記事が参考になったら「いいね!」をよろしくお願いします。m(_ _)m
カテゴリアーカイブ
検索
ファン

2016年07月29日

迷いながら三連発 〜日本碍子の買い、コロプラの売り、フジクラの買い〜

昨日の記事には端折って、『「売り」で取った方がいいのか「買い」で取った方がいいのか。』と書いたが、正確にいうとギャップアップの場合の「売り」(逆張り)か「買い」(順張り)かであって、ギャップダウンの場合は反対に「買い」(逆張り)か「売り」(順張り)になる。

なので売るべきか買うべきかというよりも、目先の方向性(トレンドとは呼べないか)に対し逆張るべきか順張るべきかが自分の中での論点となっている。

仕掛ける時に迷っていたら見送るのだが、そうでもなかったので仕掛けた。
※あまり人にはオススメしません。

まず日本碍子(5333)の買い。

筆者の株の買いは珍しい。あのモブキャスト事件以来だ!(笑)

純粋なトレードとしては初めてになるね。

始値がサポートラインとして機能したため徐々に上昇モード。レジスタンスを抜く手前の厚かった売り板の状況を見ながら待っていたら、大口にかっさらわれてブレイクしてしまい出遅れてしまった。

2016/07/29 9:50 「2,530」

出遅れがひびいて買われた高値で売却できず。アヤ押しが過ぎ去るのを待った。

ようやく上がり始めたらゆっくり待ってられなかった。元々このアヤ押しで買う気じゃなかったので仕切に影響してしまった。

2016/07/29 10:04 「2,533」
(+3、0.10R)

日経平均採用銘柄だったことに後で気づいた。ダメだよね、事前に把握しておかないと。

5333-20160729.PNG


次はコロプラ(3668)。昨日の張り付きストップ安との合わせ技。

日本碍子とは方向は逆だけど考え方は同じ。今度は割る時ではなく弱くなり始めた時にエントリー。元々はこっちのタイミングだったんだよな、最初の頃は。

2016/07/29 10:23 「1,448」

割ったけれど勢いも出来高もない。買い板が盛り返す雰囲気大。撤退。

2016/07/29 10:29 「1,442.2」(分割約定)
(+5.8、0.366R)

今日の安値「1,441」。ギリギリセーフ!

3668-20160729.PNG


最後がフジクラ(5803)

これは前二つとは別。この銘柄も日経平均に採用されている。

日経平均が崩れて新安値更新している時に踏みとどまったので強いんじゃないかと思って買ってしまった。

2016/07/29 13:02 「579」

今日二度目の安値「567」をつけた後の目先強く見えたとこ。買ってすぐに「今じゃない!」と後悔した。

予想通りすぐに下り始めた。ストップオーダーが「566」だったのだが、ジリジリと押し寄せてくる。

「567」の買い板が無くなった!
「566」カイだ!

自分のアホさ加減を呪っていたがなかなか注文成立の知らせがない。おかしいなと思っていたら徐々に上昇を始めた。

ナント「566」をつけずに反転したようだ!
ウソみたいなホントの話。

首の皮一枚つながって持ちこたえたが、その後の反発に勢いがなくジリジリだったので付き合いきれなくなってしまい撤退した。

2016/07/29 14:05 「580」
(+1、0.08R)

5803-20160729.PNG


こんなことをいつまでも続けてはいけない。

いよいよ来週から8月。正念場だ。


--------------------------------------------------------------------------

最後までお読みくださりありがとうございます。
今回の記事は参考になりましたか?
当ブログへの「投票」もしくは「順位の確認」、または「他のブログの検索」は下記ボタンからどうぞ。
                         まるてん


2016年07月28日

迷い

昨日の記事にも書いたがちょっと迷っている。

「売り」で取った方がいいのか「買い」で取った方がいいのか。

「どちらも機能するなら両方やればいいじゃん」という考え方もあるし、「その方が機会(頻度)も増えるのでもっといい!」と昔は思っていたが最近別な考え方をするようになった。

人間は自分で思っているほど器用じゃないんだよね。

そんなに頻繁に相場観を入れ替えるのは難しい。明確なレンジ相場での逆張りとも違うし。

もう少し考えてみよう。

今日は迷っていたので積極的に仕掛けることができなかった。やっと仕掛けようと思ったら気負いすぎてタイミングが早過ぎる注文ミスをやらかしてしまった。


--------------------------------------------------------------------------

最後までお読みくださりありがとうございます。
今回の記事は参考になりましたか?
当ブログへの「投票」もしくは「順位の確認」、または「他のブログの検索」は下記ボタンからどうぞ。
                         まるてん


2016年07月27日

お試し 〜ミネベアの売り〜

今日は珍しく、事前に選んでおいた銘柄で仕掛けるチャンスがなかった。

その代わりといってはなんだが、最近気になっている「寄り天からの急降下」的な銘柄を仕掛けられないか試してみた。

前場が始まって値上がり率上位の銘柄を検索。なかなか良さそげに感じたのがあった。ミネベア(6479)だ。

ギャップアップして寄り付いた後下げ続けちょっと戻す、そしてここから暴落!?

3日前と4日前につけた高値を割る所まで崩れてはきている。そして反発しているのだが、強い時はこのまま始値まで戻すと思われるが辿りつけなかった。そして安値トライ。

2016/07/27 9:30 「844」

直近安値「845」の少なくなった板を叩きにいったがちょっと遅かったようだ。ストップは直近高値の上「863」。

抜けて「837」までサクッと下げたがそこからは勢いがないし出来高もない。

しかも戻ってきた。そんなに下げたくないのか。日足チャートはちょっとイヤな雰囲気があるんだよね。これ始値抜いてくるようだと相当強いんじゃ・・・。

そこまで粘る根拠もないので撤退することにした。

2016/07/27 9:34 「843」
(+1、+0.05R)

一応手抜け。(笑)

月曜のアイ・オー・データ機器(6916)もそうだったが、この銘柄も貸借銘柄なので余計なHYPER料が掛からなくて済む。なんて清々しいんだろう。売りも自由にやりたいよね。

でも貸借銘柄は変な売り込みがあるとショートカバーや踏み上げ相場に巻き込まれることがあるので、ちょっと注意が必要だ。

結局撤退した後に「826」まで下げたが、その後怒涛の上昇が始まった。

いつものストップ高銘柄の仕掛けも一緒なんだけど、今ちょっと悩んでいるのが、どっちを取った方がいいのかということ。

今までは「売り」一辺倒できたけれど、どうもその後の上昇の方がパワーがあるように見えるんだよね。元々トレンドはそっちの方だし。

ただ何となく「買い」の側につくのが不利な気がしてるので売ってるんだけど。売りは売りで余計なコスト掛かるしな。

比較するなら、そのための『R倍率』がある。検証を重ねていくか。

最後は数字の比較ではなく性格との相性なんだろうけど。(笑)


6479-20160726.PNG

6479-20160726-2.PNG

--------------------------------------------------------------------------

最後までお読みくださりありがとうございます。
今回の記事は参考になりましたか?
当ブログへの「投票」もしくは「順位の確認」、または「他のブログの検索」は下記ボタンからどうぞ。
                         まるてん



ボチボチ為替 〜AUD/NZDの買い〜

株の寄付きが始まる前に為替を見たら良さそげなのがあったので仕掛けた。

オージーニュージー(AUD/NZD)の買い。
※豪ドル(AUD)買いのNZドル(NZD)売り

2016/07/27 8:08 「1.06344」

ストップは「1.06200」。10時半にオーストラリアの消費者物価指数が発表されるのでそれまでに決着がついてほしいな。でないと発表前のスプレッドの広がりに耐えられないかもしれない。

目先下げがダマシになった感じになっているので大丈夫だと思う。でも時間掛かりそう。

株の寄付きが始まったので利食いのオーダーも出しておこう。「1.06500」。行くとしたらもっと上値の伸びしろはありそうだが見ていられないし指標発表もあるのでまあいいか。

やはりFXCMの「TradingStation」は操作しやすいな。これくらいの操作性が「HYPER SBI」にもあればいいんだけど。

でもFXCMが消えてなくなるのは残念だ。まだ使えるけれど来月からはまず通貨ペアが減ってしまう。

今はメインが株になってきたけど、為替のセットアップの方が信頼性が高く感じるんだよね。今のところは。

まあまた考えるとしよう。

おっ、ついたようだ。さっきの途中経過は上がってたから大丈夫だろう。

2016/07/27 9:36 「1.06500」
(+0.00156、+1.08R)

指標発表後さらに急伸してるけどまあそれは仕方ない。指標がらみなので。逆にその後下げてるから早めに終わって良かったかも。

AUDNZD20160727.png

このチャートはポジションのエントリーとエグジットを表示してくれるので良かったんだよね。一応証拠になるので。しかも口座番号とかは表示されないので余計な手間ヒマかけなくて済むし。


-------------------------------------------------------------------------

最後までお読みくださりありがとうございます。
今回の記事は参考になりましたか?
当ブログへの「投票」もしくは「順位の確認」、または「他のブログの検索」は下記ボタンからどうぞ。
                         まるてん


2016年07月26日

方向が逆だね 〜AppBankの売り〜

何とか苦手意識を持たずに済みそうだったAppBank(6177)

そんなに簡単には許してくれないらしい。今日はやってしまった。

とは言っても、チャートだけ見てるとそんなに悪くは見えない。いい所だけ切り抜けばうまく行ったように見えなくもない。ただ現実の売買としての数字はダメなんだよね。


さて今日の仕掛けはAppBankの売り。

昨日AppBankはストップ安だったので通常の筆者の仕掛けだと買い方向になるはずだ。しかし最近よく感じるのだが、仕掛けてからの勢いがあまり無いように思える。
※そりゃそうだよね、基本的にはトレンドに逆らってるんだから。(笑)

なので、トレンド方向への仕掛けとして使いたいなと思った次第。

AppBankは寄り付き後につけた安値を相当意識したチャートになっている。しかも反発は弱く上値は切り下がってきている。

増担保規制も始まり買い方の援護は期待できない。そしてまだ信用の買い残は浮動株式数に対して高水準だ。

まずこれは割れるだろう、割れたらまだまだ下がると思われた。

寄り付き後につけた安値は「1,284」。その後の安値はやや切り上がってきているが大体同じ水準だ。

買い板は「1,290」と「1,291」にちょっとした厚みがあるが「1,284」近辺は薄い。

だとしたら「1,290」が割れれば速いか。


通常は板を見ながら成行をぶつけるのだが、ちょっと席を外す用があって「1,289」の逆指値を入れておくことにした。

戻ってきたら最後の反発らしき上昇があった。上に抜いていかないね。

そろそろ逆指値キャンセルして準備しようかと思った矢先に急に歩み値のスピードが速くなった。

まだ早いよね。とりあえずあそこの板でちょっと時間食うよね。


筆者の予想は見事に外れ、あっという間に「1,290」を抜けて一気に下がった。

「1,270」くらいだが値洗いがマイナスだ。なんで?

HYPER料が「12.5」と割高だけど、にしてもだ。

建玉の値段を見ると!?

2016/07/26 11:26 「1,280」

えっ、そんなにすべったの?

後から確認すると、道中にあった「1,284」や「1,285」が消えて無くなっていた。キャンセルしたな。

ひょえ〜、厳しいな。

もう前場が終わる。「1,262」をつけたがそこから下がらない。

後場寄りが勝負か。投げて来ないかな。
※投げて来ませんでした。(笑)


後場寄り「1,299」、ここからレンジ内に入ってきた時に撤退の選択もあったが、最近のトレードは踏みとどまった方が結果が良かったので待つことにした。

しかし後から考えると、今までとは違うんだよね、仕掛けが。

結局そのままジリジリ上がってストップヒット。

2016/07/26 12:36 「1,343」
(△63、△1.03R)

ストップもちょっとすべったな。

その後いったんダレたものの「1,393」まで買われたのだから完敗だね。「ダマシ」のブレイクアウトになるのかな。

ただ見ようによっては、エントリーをもう少しキツめに設定してHYPER料を無視して考えると、チャートだけ見たらレンジの幅くらいは下げてるので、利食いできているように勘違いさせることも可能だ。

6177-20160726.PNG

こうなるんだったらイマジカ・ロボット ホールディングス(6879)を買いで仕掛けていれば良かったみたい。

6879-20160726.PNG

--------------------------------------------------------------------------

最後までお読みくださりありがとうございます。
今回の記事は参考になりましたか?
当ブログへの「投票」もしくは「順位の確認」、または「他のブログの検索」は下記ボタンからどうぞ。
                         まるてん


チャンスはまだ続いてる、でも弱腰(笑) 〜アイ・オー・データ機器の売り2〜

さっき仕掛けたアイ・オー・データ機器(6916)

結局崩れた後は、寄付き後につけた安値を一時的に下回る「827円」をつけるまで落ちていきそこで反発に転じた。

ポジションは無くなっていたが面白いところで止まったなと思い、頭の片隅に記憶しておいた。

時間が経ってチャートを確認すると、それから三回くらい安値トライをしたものの抜けず、失敗に終わっていた。しかし上値が徐々に切り下がっているのが目についた。

これはいけそう。

再び安値近辺に近づいてきた。売り板が無くなりそう。

ヨシ今だ!

2016/07/25 14:26 「827.125円」(分割約定)

抜けた。下がる。

長い陰線。でも出来高少ないな。勢いももう少し欲しいよね。

ここで諦めてしまった。

2016/07/25 14:27 「818円」
(+9.125、+0.3675R)

一応利益計上したものの、その後の安値「768円」を考えるともったいなさすぎる。このあたりもう少し感情を入れずに機械的にできないかな。

6916-20160725.PNG

--------------------------------------------------------------------------

最後までお読みくださりありがとうございます。
今回の記事は参考になりましたか?
当ブログへの「投票」もしくは「順位の確認」、または「他のブログの検索」は下記ボタンからどうぞ。
                         まるてん


見込み違いとその影響 〜アイ・オー・データ機器の売り〜

昨日はいろいろ時間を取られて売買記録が書けなかった。

朝方AppBank(6177)の決着がついたので安心して別の銘柄に向かうことができたのだが、監視銘柄が多すぎるとかえって良くないこともある。集中力が散漫になってしまうのだ。

しかもどれも派手な値動きをしているとそっちに興味がいって、優位性も無いのに仕掛けてしまったりなんかすると、後々損益を元に戻すのが大変だ。

ということで、セットアップ基準を満たしている銘柄に特化するよう心がけた。
なので、前場は何もせず後場入り。

そこで目に留まったのがアイ・オー・データ機器(6916 )

ストップ高で寄り付いたものの持続できず、何度も剥がれては張り付き、剥がれては張り付きを繰り返しレンジ相場になってきている。

始値もVWAPも高い値段になっているのでいずれ陥落しそうな気配が漂っていた。

ただ安値の値位置がまばらなため、明確なサポートラインとして意識されている値段がよく分からない。前場は一応底値を切り上げる形となっているが、後場寄りでとりあえずそれはブレイク。

今度はそこでできた安値がサポートラインとして機能するのか?

板を見るとつけた安値「866円」の下「865円」に厚い板がある。というわけでこの値段をブレイクする時に仕掛けることにした。
※ただその下にも節目ごとに厚い板が存在しているのは認識していたんだよね。

再度の安値トライに失敗。いい感じだ。次かな。

そしてその時がきた。今度は「865円」をつけてきた。徐々に板が薄くなってきた。あんまり待ちすぎると大口にかっさらわれるのである程度見切り発車が必要だ。

ヨシ今だ!

2016/07/25 12:51 「865円」

ストップオーダーは「881円」。大きい方の戻り高値だ。直近の小戻しの高値にする考えもあるが、その辺はエグジットとの兼ね合いも考慮して検討の余地がある。

下げたけど勢いがない。「861円」で跳ね返ってきた。やっぱりまだ安値の候補がいっぱいあるからな。

さて、どうしよう。

売値よりさらに上に行ってしまった。ストップオーダーまでは行かないけど。

また下げてきた。が、また反発。

う〜む。

ストップ高近辺での攻防というのがイヤなんだよね。とりあえず半分逃げておくか。

2016/07/25 13:06 「867円」
(△2円、△0.13R)

また落ちてきた。半分犠牲にするとこういうことがよくある。でもその方がありがたいんだけどね。

さっきの安値を割った!
でも勢いが無い。戻るか?

前々回のAppBankの攻防が脳裏をよぎった。すぐに利が乗らない場合は撤退した方がいい。

2016/07/25 13:08 「862円」
(+3円、+0.19R)

筆者が仕切ったのを合図にしてその後は順調に下げていきましたとさ。チャンチャン!(笑)


まあね、AppBankの時とは力関係が違うからもう少し踏ん張っても良かったんだけどね。

エントリーの場所が良くなかった。今ここで再度割れた時がエントリーすべきタイミングだったようだ。

でもそこまで冷静に考えてプランを組立て直して対処できる人っているのかな?

まあいるんだろうな、世の中には。

6916-20160725.PNG

--------------------------------------------------------------------------

最後までお読みくださりありがとうございます。
今回の記事は参考になりましたか?
当ブログへの「投票」もしくは「順位の確認」、または「他のブログの検索」は下記ボタンからどうぞ。
                         まるてん


2016年07月25日

『明日の注目銘柄』は休止

注目銘柄の記事を書くだけでけっこう労力が掛かることが判明したので当面休止とします。これで時間取られてトレード内容がお粗末になってしまうと本末転倒になってしまうので。

今のところはストップ高とストップ安で引けた銘柄のみピックアップしてるのでそんなに大した内容ではありません。(笑)
今後もっと違う方面の銘柄が出てくるようだと再度検討します。

※『ましたん注意報』は現時点では引き続き掲載を続ける方向です。


--------------------------------------------------------------------------

最後までお読みくださりありがとうございます。
今回の記事は参考になりましたか?
当ブログへの「投票」もしくは「順位の確認」、または「他のブログの検索」は下記ボタンからどうぞ。
                         まるてん


『ましたんリーチ』のかたきを『ましたんギャップ』で討つ 〜AppBankの売り〜

長〜い長〜い週末だった。
今日の寄付きまでの時間も怖ろしく長く感じた。

先週末『ましたん注意報』が出ていたAppBank(6177)売りで取りそびれて、どうしたものかと途方に暮れていた。(笑)

下手に他の銘柄に手を出してリズムを崩しては元も子もないので慎重に現状を正確に把握し直した。

AppBankはたしかに増担保規制前日の値動き(『ましたんリーチ』)を取ることはできなかったが、このままいくとほぼ増担保規制になるのは確実と思われる。それなら規制開始日のギャップダウン狙い(『ましたんギャップ』)はどうだろうか?

幸い筆者が調べた過去データの分析結果から得たパターン分けによると、今回のケースではそこそこの値幅を取れる可能性を示唆している。HYPER料が高い上に二倍取られるのがちょっとイヤだが、経験を積むことも必要だ。

ただ一つ問題がある。AppBankがこのままストップ高で引ける場合は手を出してはいけないのだ。

これは自分で分析しないと分からないことなので信じるか信じないかはほぼ宗教に近い。(笑)
先週末の記事で「ちなみにストップ高で終わらなかったことに別の意味があるかもしれない。」と書いたのはこのこと。

大引けまでに崩れるや否や。

サクッと崩れてくれた方がありがたいのだが、そうは問屋がおろさない。

一度崩れたものの再度ストップ高まで持って行き売り玉をいじめる。とは言っても、実は信用の売り残は大してないので巷で言われる「売り方がつかまった」という表現はこの銘柄についてはあまり当てはまらない。

張り付きで終わるか?
売らなくて済むか?
↑ ちょっと弱腰!(笑)

いや、しかし大引け間際に崩れた。売るか、どうする?
売れ〜!

2016/07/22 14:57 「1,921円」

売ったけど下がって行かないよ〜。(泣)

また上がって来たよ、どうする!?

ストップ高での持ち越しは厳禁だから、ストップオーダーを「1,939円」で入れておく。

つくか、つくか?
ギリギリセーフ!

でも、不安だ。ストップ高ではないけれど1ティック下なだけだからなあ。

過去データではたしかにいいんだけれど、しょせん1年半くらいのデータだし。そこまで信頼できるかという問題が別にある。

しかも週末。土日に新しい情報が出てきたらどうしよう!?


予定通り増担保規制の発表はあった。
さてどうなる?

今回は久々にSBI証券のアプリでPTS取引を確認した。
↓ 一応宣伝しておきますのでさらなる使い勝手の向上をお願いします。m( . . )m




あれっ、何これ?
メチャクチャ下がってる!

どうやら任天堂の引け後のIRに反応しているようだ。それプラス増担保規制か。

「1,730円」とかつけてるじゃん。「1,725円」で指しておこう。

信用取引の売りなので本来なら買い落ちしたいのだが、PTS取引は現物のみしか扱っていないのでそれはできない。仕方ないので現物買いの注文を入れた。

ちょうど同じようなタイミングで同じようなことを考えてる輩がいる。こちらの1ティック上「1,725.1円」で指してるよ!
※PTS取引は刻みが小さい。

買えそうにないな。どうする?
売り板はやや高いか。でもいいや、これだけ下がってれば御の字だ!

売り板の「1,768円」を叩きに行こうとしてふとした疑問が脳裏をよぎった。

あれっ、これって現渡しできるの?
既にSBI証券から月曜の寄付きで強制決済注文が出ている。

もし現渡しできないとしたら、信用の売り注文は寄付きで決済されるので現物の買いが残ってしまう。だったら月曜の寄付きで売り注文出しておけばいいか。

いやいや待てよ。

もし、もしもだよ、月曜の寄付きがストップ安張り付きになったとしたら、現物の売り注文が通らない可能性もある。確率的には低いと思うが可能性は否定できない。

そんなのでストップ安連チャン持ってかれたらそれはそれでイヤだ。

どうする?

一応下げているのだから流れはこちらにあるんだよね。多分。ならそのままにしておくか。

ちなみに本日SBI証券に確認したところ、やはりPTS取引で現物買いしても現渡しはできないとのこと。これが貸借取引や一般信用取引で期限に余裕がある信用売りだったら可能であったけれど、HYPER空売りなのでできないということになる。一つ勉強になった。


さてここから長〜い週末が始まる。

PTS取引も終わった。掲示板見てもポジショントークだから参考にならない。

テレビも新聞もこぞって「ポケモンGO」を取り上げている。今までは一部のゲーム愛好家と株式トレーダーの間の旬の話題だったものが、全国区のニュースになっちゃったじゃないか!

イヤ〜な気分だ。

これをどう受け止めるのだろうか?

遅ればせながらの買いか。
任天堂ですらあんまり関係ないって言ってるくらいだから、まして関連銘柄は売りか。

増担保規制だから売りか。
ストップ高をつけたから買いか。

自分では何もできない。
他人がどのように考えてどのように行動するかにすべてが掛かっている。

しかも損失限度も実はそんなにハッキリしてないから余計に気を揉む。一応大体の値幅やストップ高の可能性は考慮に入れてポジションは取っているけれど。

そういえば『裏ワザ投資実践会』の人たちはどうなったんだろう?

普通ならAppBankも寄付きで売ってるはずなんだけど。寄付きなら「1,439円」か。安値は「1,410円」、さすがにここで利確してオシマイということはあり得ないと思う。特に今までの成功体験もあるのでよほどの強靭な精神力か、精密なエグジットルールを持ち合わせていない限り。

ストップ高に至る過程で損切りしてないとおそろしいことになってるんじゃないかな?

※ちなみに今日インフォカートで『裏ワザ投資実践会』を見つけてしまった。いつまで「限定100名」が続くのだろうか。


まあ他人の心配は置いといて。

さて8時。いつもなら各銘柄の気配値を確認するのだが今日は見ないことにした。すべての銘柄を。

どうせAppBankは何もできないのだし、何もできないので「上がる〜」「下がる〜」とか思いながら見ていても意味が無いし、ましてやそれが後のトレードに変な悪影響を与えても困る。

とにかく今日は見ない。そう決めた。


そして9時になった。さすが見ても大丈夫だろう。

おそるおそる見てみると、そこには・・・。


やった〜、売りの特別気配だ!

PTS取引の値動きは正しかったようだ。同じくらいは下がりそうだ。

寄り付いた。

2016/07/25  9:16 「1,698円」
(+223円)
※R倍率は計測不能。一応ストップ高で考えると「0.53R」くらい。

寄り付いた瞬間に「1,600円」とかつけてたけど文句はありません。

6177-20160725.PNG

結局今日はストップ安まで売られたが、それはまた別の話。

『ましたんギャップ』は身体に悪いね、特に週末挟むと。今日はモバイルファクトリー(3912)『ましたん注意報』が出ていたけど仕掛けるのはやめにした。ストップ高で引けるかどうかも微妙だったし。


--------------------------------------------------------------------------

最後までお読みくださりありがとうございます。
今回の記事は参考になりましたか?
当ブログへの「投票」もしくは「順位の確認」、または「他のブログの検索」は下記ボタンからどうぞ。
                         まるてん


ましたん注意報 〜2016/07/25〜

本日7月25日(月)の値動きによっては下記銘柄への増担保規制が発表されます。

モバイルファクトリー(3912)

出来高が100,000株以上あり、終値が「3,900円」以上で引け、かつ信用取引の新規買付け比率が40%以上(取引終了後にしかわかりません)であれば規制発動です。


--------------------------------------------------------------------------

ましたん注意報・警報は現在試験運用中です。
公表を継続するかどうかは値動きへの影響度も考慮して都度検討していきます。


当面は公表を続けますがニーズの無いものを発表しても労力だけ無駄に掛かってしまうので、ニーズの有無を人気ブログランキングの得票数で便宜的に計測することにしました。
今後もこのサービスを希望される方は下記ボタンを「ポチッと」押してください。




なお数字はできるだけ正確であるよう努めますが諸事情により間違う可能性もあります。
「絶対」の信頼を置かず、あくまでも「参考」程度にとどめておいて下さい。(笑)

                         まるてん
リンク集
<< 2016年07月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
プロフィール
また会う日までさんの画像
また会う日まで
プロフィール