記事が参考になったら「いいね!」をよろしくお願いします。m(_ _)m
カテゴリアーカイブ
検索
ファン

2015年07月31日

親孝行?

昨日姉からメールが届いた。

一緒に住む母親の具合が悪いらしい。
熱中症または精神的なストレスかも。
いつになく弱気だそうで、
自分が週末家を開けるので心配だから帰って来れないか、
という相談内容だった。

今年はお盆の帰省は中止にしたのと
サラリーマンではなくなったので
自由が効くと思ってメールしてきたようだ。
(家族がいるのでそこまで自由ではないんだけど(笑))
とりあえず、一息ついたであろうお昼過ぎに電話してみた。

・昨日夕方病院に行ったが、通常の診察時間外だったので
 他の診療科の先生しかいなかった
・心電図はとってみたが異常はない
・発作(?)が起きたらニトロを飲むように
・効かない場合は救急車を呼ぶ
・大きな病院で診てもらう

はっきりとしたことは分からないが
もしかしたら心臓に問題があるかもしれないが
とりあえずは落ち着いているようだった。

本人も今まで大きな病気をしたことがなかったせいもあり
(精神的なストレス以外の限定だが)
自分の身体を過信してきたようで
今回の件はびっくりして、大きく落ち込んだようだったが、
一晩経って精神的にも余裕がでてきたみたいだ。

長らく電話でも話をしていなかったので
今日はじっくり話に付き合った。

・ネズミが出て困っている
・しかも罠や薬が効かない
等々取りとめのない話が続いた。

終わり際に
「(心配して)電話してくれてありがとう」
と言われた。

特に今回何かをしてあげたわけでもなく
遠く離れていて何の役にも立たないのに
「ありがとう」と言われるとは。

子どもというだけで
ただ電話をしただけで「親孝行になる」
というより「親孝行に思ってもらえる」とは
親というものは、つくづくありがたい存在と最近思う。


続きを読む...

OANDA JAPAN2

ようやく昨日OANDA JAPANの初期設定をした。
ここは通常の口座としてベーシックコースを開設して
(他に「プロ」「ビック」コースがある)
サブアカウントとしてMT4口座を別途開設した。

どうもOANDA JAPANのMT4口座は
他の会社の仕組みとはちょっと違うらしい。
他の会社(といっても知ってるのはFXCMジャパン証券だけだが)は
本口座とは全く別物としてMT4口座があるが
OANDA JAPANは、本口座の中のサブアカウントとしてMT4口座がある。
(全部で14口座設定可能)

「プロ」「ビック」コースを選択すると両建ても可能だが
税務上(確定申告上)は両建てしてないことになるとのこと。
MT4口座はグロスで計算しても、本口座はあくまでもネット計算ということ。

前置きが長くなってしまったが、OANDA JAPANの特徴は以下の通り。
・取扱通貨ペアはナント「72」ペア。ダントツ1位!
・最小取引単位は「1」から可能! ※MT4は「1,000」
・スプレッドはまあまあ。
 FXCMジャパン証券が今のところ「自分にとっては」一番か。
 全体で見るとヒロセ通商と同水準な感じ。ペアによって高い低いがある。
 ただ一定では無いので刻々とスプレッドの開きも変わる。
・取引手数料は無し。
 FXCMジャパン証券はここがネック。やはり手数料をスプレッド換算した方がわかりやすいか。

MT4のつくりはFXCMジャパン証券とほぼ一緒。
チャート表示させる通貨ペアの表示名が違う。
テクニカル指標は今のところあまり使わないので
違いがあるかどうかはわからず。

通貨ペア数の多さからいくと、
今後はOANDA JAPANのMT4のチャートをメインに使うことになりそう。

OANDA JAPAN

昨日OANDA JAPAN から電話があった。
「何か問題ありませんか?」とアフターフォローの内容だった。
おそらく、口座開設の申込みをしてIDとパスワードも送ってあるのに
入金どころかログインもしていないので連絡してきたものと思われる。

会社組織の視点で考えると、この電話は非常に大事である。
(今回の自分には当てはまらないが)この電話1本で
今後の継続的関係が構築されるかもしれないからである。

もしかしたら、
「書類が本人に渡っていないかもしれない」(例:家族の渡し忘れ)
「本人が、忙しくて届いた書類のことを忘れているのかもしれない」
「パソコントラブルでログインできないのかもしれない」
といった原因により、本来の流れに乗っていない可能性がある。

それを、このアフターフォローの電話で解決できる可能性がある。
電話を掛けることは手間ではあるが
不特定多数の顧客に対しビジネスを行う上ではほぼ必要不可欠に近い。
OANDA JAPAN はそのことをわかっているし、
実際に社員に実行させているようだ。

ただ、問題点が一つ。
掛けてきたのが080で始まる携帯電話からだったのだ。
経費節減のため、固定電話ではなく、
掛け放題(無料or定額)の携帯電話から掛ける会社が最近増えている。

こちらの電話も携帯電話なので、当然着信番号が表示される。
(ビジネスで発信番号非表示は論外)
人によっては知らない番号だと怪しんで出ないことがあるし
(自分も心当たりが無い時はたまに出ない)
留守電にメッセージを入れても、留守電の聞き方を知らない人もいる!

基本的には、会社が対外的に公表している電話から掛けた方が
相手につながる確率は格段に上がる。
その部分まで考えて携帯電話発信を導入しているのか否か。
さて、どっちだろうか?

2015年07月30日

決めた!

温めていたトレードアイデアについて
考えれば考えるほどこんがらがってくる。

実はこのアイデア自体(2個ある)は
1990年代のサラリーマンディーラーの時と
2000年代の個人投資家の時と
それぞれに思いついたもので
ともに実践までには至らなかったものである。

その時は、国内商品先物がまだ活況だった時で
サヤ取りや裁定取引だけで十分やっていけていたので
新しい稼ぎ頭を追加する動機があまりなく
最後まで詰めずに終わっていた。
※独立してからは物欲が段々無くなっていっていた

その割に、ずっと頭の片隅には残っていて
気にし続けているのも事実であり
おそらく、「使える」「使えない」の決着をつけない限り
永遠に考え続けるのだろう。

これを「時間の無駄」と捉えるか
「考えること自体が楽しみ」と捉えるかは人それぞれであるが
「今」の自分にとっては、生活を軌道に載せるほうが優先なので
落ち着くまで封印しておこう。

自分のトレードアイデアをいつまでも捨てきれないのは
人真似ではない「オリジナル」にこだわっているからでもあるが
自分が心底納得できるトレードアイデアでないと
結局は実践できないからでもある。
そういう意味で通常のテクニカル指標は
自分にとっては意味を成さないのが現状である。
※「テクニカル指標が意味が無い」のではなく
 「自分が上手に使いこなせない」ということ

とりあえず稼いでいかなくてはいけないので
一般に知られているアイデアの中で
自分が納得できるものがあったので
それを応用することにした。

心から満足するためにはデータの検証が必要なので
実践は8月に入ってからになるかな。

よ〜し、がんばろう!

2015年07月29日

EUR/GBP(ユーロポンド) 日足 手仕舞い

思ったよりユーロは強くない。

先日追記で書いたように、
目先のレジスタンスにモロに阻まれている。
日足ベースの下方チャネルの上限タッチと、
1時間足の上昇も三段上げで上方チャネルにタッチしてる。

反対のポジションの時に限って
テクニカルがバッチリ決まると思うのは気のせいだろうか?(笑)

「迷ったら仕舞え!」なので
さっさと退散。
自分の中でまだ確証めいたものがないので仕方ない。

CAD(カナダドル)、AUD(豪ドル)、NZD(ニュージーランドドル)強含みそう
USD(米ドル)、GBP(英ポンド)弱含みそう
日足ベースの調整時間帯入りの気配を感じる。続きを読む...

2015年07月28日

FXCMジャパン証券2

FXCMジャパン証券も
新規口座開設のウェルカムキャンペーンをやっているので
ソフトの使い勝手の確認がてらクリアしておくことにした。

こちらは「50万通貨で10,000円キャッシュバック」。
50万は他の会社よりハードルが高いが
片道なので実質は25万通貨の往復。

今日はスプレッドの狭いドル円で挑戦。
1分足を見ながらポジションを取ると
どうしてもすぐに結果を求めてしまう。
ホント、デイトレーダーには向いていないようだ。

結局、3,000円強のマイナスで終了。
お金をもらっての実戦売買練習。
本当にありがたい。
感謝!
m( _ _ )m

FXCMジャパン証券

昨日FXCMジャパン証券のスタンダード口座の
Trading Stationを使用していてあることに気づいた。

今回(チャートメインではあるけれど)FX会社を比較するにあたって
価格.comのサイトを参照した際に
人気ランキングを参考にした。

そのランキングにはFXCMジャパン証券は入っていない。
最近では珍しく取引手数料が掛かるからだろうか?
※1万通貨あたり片道20円〜50円

コスト高は遠慮したいが
画面を見ているうちにあることに気づいた。
スプレッドが狭いのだ、特にクロスカレンシーの!

今まで見てきた会社の中で
一番クロスカレンシーに強いのがヒロセ通商だが
そのヒロセ通商のLION FXにしても
GBP、AUD、NZD、CADの組合せではスプレッドがメチャクチャ広い。
GBP/NZDだと「13.0」もある。

それがFXCMジャパン証券だと、なんと「3.5」前後!
(小刻みに変わる)
ドル円にいたっては、瞬間スプレッド「0」もあった!

取引手数料は簡単にスプレッド換算できないので比較は難しいが
スプレッドのメリットを考慮すると
取引手数料のデメリットはあまり考えなくてもいいかもしれない。

「ふるさと納税」の素敵な使い方

昨日のテレビのニュースで、
こんなこともあるんだと感動していたら
今日の新聞にも載っていた。
最初は、「また自治体の目立ちたがりの奇抜な特典か」と思ったら
全然違っていたのでびっくり。

愛知県の碧南市のふるさと納税の特典の一つに
100万円以上の寄付で「市内の遊園地貸し切り」というものがある。
今回初めてその特典が利用されたということで
遊園地の映像が流れていた。

楽しそうに遊具に乗っている親子連れが映し出され
「これが100万円寄付した(金持ちの)奥さんか、とてもそう見えないな」
と失礼な感想を抱いていたら
キャスターが説明を始めた。

今回貸し切りで利用しているのは
児童養護施設の人達(51人)で
市内の会社経営の男性が匿名で招待したそうだ。

ふるさと納税といえば
「節税」面ばかりが大きく取り沙汰されているが
(自分もその一人です。はい)
こういった粋な使い方もあるんだと、正直感動したし
将来自分もそういったことをやりたいと思った。

碧南市としては、
家族や友人での利用や、会社の福利厚生としての利用を
念頭に置いて発案していたようだが
こういった形で利用されることになって
良い方向での「予想外の展開」になったようだ。
職員20人を引率に協力させた上に、
ボランティア8人も集めているので
市側も積極的に「参加」している。

中日新聞:http://www.chunichi.co.jp/s/article/2015072890003933.html (実施)
     http://www.chunichi.co.jp/s/article/2015070890011841.html (紹介)
碧南市:http://www.city.hekinan.aichi.jp/keieika/seisaku/furusato-tax/furusato-tax.html

2015年07月27日

EUR/GBP(ユーロポンド) 日足

まだチャートの使い方を詰め切れていないが
とりあえず今日の時点で仕掛けても良さそうなものがあった。

EUR/GBP(ユーロポンド)
日足ベースで0.7140でロング。
ストップは0.6930。

さあ、どうなるでしょうか。

続きを読む...

ポンド円(ヒロセ通商)

ヒロセ通商(LION FX)の新規口座開設のキャッシュバックをもらうために
ポンド円を取引してみた。

感じをつかむために少量を小刻みに。
久々の取引なので少し緊張したが、やはり小ロットなので安心感はある。
1分足で売りで仕掛け、最初は利益を重ねつつも
最後に売り込んで、結局10万通貨で3,000円くらいのマイナス。
これで10,000円戻ってくるので、
お金出して練習できる環境はありがたい。

LION FXは、発注が完了すると、「バン!」と音が出る。
サバンナで狩猟をしているイメージだろうか。
遊び心があって面白いが、遊びではないので気をつけよう。


リンク集
<< 2015年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
プロフィール
また会う日までさんの画像
また会う日まで
プロフィール