高価なのですが、type-C PDは電圧も電流もこれまでのUSB電源供給の規格より高いのでしっかりしたものを選んだ方がいいです。
(純正とは言わなくても、信用できるメーカーのものを。)

私はケーブルはアップル純正を、充電器は色々悩んでNIMASOにしてみました。
ちなみにiPad Proの急速充電は18Wと30Wと諸説あるようなんですが、アップルも特に公表してないようなので、30Wにしてみました。

はや〜い!!
1時間半から2時間くらいで充電完了する感じでしょうか。
出社してから充電がないことに気がついても、30分ほど充電すればとりあえず会議1回分はなんとかなる感じ。

買ってよかった〜

で、ANKERのType-AとType-C両対応の充電器を買い増しました...

Anker PowerPort ll PD - 1 PD and 1 PowerIQ 2.0 (48W 2ポートUSB-A & USB-C 急速充電器)【PSE認証済/PowerIQ 2.0搭載 / PD対応/折りたたみ式プラグ搭載 】iPhone 11 / 11 Pro / 11 Pro Max / XR / 8、Galaxy S10 / S10 、Xperia XZ1、MacBook他対応(ホワイト)

新品価格
¥2,639から
(2019/11/10 13:53時点)



NIMASOの30W充電器は取り扱い終了だそうです...

Documentsに乗換え

仕事でiPadを使ってます。

資料をPDFにしてどんどん放り込んでおくという使い方が主で、打合せの時でも必要な資料をサッと見ることができます。
使うかわからない資料を山のように持って行くこともなくなり、本当に重宝してます。

で、これまでは「GoodReader」というアプリを使ってました。
PDF以外にもいろんな種類のファイルに対応していて、フォルダでの管理もでき、OneDriveやDropBoxなどと連携もできます。
PDFに書込みをするなど、ちょっとした編集もできて便利です。
が、クラウドとの同期が手動だったり、動作が全体に重かったりと、ファイルの閲覧の機能は十分でしたが管理の機能がもう一つといった感じでした。

レビューを参考にしてほかのアプリを探していたら「Documents」を見つけました。
F76EFE13-F0D2-462C-9A91-2EF2F88424B3.png

レビューを見る限りは評価が高く、GoodReaderからの乗換え組もいるようです。

早速使ってみました。
動作は軽く、クラウドの同期も都度行われます。
操作系はDocumentsの方が直感的でわかりやすいでしょうか。しかし、画面に合わせた拡大縮小の挙動など細かなところはGoodReaderの方が洗練された印象です。

(わかる人しかわからないでしょうけど、一太郎からWordに乗換えた時の感覚に近いでしょうか。)

残念なのはGoodReaderではPDFにペンで書込みができたのですが、Documentsでは有料のオプションでしかも\1,200と少しお高め。
なのでGoodNotesなどに一度書き出して、編集後に戻すという一手間をかけてしのいでいました。

が、結局面倒になってついにオプションを購入しました。

これで会議の前にファイルをいちいち書き出す必要もなくなり、Documentsだけで完結するようになりました。
ペンの書き心地はGoodReaderと同程度でしょうか。ちなみにGoodNotesの方が圧倒的に上です。

一手間は無くなったものの書き心地を考えると、果たして\1,200の価値があったかといえば...

微妙かなぁ...

iPhone6plus修理

これは結果オーライのパターンだろうか??


iPhone6plusを修理に出した。

いろいろ悩んで、値段は張るけど任せて安心のアップルの正規サービスプロバイダにお願いした。

画面は割れてるけどヒビは一本入ってるだけだったのでそのまましばらく使っていた。

画面の上部に灰色の線が現れてタッチ操作が効かなくなる、いわゆる「タッチ病」がでて、使い物にならなくなったので、迷った挙句修理に出すことにした。


「アップルに送り返しての修理になる。二週間ほどで完了すると思います。」とのこと。

この時、店員さんはタッチ病についてはほぼスルー。

何度か念を押したのに、やはりスルー。


不信感を持ちつつも「正規プロバイダだから大丈夫。」と自分に言い聞かせて託した。


その後...

一ヶ月過ぎても連絡なし。

何度電話しても全然出ない。


おいおい!とシビレを切らして直接お店に行くと電話番号を間違っていて連絡がこなかった模様。


スッキリと修理を終えて綺麗になったiPhoneを受け取り、結局画面割れ修理分しか請求されず、ラッキーっと思って帰りの電車に乗る。

何気にロックを外すと、あれ?

画面の上部に灰色の線がチラチラ

タッチ操作が効かない!

直ってない!


電車を降りて店に引き返し、話をすると今度は無償修理になるそうだ。


平謝りで対応してくれ、日数はかかるけど最初に対応してくれた店員さんはこれを狙ったのかな?

そう思えるほどタッチ病については見事なスルーっぷりでした。


タッチ病の修理プログラムは1万7千円ほど。

画面割れは1万5千円ほど。

両方直せば3万以上?単純な加算かどうかわからないけど、それが画面修理分だけで済むかもな展開になってきました。


再修理受付の店員さんは「もしかすると請求が出るかも」と言う不吉な事を言ってましたが、絞り出すような声で「も〜しかするとぉ〜〜」みたいな感じだったので期待しましょう。


ダメだったらまた報告します。



その後、一週間ほどで修理を終えて送られて来ました。

修理報告には「この度は修理に不手際があり、申し訳ありませんでした。」というお詫びが添えられており、結局ガラス交換費用でタッチ病までなおしてもらえました。


最初に対応してくれた店員さん(少し年配の方で、偉い人のように見えました。)はこれを狙ったようにしか見えなくなって来ましたが、ホントのところはどうなんでしょうね〜

Macのバッテリーを交換しました

 2012年製に購入したMacBookAirですが、流石に5年も使うとバッテリーがへたり、新しい頃は私の使い方だと2日に一回くらいの充電で十分だったのに、最近は2時間ほどしかもたなくなりました。
電源のステータスでも「要交換修理」の表示。
普段はネットとメールくらいしかしないので新しいMacに買い換える動機もなく、バッテリー交換でもしようかと。
しかし、田舎なのでアップルストアは遠く、配送修理は面倒くさい。

 ならばと、Amazon様で交換用バッテリーをポチッとやってみました。

 これ、Amazon様で売っているのはアップル非公認、バッテリー交換しようと考え始めたのは昨年の夏(過去記事)なので、半年近く悩んだ末のポチり。

いらっしゃいiPadPro!

 いや〜ついにポチってしまいましたよ、iPad Pro
 ず〜〜〜〜〜っと悩んで、アップルのサイトで何度もバックに入れては出し、入れては出し、入れては出し。その繰り返しっぷりは、ほぼ吉本の「乳首ドリル」状態
 でもついについにポチってしまいましたよ。

MacBookAirのバッテリーがヘタった

 2012年に悩んだ末にポチったMacBookAir
 かれこれ5年使ったことになります。
 バッテリーはだいぶヘタり、診断でも「交換修理」という表示。買った時はほぼ一日使えてたのに2〜3時間しか持たなくなりました。
 普段はネットとメールくらいしか使わないので、このバッテリー以外はスペック的にはあまり不満はない。新しいMacBookProには憧れるものの、高価だし自分の使い方を考えると決定的な買い替え動機も乏しい。
 むしろiPad Proの方が自分には合っていると思う。初代iPad Airで手書きメモを多用しているのでApplePencilは激ほしい。

 10.5インチiPad Proほしい...

 iOS端末だけでなんとかならないか?
 パソコン必要?

 時々こういうことを考える波が来るけど、やっぱりあった方が良いよね。ネットでiOSだと表示されないページとかもあるし。
 でも新しいMac買うほどに、すごく必要って程でもないんだよね。
 バッテリーがこんな状態になって、残量30%表示でも突然シャットダウンしたりするので、ますますMacの使用頻度落ちてます。

 そうやって悩んでいたらAmazonでMacBookAirの交換用バッテリーがありました。
 あれ?MacBookAirってバッテリー交換できないんじゃなかったっけ?
 できないのはProの方だったか?

やって見ようかな、バッテリー交換...

SLODA のための高性能ノートPCバッテリApple Macbook Air 11" A1495 A1406 A1370(Mid-2011) A1465(Mid-2012 Mid-2013 Early-2014), also fits 020-7376-A 020-7377-A MC968 MC969 MC965 MD711 MD712 MD233LL/A (新バージョン12ヶ月の保証7.6V/39Wh)

新品価格
¥6,599から
(2017/7/15 21:13時点)

Jot Pro Dampening その後

JotProDampeningを使い始めてかれこれ4ヶ月になりました。

購入時の記事はこちら
タッチペンを更新
ちょっと使った感じはこちら
円盤のペン先、JotPro

iPad2からiPadAirに買い替えたんですが、Airはどうもタッチパネルの感度が悪い。
それまで使っていたペン先がゴム製のペンは強く押付けないと反応しなくなり、使いづらくなったので買い替えたのがJotProDampening
ペン先が細いので普通のペンのような使い心地で、基本的には使いやすいペンです。

そう、基本的には...

基本的には使いやすいんです。
ペン先が細く、書こうとしている点(場所)が見えることは、とても使い勝手がいいです。
手書きのアプリを使ってメモをとる場合には、自然に小さな文字を書くようになります。
まさに普通の紙に書くような感覚になり、筆跡も紙に書く場合と変わらない字が書けます。

使い初めの頃にあった反応が時々悪くなるという現象も、円盤を一度取り外してペン先に導電性グリスを塗ることで解消されました。
それでも使っていると時々反応が悪くなることがありますが、この時も一度円盤を取り外してホコリを吹いてやれば直ります。
頻度は低いので苦になりません。

が、しかし、ペン先を画面から離すときの挙動がどうもマズイんです。

どういう感じかというと、とにかくスッと自然に切れないんです。

例えば
柔らかくしたチョコレートを絞り袋に入れて、ケーキやお菓子に文字を書くあの感覚です。
スッと切れずにデロ〜ンってなる、あの感覚に近いんです。

なぜなんでしょう???

あの円盤があるおかげで細いペン先でもタッチパネルが反応してくれるわけですが、その構造のためペン先が離れるときのタッチ信号の変化が指やゴム製ペン先のそれとは違うんでしょう。

想像するに、指やゴム製ペン先の場合、画面に軽く当たっただけでは接触面積が小さく反応しませんが、そこから圧をかけて行って指やゴムが変形して接触面積が増えることでタッチ信号が検出レベルに達して反応します。
つまり、ペンをつける、離すといった時にはタッチ信号がある程度の時間をかけて上昇、降下しているものと想像するわけですよ。
これに比べて、JotProの場合は先が円盤になっているため、タッチ信号が急激に現れたり消えたり、パルス状の変化をするのではないかと想像するわけです。

全部想像なんですが、そのへんがどうもハード的、ソフト的に相性がよろしくないような気がします。

愛用しているアプリは「7notes」なんですが、ペンを画面から離した時に「ひゅっ」と線が伸びたり、クルッと曲がったり、筆跡が消えてしまったりと不安定です。

上に書いた想像は根拠もないんですが、いずれにしても構造の違いによるタッチ信号の変化の違いによるもののような気がします。
ペン自体の使い勝手は非常に良いので、この挙動だけが正直残念でなりません。

もしかして他のアプリなら問題ないのかもしれませんが、7notesがこれまた使い勝手の良いアプリなもんでどうにかこの組み合わせで使いたい。

なんとかならないでしょうか???

久しぶりの「猿でもわかるMAC」

久しぶりの「猿でもわかるMAC」のコーナーるんるん

久しぶりです。
以前は「・・その5」とか番号ふってましたが、もういくつだか忘れました。
まぁ、記事を読み直せばわかるんですがね...

今日は、MACでファイルやフォルダの操作をするFinderの機能について。
Win7や8ではなんていうのかわかりませんが、XPの頃は「エクスプローラー」って言ってたやつです。

Finderのメニューにある「ファイル」タグをクリックすると「新規スマートフォルダ」ってメニューがありますが、この「スマートフォルダ」ってやつがなんともスグレモノ
スマートフォルダ.jpg
これをクリックすると新しいウィンドウが開きますが、普通とはちょっと違うウィンドウです。
スマートフォルダ1.jpg
右上に「保存」というボタンがありますが、その右側のプラスボタンをクリックすると
スマートフォルダ3.jpg
種類を指定できるメニューが現れます。
その右にあるプラスボタンを押すと
スマートフォルダ4.jpg
どんどんメニューが現れます。
これ、このメニューで条件を指定してファイルの検索をするものです。
んでこれ、これだけだと「だから何なの?」って感じだと思うんですが、すごいのはここで指定した条件を保存しておけるんです。
しかも、保存することで検索した結果を一つのフォルダとして扱えるようになります。

例えば条件に「過去一週間以内に作った画像ファイル」を指定して検索し、その条件を保存しておけば、常に現在から一週間の間に作った画像ファイルが入ったフォルダができます。
この機能が使ってみるととっても便利です。

僕は会社のパソコンと自宅のパソコンをDropBoxで同期して使ってます。
これに加えてiPadも使用して、資料はみんなiPadで持ち歩きますが、このiPadはフトコロ事情でWiFi版です。
なもんで、iPadはDropBoxで同期って言う訳にも行かず、資料はGoodReaderってアプリを使用して保存してます。
つまりはパソコンからiPadに必要なファイルを転送しなきゃいけないんですが、先のスマートフォルダの検索条件に「○○月○○日以降」って条件を入れておけば、未転送のファイルが一目瞭然。
ファイルを転送した時は日付を転送した日に変更して、その条件を保存しておけば、未転送のファイルがどのくらいたまったとか、必要なファイルがまだ転送できてないとか、とっても簡単に管理できたりします。

まぁ、言ってしまえばその都度転送するのが一番なんですが...

高機能は無精者のためにあるです。

持論です。
    >>次へ
プロフィール

デンマニ
鉄道会社に転職しました。 鉄道って独特の世界だなぁ... こんなに危険が伴うお仕事とは思わなかった。


通販ランキング



参加ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集

北海道物産



RCカー・模型

その他


×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。