マヨどらバーガーをゲット!

先日、長野新幹線に乗った時に座席に備えてある冊子にあった「ご当地スイーツ」の記事で知った、上田市のマヨどらバーガー

見た目はどら焼きなんですが、中にはマヨネーズと白餡で作った羊羹が挟んであり、羊羹と皮の間にマヨネーズを少し塗ってある。

なんでも、マヨネーズ料理対決という趣旨のテレビ番組で、トップだったとか。

いつか買いに行こう、食べてみようと思いながら、なかなか行けなかったんであるが、ついに食べることができた。

散策をしながら店に行ってみた。
上田の街は古い家がたくさん残っており、街を歩けばあちこちに重厚な作りの建物がある。
かつて養蚕が栄えて、養蚕のための建物が多いそうだが、これもそうなんだろうか。


上田駅のお城口を出てまっすぐ通りを上がっていき、池波正太郎真田太平記館の少し手前
駐車場と蕎麦屋さんの間の道を入って行くと「マヨどらバーガー」を作っている和菓子屋の玉喜屋さんがあります。


マヨどらバーガーの他にも小豆やくるみのどら焼きや団子があり、どれも美味しそうでした。

念願のマヨどらバーガー



羊羹とマヨネーズが確かに...



お味は???

第一印象はん〜微妙かな〜

あ〜マヨネーズだね〜

ん〜...ん〜〜...


甘さは控えめ。
マヨネーズはそれなりに独特の主張があるので、流行りの塩スイーツのように、塩味が甘さを増すという感じでもない。

でも食べ進めると少し印象が変わりまして、
口の中に残るであろうと想像していたマヨネーズ羊羹の硬さが絶妙!

食べる前は「絶対に羊羹が口の中で主張するに違いない。」と思っていたんですが、
ホロホロと崩れる程度の硬さに作ってあって、
口の中でどら焼きの皮と、羊羹と、マヨネーズがうまく混ざり合って、とけ合って絶妙!

そう思うと、確かによくできたお菓子です。
一見色物だけど(ちゅうか、まぁ色物なんだろうけど...)、きちんと押さえるところは押さえて作っている印象です。

飛び切り美味しい上等なお菓子と言うよりは、ときどき無性に食べたくなるB級スイーツと言ったところだろうか。

そのうちまた無性に食べたくなるんであろう。

話の種に是非どうぞ!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


この記事へのコメント

   
プロフィール

デンマニ
鉄道会社に転職しました。 鉄道って独特の世界だなぁ... こんなに危険が伴うお仕事とは思わなかった。


通販ランキング



参加ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集

北海道物産



RCカー・模型

その他