記事が参考になったら「いいね!」をよろしくお願いします。m(_ _)m
カテゴリアーカイブ
検索
ファン

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2015年12月18日

AUD/USDのサポート割れを考えて・・・2

『AUD/USDのサポート割れを考えて・・・』仕掛けたAUD/CADは見事に玉砕した。実をいうとここだけの話、AUD/CADというペアは、AUD/USDがサポート割れした時のパフォーマンスが最悪、というかほとんど損失で終わるしかないほどの、優位性のかけらもないペアだったそうな。いや〜、お恥ずかしい。

失敗談ばかり書いても仕方ないので、この辺でちょっとまともな話を。

打たれ強くなったというか、一回のトレードに固執しなくなったおかげなのか、AUD/CADの失敗後も落ち込むことなく次の戦略を練っていた。そもそも、単独のサポート割れ自体は自身の売買ルールのセットアップにはないので、仕掛けること自体が良くなかった。

では自身のルールに立ち戻って今仕掛けてもよい通貨ペアはあるのか?
あった、ありました。

AUD/NZDの売り。
これまで何度か触れたことのある「資源国通貨間の特殊な関係性」(があると思っている)により、売りの指示が下った。(笑) しかも、豪ドル(AUD)売りが内蔵されているので、「AUD/USDのサポート割れ」でもいけそう。
2015/12/17 17:28 「1.06712」 目先の上昇が崩れたところを成行で売り。

ただ時間が時間なだけにこれ以降見ていられない。仕方ないのでストップ注文と同時に利食いの指値も入れておくことにした。しかも、何が起こるか(チャートパターンの変更等)わからないというリスクがあるので、かなり甘めに設定。

その後スマホでちょこちょこ確認していたら、ストップがつきそうでヒヤッとしたものの何とかしのぎ、AUD/USDがサポート割る前に指値がヒットした。
2015/12/17 19:44 「1.06555」
+0.00157(+0.147%、1.06R)

それからはAUD/USDのサポート割れがあり、さらに続落しましたとさ。チャンチャン!


--------------------------------------------------------------------------

最後までお読みくださりありがとうございます。
今回の記事は参考になりましたか?
当ブログの順位の確認、または他の「人気」ブログの検索は下記ボタンからどうぞ。
※ボタンをクリックすると当ブログに「投票」したことになります。(笑)
                         まるてん

↓ 「オリジナル手法」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「為替・FX」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「金融・投資」カテゴリのランキングはコチラから

AUD/USDのサポート割れを考えて・・・

『AUD/USD 鉄壁のサポートライン』が割れることを想定してプランを練っていた。雑感を書いた直後で、まだサポートラインでの攻防をしていた頃である。

その時はNZD/USDも崩れた感を見せていた。筆者にはそう見えたのである。(笑) 実際、AUD/USDはサポートラインで止まっていたけれど、NZD/USDは前の安値(15日)を下回っていたので。

というわけで、「今が割る時だ!」と、この瞬間に立ち会わせてくれた神様に感謝しながら(笑)戦略を練った。売るのは豪ドル(AUD)に決まっている。買う通貨はどれにしよう。今となっては米ドル(USD)でいいことはわかっているのだが、その時はより優位性の高いもの(リスクの低いもの)を探していた。

そんな時に選ぶ通貨というと、言わずと知れた加ドル(CAD)である。だって今まで売られすぎていたんだもん!(笑) 筆者のチャートパターンの考え方では、本当はこのような解釈はしない。かなり思考が歪んでいる。(笑)

それっ、売りだ!
2015/12/17 15:09 「0.98958」 成行売り注文約定。

あれっ、おかしいな勢いがない。あれっ、反発してきたよ。あれっ、AUD/USDサポートされてるよ。やっぱり鉄壁だね。

なんて言ってる場合じゃない。NZD/USDも、NZD/CADも全部反発してる。やばいよこりゃ! なんで割ってないのに売るかなあ。売るなら戻ったところを売ればいいのに。と自分に文句を言いながらストップがヒットする前に買い注文を出した。
2015/12/17 15:26 「0.99035」
△0.00077(△0.078%、△0.32R)

またやっちゃった。
いかんねえ。

その後AUD/CADはスルスルと上がっていった。売った時に買っていたら「神」だったのにね!(笑)



--------------------------------------------------------------------------

最後までお読みくださりありがとうございます。
今回の記事は参考になりましたか?
当ブログの順位の確認、または他の「人気」ブログの検索は下記ボタンからどうぞ。
※ボタンをクリックすると当ブログに「投票」したことになります。(笑)
                         まるてん

↓ 「オリジナル手法」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「為替・FX」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「金融・投資」カテゴリのランキングはコチラから

ドルカナダってゾンビみたい

昨日の夜からの米ドル(USD)が買われる局面では、またしてもドルカナダ(USD/CAD)が先導していくような形で米ドルが買われていった。USD/CADのチャートが上昇していく様は、筆者の目にはまるでゾンビのように映っていた。殺しても殺しても、生き返り這い上がってくるその姿を想像していたのだ。

トレンドフォロワーにとっては、日常的なごくありふれた当たり前の動きかもしれない。しかし、基本反転パターンを好む筆者にとっては極めて異様な光景に映ったのである。

幸い、筆者は損切りもできるし、あくまでもUSD/CADの反転を考慮してのクロスを考えているので、USD/CAD自体をムキになって売るようなことはしていない。USD/CAD自体トレードしたのは11月27日が最後だし、その時は買いでとっている。売りにいたっては10月23日以来手を出していない。そのため大ケガをすることはないのだが、通貨ペアを選択する時に、に加ドル(CAD)は売られすぎているという思い込みから、「無意識」のうちに売る通貨の対象から外しているようだ。いかんねえ。この辺はもっと機械的に行わないと。

日々修行だね。
今回のUSD/CADはいい教訓になった。


--------------------------------------------------------------------------

最後までお読みくださりありがとうございます。
今回の記事は参考になりましたか?
当ブログの順位の確認、または他の「人気」ブログの検索は下記ボタンからどうぞ。
※ボタンをクリックすると当ブログに「投票」したことになります。(笑)
                         まるてん

↓ 「オリジナル手法」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「為替・FX」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「金融・投資」カテゴリのランキングはコチラから

AUD/USD 陥落 

昨日の雑感で言及した『AUD/USD 鉄壁のサポートライン』、結果からいくとついに陥落した。雑感を書いた後も一度跳ね返し、陥落前にも反発していたので、やはり相当意識されていたようだ。

このサポートラインの存在を認識し、なおかつ方向性も予想していた筆者だが、はたしてこれによって何らかの利益を得たのであろうか?

自分で言うのもなんだが、筆者はどうも「普通」ではないようだ。(笑) 普通に考えれば、AUD/USDのサポートラインの下に逆指しの注文を入れるだけのことなんだけれど。
※見てない時間帯のことを考慮すると、ストップ注文も同時に入れておく

フライング気味の性癖や、各種クロスを考慮に入れるという志向もあってスンナリとはいかない性格だ。この辺の売買は別項で書くことにする。


さて実際に落ちていく瞬間であるが、今回は偶然その時間帯にパソコンの画面でリアルタイムのチャートを見ることができた。最後の最後までAUD/USDを仕掛けるか迷ったが、ポジションを持つと冷静に動きを見ることができなくなるので、今後のことを考えて、あえて仕掛けないことにした。ということにしておこう。半分くらいはホント。

「0.717」を割るところまできて、最後の反発をした後も上昇力が鈍く、またゆら〜っと下がってきた。いよいよかな、と思ってい見ていると、「0.716」を割ったくらいから値段が跳び始めた。その後は、止まることはあっても戻すというほどの反発もなくジリジリと下げていった。やはり、全般に米ドル(USD)が買われていた地合だったので、素直に落ちていったようだ。

単純な安値(高値)更新ではなく、これだけ何度も跳ね返されたサポート(レジスタンス)ラインというものは、本当によく機能するということがわかった。またオージークロスすべて豪ドルが売られているので、結果としてはどのペアを選んでも利益になった。たしかに優位性のあるペアがあったかもしれない。しかし、今回のペアはドルストレートであったことと、クロスにすると手仕舞いの判断に迷いが生じやすいことを考慮すると、下手にクロスに手を出すよりも、素直にそのペアを選択した方がいいようだ。


というわけで、仕掛けなかったことで直接的な利益は得ることはできなかったけれども、十分今後の参考になった。結局数あるトレードのうちの一つに過ぎないので、このトレードで取れなかったとしてもそんなにクヨクヨする必要はない。ただし、トレードの区分けをして、勝率等優位性が他よりも高いセットアップになるなら、機会損失に差が出てくるかもしれないので、そこだけは注意の必要がある。


--------------------------------------------------------------------------

最後までお読みくださりありがとうございます。
今回の記事は参考になりましたか?
当ブログの順位の確認、または他の「人気」ブログの検索は下記ボタンからどうぞ。
※ボタンをクリックすると当ブログに「投票」したことになります。(笑)
                         まるてん

↓ 「オリジナル手法」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「為替・FX」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「金融・投資」カテゴリのランキングはコチラから

リンク集
記事ランキング
<< 2015年12月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
プロフィール
『ましたんワールド』で会いましょう!さんの画像
『ましたんワールド』で会いましょう!
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。