記事が参考になったら「いいね!」をよろしくお願いします。m(_ _)m
カテゴリアーカイブ
検索
ファン

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2016年06月08日

読み聞かせ

今日は朝から小学校に行ってきた。

三男が通っている小学校では月に一回、朝の授業が始まる前に『読み聞かせ』というのをやっている。ボランティアの人が各クラスごとに一人ずつ担当して一冊の本を読んで聞かせるというものだ。時間にして10分。

筆者もこのボランティアに参加してみようと思いたち、今日は初回なので見学だけしてきた。

何かの用事で学校に行く時、いろんな子どもたちに出会う機会があるが、その度に子どもたちの溢れんばかりのエネルギーを感じる。「何かをしよう」「自分でしよう」、そういった意識を強烈に感じるのだ。

さすがに中学、高校と上になるにつれて弱まっていってしまうのだが、それでも大人だけの会社組織などと比べるとそのエネルギーの大きさ・強さは格段に違う。

もちろん大人になってもそのエネルギーを持ち続けている人や組織は存在するのだが、残念ながら少数派である。逆にそういうものを持っている人や組織は、やはり「普通」とは違う実績を残している。

そういったエネルギーに触れる機会を持ちたいな、という気持ちは常日頃からあったのだが、先にやるべきことがあるのでそちらを優先にして後回しにし続けていた。

今でもまだ完成してはいないのだが、後から考えてみると先にこっちに向かった方が良かったのかもしれない。


実はこの『読み聞かせ』とは別に、もう一つのボランティアを中学校でも始める予定なのだが、この二つをやろうと決めたのが先月末だったのだ。

先月末と言えば、為替で当たりだした頃とちょうど時期が重なる。これを単なる偶然と考えるか何か意味があると捉えるのか。

相場とボランティアの間には何の関係もないので、「科学的」に考えれば因果関係はないと言うしかないのだろうが、その間に「人間」を挟むと関係性が生じる「ことがある」と筆者は考えている。話が長くなるのでそれはまたの機会にでも。


話を『読み聞かせ』に戻す。

参加者は基本的にお母さん方で、おばあさんも一人いた。必ずしも全員が毎回参加できるわけではないのでまだ違う顔ぶれがいるがお父さんは筆者以外にはいないようだ。

読む本は参加者が個人で決めて個人で用意するとのこと。家にある本でもいいし、図書館から借りてきても良い。

『読み聞かせ』が終わってから時間がある人だけ集まって簡単なミーティングがある。どんな本を読んだのか、どんな反応があったかなど。

その話を聞いていると、みんな子どもたちのことを考えて本を選んでいるんだな、ということが伝わってきた。季節を考えたり、興味を持ちそうなジャンルを選んだり、笑いを取ろうと思ったり。

読み聞かせる対象が低学年か高学年かで内容はまったく変わってくる。年齢層に応じて読む本の内容を変えていくのだ。

もちろん毎回「ドンピシャ」というわけにはいかないようだが、自分の期待した反応を得ることができた時は実に嬉しそうにみんなに語っている。

ボランティアのボランティアたるゆえんだが、まさに「自発的」に自分のしたいことをする。もちろんそれが独りよがりの内容であったならば、子どもたちも敏感にそれを感じ取って拒絶(無反応)という反応をする可能性もあるが、ちゃんとした反応をしているということは(本人からの聞いた話ではあるが)、少なくともそういった内容ではないのだろう。

相手の欲っしていることを自発的に行う、それによりボランティアもまた自分の欲しているものを得ることができる。需要と供給を満たす理想的な姿であり、ある意味ビジネスの原点でもある。


--------------------------------------------------------------------------
最後までお読みくださりありがとうございます。
今回の記事は参考になりましたか?
当ブログの順位の確認、または他の「人気」ブログの検索は下記ボタンからどうぞ。
※ボタンをクリックすると当ブログに「投票」したことになります。(笑)
 ↑説明記事
                         まるてん

↓ 「オリジナル手法」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「為替・FX」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「金融・投資」カテゴリのランキングはコチラから

2016年06月07日

やっぱなまってるな 〜EUR/GBPの売り〜

今日も朝から株の寄付きを見ていた。昨日の『ましたん注意報』銘柄である。

実際に試しで仕掛けたのだが、それについてはまた明日にでも。今日は時間がない。

為替の方であるが、指標の発表もないのに英ポンド(GBP)が対米ドル(USD)で買われたようで、それが全般に波及してポンド高のトリッキーなチャートを作り出した。

その後豪ドル(AUD) も動いたのだが、最近資源国通貨には手を出してないので、なんかやりにくさを覚えてきたため、今日も欧州通貨を手掛けることにした。

わけも分からず買われたポンドが急落してようやく落ち着いてきた頃合いと見てユーロポンド(EUR/GBP)を売ることにした。

2016/06/07 14:03 「0.78188」

ストップは余裕を持って「0.78400」にした。まだもう一段あり得るかも。

わりとすぐに順行したので「早いかな」と思いきやすぐに反発。その後アゲンストのまま長い保合時間帯に入ってしまった。

しまった!
エントリー早すぎだ、これは。まだ値動きが落ち着いてない。

株にかまけて、最近良かった感覚が鈍ってきている。ヤバイぞ〜。

ついに損切りか。

欧州時間になっても動意は出てこない。いつもなら、スパッ、スパッと大きく動くのに。今日は動かないのか。日本時間に動きすぎたせいもあるか。

タイム・ストップで仕切るか。でもまだ仕切る環境ではないし、本来ならまだ様子見継続してるはず。ただ株の場帖もつけなくてはいけないので集中できないんだよね。

ポンド崩れちゃうのか?

何とかもってる。

ちょっとした反発が始まった。これが最後かな。

どっちだ? 上か? 下か?

ヨシ、上だ!(ポンドが。ユーロポンドは下)

とりあえず何とかなったな。

後は仕切時。さて。

上は広くて余裕がありそうな空間だが、急反転の可能性もあるんだよね。

しかもまだ株のデータ入力もある。

この精神状態のままポジションを抱えるのは良くない。仕切ろう。

2016/06/07 17:13 「0.78116」
(+0.00072、0.34R)

EURGBP20160607.png

ホントは良くないんだよね。もっと利が伸ばせられる可能性があるから。実際落ちてるし。何のために待っていたのかを考えないと。

株はいったん置いとくか。
う〜む。


--------------------------------------------------------------------------

最後までお読みくださりありがとうございます。
今回の記事は参考になりましたか?
当ブログの順位の確認、または他の「人気」ブログの検索は下記ボタンからどうぞ。
※ボタンをクリックすると当ブログに「投票」したことになります。(笑)
 ↑説明記事
                         まるてん

↓ 「オリジナル手法」カテゴリのランキングはコチラから

↓ 「為替・FX」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「金融・投資」カテゴリのランキングはコチラから

2016年06月06日

ましたん注意報 〜2016/06/07〜

「まるてん」ならぬ「ましたん」、しかも「FX」ではなく「株」。(笑)

明日6月7日(火)の値動きによっては下記銘柄に増担保規制が発表されます。

・潟Aドウェイズ(2489)
・潟Zレス(3696)
・潟Gディア(3935)

値段がある一定以上(これは事前に計算で出ます)で終わり、かつ信用取引の新規買付け比率が一定の数値以上(これは事後にしかわかりません)になれば規制発動です。


--------------------------------------------------------------------------

最後までお読みくださりありがとうございます。
今回の記事は参考になりましたか?
当ブログの順位の確認、または他の「人気」ブログの検索は下記ボタンからどうぞ。
※ボタンをクリックすると当ブログに「投票」したことになります。(笑)
 ↑説明記事
                         まるてん

↓ 「オリジナル手法」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「為替・FX」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「金融・投資」カテゴリのランキングはコチラから

ちょっとなまったか 〜EUR/GBPの売り〜

最近株にかまけていている。

今日も朝から寄り板の確認をして、日中も値動きと出来高の様子を見ていた。

引け値を場帖に入力してから、為替の状況を確認した。日中まったく見てないわけではなく、一応大きな動きがないのをチャートで確認はしていた。

朝方英ポンド(GBP)が急落してからはレンジ相場に移行したようで、特にトレンド(短期)は発生していない。

株が終わって欧州時間が始まるので、案外ちょうどいい交代のタイミングだ。

この時間、戻りが終わったように見せかけて円高に行きそうで行かないパターンというのは何となくわかってきた。絶対ってわけじゃないけれど、けっこうダマシになる確率が高いような気がする。

ポンドも抜きそうで抜けなかった。ここは目先反転の可能性あり。

ということで、ユーロポンド(EUR/GBP)を売ることにした。ダブルトップ確認後目先のトレンドライン割ってからの初戻り。

2016/06/06 16:04 「0.78924」

ストップは直近ではなく朝方の高値。安全見過ぎかな。

ちょっと揉み合ってから順行を始める。

今日の保合を割るかな、割らないな。ちょっと反発きつそうだ。逃げよう。

2016/06/06 16:17 「0.78830」
(+0.00094、0.60R)

逃げるのにワンテンポ遅れてしまった。木曜以来実戦から離れていたのでちょっと感覚が鈍ってきたかもしれない。入るタイミングもちょっと違うかな。なあなあにならないように気をつけよう。

EURGBP20160606.png

--------------------------------------------------------------------------

最後までお読みくださりありがとうございます。
今回の記事は参考になりましたか?
当ブログの順位の確認、または他の「人気」ブログの検索は下記ボタンからどうぞ。
※ボタンをクリックすると当ブログに「投票」したことになります。(笑)
 ↑説明記事
                         まるてん

↓ 「オリジナル手法」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「為替・FX」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「金融・投資」カテゴリのランキングはコチラから

Windows10 勝手にアップグレード事件

先週の木曜の夜めずらしくパソコンを見ていたら、Windows10 に勝手にアップグレードされてしまった。

マイクロソフトが、予約機能により5月末に自動的にアップグレードさせるようにした、という新聞の記事を読んでいたので予備知識は持っていた。

しかし、「予約機能があってもその時間にはパソコンつけてないからできないよね」と思っていたので、自分の意志とは無関係にアップグレードはさせないぞと、自信満々だった。

木曜の夜「たまたま」パソコンを立ち上げた時、「15分後にWindows10 にアップグレードします」みたいなメッセージがいきなり出てきたので、「しないよ〜」とスルーしてポップアップウィンドウを閉じた。

こんな時間にアップグレードしてたら、(時間が掛かるので)最後までちゃんと見届けられないではないか。夜中までつきあう気はないよ。

なのに、なのに。

いきなりアップグレードのために再起動が始まったのだ!

えっ、なんで!?

キャンセルしたんじゃないの?


どうもキャンセルではなかったらしい。というより簡単にキャンセルにはできない仕様らしい。

このマイクロソフトの所業には賛否両論がある。マイクロソフトが会社としてそうしたい考えもわかるし、そうしたくないユーザーの気持ちも理解できる。自分もユーザーだからね。

もちろん法的には問題ないのだろう。そのために最初にいろんなことに「同意」させているのだから。

筆者ももちろん「同意」して使っている。だからそのことで文句を言うつもりはない。

ただ、「マイクロソフトってそういう会社なんだね」と改めて認識しただけだ。そういう会社だという認識の元、つきあっていくしかない。イヤなら使わなければいいだけの話。相場と一緒。


--------------------------------------------------------------------------

最後までお読みくださりありがとうございます。
今回の記事は参考になりましたか?
当ブログの順位の確認、または他の「人気」ブログの検索は下記ボタンからどうぞ。
※ボタンをクリックすると当ブログに「投票」したことになります。(笑)
 ↑説明記事
                         まるてん

↓ 「オリジナル手法」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「為替・FX」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「金融・投資」カテゴリのランキングはコチラから

ドル円やっぱり下に行っちゃったね

今回はやはり前とは違ってたか。

しかしこうも都合良くというか、悪くと言うか、重要な指標発表と重なるもんだね。それとも、指標発表は単に動き始めるための合図に過ぎないのか。

落ちたら落ちたらで、前の安値がサポートとして意識されるので、大概の値動きはここで止められる。止まってしまうがゆえに、強気の人にとっては買う(買っている)理由が提供されることになり買いの手を入れ、その反発の動きを見て弱めの弱気の人(なんのこっちゃ!?)も躊躇してしまい一部の人は腰が引けて逃げてしまう。

ガンガンの弱気の人にとっては、ちょうどいい戻りのタイミングで、「売り乗せの急所」に見えてしまうのだから、同じチャートを見ていても、かくも人は自分の都合のいいように解釈してしまう生き物らしい。

ただ「止まる」のと「サポートされる」のは意味が違うので、そこは注意しておこう。


--------------------------------------------------------------------------

最後までお読みくださりありがとうございます。
今回の記事は参考になりましたか?
当ブログの順位の確認、または他の「人気」ブログの検索は下記ボタンからどうぞ。
※ボタンをクリックすると当ブログに「投票」したことになります。(笑)
 ↑説明記事
                         まるてん

↓ 「オリジナル手法」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「為替・FX」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「金融・投資」カテゴリのランキングはコチラから

2016年06月03日

増担保規制銘柄

今日はめずらしく為替の売買をしなかった。

自分に合ったチャート型でなかったことも大きいが、実はちょっと他のことが気になってそちらに時間を掛けていたせいもある。

何かというと、タイトルにあるように「増担保規制銘柄」、株の信用取引である。

先日何回か記事にした『THE・裏ワザ投資法』を分析しているうちに、なかなか使えそうな感触を得たからだ。

最後までいってないので全貌は明らかではないものの、

「とは言え無料でお届けする動画やレポートをしっかりご覧頂ければ、9割方は内容が分かりますので、人によってはそのまま再現できてしまう人もいるかと思います。」

とあったように、「9割方」はその内容にたどり着けたと思う。おそらくこの『THE・裏ワザ投資法』というものは、バン・K・タープ博士に言わせると(『魔術師たちの心理学』)、「トレードシステム」ではなく、概念またはセットアップに当たるものと思われる。なので実際にそこから自分に合ったシステムに昇華させるには、自助努力が必要だと推測する。

※『THE・裏ワザ投資法』自体にシステムに必要なエントリーやエグジットのルールは備えているようだが、神崎さん自身はトレーダーではないと自ら言っているので、おそらくポジションサイジングまでは踏み込んでいないと思われる。そこが抜けている投資法を素人が実践して大丈夫なのか、他人事ながら心配ではある。勝率は確かに異様に高い方だと評価できると思うけれども、それがゆえにリスクコントロールというよりも「欲」をコントロールできるのだろうか? 余計なお世話か。


今日は久々に「板」、特に寄り付き時の板の動きをじっくりと見た。普段為替をしていると「bid」と「ask」しかわからないが、本来相場というものはこの板情報が基本である。まあ、銀行内部では顧客情報として大口の注文情報とかわかるのだろうが、それすら自社内情報なのですべてを把握できるわけではない。そういった意味では株や先物の方が、オープンな市場と言える。

久しぶりの生の板情報は興奮した。(笑)
前日ストップ高だったので、最初は成り行き買いの板が多く、高く始まるかと思いきや寸前に大口の売り板が入って安く始まるなど、心理的な攻防戦も見れた。

あと株や先物は出来高情報もあるんだよね。これってけっこう重要だと最近感じる。昔はできるだけ情報を少なくしようとして重要視してなかった。というか無視してた。

価格とは違う形の情報というのは、価格を加工したものよりもよっぽど使えるということを、ようやくこの年になって理解できるようになったということか。(笑)

上述したようにあくまでも「増担保規制に関わる銘柄」というものはセットアップにすぎないので、それを利用して実際にどのような手法をとるかは各自の工夫次第だ。筆者にも大体こんな感じかなというイメージはできてきた。

『THE・裏ワザ投資法』は勝率や利益率の高さを強調しているが、R倍率で考えるとそこまでの驚異的なものにはならないと思われる。しかしながら勝率の高さは心理的負担の軽減につながるし、リスクリターン比もなかなか良さそげな印象は受ける。うまく作りこめばいいものができるかも。


久しぶりに銘柄ごとの場帖をつけ始めた。

為替の場合、短期トレードということもあってすべてチャートだけで対応しているが、この場帖をつけるという行為は非常に重要だと筆者は考えている。一度自分の相場法が身についてしまえばその重要性は一気に落ちてしまうのだが(正直なくてもできる)、身につくまでは場帖をつけるという行為が、相場と自分を一体化させる手伝いをしてくれる。

ただ値段ををつけるだけのことではあるが、それだけで自信がついてくるのだ。ある意味自己暗示、自己催眠に近いかもしれないが、「自分はこの銘柄の値動きを知っている」と思えるだけで、その銘柄に対しての自信が不思議と湧いてくるのだ。自信だけで儲けることはできないが、自信がないために最後の一歩を踏み出せないこともある。

なんだかんだ言っても最後は心理的要素がトレードの実績を左右してしまうのだから自信はあった方が良い。過信・妄信・盲信はダメだけどね。


為替の方がまだ軌道に乗ってないのに何やってるんだ、と自分でも思わないでもないが、やってて楽しいんだよね。ワクワク感というか。

本末転倒になっては意味がないが、大枠はブレてない。
はず。
だと思う。
たぶん。


--------------------------------------------------------------------------

最後までお読みくださりありがとうございます。
今回の記事は参考になりましたか?
当ブログの順位の確認、または他の「人気」ブログの検索は下記ボタンからどうぞ。
※ボタンをクリックすると当ブログに「投票」したことになります。(笑)
 ↑説明記事
                         まるてん

↓ 「オリジナル手法」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「為替・FX」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「金融・投資」カテゴリのランキングはコチラから

全然疲れてなかったのね

昨日の記事
「日本円(JPY)も買い疲れ、英ポンド(GBP)も売り疲れって感じだね。とりあえず行くとこまで行っちゃったという雰囲気はある。」
と書いたが、あの時点ではまだ全然疲れてなかったようだ。ただ同じことの繰り返しで飽きがきていただけだったようである。やっぱり日足ベースでいいとこまでこないと達成感は感じないらしい。(クロス円)

これまで何度も、ドル円(USD/JPY) が弱いと思った時にクロス円のサポートが効いて跳ね返されてきたが、今回はどうなるのだろう。今の時点ではさすがにショートカバーらしきものが入って反発を見せ始めているが持続できるだろうか。

今までは、クロス円のサポートラインに来た時のドル円はさらに下値を売られた形のチャートだったのだが、今回は戻りを終えた後の上値に位置している。

これがどういうことを意味しているか。よ〜く考えてみよう。

とは言っても、筆者はほぼ短期トレードに特化しつつあるので、あまり意味がないかもしれない。というより、目先の相場観はコロコロ変わるので、あくまでも「雑感」ということで。


--------------------------------------------------------------------------

最後までお読みくださりありがとうございます。
今回の記事は参考になりましたか?
当ブログの順位の確認、または他の「人気」ブログの検索は下記ボタンからどうぞ。
※ボタンをクリックすると当ブログに「投票」したことになります。(笑)
 ↑説明記事
                         まるてん

↓ 「オリジナル手法」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「為替・FX」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「金融・投資」カテゴリのランキングはコチラから

2016年06月02日

仕切った後の値動きを考える 〜EUR/AUD〜

昨日やったユーロオージー(EUR/AUD)。

利食いで終わったものの、その後の値動きを見ると考えさせられる。

〔1時間足〕
EURAUD20160601-02.png

昨日の記録を見てもらえばわかるが、仕切った後、若干下値があったもののそこから反転して上昇、多少の押し目はあるがナントそのまま上昇し続け、エントリーした保合(5月中の往来)下値どころかその中心まで戻してきている。

実は利確した後に戻ってきたので、教科書通り「戻り売り」をしようかと思ったくらいだ。ここで気が他にそれたので良かったが、そうでなかったら仕掛けて失敗していたかもしれない。

仕掛けのセットアップはあくまでも「保合放れ」の方向性を下に特定はしていたが、そのままトレンドが発生するかどうかまでは考えていない。
※「トレンドは発生しない」ではなく「トレンドが発生するかどうかはわからない」

この部分をきちんと認識して運用しないと単なるまぐれ当たりになってしまう。注意が必要だ。

※昨日のオーストラリアの指標発表も運が良かったと言えばそう言えるが、方向性の根拠は別にあるので問題はない(はず)。


--------------------------------------------------------------------------

最後までお読みくださりありがとうございます。
今回の記事は参考になりましたか?
当ブログの順位の確認、または他の「人気」ブログの検索は下記ボタンからどうぞ。
※ボタンをクリックすると当ブログに「投票」したことになります。(笑)
 ↑説明記事
                         まるてん

↓ 「オリジナル手法」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「為替・FX」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「金融・投資」カテゴリのランキングはコチラから

ちょっと早かったか 〜EUR/USDの売り〜

円高ポンド安で返ってきたのね。そうかあ、ポンド円(GBP/JPY)安か。そういうことね。まあ時間軸が違うので仕方ないよね。(泣)(笑)

ということで、過去のことは忘れて未来に進もう。

さて何にしよう。

日本円(JPY)も買い疲れ、英ポンド(GBP)も売り疲れって感じだね。とりあえず行くとこまで行っちゃったという雰囲気はある。

どう動いていくのか見守っていたらユーロドル(EUR/USD)が高値を更新してきた。これはダマシのような気がする。別にユーロ(EUR)は強いわけではない。

ということで、EUR/USDの売りのタイミングを探すことにした。抜いてすぐに保合の中に入って行った。落ちそうなんだけどね。でもここはガマン。

あっ、落ちてった!
やっぱり売っとくべきだったか。ここで売るか?

いや、追っかけの順張りはダメだ。ガマンガマン。

もう一度反発してくると思う。多分。引きつけて、引きつけて。

来た来た。おっ前の高値付近まで来てる。いいぞ〜。

崩れたか!?
ヨシ、いこう!

2016/06/02 09:31 「1.11941」

ストップは余裕を持たせて直近の高値よりは上の「1.12050」。「1.12000」だとキリが良すぎて意識される可能性がある。遠くなる分サイズはちっちゃくなるけど仕方ない。

最近調子が良かったが今日はイマイチだ。さすがにすぐには落ちない。それどころか直近の高値抜いちゃったよ!

あれっ、このまま行っちゃうのかな!?

微妙だね。どうかな。

おっ、何とか下がってきた。

でも何か違う。というか勢いがないね。米ドル(USD)全体に反発力が弱い。サポートも意識されてるみたいだね。長居しない方がいいかも。利食っておこう。

2016/06/02 10:13 「1.11876」
(+0.00065、0.60R)

EURUSD20160602.png


--------------------------------------------------------------------------

最後までお読みくださりありがとうございます。
今回の記事は参考になりましたか?
当ブログの順位の確認、または他の「人気」ブログの検索は下記ボタンからどうぞ。
※ボタンをクリックすると当ブログに「投票」したことになります。(笑)
 ↑説明記事
                         まるてん

↓ 「オリジナル手法」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「為替・FX」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「金融・投資」カテゴリのランキングはコチラから

リンク集
記事ランキング
<< 2016年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
プロフィール
『ましたんワールド』で会いましょう!さんの画像
『ましたんワールド』で会いましょう!
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。