ディアボーイズを語る部屋(コメント待ってます)
過去リンク(カテゴリーの最初の一話)
最新記事
<< 2017年03月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
スポンサーサイト
最新コメント
ファン
検索
カテゴリー
リンク集

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2017年03月30日

ディアボーイズの続きが見てみたい178話 〜瑞穂高校集合〜

藤原「なんかよ、たった2〜3か月なのに、妙に懐かし感じがしないか?」

哀川「はは、そうだね。結構バスケ付けの毎日だったから」

藤原「卒業してからみんな集まるの初めてだよな」

哀川「うん。楽しみだね」



藤原「お前、森高と会わなくていいのか?」

哀川「いきなり行ってびっくりさせようと思って。ってか、拓も秋吉ちゃんに言ったの?」



藤原「いや・・・別に」


哀川「ほら、そういうとこだよ。秋吉ちゃんが怒るとこ。いつか、本当に怒られちゃうぞ」


藤原「今まで、何回も本当に怒られてるさ」


哀川「だね!」



哀川・藤原「あはははははは」



二人は瑞穂高校に向かっていた。


瑞穂の優勝メンバーが休みを合わせて、後輩達の指導(本人達がバスケをしたいのもあるが)をしにいくのであった。

卒業して間もないが、軽い同窓会のノリもあった。
それでもインターハイ予選が始まる前に、後輩達が心配であった5人は何とか力になりたい、という気持ちは共通。藤原や哀川は、関西から新幹線にのって3泊4日で帰ってくるのであった。


関学ではこの二人が帰省している間に、猛練習してレギュラー奪回を狙う部員ばかりであったが、この三日間でパワーアップして帰ってくるとは誰も思っていなかった。

勿論、後輩達の練習相手をするだけ、という気持ちの二人が内容の濃い練習になるとは・・・




藤原「一応、今日五時までだよな?」

哀川「うん。どうして」

藤原「3日間、俺の家泊まるだろ。家ついたら鍵渡すから遠慮しなくていいぞ」

哀川「ん?あ、ああ・・・あっ、拓、秋吉ちゃんに会いに行くつもりだな!!」


藤原「なっ、馬鹿、ちげ〜よ」


哀川「そんな事急に言うなんて、それしかないじゃん。ってか、顔に書いてあるよ。秋吉ちゃんに会いに行くって(笑)拓はバスケ以外だとホントわかりやすいよね〜〜」


藤原「なっ」 ゴシゴシゴシ
照れて顔をこすっている藤原だった。





瑞穂高校に到着する二人


藤原「とりあえず、職員室行くかぁ〜。まずは氷室さんに挨拶だな」

哀川「うん。そだね。みんなもう来てるかな」

藤原「練習昼からだろ。まだ来てね〜だろ。石井はぜってぇ〜まだだ」

哀川「ははは」



イヤホンをしながら、ノリノリでランニングをしている一年生がこの二人に気付く

四井「あ、あれ・・・哀川和彦・・・さん・・だ。本当に来たんだ」

何故か、照れて挨拶せずにランニングを続ける四井だった。

四井(楽しみだな。今日の練習。ちょっとランニングの量いつもより減らしとくか。午後からの練習の体力おいておこう)




職員室に向かう藤原と哀川。



ガラガラ

藤原・哀川「失礼します」
職員室のドアをあけると、氷室と3人の男が話をしていた。


一人は金髪でよく見ていた顔。三浦蘭丸だ。


藤原「三浦じゃね〜か、誰だ?ん?誰だあのデカイの。石井じゃね〜な」


哀川「あっ、何でいるの?」

哀川は一人に気付いたようだ


二人に気付いた氷室先生
氷室「あっ、来たわね。元キャプテン!!」

手を挙げて挨拶をする氷室。


3人の男も藤原と哀川の方へ振り向いた

氷室「ちょうどよかったわ。この3人も今来て、挨拶してたところなの。今日の練習に参加したい、って言って来てくれたのよ」


三浦「藤、哀川君、久しぶり」

藤原「な、なんでお前がここに・・・」
挨拶をしている三浦よりももう一人の男に意識が行く藤原だった


哀川「三浦ちゃ〜ん、久しぶり!!あはは。面白い事してくれるじゃん。今日は楽しくなりそうだね」



DEARBOYS NEXT







×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。