記事が参考になったら「いいね!」をよろしくお願いします。m(_ _)m
カテゴリアーカイブ
検索
ファン

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2015年12月11日

頭の整理をし直す必要あり

セットアップ、エントリー、エグジット、タイムフレーム。
ルールがすべてちゃんと決まってなく中途半端だ。
これではいけない。

いろんなものに手を出し過ぎのようだ。
頭がこんがらがってきてしまうことが多い。
まだ身体の中に落とし込む段階では無い。

とにかく一つに絞ろう。
選択と集中。

2015年12月09日

NZD/CAD 利益にはなったものの

昨日仕掛けた後のチャートを見ていてあることに気づいた。

一つは、デイトレと手法が違っていること。デイトレの場合は、目先ベースでの通貨間の強弱を比較して、その勢いに乗る戦法を採用している。今回は、基本的な(トレンド?)通貨間の強弱を踏まえた上で、目先の反対の動きが終わってからのエントリーを採用していた。違う手法であること自体は何の問題もないのだが、違うということを「認識していなかった」ことが問題だった。自分が何をやっているかわかっていないことは非常におそろしいことである。早くに気づいてよかったが、今度からは十分注意しよう。

もう一つは、エントリーがフライングだったこと。NZD/USDのあの時の上昇で、「下げ止まった」と言えるのかどうか。実際その後さらに安値をつけている。確認後の出動というよりも、「こうなればこうなる」的な考えに近い。この考えそのものも悪くはないのだが、いかんせん本人がそれを認識していないと話にならない。


というわけで、内容的にはかなりお粗末な仕掛けだったことが判明した。運良く、その後は順行してくれたのでポジションは維持することにした。※方向性自体についての迷いはなかったので、「迷ったら仕舞え」は今回は適用せず。

朝、チャートを確認すると、NZD/USDが上に突き抜けられなかったようだ。その割にNZD/CAD自体はほぼ高値圏に位置していた。ただし、USD/CADも頭重そうだったし、NZD/CADも一瞬目先の高値を更新していたものの反落していたので、4日の高値への面合わせも終わったようなので仕切ることにした。

8:16 「0.9027」 成行の売り注文約定。
+0.00428(+0.476%)


--------------------------------------------------------------------------

最後までお読みくださりありがとうございます。
今回の記事は参考になりましたか?
当ブログの順位の確認、または他の「人気」ブログの検索は下記ボタンからどうぞ。
※ボタンをクリックすると当ブログに「投票」したことになります。(笑)
                         まるてん

↓ 「オリジナル手法」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「為替・FX」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「金融・投資」カテゴリのランキングはコチラから

2015年12月08日

久々に長めのスパンでNZD/CADを買ってみた

意識していなかったが、最近の売買はほぼデイトレの時間軸になっていた。本来の筆者の時間軸はもう少し長めのはずだが、結果を早く求めたいという意識と、「頻度」を味方につけたいという想いが、段々と時間軸を短くせしめていたようだ。ここ数日でだいぶ感覚を掴んできた感じがするので、久々に1時間足で相場を分析してみようと思う。

短期戦では買えなかったNZドル(NZD)だが、NZD/USDベースで、ようやくサポートラインとおぼしきラインまで到達した。一方USD/CADは何度も書いているように高値更新で一番売られやすい通貨である。というわけでNZD/CADの買い。ちょうど保合を続けてきたところを上方にブレイクしだしたタイミングである。

ちなみに、同じオセアニア通貨である豪ドル(AUD)だが、AUD/NZDのチャートを見るとそろそろ下げ止まりそうではあるのだが、対米ドル(USD)で考えると、NZドルの「効いている」サポートに比べて、現時点での豪ドルのサポートラインはまだ下方にある。AUD/NZDの兼ね合いでこのあたりで止まる可能性も無いことはないが、それは結果論だろう。今はまだNZドルの方が強い。

NZドルは他の通貨とのクロスチャートを見ても(EUR/NZD、GBP/NZD、NZD/CHF、NZD/JPY)、いい水準に位置しているように見える。けっこうイケるんではなかろうか。

16:02 「0.89842」 成行で買い注文約定。
買ってすぐ下がるのはいつものことだ。5分足ではまだ夜中の高値を抜いていない。


--------------------------------------------------------------------------

最後までお読みくださりありがとうございます。
今回の記事は参考NZになりましたか?
当ブログの順位の確認、または他の「人気」ブログの検索は下記ボタンからどうぞ。
※ボタンをクリックすると当ブログに「投票」したことになります。(笑)
                         まるてん

↓ 「オリジナル手法」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「為替・FX」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「金融・投資」カテゴリのランキングはコチラから

弱い豪ドルを売ってみた

『CAD/JPYの売り』を買い戻した根拠に「AUD/CADが下値を更新してきた」とうものがあり、豪ドル(AUD)の弱さを感じていた。

AUD/USDやAUD/JPYでは、短期的にかなりの下げを見せており、今「強い」通貨としては売られ過ぎの感があったが、弱いんだから仕方ない。加ドル(CAD)に対してさえ売られるのだから、もう一段の下げを想定しておいた方が良い。欧州通貨のユーロ(EUR)や英ポンド(GBP)、スイスフラン(CHF)に対しても新値更新、同じオセアニアのNZドル(NZD)に対しても売られてる。最近見てなかったけれど、AUD/USDの日足で10月12日の高値を一瞬だけ抜いてすぐに反落してしまった後遺症が相当強く尾を引いているようだ。

というわけでAUD/USDを売った。

13:04 「0.72357」 気持ち戻った所を成行の売り。

このタイミングはストップの位置が難しい。まだATRを使う気にはなれないけれど、ポジションサイズに影響してきているので、もうそろそろきっちり決めたい所ではある。とりあえず、前の保合の高値より上に設定。高すぎるな、とは思う。

買う対象として米ドルを選んでしまったが、仕掛けてすぐに、やっぱ円だよね、と気づいてしまった。どこかにUSD/JPYの売りを避ける気持ちが残っているようだ。

順当に豪ドルが全面的に下げてくれたものの、米ドルがイマイチ強くない。ユーロやスイスフラン、円に対して再度トライしている(ユーロは一瞬抜いた)し、NZドルの動きも怪しくなってきたし、USD/CADが新値更新していない! そろそろ潮時かもしれない。

15:13 「0.72270」 成行の買い注文約定。
+0.00087(+0.120%)


--------------------------------------------------------------------------

最後までお読みくださりありがとうございます。
今回の記事は参考になりましたか?
当ブログの順位の確認、または他の「人気」ブログの検索は下記ボタンからどうぞ。
※ボタンをクリックすると当ブログに「投票」したことになります。(笑)
                         まるてん

↓ 「オリジナル手法」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「為替・FX」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「金融・投資」カテゴリのランキングはコチラから

なにげにUSD/CHFって「1.00000」なんだね

FXにしろ、商品先物にしろ、株にしろ、筆者は価格の絶対値にはあまり興味が無い。というよりも見ていない。損益に関係してくるのは「絶対値」ではなく「相対値」だからである。つまり「変化率」が重要だと思っている。

ところで今なにげにプライスを見ていたら、USD/CHFって「1.00000」なんだよね。よくEUR/USDやAUD/NZDでは「パリティ」とか言ったりすることもあるようだけれど、実際は理論的に等価であるべきものではないのだから、「パリティ」という言葉を使うべきではないと思う。転換社債や、オプションのプット・コール・パリティのようなものとは根本的に違うので。ただ、業界用語としてそれを使っているというのなら、それはそれでいいとは思うが。

というわけで、為替における「パリティ」というものは本質的には何の意味も無いと思うけれども、かと言って無視しておけばよいかと言えば、それも違うと思う。なぜなら、人がそこに「意味がある」と思えば、人はそれを前提として、それにふさわしいと思われる行動(あくまでも本人がそう思う)を実際にとるからである。

例を言えば、「AUD/NZDの1.00000はパリティなので、1以下は豪ドル(AUD=オーストラリア)がNZドル(NZD=ニュージーランド)に対して安いということになる。オーストラリアとニュージーランドを全体的に比較して、オーストラリアがニュージーランドより劣るはずがない。ゆえにAUD/NZDの1.00000は絶対に安すぎるので買いである」という考えを持つ人が多ければ、現実的にAUD/NZDの「1.00000」はサポートされてしまう。実際、今年の4月にそのようなことが起きたのではないだろうか。だとすれば、そういうことが「起こりえる」という認識を持っているのといないのとでは、いざという時、瞬時に対応できるか否か(変わり身がすぐにできるか)に違いが出てくる。

ただし現象が実際に起きたからといって、必ずしもそれが正しいとは言えない。単に「その時点で」、その価格でAUD/NZDを売りたい人よりも買いたい人が多かっただけの話である。それ以上でもそれ以下でもない。

為替の場合はデノミを考えればすぐにおかしいことに気づく。オーストラリアかニュージーランド、どちらの国でもいいけれどデノミを実施したとしよう。その場合、デノミ実施前の「パリティ」と実施後の「パリティ」と、どちらが正しいのか? 明らかに実施前と実施後の水準は違う。しかし、どちらも「1.00000」がある。

どちらも正しくない。為替は単なる交換比率である。
そして、為替を交換して手に入れるものの本質的価値は時々刻々と変化しているのである。


--------------------------------------------------------------------------

最後までお読みくださりありがとうございます。
今回の記事は参考になりましたか?
当ブログの順位の確認、または他の「人気」ブログの検索は下記ボタンからどうぞ。
※ボタンをクリックすると当ブログに「投票」したことになります。(笑)
                         まるてん

↓ 「オリジナル手法」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「為替・FX」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「金融・投資」カテゴリのランキングはコチラから

CAD/JPYの売り

今日の雑感で書いた、「USD/CADの高値更新は使えるアイテムとなる。」を実行に移した。

何度か言及したことがあったが、米ドル(USD)と加ドル(CAD)と日本円(JPY)の関係。最近までUSD/CAD、USD/JPY、CAD/JPYがそれぞれ保合を形成していたので動きが出そうだと。そして昨日ようやくUSD/CADが高値を更新してきたと。一方USD/JPYは更新ならず、跳ね返された。その結果CAD/JPYが保合を下抜けた状態で今日を迎えた。

朝方そのCAD/JPYが初めての戻りらしい戻りを入れて再度落ちていこうかなという雰囲気を出していたので売ってみた。
09:06 「 91.228」

USD/JPYは夜中の安値を切ってきたが、英ポンド(GBP)以外の欧州通貨のクロス円、EUR/JPYやCHF/JPYに動きが見られない。日本円がめちゃくちゃ強いわけではないみたい。しかも、加ドルも一方的に弱いというわけでもない上に、AUD/CADが下値を更新してきたので撤退することに。

13:05 「91.127」成行の買い注文約定。
+0.101(+0.111%)

豪ドル(AUD)弱いな。


--------------------------------------------------------------------------

最後までお読みくださりありがとうございます。
今回の記事は参考になりましたか?
当ブログの順位の確認、または他の「人気」ブログの検索は下記ボタンからどうぞ。
※ボタンをクリックすると当ブログに「投票」したことになります。(笑)
                         まるてん

↓ 「オリジナル手法」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「為替・FX」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「金融・投資」カテゴリのランキングはコチラから

NZドルは買えなかったけれど、EUR/USDをねじ込んだ

昨日NZドル(NZD)の買い場を待っていて結局買えなかったが、終わり際の米ドル(USD)買いの動きを見て何かできないかとねばって考えた。

買われているのは米ドル。
では一番売られているのは何?

今まで売られていたのはNZドル。そろそろ入れ替わりそうだった豪ドル(AUD)。その豪ドルよりも弱くなりそうな雰囲気を漂わせていたのがユーロ(EUR)。一番弱いんじゃなく、一番弱くなりそうでしかなかったが、EUR/GBPがサポート割っていたのを頼りに、EUR/USDを売ることにした。

下げ始めてちょっと戻したところ、ストップの位置が難しい。
18:12 「1.08196」成行で売り。

ちょっと強引だったかもしれない。
とりあえず犬の散歩に行った。

夜スマホで個別にチャートを確認していたら、GBP/USDが大きめの戻りを入れているではないか。こりゃ、放置はダメだなと思い、すぐに決済することにした。

22:05「1.08105」成行の買い注文約定
+0.00091(+0.084%)

このあたりから加ドル(CAD)が大きく売られ始めたようだ。


--------------------------------------------------------------------------

最後までお読みくださりありがとうございます。
今回の記事は参考になりましたか?
当ブログの順位の確認、または他の「人気」ブログの検索は下記ボタンからどうぞ。
※ボタンをクリックすると当ブログに「投票」したことになります。(笑)
                         まるてん

↓ 「オリジナル手法」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「為替・FX」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「金融・投資」カテゴリのランキングはコチラから

USD/CADに軍配!?

11月30日の記事『AUD/USDとUSD/CADの綱引き』はUSD/CADに軍配が上がった形ではあるが、かと言って米ドル(USD)全面高という展開にはならなさそうに思われる。 
この二つの通貨ペアだけを見ると、AUD/USDは高値更新を維持できずに反落となってしまった後に、USD/CADの方が新高値更新、今のところ維持をしている状態である。資源国通貨に対しては、当面米ドルが買われやすい地合になるとは思われるが、その前に、欧州通貨のショートカバーを受けて米ドルは一時的にでも大きく売られたことにより、今後買い直されるにしても、行ったり来たりの展開を強いられるのではないだろうか。

USD/CADが高値更新したわりには、USD/JPYは壁を超えることができなかった。豪ドル(AUD)やNZドル(NZD)にしても、、買われなかっただけで、それが即売られることにはつながらない。今までの蓄積があるので、押し目(AUD/USD、NZD/USD)は拾われやすいと考える。

そう考えると、当面は米ドルを軸に考えるのではなく、各通貨ごとの強弱感で個別に考えていくのがベターかも。USD/CADの高値更新は使えるアイテムとなる。


--------------------------------------------------------------------------

最後までお読みくださりありがとうございます。
今回の記事は参考になりましたか?
当ブログの順位の確認、または他の「人気」ブログの検索は下記ボタンからどうぞ。
※ボタンをクリックすると当ブログに「投票」したことになります。(笑)
                         まるてん

↓ 「オリジナル手法」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「為替・FX」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「金融・投資」カテゴリのランキングはコチラから



--------------------------------------------------------------------------

最後までお読みくださりありがとうございます。
今回の記事は参考になりましたか?
当ブログの順位の確認、または他の「人気」ブログの検索は下記ボタンからどうぞ。
※ボタンをクリックすると当ブログに「投票」したことになります。(笑)
                         まるてん

↓ 「オリジナル手法」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「為替・FX」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「金融・投資」カテゴリのランキングはコチラから

2015年12月07日

NZドル、タイムアップ

NZドル(NZD)が下げ止まるのを待っていたが、確認できるほどの動きはついに見られなかった。16:30頃に、「もしや」と思わせるような動きがあったが、案の定ダマシに終わり、いつの間にか米ドル(USD)が買われる展開となってしまった。ヒゲをつけてすぐに戻ってきてくれれば絶好のNZドルの買い場になるかもと思っていたが、期待には応えてくれなかった。

この米ドルの動きには瞬間的に対応できなかったが、どうして対応できなかったのか考えてみたら、NZドルが独歩安だった裏で、主として買われる通貨がなかったことのように思われる。すべて似たような保合に終始していたので強弱つけ難かったようだ。

次の動きを想定して取りたいところだが、犬の散歩や晩ごはんなどの家族タイムに突入してしまうので、残念ながら時間切れとなってしまった。まあ仕方ないよね。チャンスはいくらでもある(はずな)ので、次の機会を待とう。

ちなみに、USD/CADとUSD/JPYがまた反転するようなら、そこに優位性が出てきそう。


--------------------------------------------------------------------------

最後までお読みくださりありがとうございます。
今回の記事は参考になりましたか?
当ブログの順位の確認、または他の「人気」ブログの検索は下記ボタンからどうぞ。
※ボタンをクリックすると当ブログに「投票」したことになります。(笑)
                         まるてん

↓ 「オリジナル手法」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「為替・FX」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「金融・投資」カテゴリのランキングはコチラから

ここからのNZドルは買いじゃない?

週末ポジションを手仕舞ってから、さらにスイスフラン(CHF)が売られたようだ。それに歩調を合わせるかのようにNZドル(NZD)が買われて、結果的にNZD/CHFは「さらに倍!」(知ってる人いるかな?(笑))上昇したことになるが、この動きは筆者の読みとは関係のない動きなので取れなくても仕方がない部分。

休みの間にチャートチェックして、週明けの動きのシナリオを考えていた。最終的に買われたNZドルを軸に検討していたが、今日の午前中は出かける用事があったので、仕掛けられるかどうかわからないし、相場が気になって用事が疎かになってもいけないので、途中で考えるのをやめた。NZドルの動きを除外して考えると、目先「EUR/USDの買い」かなとも思っていたが、見事に動いていない。

その代わりに、NZドルがズルズルと全般的に売られていたようだ。以前の筆者ならこの下げ道中のどこかで「NZドル買い」をしていそうだが、さすがに今日のチャートでは無いか。途中経過を見ていなかったのはかえって良かったかもしれない。ここからは、さらなる下げではなく、下げ止まりを確認してから、買いを考えたほうがいいような気がする。

ユーロ(EUR)を中心とした欧州通貨のショートカバーは、多分本当に「ショートカバー」で終わるんではなかろうか。ここからのトレンド転換は難しいと見るが、下手な予想はやめておこう。


--------------------------------------------------------------------------

最後までお読みくださりありがとうございます。
今回の記事は参考になりましたか?
当ブログの順位の確認、または他の「人気」ブログの検索は下記ボタンからどうぞ。
※ボタンをクリックすると当ブログに「投票」したことになります。(笑)
                         まるてん

↓ 「オリジナル手法」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「為替・FX」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「金融・投資」カテゴリのランキングはコチラから

リンク集
記事ランキング
<< 2015年12月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
プロフィール
『ましたんワールド』で会いましょう!さんの画像
『ましたんワールド』で会いましょう!
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。