ブライトンネットのApple pencil用替芯

10.5インチiPad ProとApple pencilを使ってます。
手書きメモアプリを使って紙の手持ち資料を大幅削減、とっても便利に使っています。
が、iPadの画面とペン先はどちらも硬い材質なので、書き味はツルツルと滑る感じであまり良くありません。
Apple pencilはペン先と表示のズレも時間差もほとんどなくてとても使いやすいのですが、そのツルツルとした書き味だけが気になっていました。
iPadで絵を描く人は画面にペーパーライクフィルムを貼る人が多いようですが、少々値が張るのとペン先の磨耗が早くなるという話を聞いて躊躇してました。
主な使い方はメモ取りと簡単な図を書くぐらいだし。

そんな時に見つけたのが替芯、と言うか替ペン先。
純正のペン先に比べて摩擦が大きい材質のペン先で、ツルツルとした書き味を改善しましょうと言う製品。
レビューの評価は真っ二つの印象でしたが、それほど高価でもないのでなにはともあれ買ってみました。
届いたものをよく見ると、ペン先全体が柔らかいわけではなく、先端のみにゴムのような材質が使われています。
CF3F57D0-CAB3-4752-B12A-028EF75D447D.jpeg707F1FC9-D7B7-4C77-B32A-60E23B9E9839.jpeg

早速ApplePencilに装着すると鉛筆のような見た目に。

私のiPadはダイソーの保護シートが貼ってある。A4サイズで画面サイズに合わせて切って使うタイプ。
そのせいか書き味はツルツル感があまり変わらない。
試しに画面をクロスでよく拭いてみると少し抵抗が出てきた。
でも紙に鉛筆で書くような、サカサカした感じではなく、少し硬い消しゴムで擦っているような感触。
感覚で一番近いのは昔あったスーパーカー消しゴムのあの硬さ。
普通の消しゴムより固くて、字はきれいに消せない、ランボルギーニとかのスーパーカーの形をした消しゴム。
その硬さ、滑りが一番近い気がする。

ダイソーの保護シートを剥がせばまた変わるかもしれないが、100円とはいえまだ貼ったばっかりなので..

微妙な気持ちのまま使い続けているが、だんだん「これでも良いのかな」と思い始めてきた。

良い点
・純正より柔らかいので、コツコツという音が小さくなった。
・画面に傷がつきにくくなったと思う。
・なんだかんだとツルツル感は少し抑えられる。

悪い点
・斜めの線が少しブレる。
・紙と鉛筆の書き味ではない。

斜めの線がややブレるようになった。
絵を書く人は致命傷でしょう。が、私の使い方ではさほど気になりませんでした
紙と鉛筆の書き味にはならないことは想像できたが、予想より摩擦は少なかった。
とはいえ、純正よりはペン先は走らず、多少は書きやすくなった。
マジックやサインペンで硬いものに書いている感触に近い気がする。

そしてしばらく使っていると、何がそう感じさせるのかはわからないけど、本物のサインペンで書いているような感覚になっていることに気がついた。

なぜだろう??

純正だとコツコツと言う書き味のせいか、何というか「機械を使って書いている。」という感覚が抜けないのですが、少しペン先に弾力があるので機械感がなくなるのでしょうか?
「本当にペン先からインクが出ている。」感

※あくまで個人の使用感ですが...

ApplePencil・ApplePencil2用替え芯(ソフトタッチ 3個セット)BM-APRPSIN

新品価格
¥1,408から
(2019/12/14 18:08時点)


Apple Pencil (第一世代)

新品価格
¥11,443から
(2019/12/14 18:10時点)



コメント

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのコメント

   
プロフィール

デンマニ
鉄道会社に転職しました。 鉄道って独特の世界だなぁ... こんなに危険が伴うお仕事とは思わなかった。


通販ランキング



参加ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集

北海道物産



RCカー・模型

その他