記事が参考になったら「いいね!」をよろしくお願いします。m(_ _)m
カテゴリアーカイブ
検索
ファン

2015年09月30日

FX相場予報〔中期〕 〜2015/09/30(水)〜

9月30日(水)の予報は以下の通り。

〔第1グループ〕・・・「買い」推奨通貨
USD(米ドル)
GBP(英ポンド)
JPY(日本円)
EUR(ユーロ)
CHF(スイスフラン)

〔第2グループ〕・・・「売り」推奨通貨
SGD(シンガポールドル)

〔第3グループ〕・・・「売り」推奨通貨
CAD(加ドル)
AUD(豪ドル)
NZD(NZドル)


変わらず。

昨日言及したZAR/JPY(南アフリカランド/日本円)について。
南アフリカランドは現状
米ドル、日本円、欧州通貨(ユーロ、英ポンド、スイスフラン)
に対して下値(円以外は上値)トライをしている状況である。

また日本円は、
主要全通貨に対して強含んだままである。
唯一米ドルが切り返せば多少なりとも状況が変わるかもしれないが
ここでの米ドル上昇は、基本全通貨に対して強含むので
ZAR/JPYに関しては、よくて「往来相場」入りといったところである。

この予報自体「中期」の見通しなので
短期的には切り返す可能性もある。

実際各チャートをみると
(ZAR/JPY、USD/ZAR、EUR/ZAR、GBP/ZAR、CHF/ZAR)
「ウォルフ波動」とはいかないにしても
「3人の小さいインディアン」と考えることは可能だ。
(GBP/ZARは三尊(三山)か)
短期のZARロングは戦術的にはありだろう。

クライマックスパターンは
中長期的なトレンド転換を必ずしも意味しないので、
目先南アランドの高値が出たら、
そこは追撃で買う場所ではなく、
たまった因果玉を売る場所と考えた方が良い。

【重要チャート】
USD/CAD

【要注意チャート】
GBP/USD、EUR/GBP


---------------------------------------------------------------------------------------

最後までお読みくださりありがとうございます。
今回の記事は参考になりましたか?
もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。
まるてん

↓ 人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック m(. .)m

新生銀行

新生銀行からメールが届いた。
紹介キャンペーンの案内だった。

新生銀行と言えば、
ネット銀行として随分昔からお世話になっている。
振込手数料やATM手数料が無料(限度あり)なので
インターネット時代になって
あっという間にメインバンクになったくらいだ。

ただ過当競争の反動で、
その後振込手数料無料回数が減らされたり
ランク制度を導入したり、
またログイン時のセキュリティがあまりにも厳しいのもあって
通常使いとしては住信SBIネット銀行と半々といったところだろうか。

住信SBIネット銀行は
定額自動振込サービスというのが結構便利で使えるが
記録明細をダウンロードし忘れそうになるのがちょっと難点か。
新生銀行はPDF形式なので管理(把握)しやすい。

ただ住信SBIネット銀行も
最近ランク制度の導入予定通知があったので
振込手数料の無料回数に影響が出てきそうだ。

もし新生銀行の口座を今から作ろうと思っている方がいたら
下記番号を「ご請求コード(紹介番号、会員番号等)」欄に入力すれば
1,000円もらえるそうなので、良かったらどうぞ。

「P0005938」

※10月30日(金)口座開設完了分までだそうです。


---------------------------------------------------------------------------------------

最後までお読みくださりありがとうございます。
今回の記事は参考になりましたか?
もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。
まるてん

↓ 人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック m(. .)m

着物買取

先ほどバナーリンクをすべて復活させた。
(とりあえず必要分だけ)
ムダな時間にしないためにも若干の改善を試みている。

ホントは面倒くさかったので
そのままでもいいかとも思ったが
昨日の夜記事にしようと思っていたものが
貼っていたバナー関連だったので
頑張って修復した。

どのバナーが絡んできたかというと
「久屋」「ヤマトク」という着物買取バナーである。

そもそも着物買取なんか(失礼!)で
バナーが二つもあるなんてちょっと驚いていたのだが
(よく調べるとこの二つはグループ会社だった)
昨日たまたまカミさんがつけたテレビで
『ガイアの夜明け』をやっていて、
そこで特集されていたのが
「たんす屋」というリサイクルきものショップを展開している
東京山喜株式会社だった。

「着物の9割は家庭のタンスなどに眠っているとされ、
金額に換算すると約40兆円とも。」
いわれる眠れる市場を開拓しているそうだ。

やはり広告を出している業界・会社には
それなりの商機(勝機)があってやっているのだ。

自分の周りの世界を見ているだけでは知らないことが
世の中では続々と起こっている。
自分の小ささを改めて再認識することができた。


---------------------------------------------------------------------------------------

最後までお読みくださりありがとうございます。
今回の記事は参考になりましたか?
もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。
まるてん

↓ 人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック m(. .)m


ブログタイトル変更

ブログのタイトルもついでに変更した。
プロフィール的な内容はタイトルには要らないね。
客観的なことだけ書いておこう。

なんとなく、デザインとマッチしてるような気がする。
自己満足だけどね。(笑)

---------------------------------------------------------------------------------------

今回の記事は参考になりましたか?
もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。

↓ 人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック m(. .)m

デザイン変更したら・・・

ブログのデザインを変更しようと思って
試しに新しいデザインを適用してみたら
ナント、ここ数日せっせと作っていたバナーリンクが
すべて消え失せてしまった!?

コンテンツの編集ページで確認すると
今まで右サイドバーに、
「自由形式」のカタチで挿入していたものが、
なぜかメインのところの
「記事」の下に配置されている。

なんだここにあったのか、と安心仕掛けたが、
編集ボタンが無いし、
場所の移動もできない。
何コレ?

一応念のためにブログの中を探してみたが
それらしきバナー類はどこにも見当たらない。

まさか「記事」の下ということは
一番昔の記事の下か?
と思って探してみたけれどやはり無い。
なんじゃこりゃ!?

かくなる上はと
前のデザインに戻してみたが、
右サイドバーに戻ることなくメインのまま。

ショーック!!orz


---------------------------------------------------------------------------------------

今回の記事は参考になりましたか?
もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。

↓ 人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック m(. .)m

2015年09月29日

東京紀行1 浅瀬川 〜2015年夏休みの思い出4〜

この夏実家のある広島には帰省しなかったので
カミさんの希望で8月下旬に東京に行くことになった。

東京(神奈川県含む広義の東京圏)は、
大学生になって広島から移り住んで以来、
就職して(独立するまでの)2000年までの間、
11年ほど暮らしたことになる。

その間筆者は出張等も含め
何度も行き来はしていたが、
カミさんはこっちに来て以来一度も足を運んでなかったので
数年前から「行きたい、行きたい」と
ことあるごとにアピールしていた。

その手の希望は叶えるまで
「絶対」に消え去ることはないので
ついに今年がその時になった。

さて、なぜそこまで東京に行くことにこだわるのか?
東京が好きだったわけではない。
「二度と住みたいとは思わない」と言ってるぐらいなので。

こだわる理由の一つは
気持ちの整理をつけるためだそうだ。
昔住んでいた場所に行ってみたいそうな。

そしてもう一つは
「さつま揚げ(自家製)」である。

筆者が学生時代によく通っていた居酒屋の定番メニューで
何度かカミさんを連れていったらすっかり気に入ってしまったご様子。
そのため東京に住んでいた折は、
筆者がそこで飲む機会があった時に
「さつま揚げお土産で持って帰って!」と
無茶なお願いをよくされたものだった。
※食品なので(食中毒とかの危険があるので)
 「持ち帰りはダメよ!」と女将さんから注意されていた。

さてその居酒屋であるが
「ちゃんこ 浅瀬川」という。
以前は通り沿いに面した、細長の店舗だったが
今は通りよりちょっと奥まった場所で
新しい店を構えている。
(とはいっても、もう20年近いのか)
IMAG0579.jpg

先代浅瀬川が開いたお店で
女将さんと息子さんたちが切り盛りしていた。
今調べたら、先代浅瀬川はウィキペディアに載ってるね!

このお店は以前「出没!アド街ック天国」で
峰竜太もよく行くと紹介されていた。
女将さんがチャキチャキしていてきっぷがいい人で、
学生の時にバカやってても大目に見てくれていた。
カミさんのリクエストも、
「さつま揚げ」と「女将さん」の二本立てであった。

夏場のちゃんこ屋は
基本的には客が少ないけれども、
大人数の予約が入って行けなかったら
とんでもないことになるので
念のため予約の電話を入れることにした。
電話番号はわりと覚えやすいので
学生時代からソラで覚えている。

電話を掛けてみると
いつもの女将さんが出なかった。
あれっどうしたんだろう?

家族連れなので
二階の座敷を予約したいというと
今二階は使ってないとのこと。
なんでも女将さんがしばらく病気のため出てこれないので
一階だけで営業しているそうだ。
※一階はカウンターと奥のテーブル席

ナント、あの女将さんが病気!?
信じられないが事実なんだろう。
もう年といえば年だし。

普段なら手ぶらで行くところだが
今回はお見舞いも兼ねて手土産を持っていくことにした。
モノは坂角総本舗の『ゆかり黄金缶』(名古屋限定)!

この手のモノは
筆者はどちらかと言うと「どうかな?」という気がしていて
(面白いものならいいが、ちょっと「見栄」的な感じがするので)
気が進まなかったのだが、(カミさんの奨め)
結果からいくと、喜ばれたので良かった。
女将さんではなく(休んでるので)、息子さんの方だが。
息子さんも相撲取りをやっていたので、
名古屋場所で『ゆかり』を食べて味もよく知っていたのだった!

カミさん待望の「さつま揚げ」は
食感がモチモチしていて独特の味わいがある。
筆者も10年ぶりくらいの再会だった。

↓ 「自家製さつま揚げ」と「ちゃんこ」(「さつま揚げ」メインのため鍋は写すの忘れた)

IMAG0577.jpg

女将さんが長期で休んでいて(今はどうかわかりません)
二階を閉じているため
売上が困っているそうです。
※元々夏場は暑くて敬遠されやすいのと
 学生が夏休みで客足が鈍いので
 トリプルパンチになっていた。

東京在住またはご訪問の機会がある方は
良かったら訪ねてみてください。
味はオススメです。

基本は『さつま揚げ』付きの鍋のコースで
仕上げに玉子を溶いたおじやをいただきます。
食べログ

よろしくお願いいたします。m(. .)m


---------------------------------------------------------------------------------------

今回の記事は参考になりましたか?
もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。

↓ 人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック m(. .)m

FX相場予報〔中期〕 〜2015/09/29(火)〜

9月29日(火)の予報は以下の通り。

〔第1グループ〕・・・「買い」推奨通貨
USD(米ドル)
GBP(英ポンド)
JPY(日本円)
EUR(ユーロ)
CHF(スイスフラン)

〔第2グループ〕・・・「売り」推奨通貨
SGD(シンガポールドル)

〔第3グループ〕・・・「売り」推奨通貨
CAD(加ドル)
AUD(豪ドル)
NZD(NZドル)

昨日は「英ポンドとスイスフラン」をセットにして書いたが、
英ポンドはスイスフランに対しても弱含んできており、
どうもユーロとはここで分かれる可能性が出てきた。
(EUR/GBPの上抜け)

英ポンドと加ドル、シンガポールドルが
対ドルで瀬戸際の攻防を続けているが
抜けるのは時間の問題かもしれない。

この欄では扱っていないZAR(南アフリカランド)だが、
スワップ狙いのZAR/JPY買いをしている人は
今大変な時期を迎えている様子。

最低でも「7.000」程度のまでの下げを見込んだ資金計画なら問題ないが、
道中無計画なナンピンをしている人が多かったら、
さらにもう一段の大下げを呼び寄せるかもしれない。


---------------------------------------------------------------------------------------

今回の記事は参考になりましたか?
もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。

↓ 人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック m(. .)m

スワップアービトラージの新しいカタチ

FXを使った運用方法の一つに
「スワップアービトラージ」というものがある。

誰しも一度は聞いたことがあると思われるが
為替の変動リスク限定を追求していくと、
ある意味ここにたどり着いてしまうのかもしれない。

結構この手の実践記録を載せているブログも多いが
実際にやっている人の割合はFX利用者の中では
かなり少ないのではないだろうか?

なぜか?

つまらないからである。
やることは決まっていて、ある種機械的。
自分の相場観を挟むことは無く
(逆に裁量は厳禁!)
ただ毎日淡々とルーティンをこなすだけ。

それに対して利益はある程度堅実に入ってくる。
しかし、逆な見方をすれば大きく儲けるような夢もない。
だったら放ったらかしでいいかというと、
そこまで機械的で完結しているわけではなく、
資金移動や、スワップの変動など、日々の管理は必須である。

ある意味「仕事」なのである。
サラリーマン的内容の仕事に非常に近くなっている。
だからつまらないのだ。

筆者は、
「相場の運用も一つの仕事であり、他の仕事と何ら変わることはない」
という意識を持っているので、
スワップアービトラージに関しても特に偏見があるわけではない。

上述のような記載をしたのは、
あくまでも「一般的にはそのような受け取られ方」
をしているのであろうという予想である。

そもそもスワップアービトラージといえど
「アービトラージ」が存在しうるという状況が、
「アービトラージ」を利用する者よりも、
「アービトラージ」とは関係なく動く者の方が
圧倒的に多いことを示している。

見識の深いスワップアービトラージャーは
「スワップアービトラージ」の利用者が増えることによって
スワップレートの変動(自分にとってマイナス方向)を
引き起こす事を理解している。

さてこの「スワップアービトラージ」なるものだが
上述のように機械的な作業のために
自分でやるのは面倒だという人が多いと思われる。
そんな人のために、こんな商品もできていることを知った。
スワップポイントで運用?裁定取引運用のみんなでアビトラ

・機械的な運用で誰でもできる
・堅実な運用方法なら資金を集めて大きくやりたい
・やることは一緒なので、複数の人間がそれぞれやるより
 まとめて運用した方が効率が良い
というようなことを突き詰めていくと
こういうカタチになるんだなと納得した。
まあそうなるわな。

ただ、カタチ(入れ物)が変わると
必ずリスクも違うカタチに変異するので、
その辺は別の注意が必要になる。
※前後のリスクの比較検討は、大小だけではなく自身の許容タイプかどうかが重要

あともう一点。
先ほど言及したように
『「スワップアービトラージ」の利用者が増えることによって
スワップレートの変動(自分にとってマイナス方向)を
引き起こす』
ので、
これだけの資金量が流入してくるとそれなりにインパクトがあるので
「スワップアービトラージ」の実践者は
環境変化の可能性を心しておいた方がよい。






---------------------------------------------------------------------------------------

今回の記事は参考になりましたか?
もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。

↓ 人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック m(. .)m

2015年09月28日

FX相場予報〔中期〕 〜2015/09/28(月)〜

9月28日(月)の予報は以下の通り。

〔第1グループ〕・・・「買い」推奨通貨
USD(米ドル)
GBP(英ポンド)
JPY(日本円)
EUR(ユーロ)
CHF(スイスフラン)

〔第2グループ〕・・・「売り」推奨通貨
SGD(シンガポールドル)

〔第3グループ〕・・・「売り」推奨通貨
CAD(加ドル)
AUD(豪ドル)
NZD(NZドル)

欧州通貨が米ドルに対して、再び安値をトライしそうな感じがする。
ユーロはまだ踏みとどまりそうな気配もあるが、
英ポンドとスイスフランが先行して抜けるかどうかといったところ。

米ドルはオセアニア通貨に対しては調整を開始したかもしれない。
英ポンドとスイスフランが、
豪ドルとNZドルに対し既に調整を始めており、
この調整が一過性で終わるかどうかが正念場となりそう。

資源国通貨グループの加ドルに関しては、
豪ドルとNZドルとは違ってやや力強さに欠けるものがあり、
今まで同じような値動きを演じてきたが、
そろそろ別の道を歩み始める可能性もある。

ポケモン映画の行く末 〜2015年夏休みの思い出3〜

わりと子どもと一緒に映画を見に行く方だろうか。
末っ子の三男と一緒に見ることが多い。
長男は高校生なので一緒に出かけること自体嫌がる年齢になったが、
次男はものによってはついてくる。

ここ数年名探偵コナンシリーズは定番で外さないようになってきていて
『業火の向日葵』も4月に見に行った。
コナンの映画だけは次男も一緒に見ることが暗黙のルールになっている。

以前は仮面ライダーも毎年見ていたのだが
(戦隊シリーズは同時上映の時だけ。仮面ライダーと分離の時は仮面ライダー優先)
今の『仮面ライダードライブ』になってからは
テレビ放送自体見なくなったので、当然映画も見ていない。
※昨日で放映終了ということを今日知った

『仮面ライダードライブ』を見なくなった理由は
バイク」ではなく「」を乗り回しているからである。
仮面「ライダー」じゃないじゃん!
仮面「ドライバー」じゃん!
※このツッコミもいろんな所でされてるんだろうな。

見なくなった本当の理由は
三男がもう見なくていいと言ったからである。
半分付き合い、半分自分の興味で見ていたので
さすがに一人で見るほどのものではないと思う。

何であれ、そこから学び取ることはできるもので
結構仮面ライダーシリーズから(歌も含めて)も
いろいろなことを考えさせられた。

最近では『仮面ライダーオーズ/OOO』や
『仮面ライダーフォーゼ』から
人生について感じとったことがあるが
それはまたの機会にでも。

長期のシリーズものの宿命として、
段々ネタが尽きてくるのは仕方ないとしても、
いろいろアイデアを出そうとしている努力は認めるが
さすがに、根源的な部分をハズしては意味が無いのでは?

前から、「これって仮面ライダーでやる必要あるの?」と
思うようなライダーはたくさんいたが、
さすがにこれはね、って感じ。

どうしても「仮面ライダー」という冠が欲しいのだろうか?
この時点で、既に番組のターゲットが子どもではなく
(財布の元である)その親たちになっている。
そのような大人の商業的な小賢しい考えは、
本質を見抜く子どもたちは敏感に感じ取っており、
そのうち相手にされなくなってしまうのだろう。
※「子ども」に対する「気持ち(意識)」がない。
 少なくとも、中途半端としか感じられない。
 本気ではない。

 
さて話を元に戻そう。
今年のポケモンの映画は
『光輪(リング)の超魔神 フーパ』だった。

ここ数年ポケモンの映画から遠ざかっていたのに
この映画については事前の宣伝段階から
見に行くと宣言していた。
彼にとっては、何か惹きつけられるものがあったのだろう。

さて映画であるが、
何となく最近のポケモン映画を見ていて気になっていたことがあったのだが、
今回それを決定的に感じた。
上述の仮面ライダーの映画でも既にその現象は顕著になっている。
っていうかそれを「売り」にしているようだが…。
その現象とは?

『平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊』
昨年(2014年)放映された題名を見てもらえば一目瞭然、
そう、過去のヒーローがてんこ盛りなのである。

この作に限らず、他の作品でも
石ノ森章太郎原作の他のヒーローをこれでもかこれでもかと投入している。
(アクマイザー3、イナズマン、キョーダインetc)
最初のうちは、懐かしさ(珍しさ)も手伝ってそこそこ好評を得るのだろうが、
そのうち出るのが当たり前になり、
いつしか、「その他大勢の人たち」的な背景と化してしまっている。

本来であれば、一人または一組で主役になれるほどのキャラクターを
一怪人いや一戦闘員の扱いに貶めていることに気づかないのだろうか?
(特に戦隊シリーズの場合が顕著。人数多いので。(笑))
いっぺんに全部出さなくてもいいので、
一人(または一組)を脇役として丁寧に描けばそれで十分なのに。

まあ、過去のキャラクターを一人でも登場させる(=頼る)時点で、
現行作品の衰えを証明するようなものだ。
その主人公一人(のストーリー)ではつまらなくて
人を呼べないということであろう。
そのキャラクターに魅力がないということである。

今回のポケモン映画、
通常の出演ポケモン以外にも、
昔の映画に出たポケモンを中心に
「伝説のポケモン」と呼ばれるキャラクターが
出るわ、出るわ。

ルギア
ラティアス
ラティオス
レックウザ
レシラム
ゼクロム
レジギガス
キュレム
ディアルガ
パルキア
ギラティナ

一体これのどこが「伝説」なのだろうか?
思わず吹き出しそうになった。(笑)
「伝説」という言葉の重みが全然ない。

まあ、ポケモンの世界にいるとされるポケモンたちは
すべて登場キャラクターの資格がある、と言われれば
「はい、そうですか」と答えるだけだが…。

グローバルキャラクターであるポケモンも
いつの間にか仮面ライダーと同じような道を歩みつつあることに気がついた。
さすがのポケモンもピークは過ぎたな。

そう考えると名探偵コナンは大したもんである。
ストーリー(と今のキャラクター)だけで
人を呼べるのだから。


何か最近、辛口になってきた気がする。
気のせいか?
「(口だけの)批評家」にはならないように注意してるんだけど。

リンク集
<< 2015年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
プロフィール
また会う日までさんの画像
また会う日まで
プロフィール