ディアボーイズを語る部屋(コメント待ってます)
過去リンク(カテゴリーの最初の一話)
最新記事
<< 2018年02月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
スポンサーサイト
最新コメント
ファン
検索
カテゴリー
リンク集

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2018年02月27日

ディアボーイズの続きが見てみたい232話 〜何食べてるんだ・・・〜

湘南大相模の体育館



「はぁはぁはぁはぁ」
(ダメだ、もうついていけね〜〜)




布施「おらぁぁぁぁぁ。まだ10周も残ってんぞ。何へばってるんだ。偶数周はダッシュ。奇数周はランニングだって言ってるだろ」



湘南大相模の練習は、練習前と練習後に地獄のランニングが行われる。


ダッシュとランニングを繰り返して走るその練習は、通常のランニングの倍以上の疲労である。





布施「うっし、ランニング終わったらすぐにシュート練習。5分。すぐに、フットワーク入るぞ」


「う、うぃぃ〜〜〜す」


チャー「歩ちゃ〜ん、飛ばしすぎなんじゃないの?練習の詰め込みは逆効果の時もあるぜ」

布施「詰め込み??何言ってんだ?詰めるどこか、詰める前じゃね〜か。これぐらいで屁ばってる奴に、ボール触らせなくていいぞ」


梁川(アツくなるのは、こいつのいいとこなのだが、周りが見えなくなるのがな・・・まっ、それでもこれぐらいの練習ならしっかりとやってもらわないとな)




布施「シュート練習終わり。一年は、今外したシュートの本数、ダッシュしてこい。それからフットワーク入るぞ。2,3年は、一年が終わるまで各ポジションのステップ練習しとけ」



ボールハンドリングや、ゴール下のステップ練習。ドリブルの練習が各自で始まる。


そして、フットワーク。基礎練。一対一。二対一。三対二。三対三。





布施「うし、2分休憩!!」


「う、うぃぃぃ〜〜す」(2分って休憩じぇね〜じゃん)


1,2年が休んでいる間、布施達五人は、三線速攻を行う。



(はやい・・・)
(だんだん流れるようになってきた)



下級生達はその流れるような速攻を見ていた。





布施「うぉぉぉぉぉぉぉ」  ガン!!!



布施のダンクが決まる





チャー「ひゅ〜〜歩ちゃんがダンク決めるなんて、気合入ってんねぇ〜〜」


布施「うっせ〜〜。俺はだな・・・練習中に高く飛ぶ事で、より身体に負担をかけてだな・・その、なんだ短時間で練習量を増やすために・・・」



チャー「はいはい。わかったっつ〜の。歩ちゃんの屁理屈は。素直に言えばいいのに、ホントに困ったチャンだぜ」


布施「と、とにかく、バスケは下からだ、下から」


チャー「はいはい」
(確かに下からだけどさ、今年は上からも頼むよ、歩ちゃん)

呆れ顔から、真剣な眼差しで布施を見ている小原がいた。




監督「ふぅ〜あいつ等の弱点も、とうとうなくなってきたな・・・ずっと一緒にバスケをやってきたあいつらにとっては、意気の合ったハーフコートバスケが最大の武器だったが、ここに来て『走る』ことまで覚えだした」
(あいつらの意気の合ったパスで、速攻を出せれば、例え止めたとしてもセカンドブレイクは止められない)



監督「ふぅ〜、ついに天童寺を倒せる時が来たのかもしれないな」




布施(クチビルめ。また物思いにふけてやがる。そんな暇あったら指示しろっつうんだよ。仮にも、名門湘南大相模の監督だろうが)


すぐにキレる所は、まだなおっていない布施だった・・・


この性格が『吉と出るのか凶と出るのか??』

この性格のおかげで新たなバスケットが生まれる日もくるのだが・・・
それはいつのことやら・・・



布施「うらぁ〜〜〜一年、さぼるなぁぁぁぁぁ、足止まってんぞ!!」

「う、ういっすぅぅぅぅ」(この人、何食べてるんだ???)


DEARBOYS NEXT




×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。