記事が参考になったら「いいね!」をよろしくお願いします。m(_ _)m
カテゴリアーカイブ
検索
ファン

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2016年06月24日

相場に必要なこと

株の前場が終わって昼休憩に入ってから為替の第三波である最後(とりあえず今日のところは)の大波がやってきた。

虎の子のETNを手仕舞って株価のボラティリティに関してただの傍観者に成り下がった筆者ではあったが、そこは相場師の端くれとして利益機会を見つけるべく銘柄探しを始めた。

そういえばボラティリティ・インデックスのETNではなく先物の方(こっちの方がより出来高が少ない)に売り注文「28.50」がポツンと残っている。気づいていないのかまだ取り消していない。

休みの間に取り消さないと食われちゃうよ!

と他人事のように心配してあげていた。この値段でも割安だとは思うけれど、実際日経平均はどれくらい安くなるんだろう?

指数はわからないが先物の気配で予想できるな。

ということで「HYPER SBI」の「先物気配」のボタンをポチッと押してみた。

「15,100」くらいか。

んっ!?

気配だけじゃなく値段がついてるぞ! 動いてる!?

えっ、先物って今やってるの?

慌てて取引時間を調べたら、現物株と違い先物は昼休みがない!

知らなかった。昔は昼はやってなかったよね。
へえそうなんだ。今はやってるんだ。

ということは!?

日経平均VI先物もやってるってこと!

さっきの売り玉は?

あっ、取られた。次は「28.75」だ。

よし買おう!

注文、注文。それっ!


あれっ、おかしいな。注文できないぞ。

証拠金がないって。えっ、どういうことだ。足りないはずないよね。日経平均VI先物ってそんなに証拠金高いの?
たかだか1枚なのに。

証拠金を調べると「104,000円」だ。あるじゃん。おかしいな。

もしかして証券口座と先物口座ってリンクしてない!?

先物口座を調べてみると残高「0円」な〜り。

なんでー!


住信SBIネット銀行の口座は別会社なのにハイブリッド預金にしておけば自動で振り替えてくれるのに、同じ会社の口座は一々自分で振振り替えなくちゃいけないなんて!

これはさすがにおかしいよね?
何とかしてよSBI証券さん。
PTS取引で宣伝してるんだから!(笑)




技術的にできないはずはないと思うんだけど。

じゃあ即時振替は?

基本翌営業日。当日は追い証とかだけか。なんか金額の縛りがあるけど何だろう。中途半端な金額だな。建玉何もないのに。よくわからん。

つまり今日はダメっていうことね。

そうこうするうちに「28.75」も誰かに買われてしまった。
※その後の高値「33.40」


ということで相場に必要なこと。

・取引する銘柄の取引要項
・取引会社の口座の仕様
・お金

ホント、こんな基本的なことを知らないとは、信じられなーい!


--------------------------------------------------------------------------


最後までお読みくださりありがとうございます。
今回の記事は参考になりましたか?
当ブログへの「投票」もしくは「順位の確認」、または「他のブログの検索」は下記ボタンからどうぞ。
                         まるてん


ある意味天才的な・・・ 〜NEXT NOTES 日経平均VI先物指数 ETN(2035)〜

昨日明らかにした、英国の国民投票に関連した筆者の売買計画

「NEXT NOTES 日経平均VI先物指数 ETN(2035)」の買い。

本日の終値は「36,000」(+5,100、+16.50%)。
日中は高値「37,350」まで買われる場面があった。
筆者の買値は、一昨日に買っていたので昨日よりはちょっと高い「31,150」

さてタイトルにある「天才的」とは何を示すのか?

・英国のイベントなのに英ポンド(GBP)ではなく日本の株式に連動する商品を選択したこと
→否!

・離脱か残留かの予想に賭けるのではなく値動きの大きさに賭けたこと
→否!

・ポンド売りだったら早朝までの上昇でストップオーダーに引っ掛かっていたかもしれないのに、そんな心配のいらないボラティリティ・ロングを採用したこと
→否!

・普通ならオプションを使うのに、それよりも使いやすい商品を選んだこと
→否!

すべて違う。そんなありきたりのことで「天才」という言葉は使わない。


筆者のブログを読んでくれている勘の鋭い人はすぐにピンときたことだろう。

そう、筆者はこのトレードで利益を出していないのだ!
それどころか損失に終わらせてしまったのである!(笑)

前回のモブキャストもそうだったが、頭で考えていたことがほぼ実現したにもかかわらず、そこから利益を出すことができていない。

「知行合一」ならぬ「知行不合一」。

まさにこの点が「天才的」だと我ながら感心してしまう。

もうホント笑うしかない。\(^o^)/


どうしてそんなことができるのか?

自分でも不思議なのだが、開票結果が出ていないにもかかわらず、「残留決定」と勝手に思いこんでしまっていたのである。前日夜からのポンドの上昇を見て、なぜだかわからないがゲームセットと決めてしまったのだ。

アメリカの株価も上がって終わり、CMEの日経平均も上昇。そこそこの上昇率なのでボラティリティもある程度キープして逃げれるかな、と既に退却計画をたてていた。

取引が始まる前にポンドの急落と日本円(JPY)の上昇が始まった時も、「残留=ポンド買いが織り込まれたので、後は反動の下げ」かなどと思い、せっかくの株価上昇が円高で打ち消されて値動きが相殺となり寄付きは安くなってしまうことを心配していた。

今思えばこの時のポンド売りはリスク・リターンからいっても仕掛けるべき上等のエントリーポイントだったようだ。「残留」を織り込んでのポンド上昇。ここから「さらに」買われる理由はあまりない。実際天井形成場面をチャートで形成しているのをリアルタイムで見ていたのだが、頭は為替よりも現実のポジションの撤退しか頭になかった。


そして寄付きが始まる。

「NEXT NOTES 日経平均VI先物指数 ETN(2035)」は出来高の少ない銘柄だ。その割にまとまった成行の売り物が出ている。株価があまり動きそうにないので、筆者と同じく撤退する人かもしれない。

出来高が少ないのに成行で売ってしまうとかなり割安を売り叩くことになりかねないので寄付きで仕切るのは避けた。

寄付きは「29,440」。その後「29,310」の安値をつけた時は一瞬「しまった!」とも思ったが、「29,600」に戻って来た時ヤレヤレと指値で手仕舞った。

その時は「成長したな」と自分をホメてあげた。(笑)


その後である。為替の第二波、第三波によって株価が破壊され始めたのは。

遅いよ〜! 今さら動くなんて!

いや筆者が早過ぎるだけなのだろう。

途中の「32,000」でも(逃げるには)十分と思っていたのに、まさか「37,350」まで買われるとはね。「離脱」「残留」の予想に賭けず値動きの大きさに賭ける。まさに頭で思い描いていたとおりの展開だ!(笑)

2035-20160624.png


夢を見た。
為替の夢を。

上がっていたポンドが急落を始めた。
今まで保ち合ってきたレンジ(今月中旬からの戻り)を突き抜けて下がっていく。

おいおいどこまで下がるんだ。いくらなんでも下げ過ぎだよ。ポンドドル(GBP/USD)で下値目処の「1.3000」も抜けてるよ!

チャートはグングン下げていく。

下げすぎて「マイナス」になったところでこれは「夢」だと気づいた。(笑)
※為替は交換レートなのでどんなにがんばってもマイナスにはならない。

ホントに見たんだよね。この夢。
夢に生きる男だったら良かったのに。(笑)


--------------------------------------------------------------------------

最後までお読みくださりありがとうございます。
今回の記事は参考になりましたか?
当ブログへの「投票」もしくは「順位の確認」、または「他のブログの検索」は下記ボタンからどうぞ。
                         まるてん


リンク集
記事ランキング
<< 2016年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
プロフィール
『ましたんワールド』で会いましょう!さんの画像
『ましたんワールド』で会いましょう!
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。