ディアボーイズを語る部屋(コメント待ってます)
過去リンク(カテゴリーの最初の一話)
最新記事
<< 2019年01月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
スポンサーサイト
最新コメント
ファン
検索
カテゴリー
リンク集

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2017年12月27日

ディアボーイズの続きが見てみたい223話 〜越えて・・・〜

試合時間 残り2.22秒



結城「うおおおおおおおお」



「で、でる、結城のスカイフック」



結城「き、決まれ!!」



ここまであえて打たなかったシュートを躊躇なく選択した結城希



北沢を振り切る為のドリブルを入れて、インターハイでことごとくやられたスカイフック。



シャッ チッ

結城(いった)



ボールはリングに向かって一直線






















ガンッ



結城「何で??」



トン 着地する結城

トン 着地する北沢



「リバウンド〜〜〜」



ブ〜〜〜〜




試合終了のブザーがなる・・・



結城(嘘だ・・・完璧に打ってたはず)
「はっ!!」 振り返る結城


指を抑えている北沢
「つぅ〜〜〜」



結城「さ、触ってたんですか?」



北沢「ああ、指先だけな。ちょっと突き指しちまった」



結城「そ、そんな。しっかりと突き放したのに・・・」


北沢「お前が今日スカイフックを抑えていたからな。最後はそれだけに絞ってディフェンスしたからだよ。でなけりゃ、決められていたかもな・・・」


結城「・・・・」


北沢「それに・・・」


結城「そ、それに」


北沢「お前の成長は認めるよ。確かに上手くなった。いや、強くなったという方が正解か・・。最後の場面はあのシュートじゃなきゃ、俺を越えていたよ。ブロックが届かないからな」


結城「・・・」


北沢「駆け引きを覚えたつもりだろうけど、そう簡単にはいかね〜よ。駆け引きってのは、経験だ。それは個人の経験とチームとしての経験の二つがある」


結城「個人と・・・チーム・・・」


北沢「まっ、何れにせよ、お前のインターハイでの試合を見る楽しみが増えたよ。負けるなよ。結城」


結城「あ・・・はい」





長瀬「希〜〜」


結城「な、長瀬さん」


長瀬「最後、惜しかったな。でも、まっ、俺達も簡単に負けられないからよ。今日は楽しかったぜ。お前達の成長が見られてよ」

結城「ありがとうございます」




西村「後輩の成長を見て嬉しいのはわかるが、お前も弱点色々見つけただろ。きっちりしごいてやるからな。長瀬」

長瀬「あ・・はい」




結城「西村さん、今日はありがとうございました」

西村「結城君。こちらこそありがとう。面白かったよ。高校生のレベルがあまりにも高いって、月バスの記者が教えてくれてさ。その意味がわかったよ」


結城「へへ。俺達完敗してますけど・・・」


西村「よくいうよ、高校生相手に、途中レギュラーを温存しながら試合されるとは思っていなかったよ」

結城「それはお互い様ですよ(笑)」


西村「ははは。君達のレベルで天童寺に勝てなかったんだろう。監督が北沢を絶賛する理由が分かる気がするよ。俺達も今年はインカレ制覇を狙ってる。君達も頑張って」

結城「はい、頑張ります」





日拓監督「今日はありがとうございました」


明和監督「いやいやこちらこそ。いい勉強になりました」


日拓監督「長瀬君、まだまだ粗いですが、良い選手を貰いました。インカレまでに間に合ってくれれば、今年うちは優勝を狙えます」


明和監督「ふふ、まだまだ弱点は多いですが、良い選手でしょう。長瀬が引退してうちも困っているんですわ」


日拓監督「ふふふ、面白い事をおっしゃるではないですか。確かに長瀬君の戦力ダウンは明和さんにとっては痛いでしょうが・・・素材という面では、去年のチームを越えられる可能性があるのではないですか?」


明和監督「は〜はっはっは。さすが、天下の日拓大の監督さんだ。まっ、それもそっちの長瀬と一緒で、インハイに間に合えば・・・なんですがな・・・ちょっと経験不足なのは事実ですわ」


日拓監督「ふふふ。全国で注目されるでしょうな。彼なら。できれば、ウチのポイントガードとして来てもらいたいくらいですよ」


明和監督「ははは。兄弟ツインガードであれば注目度も倍ですな」




お互いのチームレベルの確認ができる練習試合。

常に全国優勝を狙える位置にいる強豪の日拓大学は、この後、正ポイントガードは変わる。

そして、ディフェンスのスペシャリストに、成田中央からやってくるフォワードとガードのコンビ。

高さやパワーを売りとしていたチームが、スピードで勝負できるチームへと変わっていく。
北沢のデイフェンス力が、カウンター戦略への大きな武器へと変わるまで、あと数年だった。


DEARBOYS NEXT





×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。