記事が参考になったら「いいね!」をよろしくお願いします。m(_ _)m
カテゴリアーカイブ
検索
ファン

2016年03月10日

グループ内クロス各種

昨日2つ、今日1つクロスを仕掛けた。すべて同じグループ間である。

まずはNZD/CADの売り(NZドル売り、加ドル買い)。

2016/03/09 13:57 「0.90360」

スプレッドが広かったので珍しく指値にしたらススーっと下がっていって、「やばい! 成行で売るべきだったか」と瞬間思ったが、目先のサポートで反発してサクッと値洗いマイナスに転じた。デイトレじゃないので突っ込み売りとかはあまりきにしなくても良かったのだが、ポジション持たなくて後悔するぐらいなら成行で売ったほうがいい。

ちなみにこれは「神託売買」ではない。最近「神託売買」を全然やってないが、やらない理由は「機能しない場合」というのがあらかじめ認識できているので興味が薄れてきていたのと、2月いっぱいまで往来相場続き(対米ドル(USD)、日本円(JPY))で資源国通貨自体のトレンドがなかったせいもある。こういう時も機能しないようだ。「神託売買」の考え方については機会があればいずれ説明したいと思っている。

今朝の雑感で、「強い豪ドルと弱いNZドルのどちらが主導権を握るかがカギとなる」と書いたが、昨日の段階ではNZドルはまだ弱くなかった。順番からいくと、「豪ドル>NZドル>加ドル」であった。だったら「AUD/CADの売り」(逆張りなら。順張りなら「AUD/CADの買い」じゃないかと思うかもしれないが、豪ドルはまだ強すぎるので逆張るにはまだ早すぎると思い、次点のNZドルを売ることにした次第である。

今朝方NZドルが利下げの影響を受けて急落して戻ってきたが、もちろんこのことは想定済みである。予想どおりの展開である。
なんてことは全くない。利下げの「利」の字も頭になかった。まさに結果オーライである。(笑)

2016/03/10 8:15 「0.87929」
(0.02431、1.40R)
短時間で手にしたごちそうなので半分は確実に利食っておくことにした。残りの半分はプロテクティブストップをキツめに入れておこう。
※ストップは「0.92100」とかなり広めにとっておいたのでR倍率はそこまで良くない。


昨日の仕掛けのもう一つはGBP/CHFの売り(英ポンド売り、スイスフラン買い)である。

2016/03/09 14:20 「1.41578」

これは今朝の雑感に書いた内容「強いポンドと弱いスイスフランの主導権争いが展開されている」の逆張りである。

ストップは当初「1.42300」だったが後から「1.43715」に変更した。GBP/CHFのチャートからストップの水準を決めるのは危ないと思ったからだ。昨日の夕方の時点でUSD/CHFがきな臭い様相を示しており高値トライしそうだと感じたので、抜けて戻ってきてもいいように緩めにした。実際「1.42300」だったら損切りした上に売値近辺まで戻ってくるという最悪の展開になっていた。

だったら昨日仕掛けるのはまだ早いんじゃないかという話だが、ポジションが無いなら無いでそれも嫌だったので、妥協の産物である。その代わりサイズは小さくしてある。


そして今日仕掛けたものはEUR/CHFの売り(ユーロ売り、スイスフラン買い)である。

2016/03/10 10:47 「1.09614」

雑感には書いてなかったが、直近ではユーロとポンドは似た動きになっており差がない。どちらが売られてもいいように両方仕掛けることにした。


--------------------------------------------------------------------------

最後までお読みくださりありがとうございます。
今回の記事は参考になりましたか?
当ブログの順位の確認、または他の「人気」ブログの検索は下記ボタンからどうぞ。
※ボタンをクリックすると当ブログに「投票」したことになります。(笑)
 ↑説明記事
                         まるてん

↓ 「オリジナル手法」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「為替・FX」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「金融・投資」カテゴリのランキングはコチラから

グループ内でのせめぎ合い

今回のニュージーランドの利下げで顕著になったが、各グループ間で各グループの中で通貨ごとのせめぎ合いが存在している。

ここ最近認められる比較的相関の強い通貨グループは
1)資源国通貨・・・豪ドル(AUD)、加ドル(CAD)、NZドル(NZD)
2)欧州通貨・・・ユーロ(EUR)、英ポンド(GBP)、スイスフラン(CHF)
3)主軸通貨・・・米ドル(USD)、日本円(JPY)

1)の資源国通貨では、一番最初は加ドルが強くなり始めたが、その後を豪ドルが継ぎ、NZドルもオセアニアとして追随していった。豪ドルがAUD/USDの日足で昨年8月来の往来高値を抜いてきたことで状況は良くなってきているものの、3・4月の安値がレジスタンスとして機能しているため、応援が欲しい状況にあった。

加ドルは、USD/CADの日足が上昇トレンドの最終局面チックな上げを見せた後の下げなのでここまで急落しているが、昨年7月〜12月の往来圏に近づいているためこれからはあまり期待できない。

頼みの綱のNZドルだったのだが、元々豪ドルと違って昨年10月の高値を抜いていなかった。そこに利下げパンチで高値トライの前に失速してしまった。かろうじて短期での上昇トレンドは維持しているが、ここからが重要。

というわけで資源国通貨としては、強い豪ドルと弱いNZドルのどちらが主導権を握るかがカギとなる。


一方2)の欧州通貨は、まず日足ベースで弱い英ポンドがある。そのポンドがショートカバーの戻りを入れている局面である。戻りを入れるペースは今までの逆回転でポンドがユーロやスイスフランよりも早い。特にスイスフランが遅れをとっていて戻りきれていない(USD/CHFでいうと下げていない)。

逆の見方をするとスイスフランだけ売られ気味であったため、今回のUSD/CHFやCHF/JPYではレジスタンスやサポートラインがよく機能したようだ。

ということで欧州通貨としては、この戻り局面がいつまで続くか、強いポンドと弱いスイスフランの主導権争いが展開されている。


最後に主軸である米ドルと日本円。円が年初まで持っていた輝きを失っていつの間にか円主体ではない動きになっている。他の通貨から見ると米ドルも円もあまり変わらないのが今の状況。ドル円(USD/JPY)のペアをメインにするのではなく、クロスカレンシーの方が今は値幅がとれる。ドル円のレンジの上か下かで、クロスの対象を米ドルにするか円にするか決めれば良い。

ドル円としては、3月1日につけた112円前半のレベルを意識していることが判明。今後このラインがサポートとして機能する可能性あり。ただ日足ベースでは、115円〜116円のゾーンが強いレジスタンスになっているので、今すぐ上昇トレンド入りというのはよほどの材料がない限り考えにくい。


--------------------------------------------------------------------------

最後までお読みくださりありがとうございます。
今回の記事は参考になりましたか?
当ブログの順位の確認、または他の「人気」ブログの検索は下記ボタンからどうぞ。
※ボタンをクリックすると当ブログに「投票」したことになります。(笑)
 ↑説明記事
                         まるてん

↓ 「オリジナル手法」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「為替・FX」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「金融・投資」カテゴリのランキングはコチラから

ニュージーランド利下げ

朝チャートを確認したら大きく動いていたのでびっくりした。ニュージーランドが利下げをしたそうだ。予想は現行維持だっただけにサプライズとなったもよう。

ニュースから拾っただけなので深層部分はよく知らない。指標発表があることは知っていたが特に意識していなかった。目先の仕掛けもしてなかったので。ただちょっと長めのつもりで仕掛けたものにドンピシャで当てはまっていたのでラッキーだった。詳細はまたあとで。

個別の通貨が原因で大きく動いた時は、相関関係にあるものが一時的に崩れるので、見方によっては絶好のチャンスとなる。「相関<個別」の図式。個別要因で動く時間帯が過ぎると再び相関で動く時間帯にもどっていく。そこが狙い目。


--------------------------------------------------------------------------

最後までお読みくださりありがとうございます。
今回の記事は参考になりましたか?
当ブログの順位の確認、または他の「人気」ブログの検索は下記ボタンからどうぞ。
※ボタンをクリックすると当ブログに「投票」したことになります。(笑)
 ↑説明記事
                         まるてん

↓ 「オリジナル手法」カテゴリのランキングはコチラから



↓ 「為替・FX」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「金融・投資」カテゴリのランキングはコチラから

リンク集
<< 2016年03月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
プロフィール
また会う日までさんの画像
また会う日まで
プロフィール