記事が参考になったら「いいね!」をよろしくお願いします。m(_ _)m
カテゴリアーカイブ
検索
ファン

2017年10月31日

シライ電子工業 2017/10/31 〜判定値の呪縛〜

『ましたん解除予報 2017/10/31』銘柄のシライ電子工業(6658)。

昨日に引き続いての登場。

増担保規制が解除になる判定値は「702」以下

6658-20171031.JPG

実際のチャートはこんな感じ。

※チャートソフトの仕様で判定値ちょうどのラインが引けません


昨日も書いたが「日足チャートから下げ止まり感も出てそろそろ一気に買われそうな雰囲気を(勝手に)感じ取ってい」るので、増し担解除などせずにサッサと上伸してくれることを期待していた筆者。

「703」とギャップアップ、しかも判定値の上で寄り付いてさらに「714」まで買われたのを見て「ヨシヨシ」と思って見ていたがすぐに失速。「696」まで売られてやはり「判定値の壁」を痛感した。

下げ止まった後にもう一度下値トライで「695」をつけたが出来高増えず。「698」でポジション追加。

判定値なんて気にしない、今日は上でしょ!


いい感じで陽線を引きだしてオープニングの高値を抜いた!

出来高少ない、ちょっとイヤな予感。

押し目を入れてさらに続伸。

いいぞ! さよなら判定値!


「724」で止まり斜めのトレンドラインを割った。

う〜ん、やはり出来高も少なかったなあ〜。逃げとくべきだったか?

「710」の押し目底と同値で反転、長い陽線出た!

でも相も変わらず出来高少ない。やっぱ今日って増し担解除リーチ日なんだよね。願望トレードはやめよう。「718」で離脱。

その後「723」をつけたがついに高値を更新することは無かった。

11時過ぎに安値「695」と面合わせをした後は凪状態。見事なレンジ保合相場入り。

13時前後保合を上っ放れるかと期待させたが出来高は雀の涙、これでは無理だろう。

長老のツイート

結局押し戻された。

判定値の上で推移しているので、これは「壁」ではないな。とすれば「判定値の呪縛」か!

大引けが近づいても動意なし。

微妙な値位置、注文しだいでは1文違いで解除失敗もあり得る。

さあどうなる!?

長老のツイート2

「702」ピッタリ!

さあ明日はどうなることやら。


上記チャートはSBI証券さんの『HYPER SBI』を使用しています。
新興市場銘柄でも信用売りできる『HYPER空売り』、立会時間外でも取引できる『PTS取引』のSBI証券は利用価値の高い口座です。




※空売りコストがやや高いですが、取扱銘柄数が圧倒的に多いのが魅力! ですが、利食いと損切りの同時注文ができないのは切実です。 SBI証券さん、ぜひともご検討をよろしくお願いします。本当に心の底からお願いします。m(_ _)m

※(上記バナーではなく)筆者からの紹介でSBI証券の口座を開設された方には、『ましたんワールド』『勇者(S)』の権利を2ヶ月プレゼントします!『ましたんワールド』の問合せよりご連絡ください。件名:「SBI証券口座開設紹介希望」


『ましたんワールド』





2017年10月30日

シライ電子工業 2017/10/30

『ましたん解除予報 』銘柄ではないがカウント4日目挑戦だったシライ電子工業(6658)。

増担保規制の解除カウントが進む判定値は「684」。

6658-20171030.JPG

実際のチャートはこんな感じ。

※チャートソフトの仕様で判定値ちょうどのラインが引けません


日足チャートから下げ止まり感も出てそろそろ一気に買われそうな雰囲気を(勝手に)感じ取っていた筆者。

ギャップアップして寄り付いた後、窓を埋めずに金曜の高値を出来高を伴って抜いたことで上昇(デイトレ)決定かな!?

その後10時くらいまで程よい押し目を形成して下がる気配がなかった。上行きそうだね。

10時過ぎてジリジリ上げ始め高値「679」を抜いた!
出来高もある!

ヨシ、このまま上へ連れてって!


と、ここで読者の皆さんはおかしいと思うに違いない。
「判定値はレジスタンスラインとして機能するのではなかったのか? なぜ判定値を明確に抜いてないのに上へ行くと思うのか?」


お答えしよう。

気づいてなかった」のだ・・・。


ウソのようなホントの話。

『ましたん解除予報 』銘柄ならこんなことはあり得ないのだが、リーチが掛かっていない銘柄については、よほど解除が気になる銘柄しか筆者は意識していないのだ。

シライ電子工業については増し担解除とは関係なしで考えていたので全然頭に無かった。


この時点でまだ気づかず。

出来高はあったが一過性か。続伸の気配も無いな。

落ちるのかな、と思っていたら落ちてった。さっきの押し目も割ったけど弱そうではない。保合に入ったか。

その後は他の銘柄を見ていて値動きを気にしていなかったが、14時過ぎてから見てみると戻していた。

やはり基本強いのか。

前場高値「683」は抜けず「682」止まりか。

ん?

「682」に随分厚い売り板があるな。前場高値の一文下か。前場の高値近辺で何とか売りたくて指値出してるんだ、逃げたいんだね、ふ〜ん。

この勢いなら抜きそうなんだけどね。

あれっ、抜けないな!?

意外に弱いんだ。

また目を離して引け前にもう一度確認。

あれっ、さっきの売り板「679」に下がってる。売れなかったので下げてきたのかな。みんな行儀よく一緒の値段にするんだ。

どれくらいの注文件数かな。

あれっ、1件?

ん、ん?

ちょっと掲示板を見てみよう。

「蓋?」「増担解除?」

えっえっ!?

判定値は?

「684」!

ヒエ〜っ。

だったら前場「682」で売ってたのに〜、バカだね。

↑ フィクションではありません。現実の話。


というわけで、判定値を知っているといないとでは、こんなに差ができてしまうことを図らずも自ら証明してしまいました・・・。


上記チャートはSBI証券さんの『HYPER SBI』を使用しています。
新興市場銘柄でも信用売りできる『HYPER空売り』、立会時間外でも取引できる『PTS取引』のSBI証券は利用価値の高い口座です。




※空売りコストがやや高いですが、取扱銘柄数が圧倒的に多いのが魅力! ですが、利食いと損切りの同時注文ができないのは切実です。 SBI証券さん、ぜひともご検討をよろしくお願いします。本当に心の底からお願いします。m(_ _)m

※(上記バナーではなく)筆者からの紹介でSBI証券の口座を開設された方には、『ましたんワールド』『勇者(S)』の権利を2ヶ月プレゼントします!『ましたんワールド』の問合せよりご連絡ください。件名:「SBI証券口座開設紹介希望」


『ましたんワールド』





2017年10月28日

機能する概念(補足)

木曜(10/26)の長老のYKT(2693)に関するツイートがちょっと気になったので補足説明をしておく。

※Twitterの方は、誰も大して気にして無さそうだから放っておこう。(笑)


木曜は『ましたん解除予報 2017/10/26』の対象だったのだが、寄付きからギャップダウンで始まり終日下げる展開だったため、判定値は関係なかった。

結局当日の安値で引けて増担保規制が解除になったのだが、翌日の金曜は朝から買い気強くギャップアップで始まり、窓を埋めずに一時ストップ高するなど大幅上昇で終わった。「まれに」ある増し担解除上げである。(笑)

上記の値動きの結果を頭に入れておいて木曜の長老のツイート「寄付きがギャップダウンだったのでおかしいとは思うたが、下げる時に出来高を伴っておるので注意が必要じゃな。」を読むと、弱気になって売ってしまってせっかくの翌日の上げに乗れなかったおばかさんのように感じられる。

ここで誤解しないでもらいたいのは、『機能するライン』に書いたように、判定値とは「デイトレ用の機能するサポートライン、レジスタンスライン」なのであって「目標値」ではない。

長老が注意喚起したのは、「判定値を目標値として買いエントリーをしないように!」ということなのだ。

YKTは3日目、4日目と増し担解除を意識して判定値近辺で引けていたので、「何もなければ」最終日の5日目も判定値にサヤ寄せして終わるように「思い込んでしまう」。それを注意したのである。

頭では分かってはいても毎度毎度チャートを見ていると、「まるで判定値に向かって株価が引き寄せられている」ように勘違いしてしまうので注意が必要だ。このブログでは、判定値近辺で取引された事例だけ取り上げているのでそのような錯覚に陥りがちになる。

ホント、チャートの取扱いにはくれぐれも気をつけた方が良い。


『ましたんワールド』





2017年10月26日

モリテック スチール 2017/10/26

『ましたん解除予報 2017/10/26』銘柄のYKTと大泉製作所は双方判定値に届かない値位置での売買だったので、増し担解除リーチ銘柄ではないがカウント2日目挑戦だったモリテック スチール(5986)を取り上げる。

増担保規制の解除カウントが進む判定値は「625」。

実際のチャートはこんな感じ。

5986-20171026.JPG

※チャートソフトの仕様で判定値ちょうどのラインが引けません


第1波動の上昇の後に増し担になってから、第2波動の上昇を終え調整期間中のモリテック スチール。

この調整がいつ終わるのか(あるいは終わらないのか)が焦点になっていたが、ここにきて下げ止まり感を見せつつあった。しかし、反発の上昇はいずれも一過性のもので持続性に欠けており、本格的な反転上昇には至っていない。

そんな状況での増し担解除カウント開始。

今日は珍しくギャップアップスタートで早々に判定値を抜いていく。しかし後続を買うものがなく案の定すぐにダレてきた。判定値を割ると今度は昨日つけた安値をうかがう展開に。

ところが今回は弱さもさほどではなく下値を固めてきた。というわけで今度は判定値近辺で膠着状態に陥った。

14時過ぎにようやく動意を見せ、増し担解除拒否のスタンスをあらわにし始めた!?

結局そのまま大引けを迎え増し担解除を拒否した形に。

さて、明日からどういった動きになるのか。


「なぜモリテックだけ状況の説明がいつもより詳しいのか」って?

それはご想像におまかせします。(笑)


上記チャートはSBI証券さんの『HYPER SBI』を使用しています。
新興市場銘柄でも信用売りできる『HYPER空売り』、立会時間外でも取引できる『PTS取引』のSBI証券は利用価値の高い口座です。




※空売りコストがやや高いですが、取扱銘柄数が圧倒的に多いのが魅力! ですが、利食いと損切りの同時注文ができないのは切実です。 SBI証券さん、ぜひともご検討をよろしくお願いします。本当に心の底からお願いします。m(_ _)m

※(上記バナーではなく)筆者からの紹介でSBI証券の口座を開設された方には、『ましたんワールド』『勇者(S)』の権利を2ヶ月プレゼントします!『ましたんワールド』の問合せよりご連絡ください。件名:「SBI証券口座開設紹介希望」


『ましたんワールド』





2017年10月25日

居場所を探す

メルマガライターの採用テスト記事がもう1つ。

※テーマも含めてすべて自分で考えて創作したものです。
 その人に成りきって書いた文章なので、口調がこのブログと違います。



↓ ↓ ↓ ここから ↓ ↓ ↓


○○さんは人間の幸せって何だと思います?


いきなり難しい質問だったかな。(汗)

もちろん「人間の幸せはこれだ!」っていう決まった1つの正解があるわけではありません。

人それぞれ違った答えがあるとは思うけれども、僕は人間が幸せに感じるというのは「自分の居場所を持っている」状態だと思っています。


「居場所」って何?

家のこと?
学校? 会社?
クラブ? サークル?

たしかにそれらも「居場所」には成り得る。

でも僕の定義する「居場所」というのは具体的なものではなく、自分の需要と相手の需要が一致する場所のことを言います。

なんかますます分からなくなっちゃったかな。(汗)


ビジネスの基本は「価値の提供」ですよね。まず相手(顧客、消費者)に価値を提供する。そしてその見返りとして代金・報酬を受け取ることができる。

@相手の需要→自分が満たす(供給する)

これが成立すればいつでもどこでも稼ぐことができるようになります。これホントの話。

でもこれだけじゃあダメなんだよね。


儲かる前にやめちゃうケースが圧倒的に多いので気づきにくいって面もあるけれど、稼げるからやり続けるって、実はそんなに簡単でも当たり前のことでもない。

けっこうな年収をもらって将来も約束されているようなサラリーマンが突然退職したりするケースって聞いたことないですか?

脱サラして農業やったり喫茶店を経営するとか言ったりして。しかもお世辞にもとても儲かりそうには思えないような計画で・・・。

身近にけっこういるんじゃないかな。もしかして○○さん自身もそうだったりします?

なぜ辞めるのか。

それは自分の需要を満たしていないから。

自分のしたいことができていないから、なんですね。


つまり

A自分の需要→相手が満たす(供給する)

この状態を手に入れようとしているわけ。


でもこれって簡単にはいかないのはご存知のとおり。それを知っているからこそ、たとえ会社に不平不満があったとしても会社を辞めたりしない人が世の中にはゴマンといる理由なんだよね。


じゃあなぜうまく行かないのか?

それは相手を無視して自分の都合だけを優先しているから。

逆の立場になって考えたら当然ですよね。

材料にとことんこだわった和食料理店。
味は絶品、でも食べ方の順序や作法にうるさく、はては自分の好みの調味料をかけたら怒られる!
そんなお店で食事をしたいと思いますか?


「こだわり」はあっていい。こだわりは必ずしもマイナスではなく、時にはとてつもないプラスになる可能性を秘めている。

要は「場所」なのだ。

自分の提供するもの(=自分のしたいこと)を喜んで受け入れてくれる、いや、それを心から欲している人が集まっている場所。

これが自分の需要と相手の需要が一致する「居場所」だと思います。


「でもそんなところ自分の周りにはないからムリ」って思ってませんか?

だから『居場所を探す』のだ!

近くにないなら他の市や都道府県、日本から出たっていい。
海外に自分のしたいことを求めている場所があるならそこに実際に行く!

極論だと思います?(笑)


ちょっとした例をあげますね。

最近流行りのコスプレイヤー。

アニメ好きの日本人のみならず、今ではクールジャパンの影響か世界中に存在しています。

日本人が家の周りでコスプレしました。
コスプレ仲間は褒めてくれるけど家族の反応はイマイチどころか他人のフリ状態。
SNSならどうかなとがんばってやってはみたものの、同じような子が全国にいるのでライバルだらけで全然目立たず・・・。
これは海外でも似たり寄ったり。

これを場所を変えてみたらどうなるか?

○○さんも好きなアニメキャラクター□□のコスプレを外人の美少女(美少年)がしています。
もうそっくりウリ二つ。
本物!?

そんな彼女(彼)が日本に来たらどうなると思います?
猛烈なファンがすぐに集まっちゃいそうですよね。
しかもお金もいくらでも払いそう。(笑)

元々日本のマンガやアニメは外人をモチーフにしたものが多いので日本人のコスプレよりも外人そのものの方がリアリティがあります。そこに需要はあるか、という話ですね。

実際そんな外人コスプレイヤーさん達が既に日本で活動しているそうですよ。

もちろん彼女(彼)達はお金のためにイヤなことをしているわけではありません。
自分のしたいことをしているんです。
そしてそれがお金になっている。
いやお金よりも何よりも自分の満足感を得られている。

これって幸せだと思いませんか?


さあ○○さんも今から『居場所を探す』ことを始めましょう!


↑ ↑ ↑ ここまで ↑ ↑ ↑


ってな感じ。



自分を知る4

『自分を知る』
『自分を知る2』
『自分を知る3』


ちょっと前の話になるが、メルマガライターの募集があってそれに応募したことがある。

最近このブログはもっぱら『機能するライン』シリーズの記事ばかりで、自分の考えや想いなどを書くことがめっきり減ってしまった。

書きたいことはいくらでもあるのだが、時間に制約があるのでそちらに時間を回せないのが現状だ。

それがなぜ「メルマガライター」?
矛盾してない!?


1つ目の理由としては、あくまでも「仕事」なので報酬が発生すること。これが大きい。ブログへの投稿は、今のところお金には直結していない。

2つ目は、こっちの方が大きいけど、筆者は基本的に書くことが好きだからだ。このブログを読み返してもけっこう長文の記事がある。なのでそれが活かせるのならそうしたいと思ったからである。

だったら『ごめんなさいNさん。m(_ _;)m』のように、記事を書く機会があったのになぜそっちにしないのか、と思われるかもしれない。もっともである。

あちらは「自分の考え」を書くのに対し、今回のはテーマがあってそれに沿って自分の言葉で記事を書くスタイルなので、根本部分が「自分」ではないのだ。

だからある意味気楽だったのだ。

気楽と言ったら怒られるかもしれないが、筆者の性分として、「自分の考え」を表現するということは「責任を持つべきもの」と思っている。だからいろいろと「しばられる」のだ。これがTwitterで気楽に銘柄の予想を「つぶやけない」ことにもつながってたりする・・・。


話を元に戻すと、その時に採用テストで書いた記事があるので今回はそれを載せようと思う。

※その人に成りきって書いた文章なので、口調がこのブログと違います。

ここで公表するということは「不採用」だったということ。(笑)


↓ ↓ ↓ ここから ↓ ↓ ↓

『自分を知る』



「敵を知り己を知れば百戦危うからず」って言葉知ってますか?

昔の中国、春秋戦国時代(紀元前500年ごろ)の軍事思想家である孫武の作とされる兵法書「孫子」(こっちの方が有名かな?)に書かれている言葉で原文は「彼を知り己を知れば百戦殆からず」っていうらしい。

戦国時代を舞台にした合戦物ドラマやビジネス書とかにもよく引用されているので、言葉の意味は知らなくてもほとんどの人は聞いたことがあるんじゃないかな。

他にもスポーツや囲碁・将棋などの「勝負物」のストーリーにはけっこう欠かせないエッセンスのような考え方なんだよね。今、時の人の藤井四段も読んでたりするのかな。(^^)


で、どんな意味かというと「戦において、彼(敵)の情勢をちゃんと調べて実情を把握し、己(味方)の状態もきちんと熟知していれば百回戦ったとしても負ける心配はない」ということだそうです。

「負けない」って言ってるだけで必ずしも「勝つと断言しているわけじゃない」ってとこもけっこう重要なんだけど今日のテーマはそこじゃない。

前段の「敵を知り己を知れば」こっちの方。


ビジネスの基本にマーケティングというものがあるけれど、これがまさに「敵を知る」ためにやっていることなんだよね。

大企業に限らず稼いでる会社・個人はみんなこれをしているはず。もちろん僕もやってますよ。それこそ何百万円というコストを掛けてでも。だって稼ぐために必要なことだから。

○○さんは「敵を知る」ために何をやってますか?


でも実は今日、本当に伝えたいのはこれでもない。
後ろの「己を知れば」の方。


たしかに「敵を知る」ことは大切なんだけれども、実は「己を知る」ことの方がもっと重要だと個人的には思っている。

なぜか?


人間っていうのは結局のところ「自分のため」に生きている動物だ。

「いや違う! 自分は人のため、社会のために生きている。一緒にするな!」と憤慨されている人がいるかもしれないが、実はそれって「人のため、社会のために」していることでも、そうすることによって最終的に「自分の満足感を得ている」んだよね。

途中の部分で他者の満足感を達成しているかどうかの違いであって、結局は「自分のため」っていう本質の部分は変わらない。


○○さんは今までに「稼げる」商材やマニュアルなど購入したことがありますか?

それで実際に大きく稼ぐことができましたか?


再現性があるはずなのに自分にはできない・・・。

なぜ?

モチベーションが続かないから・・・。

なぜ?

自分のやりたいこと、得意なことじゃないから・・・。

じゃあ、○○さんが本当にやりたいこと、得意なことって何?

それは・・・


そう、これが「自分を知る」ってこと!


実は「彼を知り己を知れば百戦殆からず」の後に原文ではこう続いている。

「彼を知り己を知れば百戦殆からず。
 彼を知らずして己を知れば、一勝一負す。
 彼を知らず己を知らざれば、戦う毎に必ず殆し」


自分を知らないままでいると、戦う度に「必ず」負けるんだって。

さあ、まずは自分を知ることから始めよう!



それではまた!


↑ ↑ ↑ ここまで ↑ ↑ ↑


ってな感じ。





YKT 2017/10/25

昨日取り上げたYKT(2693)。今日は増し担解除カウント4日目の挑戦。

増担保規制の解除カウントが進む判定値は「420」。

実際のチャートはこんな感じ。

2693-20171025.JPG

※チャートソフトの仕様で判定値ちょうどのラインが引けません


値位置が近いこともあって寄付きから下へ上へと動くものの、すぐに判定値を上限とした狭いレンジに収斂していった。相当意識していることが伺える。

他に何の影響も受けないのであれば、やや下がったところを買って判定値付近で売りをするだけで値鞘が抜けるのであるが、相場はそんなに簡単なものではない。

メドレックスと同じく、日経平均の下げにつられて14時過ぎにレンジの下抜けを余儀なくされた。

その後も連れ安したが、最後一気にレンジ内まで戻すあたり「買い気」を誘っているようだ。


上記チャートはSBI証券さんの『HYPER SBI』を使用しています。
新興市場銘柄でも信用売りできる『HYPER空売り』、立会時間外でも取引できる『PTS取引』のSBI証券は利用価値の高い口座です。




※空売りコストがやや高いですが、取扱銘柄数が圧倒的に多いのが魅力! ですが、利食いと損切りの同時注文ができないのは切実です。 SBI証券さん、ぜひともご検討をよろしくお願いします。本当に心の底からお願いします。m(_ _)m

※(上記バナーではなく)筆者からの紹介でSBI証券の口座を開設された方には、『ましたんワールド』『勇者(S)』の権利を2ヶ月プレゼントします!『ましたんワールド』の問合せよりご連絡ください。件名:「SBI証券口座開設紹介希望」


『ましたんワールド』





メドレックス 2017/10/25

『ましたん注意報 2017/10/25』銘柄のメドレックス(4586)。

増担保規制になる確率が高い判定値は「997」以上。

実際のチャートはこんな感じ。

4586-20171025.JPG

※チャートソフトの仕様で判定値ちょうどのラインが引けません


昨日の終値が「1,011」で、ギャップダウンの安寄り後一瞬判定値付近まで上げたものの一度も判定値を上抜けることなく推移。

後場の途中まで増し担回避を確定させるべく判定値のちょっと下でダラダラしていたが、14時過ぎ日経平均の下げにつられてレンジを下抜け。

最後は戻して大引けを迎える。規制回避は確定。


長老のツイート




上記チャートはSBI証券さんの『HYPER SBI』を使用しています。
新興市場銘柄でも信用売りできる『HYPER空売り』、立会時間外でも取引できる『PTS取引』のSBI証券は利用価値の高い口座です。




※空売りコストがやや高いですが、取扱銘柄数が圧倒的に多いのが魅力! ですが、利食いと損切りの同時注文ができないのは切実です。 SBI証券さん、ぜひともご検討をよろしくお願いします。本当に心の底からお願いします。m(_ _)m

※(上記バナーではなく)筆者からの紹介でSBI証券の口座を開設された方には、『ましたんワールド』『勇者(S)』の権利を2ヶ月プレゼントします!『ましたんワールド』の問合せよりご連絡ください。件名:「SBI証券口座開設紹介希望」


『ましたんワールド』





2017年10月24日

ディジタルメディアプロフェッショナル 2017/10/24

『ましたん注意報 2017/10/24』銘柄ではなかったが、一部そのように誤解されていたと思われるディジタルメディアプロフェッショナル(3652)を取り上げる。

移動平均との乖離が基準に抵触する判定値は「4,250」。

実際のチャートはこんな感じ。

3652-20171024.JPG

※チャートソフトの仕様で判定値ちょうどのラインが引けません


たとえ実際には増し担になるはずがない数値であっても、そうなると「意識している人間」が多数いれば、その数値が意味を持つ(機能する)という良い例。


上記チャートはSBI証券さんの『HYPER SBI』を使用しています。
新興市場銘柄でも信用売りできる『HYPER空売り』、立会時間外でも取引できる『PTS取引』のSBI証券は利用価値の高い口座です。




※空売りコストがやや高いですが、取扱銘柄数が圧倒的に多いのが魅力! ですが、利食いと損切りの同時注文ができないのは切実です。 SBI証券さん、ぜひともご検討をよろしくお願いします。本当に心の底からお願いします。m(_ _)m

※(上記バナーではなく)筆者からの紹介でSBI証券の口座を開設された方には、『ましたんワールド』『勇者(S)』の権利を2ヶ月プレゼントします!『ましたんワールド』の問合せよりご連絡ください。件名:「SBI証券口座開設紹介希望」


『ましたんワールド』





YKT 2017/10/24

『ましたん解除予報 2017/10/24』銘柄ではないがカウント3日目挑戦だったYKT(2693)。

日中の値動きを観察していたら、どうも判定値を相当意識していそうなことが判明。

長老のツイート

増担保規制の解除カウントが進む判定値は「415」。

実際のチャートはこんな感じ。

2693-20171024.JPG


後場になって判定値を抜くことがあったものの、最後はキッチリ判定値ピッタリで引けた。

相当意識してるね。


上記チャートはSBI証券さんの『HYPER SBI』を使用しています。
新興市場銘柄でも信用売りできる『HYPER空売り』、立会時間外でも取引できる『PTS取引』のSBI証券は利用価値の高い口座です。




※空売りコストがやや高いですが、取扱銘柄数が圧倒的に多いのが魅力! ですが、利食いと損切りの同時注文ができないのは切実です。 SBI証券さん、ぜひともご検討をよろしくお願いします。本当に心の底からお願いします。m(_ _)m

※(上記バナーではなく)筆者からの紹介でSBI証券の口座を開設された方には、『ましたんワールド』『勇者(S)』の権利を2ヶ月プレゼントします!『ましたんワールド』の問合せよりご連絡ください。件名:「SBI証券口座開設紹介希望」


『ましたんワールド』





リンク集
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
プロフィール
また会う日までさんの画像
また会う日まで
プロフィール