広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

つぶやき

トイレの後にウォシュレットすると、またしたくなる派です。

iPhone6plus修理

これは結果オーライのパターンだろうか??


iPhone6plusを修理に出した。

いろいろ悩んで、値段は張るけど任せて安心のアップルの正規サービスプロバイダにお願いした。

画面は割れてるけどヒビは一本入ってるだけだったのでそのまましばらく使っていた。

画面の上部に灰色の線が現れてタッチ操作が効かなくなる、いわゆる「タッチ病」がでて、使い物にならなくなったので、迷った挙句修理に出すことにした。


「アップルに送り返しての修理になる。二週間ほどで完了すると思います。」とのこと。

この時、店員さんはタッチ病についてはほぼスルー。

何度か念を押したのに、やはりスルー。


不信感を持ちつつも「正規プロバイダだから大丈夫。」と自分に言い聞かせて託した。


その後...

一ヶ月過ぎても連絡なし。

何度電話しても全然出ない。


おいおい!とシビレを切らして直接お店に行くと電話番号を間違っていて連絡がこなかった模様。


スッキリと修理を終えて綺麗になったiPhoneを受け取り、結局画面割れ修理分しか請求されず、ラッキーっと思って帰りの電車に乗る。

何気にロックを外すと、あれ?

画面の上部に灰色の線がチラチラ

タッチ操作が効かない!

直ってない!


電車を降りて店に引き返し、話をすると今度は無償修理になるそうだ。


平謝りで対応してくれ、日数はかかるけど最初に対応してくれた店員さんはこれを狙ったのかな?

そう思えるほどタッチ病については見事なスルーっぷりでした。


タッチ病の修理プログラムは1万7千円ほど。

画面割れは1万5千円ほど。

両方直せば3万以上?単純な加算かどうかわからないけど、それが画面修理分だけで済むかもな展開になってきました。


再修理受付の店員さんは「もしかすると請求が出るかも」と言う不吉な事を言ってましたが、絞り出すような声で「も〜しかするとぉ〜〜」みたいな感じだったので期待しましょう。


ダメだったらまた報告します。



その後、一週間ほどで修理を終えて送られて来ました。

修理報告には「この度は修理に不手際があり、申し訳ありませんでした。」というお詫びが添えられており、結局ガラス交換費用でタッチ病までなおしてもらえました。


最初に対応してくれた店員さん(少し年配の方で、偉い人のように見えました。)はこれを狙ったようにしか見えなくなって来ましたが、ホントのところはどうなんでしょうね〜

線路脇の慰霊碑

 お昼休みに突然、カメラを持った初老の男性が事務所に来た。

「古い話で恐縮ですが」と...

明治のお話。
信越線の工事の時に作業員の間にコレラが流行し、多くの人がなくなったそうです。
その慰霊碑がこのあたりにあると聞いたのですが、ご存じないでしょうか。

こんなことを尋ねてきました。
残念ながら聞いたことないです...
ちょうど飯山線と分かれるあたりと聞いたらしいのですが、そんなものは見たことがない。

線路脇の道を行って探してみる、そう言って帰っていきました。

あ、言い忘れましたが、くれぐれも線路には入らないでくださいね!

ちょっと気になったのでググってみると、妙高高原・関山間の工事の時の話のようです。
この区間の工事は鹿島組が請負ったそうですが、大田切川の谷を通す難工事とコレラの流行で79名もの殉職者が出たそうです。
工事後に慰霊碑が建てられたそうです。

先人の苦労を知ることができました。

あ、でもこの慰霊碑も線路脇に立っています。
くれぐれも線路内には立ち入らないようにお願いします。

ぜひ車窓からどうぞ。

熱中症

 いや、まじでやばいです、この暑さ
 7月だというのに連日の30度超え
 35度とか続くと、30度でも「涼しい!」と感じます。
(北海道の人が冬に「今日はマイナス5度だから暖かい。」という、そんな感じになってきましたよ。)

 鉄道業界でも熱中症による事故がちらほら聞かれるようになりました。
 線路内は更に熱くなるので気をつけたいです。

 夏休みを迎えて、いわゆる繁忙期になります。この時期に線路を歩いてすべての設備を確認します。
 夏の繁忙期を「夏やま」と言ったりするようです。朝夕のラッシュは通学がグンと減るのでむしろ閑散としますが、軽井沢方面は増便してもギュウギュウになります。

 で、熱中症の話
 山の中を走る田舎鉄道は線路に入る場所が限られてます。
 作業場所までしばらく線路を歩くことになるんですが、ちょっと ふらっ となりましたよ。

 あ、水全部飲んじゃった。でももう少しで終わるな。
 あれ、ちょっと気持ち悪いかな?戻ろうかな、でも車おいてきたとこまで遠いな。50m先で終わりだしな。
 この直後に風が出てきて、すぅっと気分が戻りました。

あぶないあぶない

 熱中症は作業をして帰宅後に倒れることもあるようなので注意が必要だそうです。
 あと塩分
 先日、賞味期限切れになった塩タブレットが大量に配られました。(廃棄するのももったいないとのことで...)
 今まで使ったことなかったんですが、なんとなくアメ代わりになめてみると水を飲んだときのすっきり感というか、吸収されてる感が違うことに気がついた。
 スポーツドリンクは甘すぎてかえって喉が渇くので、現場に出るときは水か麦茶にしてたんですが、塩タブレットを積極的に摂るようにしました。

 暑い夏もあと1ヶ月ほど。

 がんばって乗り切ろう。

森永製菓 inタブレット塩分プラス 80g×6袋

新品価格
¥1,023から
(2018/7/29 09:19時点)


塩タブレット5兄弟 ポット入り 410g 約150粒 ランドアート 800-5034

新品価格
¥2,797から
(2018/7/29 09:20時点)

列車の背もたれ(ホリエモンのツイートから考える)

 堀江貴文氏が新幹線で前の席の人が背もたれを倒していいか聞いてきたことに「いちいちうるさい」とツイートして騒ぎになっています。

 でも正直、僕も少し、同意してしまいました。ニュアンスは少し違うんですが。

 在来線の普通列車をのぞいて、ほとんどの座席にはリクライニングが付いています。これは鉄道会社がサービスとして提供しているものなので、利用者は使用する権利があります。基本的にはいつでも倒していいと思うんです。
でも、後ろの席が狭くなるということもあり、少し配慮するのが日本人の心というか、日本のマナーなんだと思うんです。

 「倒させてもらいますね〜」「どうぞどうぞ」
 日本だな〜と、日本ていいなぁ〜と思うやり取りだと思うんです。

 でもね、でもですよ、「ひと声かけたんだからいいよね」的な、そんな風潮もないですか?
 例えば、後ろの人が降りる準備を始めたら、それを感じたら、一度そっと戻すのが日本人ってもんでしょう。
 マナーだから声掛けをするのではなくて、後ろの人への気遣いの一つとしての声掛け、配慮の一つの形としての声かけだから気分がいいのであって、それが感じられない声掛けだとしたらホリエモンの気持ちもわかる気がするんです。

 後ろの人が「倒すならひと声かけろ」という風潮ができてるような気もするのですが、リクライニング機能は鉄道会社が利用者にサービスとして提供しているので、後ろの人にやめさせる権利はないはずなんです。
 ただ、狭くなることは事実なので、少し気を配って声を掛けるというのが日本人らしいマナーだと思うんです。

 座席のリクライニングは、利用者に提供されたサービスなのでいつでも利用しましょうよ。
 でも、後ろが狭くなるので、少し配慮するのが日本人ってもんです。
 倒す前に声をかけるのもいいでしょうし、角度を必要最小限に留めるのもまた配慮でしょう。
 トイレに行くとき、戻ったとき、降りる支度を始めたのを感じたら一時戻すのも必要でしょう。
 自分が降りるときももとに戻しましょう。

 後ろの人は、利用者の権利なので黙って倒されても怒ってはいけません。
(でもテーブルを使っている時にいきなり「ガーン!」と倒されて、ジュースがこぼれたようなときは怒ってもいいのかな...)

 根底に周囲への気遣いがあって、その結果として行われる「声掛け」は美しいですが、やらないとうるさいから的な気持ちからくる「声掛け」はトラブルのもとのような気がした記事でした。

 ちなみに「はじめからすべての席のリクライニングを倒しておいて、必要ない人は戻す。」 という提案をしている人もいるようですが、すごく合理的だけど、心がないような感じがしてしまいました。

日大のアメフト問題

なんだろうか、この違和感。
日大の関係者の記者会見では「この人達の感覚はどこかおかしい」というのは感じたけど、おかしい人には何を言ってもいいのだろうか...

おかしい、確かにおかしいと思う。
そういう意味で言ったのではないとか、管理者なら自分の発言が部下に伝わらなかったのは自分のミスであり、責任がある。

個人的には管理者の自覚がないし、責任感も感じない。

でも、でもだ、だからと言ってこれだけ公の場で批判するのは、子供のいじめと本質的に変わらないのではないか。

クラスにちょっと変わった人が居て、それをみんなでいじめる。
「変わってる人を、それを理由にいじめる。」

また話題になっている会見の司会者。彼はもともとマスコミの人間らしい。

マスコミもまた批判されることが多いが、元マスコミの司会者の目から見ても目に余る行動があったのか、どっちに問題があったのだろうか。

しかし、お役人様のセクハラ問題といい、身の回りでは判断に迷うようなグレーゾーンの処理に神経を使っているのに、こういう完全にブラック、もうつや消しブラックみたいな案件がまかり通っていたことに心底疲れます。

山菜採り

鉄道の線路に立ち入ってはいけません。

鉄道営業法第三十七条
「停車場其ノ他鉄道地内ニ妄ニ立入リタル者ハ十円以下ノ科料ニ処ス」

古い法律なので科料が10円以下なんていう金額になっていますが、いずれにしても線路内は危険なので入ってはいけません。

田舎なので正直なところこの時期は山菜採りに山に入る方がいて、線路を横断する人多いです。怖いです。
先日はお昼を食べていたら指令から「線路上を歩いている不審者がいるので見てきてほしい。」だって。
「また山菜採りでしょ」と思って昼飯食ってから見に行こうと思ってたら催促の電話が。

え〜〜!!横断じゃなくて歩いてるの?線路に沿って??
怖い怖い!轢かれちゃうよ!!
列車も徐行運転をして遅れも発生してたようです。

って事で、捜索に行くとそれらしき人が線路脇にいました。
私たちは線路に入るときには列車接近を知らせる警報器を持っていますが、その警報器が鳴り始めたのに線路近くをウロウロしてます。

怖い怖い

大声で線路から離れるように言って、近づいていくと情報どおりの容姿の人が
聞けば山菜採りだそうな。
近くの踏切からずっと線路を歩いてきたそうで、列車の音が聞こえたら避けていたそうです。

怖い怖い

よくよく注意をして、最寄り駅まで連れて行って、その方の車が置いてあるところまで送って行きました。車までまた線路歩いて帰られても困るし。

ずいぶん反省をして、帰って行きました。

「列車が来たらよければ良いよね」
私も入社当時、そう思っていましたが、そういう思いで行動していてあわや触車という経験をしました。
足がガクガクと震えたことを覚えています。

意地悪ではなく、線路に入るのは危ないことなので、ましてや線路に沿って歩くなんてことはしないように、お願いします。

NonTitle

やっぱり、たま〜に「ピョンヤン・オリンピック」って言っちゃう人いるね。

NonTitle

「敵を欺くにはまず味方から」って、結局騙されたのは味方だけってことあるね。

NonTitle

年賀状出してない人から来て、慌てて出したら後日もう一通来たよ。
もう一回送ってみようかな。
    >>次へ
プロフィール

デンマニ
鉄道会社に転職しました。 鉄道って独特の世界だなぁ... こんなに危険が伴うお仕事とは思わなかった。


通販ランキング



お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

参加ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集

北海道スイーツ


北海道物産



RCカー・模型

その他


×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。