記事が参考になったら「いいね!」をよろしくお願いします。m(_ _)m
カテゴリアーカイブ
検索
ファン

2016年10月06日

株式注意情報 〜2016/10/06〜

株式に関する公開注意情報をお知らせします。


東京証券取引所

〔新規上場〕 上場日:2016/10/07

キャピタル・アセット・プランニング(3695)(3965)


〔日々公表銘柄の指定を解除〕 解除日:2016/10/06

サムシングホールディングス(1408)


--------------------------------------------------------------------------

↓ この情報が参考になったらクリックをお願いします。m(_ _)m
情報発信の励みになります。(^o^)/
                 まるてん
【株式】

ダメなエントリー 〜串カツ田中の売り〜

今日の銘柄は先月上場したばかりの串カツ田中(3547)。

上場して最初のうちはストップ高もあったので名前は知っていた。ここ二週間くらい狭いレンジで揉み合いを続けていたがようやく上に放れ昨日はストップ高で引けた。

3547-20161006-2.PNG


気になったのが終値の「6,640」。上場3日目(11営業日前)につけた高値「6,630」を抜いて終わったのだ。

これって『タートル・スープ・プラス・ワン』に成りえる!?

厳密に考えればNGなんだろうが、そこはそれ、本質部分を検討すれば使っていいかどうかを決められるんじゃない?

要は「新値更新(イケイケの順張り)がダマシに終わった時には、短期的に反落(反騰)する確率が高い」という概念なのだから、必ずしも「過去◯◯日間」の部分にはこだわらなくてもいいような気がする。
※「少なくとも4営業日前」という部分は大変重要らしい。勢いでなく明確な意識を持ったブレイクの失敗が必要ということだろう。

というわけで自分の都合のいいように解釈しました。(笑)


寄付き小幅ギャップアップの高寄りで上場来高値(=前日終値)まで下がらないうちに上昇開始。高値「6,890」をつける。高値更新モードなのか寄り天モードになるのかどっちだ?

「6,540〜6,590」まで下げたら『タートル・スープ・プラス・ワン』成立だ。

さてどうなる?


板の状況はやや売り注文の方が多い。とりあえず下か?

下げてきた。

割った。

2016/10/06 9:03 「6,590」

ストップはオープニング高値の上「6,900」。


お〜っと、ここでまた仕掛けてから考える悪い癖が出た!

昨日のベクターの時は認識していたのだが今日はすっかり忘れていた。『タートル・スープ』と『タートル・スープ・プラス・ワン』は短期売買の手法だが、基本数日間のスパンでの利食いを前提としたものである。

一方筆者は基本デイトレードなので当日中、しかもわりと短時間で仕切ることを旨としているし、資金的にもそうしないと回らない。つまり『タートル・スープ(・プラス・ワン)』は方向性の根拠としては使えるがエントリーとしては使えないのだ。

しまった。この銘柄にあまり時間は掛けられない。


そうこうしているうちに戻りに入り始めた。やだな〜。時間掛かっちゃう?

時間掛かるくらいならサクッと損切りになった方がいいなどと、心にもない考えが脳裏をよぎる。

こういう心理状態の時は大体逆行していくのが常なのだが、今日はめずらしく順行した。

長い陰線出た。今日はすぐ撤収。

2016/10/06 9:11 「6,490」
(+100、+0.32R)

3547-20161006.PNG

順行したのだから粘る選択もあったのだが、なぜか早く離れた方がいいような気がした。

ストップ高銘柄の翌日の値動きとしてもう一度高値トライをする傾向をなんとなく感じていたからだろうか。なんだかんだ言って昨日の価格帯はサポートとして機能しやすい。今日はまだ高値のしこり玉があまりできていないことも関係あるか。

たまたま逃げて正解だったが、エントリーが甘くなってきている。脇を締めねば。


後からもう一つミスに気づいた。

『タートル・スープ』と『タートル・スープ・プラス・ワン』ってエントリーのタイミング違うんだね。ルール通りならもうちょっと上で売れてたんだ。

やはり付け焼き刃はモロい。


--------------------------------------------------------------------------

↓ クリックしてくれたら喜びます!
がんばって記事を更新します。(^o^)/
                 まるてん
【株式】

実録『ゆうパック』! 〜二番勝負その1〜

日本郵政グループ間の『ゆうパック』サヤ取り第二弾が始まった。

どっちのペアにするか最後まで悩んだ末、また「日本郵政」と「かんぽ生命保険」の組合せになった。ただし方向は逆。

昨日の大引け間際にザラ場で仕掛けた。

post20161005.png


郵政買い・・・「1,269」
かんぽ売り・・・「2,181」
「かんぽ:郵政」比・・・「1.717」

郵政が「1,269」で800株なので丸代金が1,015,200円。
かんぽが「2,181」で500株なので1,090,500円。
当初資金100万円の水準でほぼ見合っている。

口座資金100万円に対して使用している保証金は約63万円なので使用資金率は63%。


鋭い人は既にお気づきのことと思うが、前回の一番勝負を仕切ってからさらにサヤは順行している!

まあ元々しっぽの方は取る予定では無いのでそれ自体は特にどうということはないのだが、胴体の部分を取り切る前にサッサと利食ってしまったのがこれからの検討課題。

さて二番勝負はどうなるか?

乞うご期待!


--------------------------------------------------------------------------

↓ クリックしてくれたら喜びます!
がんばって記事を更新します。(^o^)/
                 まるてん
【株式】

心が折れそうになった 〜ベクターの売り買い四連発〜

増担保規制中にもかかわらず昨日ストップ高になっていたベクター(2656)。

日足ベースで高値更新の可能性があったので監視していた。もしかしたらこれも『タートル・スープ』になるかもしれないことを頭の片隅に置いて。

2656-20161005-2.PNG

結果から先に述べると、ストップ高をつけた後『タートル・スープ』成立。大きく崩れた後急反転して再びストップ高になって引けるという荒業を見せてくれた。

それに対峙した筆者。結果的に4回も仕掛けることになってしまった。最初の3回で心が折れそうになったが、最後奇跡的に復活した。

最初の@だけだったなら(それは十分可能だった)利益で終わっていたのに、@を変な終わり方をしたばっかりに@〜Bでマイナス、Cでようやくトントン近くまで持っていけた。


『タートル・スープ』として素直に仕掛けなかったことよりも、時間軸が違う考え方をごちゃ混ぜにしたまま臨んでいたことが根本的な問題だったようだ。

最近売りではなく買いの方が主体になっているが、売りと買いとでは時間軸が微妙に違う。売りはまだデイトレードと言える時間まで想定しているが、買いはほぼほぼスキャルピングの時間しか想定していない。それが今回長居したために悪い方向に働いてしまった。


@
2016/10/05 9:40 「742.6」(分割約定)で売り
ストップはストップ高の「777」
2016/10/05 9:55 「750」
(△7.4、△0.22R)

単純な『タートル・スープ』の仕掛けではなくオープニングの高値がサポートして働きそうなのを考慮した。『タートル・スープ』は短期売買でも数日ホールドすることもあるが筆者は基本デイトレードなのでこの仕掛け自体は悪くはないと思われる。

悪かったのは手仕舞い。当初のストップのままであれば何もする必要がなかったのに、戻りの時に目先の上昇を思わず買ってしまった。スキャルピングなら5ティックくらい取れてるんだけどね。意味ないよね。


A
2016/10/05 10:09 「740」で売り
ストップはストップ高の「777」
2016/10/05 10:25 「753」
(△13、△0.35R)

手仕舞った後当初の仕掛けは依然有効なことに愕然として再度エントリー。高いところを売ればいいのに安くなってから売っちゃうんだよね。

@の時の安値がサポートラインとして働き反発。値段も売れない、勢いも売れない、のないないづくし。それでも当初のポジションを再構築したのならまだ良い。問題なのはこれも戻りの上昇を買ってしまったこと。これは27ティックあったね。(笑)


B
2016/10/05 10:30 「761」で買い
ストップはサポートライン割れの「729」
2016/10/05 10:32 「761」(分割約定)
(0、0.00R)

だったらホントに買えばいいと開き直って買った。「770」まで行ったが勢いが落ちて仕切ったら建値と同値の平均で約定して手数料負け。(泣)


C
2016/10/05 12:59 「716」で売り
ストップは直近高値の上「741」
2016/10/05 13:10 「701.6」(分割約定)
(+14.4、+0.58R)
2016/10/05 13:14 「696」
(+20、+0.80R)

今日はさすがにBで終わってしまうかとあきらめていたのだが、相場の神様はまだ見捨てずにいてくれた。

当初の売りの根拠は依然として有効な状態で、@の安値を割ったにもかかわらず大きく下げずに後場に持ち越していた。

後場が寄り付いても割っては下がらずが続く。前場から合わせると同じ価格帯で3回反発して今そこで4回目。

あれっ、戻りが鈍いな。もしかしてもしかすると・・・。

売らなきゃ。今なら「723」を自分で割らせることができる。

しかしここで一瞬ためらった。今までの失敗が自信を萎えさせていた。


あっ割ってった。

遅い。遅いけど追っかけで仕掛けた。

ようやく長い陰線を引いてある程度の出来高もある。でもそれって自分が安値叩いてるんだよね・・・。

覚悟はしていたが戻りの時間帯に突入。

今回は辛抱した。

再度の下げで半分利確。次の下げで残りも撤収。さらにもう一段下げたが追っかけでこれだけ取れれば御の字でしょう。下手に持ち越していたらその後の怒涛の反転劇にきちんと対処できたかどうか。

2656-20161005.PNG


--------------------------------------------------------------------------

↓ クリックしてくれたら喜びます!
がんばって記事を更新します。(^o^)/
                 まるてん
【株式】
リンク集
<< 2016年10月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
プロフィール
また会う日までさんの画像
また会う日まで
プロフィール