ディアボーイズを語る部屋(コメント待ってます)
過去リンク(カテゴリーの最初の一話)
最新記事
<< 2018年05月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
スポンサーサイト
最新コメント
ファン
検索
カテゴリー
リンク集

2018年05月18日

ディアボーイズの続きが見てみたい239話 〜夕暮れの公園〜

ダムダムダム


トーヤ「よっと」

ザシュッ

トーヤ「ふぅぅぅ」



南山「いいんすか?トーヤさん体休めなく」

桑田「明日、試合っすよ」



トーヤ「ん?ああ。なんか練習が少なく感じてさ」


南山「え??」


桑田「それは明日試合だからでしょ」




少しとぼけた顔をするトーヤ
「ははは。そんなんじゃないよ。キャプテンなんて柄にもない事やってると、自分の練習ができているのか不安になる時はあるよ」



南山「トーヤさんが・・不安??」

桑田「に、似合わね〜〜」



トーヤ「あはは。似合わね〜か・・・そんな事ね〜ぞ。去年までのチームは藤原さんがオラオラやってて、困った時は哀川さんが何とかしてくれるっていう、精神的柱が二つもあっただろ」


南山「はい」


トーヤ「瑞穂は一回活動停止になってるしね。下條監督が来て、強豪高校になるといわれてたかもしれないけど、実質出来て1年のチームじゃん。それにほら、俺みたいなテキトーな奴が入ってきて・・・」


桑田「・・・」



トーヤ「まっ、色々あるわけよ」



南山「そうっすね」




トーヤ「しかも、去年のインターハイ王者なんだぜ。主力が5人も抜けたのに・・・そりゃ、俺も自分らしくない事するって」
笑っている高階



桑田「あ、あの・・・」


トーヤ「ん?どうした?」



桑田「お、俺達・・・・」




夕日が眩しい時間帯、し〜んとする公園。


トーヤ「試合は背番号でやるんじゃないぞ」


南山・桑田「・・・」



トーヤ「それに実力だけでやるもんじゃないぞ」


「・・・・」


トーヤ「去年、ウチのボスが選手交代を実力だけで出したと思うか?」


「・・・・」



トーヤ「それも大事だけど、気持ちで負けてる奴は絶対使わないぞ」


南山・桑田「あっ」




トーヤ「藤原さんもよく言ってただろ?最後は気持ちだ。気持ちがつえ〜奴が勝つ!って」


「・・・」


トーヤ「少なくとも去年インハイの成田との準決勝で、ベンチにいたお前等ならわかってると思ってたけど、俺の勘違いだったかぁ??」

いつになく真剣な表情の高階



南山・桑田「あ、ええ〜〜と・・・その」



急に笑い出す高階
「あはは、お前等もなかなかだね。あはははは」


「・・・」


爆笑してしゃべる高階
「ってかさ、そんな落ち込む程実力ね〜んだ。気持ちで負けてどーすんだよ」



きつい事言われて苦笑いの二人
南山「って、おいおい、落ち込んでる二人に向かって実力ね〜〜って」
桑田「それ、キャプテンの台詞じゃね〜すよ」




トーヤ「ふふふ、そんな顔できんじゃん!開き直れって。お前達の出番も必ず来る。それに、悔しかったら練習しろ。哀川さんは誰よりも練習してたぞ」


南山・桑田(そうだ、哀川さんは誰よりも練習が一番多かった・・)




トーヤ「まっ、出番・・・たぶん・・・多分あると思うぞ・・・」



南山「トーヤさん・・・」
桑田「たぶんって・・・」



高階らしからぬ後輩へのアドバイスが行われて夕暮れ時の公園。
いよいよインターハイへの切符をかけた予選が始まる

DEARBOYS NEXT