記事が参考になったら「いいね!」をよろしくお願いします。m(_ _)m
カテゴリアーカイブ
検索
ファン

2015年12月22日

AUD/NZD 三度目は・・・

朝の雑感を書いた後、NZドル(NZD)の仕掛けを考えていたが、タイミング的にNZD/USDが高値近辺で揉み合っている所で、ストップの水準をどこにするか難しいので迷っていたら、AUD/NZDがまたそこそこいい所にきていたので、またこれを仕掛けることにした。

前の高値を意識して目先Wトップを割れたところ、
2015/12/22 10:36 「1.06099」 成行で売り注文約定。

比較的早くに利が乗り始めた。しかしNZD/USDが単独で高値更新したわりには勢いが弱い。プロテクティブストップを入れるか。プロテクティブに関してはまだ結論が出ていないが、「利が乗ったポジションの損切りは避けるべし」という短期トレーダーの見解を尊重しよう。

AUD/NZDとして前の安値を一時的に更新した。しょせん「合成」なので勢いはないな、と思っていたら、逆にサポートとして意識されていたのか反発してるじゃん! ひどいよ。

そうこうするうちに、AUD/USDも高値更新、しかも「突き抜けた」って感じ。ということで一気にAUD/NZDの巻き戻しが入ってしまった。

2015/12/22 11:58 「1.06083」 プロテクティブストップにヒットして買い注文約定。
+0.00016(+0.015%、0.00R) ほぼプラマイゼロ。

よく考えるとこの仕掛けは、根拠が崩れるまでポジションを持っていてもいいはずなので、通常のストップ注文のままで良かったんだ。だとすれば1R近辺で利食いできたか。根拠自体は消滅していないので利食いしてないか。NZD/USDの面合わせで一旦ポジション解消の可能性もある。ふむ。いろんな要素が絡んでくるので難しい。できるだけシンプルに越したことはないのだが。


--------------------------------------------------------------------------

最後までお読みくださりありがとうございます。
今回の記事は参考になりましたか?
当ブログの順位の確認、または他の「人気」ブログの検索は下記ボタンからどうぞ。
※ボタンをクリックすると当ブログに「投票」したことになります。(笑)
                         まるてん

↓ 「オリジナル手法」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「為替・FX」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「金融・投資」カテゴリのランキングはコチラから

敗戦処理粛々と

先ほどの雑感に書いたように米ドル(USD)が弱そうという相場観が芽生えてしまった以上、米ドルのロングポジションを持ち続ける理由が見当たらなくなったので、既存のポジションを落とした。
※ドル円は安値更新も理由の一つ

USD/JPY
2015/12/22 9:29 「121.128」 成行で売り注文約定。
△1.37300(△1.121%、△0.62R)

USD/CHF
2015/12/22 9:29 「0.99245」 成行で売り注文約定。
△0.00055(△0.055%、△0.03R)

この二つのポジションは、今思うとやはりおかしな仕掛け方をしていた。ドル円(USD/JPY)については既にふれた。ドルスイス(USD/CHF)もよく考えるとペアの選定を間違っていたようで、本当はポンドドル(GBP/USD)の売りのはずだったようだ。ポンドドルなら今の時点でも利が乗っていたので、ドルスイスより優位性があったことになる。

それよりも、もっと根本的なミスを犯していた。そもそも今回の「米ドルが強い」という相場観は、1時間足のチャートを見て導き出したものである。それにもかかわらず、日足のチャートでポジションを建てている。逆ならわかるが。いやはや、我ながら情けない。

先ほどの雑感の「米ドルが弱い、オセアニアが強い」も1時間足ベースでの話である。オセアニア高(その裏の米ドル安)は既に終わってしまったかもしれない。NZD/USDにしても、AUD/USDにしても、チャート上ここは一度は売られそうな所ではある。NZD/USDがここを抜いてくると、また違った展開になってくるのだろうか。


--------------------------------------------------------------------------

最後までお読みくださりありがとうございます。
今回の記事は参考になりましたか?
当ブログの順位の確認、または他の「人気」ブログの検索は下記ボタンからどうぞ。
※ボタンをクリックすると当ブログに「投票」したことになります。(笑)
                         まるてん

↓ 「オリジナル手法」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「為替・FX」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「金融・投資」カテゴリのランキングはコチラから


ドル弱い気がしてきた

米ドル(USD)は案外弱そうな気が急にしてきた。というより、環境(チャート)がそのように変化してきたということか。

一方で、オセアニアのNZドル(NZD)や豪ドル(AUD)は、ここからけっこう伸びていくような気がしてきた。どちらかと言うと天井狙いをしていたのだが。AUD/USD、鉄壁のサポートライン割ったのに戻してきたし。

ただ、資源国通貨なんだけど加ドル(CAD)はまだまだ売られていきそう。大きな投げがチャート上で出るまで延々と続くのでは。
※USD/CADの場合は踏み上げ(煎れ上げ)

逆行していた相場観が変わると天井打ち・底打ちと言われるが、はたしてどう出るか。


--------------------------------------------------------------------------

最後までお読みくださりありがとうございます。
今回の記事は参考になりましたか?
当ブログの順位の確認、または他の「人気」ブログの検索は下記ボタンからどうぞ。
※ボタンをクリックすると当ブログに「投票」したことになります。(笑)
                         まるてん

↓ 「オリジナル手法」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「為替・FX」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「金融・投資」カテゴリのランキングはコチラから

2015年12月21日

AUD/NZD再び

今日は午前中外出の予定だったので、出掛ける前にチャートチェックしていた。USD/JPYに関してはあまり期待していなかったが、もう少し踏ん張ってくれそうかなという感じ。

他の組合せをチェックしていると、AUD/NZDが再び良さそ気な感じになっていたので、どうしようかと迷ったが、仕掛けていくことにした。再び売り方向で。

2015/12/21 8:46 「1.06443 」 成行で売り注文約定。この時間帯スプレッドが広いなあ。

道中スマホでの確認はまったくせず、先ほど家に着いてからチャートの確認。とりあえずパッと見で下に下がってるぽいが、ストップが近かったので、ストップだけつけて下がる嫌なパターンが脳裏をよぎったが、無事ポジションがあることを確認。NZD/USDとAUD/USDのチャートを見ると、NZD/USDが前の高値を意識して、AUD/USDは目先の安値を気にしている対極の形だったので、手仕舞うことにした。

2015/12/21 13:19 「1.06127」
+0.00316(+0.297%、1.46R)

セットアップは良いのだけれど、エントリーとエグジットについては、まだまだ改良すべき点が多い。

ちなみに、前回のAUD/NZDの売りはフライングだったことが判明。いただけないなあ。


--------------------------------------------------------------------------

最後までお読みくださりありがとうございます。
今回の記事は参考になりましたか?
当ブログの順位の確認、または他の「人気」ブログの検索は下記ボタンからどうぞ。
※ボタンをクリックすると当ブログに「投票」したことになります。(笑)
                         まるてん

↓ 「オリジナル手法」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「為替・FX」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「金融・投資」カテゴリのランキングはコチラから

2015年12月20日

ドル円敗戦処理準備

日銀にはやられたね。その時間帯は相場から離れてたので、後からチャートを見た時は、最初またチャートがおかしいのかと思った。瞬間的に変なプライスがついたかスプレッドが広がったかして。まあ、日銀が悪いわけではないんだけど。相場は自己責任なので。

結局今回の日足ベースの仕掛けに関しては、またしても「フライング」が発覚してしまった。毎度、毎度のことだが、まず最初に仕掛ける「気持ち」があって、それからそれに見合うチャートパターンを探しているので、どうしても色眼鏡でチャートの判断をすることになる。

今回は、カナダ円(CAD/JPY)のチャートを見ていて、これが前回安値を意識して反発していた。ここまでは事実。ただ、ここからそれなりの反転をするかは別問題。時間がけっこう開いているので、あまり強いサポートにはなりえない可能性は十分予想できたし、なんでも加ドル(CAD)の弱さは「ゾンビ級」の折り紙つきなので、確認は怠りなくする必要があった。日本円(JPY)がけっこう他の通貨に対しても強張っているのはチャートをよく見れば気づけたはずだったのに、やはりツメが甘い。

ただ買っているのが米ドル(USD)だったのは幸いだった。たしかに円も強いのだが、米ドルと比べると同等の水準くらいである。サポートもそれなりに機能すると思われるので、これから目先高値が出る時に落としたいところ。どのみちストップを設定してある押し目底をつけにいくことは既に想定内。落とせればラッキーというくらいの気持ちで。ただし明日は午前中外出しなくてはいけないので相場を見ることができないのが難点。さてどうしたものか。


--------------------------------------------------------------------------

最後までお読みくださりありがとうございます。
今回の記事は参考になりましたか?
当ブログの順位の確認、または他の「人気」ブログの検索は下記ボタンからどうぞ。
※ボタンをクリックすると当ブログに「投票」したことになります。(笑)
                         まるてん

↓ 「オリジナル手法」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「為替・FX」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「金融・投資」カテゴリのランキングはコチラから

2015年12月18日

AUD/USDのサポート割れを考えて・・・2

『AUD/USDのサポート割れを考えて・・・』仕掛けたAUD/CADは見事に玉砕した。実をいうとここだけの話、AUD/CADというペアは、AUD/USDがサポート割れした時のパフォーマンスが最悪、というかほとんど損失で終わるしかないほどの、優位性のかけらもないペアだったそうな。いや〜、お恥ずかしい。

失敗談ばかり書いても仕方ないので、この辺でちょっとまともな話を。

打たれ強くなったというか、一回のトレードに固執しなくなったおかげなのか、AUD/CADの失敗後も落ち込むことなく次の戦略を練っていた。そもそも、単独のサポート割れ自体は自身の売買ルールのセットアップにはないので、仕掛けること自体が良くなかった。

では自身のルールに立ち戻って今仕掛けてもよい通貨ペアはあるのか?
あった、ありました。

AUD/NZDの売り。
これまで何度か触れたことのある「資源国通貨間の特殊な関係性」(があると思っている)により、売りの指示が下った。(笑) しかも、豪ドル(AUD)売りが内蔵されているので、「AUD/USDのサポート割れ」でもいけそう。
2015/12/17 17:28 「1.06712」 目先の上昇が崩れたところを成行で売り。

ただ時間が時間なだけにこれ以降見ていられない。仕方ないのでストップ注文と同時に利食いの指値も入れておくことにした。しかも、何が起こるか(チャートパターンの変更等)わからないというリスクがあるので、かなり甘めに設定。

その後スマホでちょこちょこ確認していたら、ストップがつきそうでヒヤッとしたものの何とかしのぎ、AUD/USDがサポート割る前に指値がヒットした。
2015/12/17 19:44 「1.06555」
+0.00157(+0.147%、1.06R)

それからはAUD/USDのサポート割れがあり、さらに続落しましたとさ。チャンチャン!


--------------------------------------------------------------------------

最後までお読みくださりありがとうございます。
今回の記事は参考になりましたか?
当ブログの順位の確認、または他の「人気」ブログの検索は下記ボタンからどうぞ。
※ボタンをクリックすると当ブログに「投票」したことになります。(笑)
                         まるてん

↓ 「オリジナル手法」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「為替・FX」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「金融・投資」カテゴリのランキングはコチラから

AUD/USDのサポート割れを考えて・・・

『AUD/USD 鉄壁のサポートライン』が割れることを想定してプランを練っていた。雑感を書いた直後で、まだサポートラインでの攻防をしていた頃である。

その時はNZD/USDも崩れた感を見せていた。筆者にはそう見えたのである。(笑) 実際、AUD/USDはサポートラインで止まっていたけれど、NZD/USDは前の安値(15日)を下回っていたので。

というわけで、「今が割る時だ!」と、この瞬間に立ち会わせてくれた神様に感謝しながら(笑)戦略を練った。売るのは豪ドル(AUD)に決まっている。買う通貨はどれにしよう。今となっては米ドル(USD)でいいことはわかっているのだが、その時はより優位性の高いもの(リスクの低いもの)を探していた。

そんな時に選ぶ通貨というと、言わずと知れた加ドル(CAD)である。だって今まで売られすぎていたんだもん!(笑) 筆者のチャートパターンの考え方では、本当はこのような解釈はしない。かなり思考が歪んでいる。(笑)

それっ、売りだ!
2015/12/17 15:09 「0.98958」 成行売り注文約定。

あれっ、おかしいな勢いがない。あれっ、反発してきたよ。あれっ、AUD/USDサポートされてるよ。やっぱり鉄壁だね。

なんて言ってる場合じゃない。NZD/USDも、NZD/CADも全部反発してる。やばいよこりゃ! なんで割ってないのに売るかなあ。売るなら戻ったところを売ればいいのに。と自分に文句を言いながらストップがヒットする前に買い注文を出した。
2015/12/17 15:26 「0.99035」
△0.00077(△0.078%、△0.32R)

またやっちゃった。
いかんねえ。

その後AUD/CADはスルスルと上がっていった。売った時に買っていたら「神」だったのにね!(笑)



--------------------------------------------------------------------------

最後までお読みくださりありがとうございます。
今回の記事は参考になりましたか?
当ブログの順位の確認、または他の「人気」ブログの検索は下記ボタンからどうぞ。
※ボタンをクリックすると当ブログに「投票」したことになります。(笑)
                         まるてん

↓ 「オリジナル手法」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「為替・FX」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「金融・投資」カテゴリのランキングはコチラから

ドルカナダってゾンビみたい

昨日の夜からの米ドル(USD)が買われる局面では、またしてもドルカナダ(USD/CAD)が先導していくような形で米ドルが買われていった。USD/CADのチャートが上昇していく様は、筆者の目にはまるでゾンビのように映っていた。殺しても殺しても、生き返り這い上がってくるその姿を想像していたのだ。

トレンドフォロワーにとっては、日常的なごくありふれた当たり前の動きかもしれない。しかし、基本反転パターンを好む筆者にとっては極めて異様な光景に映ったのである。

幸い、筆者は損切りもできるし、あくまでもUSD/CADの反転を考慮してのクロスを考えているので、USD/CAD自体をムキになって売るようなことはしていない。USD/CAD自体トレードしたのは11月27日が最後だし、その時は買いでとっている。売りにいたっては10月23日以来手を出していない。そのため大ケガをすることはないのだが、通貨ペアを選択する時に、に加ドル(CAD)は売られすぎているという思い込みから、「無意識」のうちに売る通貨の対象から外しているようだ。いかんねえ。この辺はもっと機械的に行わないと。

日々修行だね。
今回のUSD/CADはいい教訓になった。


--------------------------------------------------------------------------

最後までお読みくださりありがとうございます。
今回の記事は参考になりましたか?
当ブログの順位の確認、または他の「人気」ブログの検索は下記ボタンからどうぞ。
※ボタンをクリックすると当ブログに「投票」したことになります。(笑)
                         まるてん

↓ 「オリジナル手法」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「為替・FX」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「金融・投資」カテゴリのランキングはコチラから

AUD/USD 陥落 

昨日の雑感で言及した『AUD/USD 鉄壁のサポートライン』、結果からいくとついに陥落した。雑感を書いた後も一度跳ね返し、陥落前にも反発していたので、やはり相当意識されていたようだ。

このサポートラインの存在を認識し、なおかつ方向性も予想していた筆者だが、はたしてこれによって何らかの利益を得たのであろうか?

自分で言うのもなんだが、筆者はどうも「普通」ではないようだ。(笑) 普通に考えれば、AUD/USDのサポートラインの下に逆指しの注文を入れるだけのことなんだけれど。
※見てない時間帯のことを考慮すると、ストップ注文も同時に入れておく

フライング気味の性癖や、各種クロスを考慮に入れるという志向もあってスンナリとはいかない性格だ。この辺の売買は別項で書くことにする。


さて実際に落ちていく瞬間であるが、今回は偶然その時間帯にパソコンの画面でリアルタイムのチャートを見ることができた。最後の最後までAUD/USDを仕掛けるか迷ったが、ポジションを持つと冷静に動きを見ることができなくなるので、今後のことを考えて、あえて仕掛けないことにした。ということにしておこう。半分くらいはホント。

「0.717」を割るところまできて、最後の反発をした後も上昇力が鈍く、またゆら〜っと下がってきた。いよいよかな、と思ってい見ていると、「0.716」を割ったくらいから値段が跳び始めた。その後は、止まることはあっても戻すというほどの反発もなくジリジリと下げていった。やはり、全般に米ドル(USD)が買われていた地合だったので、素直に落ちていったようだ。

単純な安値(高値)更新ではなく、これだけ何度も跳ね返されたサポート(レジスタンス)ラインというものは、本当によく機能するということがわかった。またオージークロスすべて豪ドルが売られているので、結果としてはどのペアを選んでも利益になった。たしかに優位性のあるペアがあったかもしれない。しかし、今回のペアはドルストレートであったことと、クロスにすると手仕舞いの判断に迷いが生じやすいことを考慮すると、下手にクロスに手を出すよりも、素直にそのペアを選択した方がいいようだ。


というわけで、仕掛けなかったことで直接的な利益は得ることはできなかったけれども、十分今後の参考になった。結局数あるトレードのうちの一つに過ぎないので、このトレードで取れなかったとしてもそんなにクヨクヨする必要はない。ただし、トレードの区分けをして、勝率等優位性が他よりも高いセットアップになるなら、機会損失に差が出てくるかもしれないので、そこだけは注意の必要がある。


--------------------------------------------------------------------------

最後までお読みくださりありがとうございます。
今回の記事は参考になりましたか?
当ブログの順位の確認、または他の「人気」ブログの検索は下記ボタンからどうぞ。
※ボタンをクリックすると当ブログに「投票」したことになります。(笑)
                         まるてん

↓ 「オリジナル手法」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「為替・FX」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「金融・投資」カテゴリのランキングはコチラから

2015年12月17日

利食いがあまい

我ながら利食いがあまいなあと思う。というより、エグジットの根拠が手法に合ってないかもしれない。

バリバリの短期決戦ではないので、いい所を逆バリで利食うわけにはいかない。かと言ってトレンドフォローともちょっと違うので、トレールしていくプロテクティブストップは使わない方がいいのかもしれない。使うにしても、かなり遅れてついていくタイプにするか。

というわけで、EUR/USDが下げてしまったプロテクティブストップ注文に引っかかってしまった。しかも、ドンピシャで「ダマシ」にあった感じになって。(笑)

13:50 「1.08550」 逆指の買い
+0.00305(+0.280%、0.6R)

もし他のドル買いポジションを持ってなかったら発狂モノだな、これは。
な〜んてね。


--------------------------------------------------------------------------

最後までお読みくださりありがとうございます。
今回の記事は参考になりましたか?
当ブログの順位の確認、または他の「人気」ブログの検索は下記ボタンからどうぞ。
※ボタンをクリックすると当ブログに「投票」したことになります。(笑)
                         まるてん

↓ 「オリジナル手法」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「為替・FX」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「金融・投資」カテゴリのランキングはコチラから

リンク集
<< 2015年12月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
プロフィール
また会う日までさんの画像
また会う日まで
プロフィール