記事が参考になったら「いいね!」をよろしくお願いします。m(_ _)m
カテゴリアーカイブ
検索
ファン

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2015年12月17日

利食いがあまい

我ながら利食いがあまいなあと思う。というより、エグジットの根拠が手法に合ってないかもしれない。

バリバリの短期決戦ではないので、いい所を逆バリで利食うわけにはいかない。かと言ってトレンドフォローともちょっと違うので、トレールしていくプロテクティブストップは使わない方がいいのかもしれない。使うにしても、かなり遅れてついていくタイプにするか。

というわけで、EUR/USDが下げてしまったプロテクティブストップ注文に引っかかってしまった。しかも、ドンピシャで「ダマシ」にあった感じになって。(笑)

13:50 「1.08550」 逆指の買い
+0.00305(+0.280%、0.6R)

もし他のドル買いポジションを持ってなかったら発狂モノだな、これは。
な〜んてね。


--------------------------------------------------------------------------

最後までお読みくださりありがとうございます。
今回の記事は参考になりましたか?
当ブログの順位の確認、または他の「人気」ブログの検索は下記ボタンからどうぞ。
※ボタンをクリックすると当ブログに「投票」したことになります。(笑)
                         まるてん

↓ 「オリジナル手法」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「為替・FX」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「金融・投資」カテゴリのランキングはコチラから

AUD/USD 鉄壁のサポートライン

しかし、このAUD/USDの「0.717」近辺のラインは、相当強く意識されているらしい。11月23日に押し目でつけて以降、今回で5回(数え方によっては7回)もブロックしている! おかげで何回か取ることができたが(クロス絡みで)、信頼すればもっと取れていたなとも思う。

ただ、サポートラインは鉄壁なんだけれども、上値が徐々に切り下がってきているので、今後どちらにブレイクするのかと問われれば、やはり下だろうなとも思う。他の通貨に対しても米ドル(USD)が買われてきた展開を考えると。まあ、これは希望的観測も入るので思い込みは避けておこう。

どのみち、ここまでサポートされたラインを割る時は、今までのエネルギーが蓄積された分、大きな動きが想定されることと思われる。この動きに乗ることができるかな?


--------------------------------------------------------------------------

最後までお読みくださりありがとうございます。
今回の記事は参考になりましたか?
当ブログの順位の確認、または他の「人気」ブログの検索は下記ボタンからどうぞ。
※ボタンをクリックすると当ブログに「投票」したことになります。(笑)
                         まるてん

↓ 「オリジナル手法」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「為替・FX」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「金融・投資」カテゴリのランキングはコチラから

ドル買い即実行

昨日の夜、資源国通貨の過去チャート(紙に打ち出したもの)を見直して、自分の考えを整理していた。何個かアイデアがあるのだが、時として相反する考え方になってしまうので、一人の人間でやるのは難しい。よほど頭の切替ができないと、両方ダメにしてしまう可能性もある。

ようやく、「これで行こう!」という踏ん切りがついたようである。仕掛けのタイミング取りも自分の性格に合っているようだし。なぜもっと早くそれにしなかったのか? まだもっと良いものがあるはずという「bP願望」が邪魔をしたか。

吹っ切れたせいか、頭が冴えているような気がするのは気のせいだろうか? 朝方の雑感を書いた後、早速実行に移した。
USD/CHFの買い  8:26 「0.99300」 日足、欧州
EUR/USDの売り   9:10 「1.08855」 1時間足、交代
USD/JPYの買い 10:39 「122.501」 日足、交代

それぞれタイムフレームとセットアップに違いがある。EUR/USDはシグナルの発生時と確認時にタイムラグがあったので戻りを待って売った。(こんなにうまく行ったの生まれて初めてじゃない!?) それと、日足と1時間足とで、ストップ金額を変えてあるので(日足の方が大きい)、注文の際ロットが大きかったことに後から気づきすぐに手仕舞っている。もったいないと思うようではダメだね。
EUR/USD 9:10 「1.08830」


--------------------------------------------------------------------------

最後までお読みくださりありがとうございます。
今回の記事は参考になりましたか?
当ブログの順位の確認、または他の「人気」ブログの検索は下記ボタンからどうぞ。
※ボタンをクリックすると当ブログに「投票」したことになります。(笑)
                         まるてん

↓ 「オリジナル手法」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「為替・FX」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「金融・投資」カテゴリのランキングはコチラから

NZD/CAD売り その後の顛末

昨日の『NZD/CAD 売り』だが、仕掛けてから「やっぱり」と思ったのだが、実は仕掛けるべきセットアップの基準を満たしていなかった。(こんなんばっかり!(笑))

エントリーにあたっていろいろ根拠を書いてはいるのだが、すべて「こうじゃないかな」レベルのものである。まあ、これで仕掛けるルール自体あってもおかしくはないが、少なくとも筆者のルールはそのようなものではないのである。頭の中に「NZドル(NZD)を売りたい」という気持ちがいっぱいになって、何度も行動に移しているようだ。いかんなあ〜。広島弁で言うと、いけんのお〜。どうも10月末の再現を狙っているらしい。(笑)

さて、ルールに合っていないことに気づいた後どうするか? 普通なら手仕舞うのであるが、今回はそのまま見逃した。迷っていれば仕切るのであるが、少なくとも迷いはなかった。NZドルを売りたいという意識は明確だったので。(笑)

今回は「遊び」でそのまま放置することにした。気持ちの抑えが効かないのは仕方ない。我慢しても身体に悪い。希望・願望で相場をしてはいけないということは、失敗して身体に刷り込んで覚えさせるしかないのだろう。幸い1回あたりの金額を低めに設定してあるので大丈夫だ。
※良い子の皆さんはマネしないように!


昨日の雑感に書いたように、ストップは余裕を持っていたので緊迫感はなかったのだが、NZドル、豪ドル(AUD)、加ドル(CAD)、米ドル(USD)の各通貨の動きにヤキモキして、途中AUD/USDをヘッジで買ったりしてアホなことをしている。結果的にはすぐ売る羽目になった。


今日の雑感
で触れたように夜チャートの確認をしたら、NZD/USDがサポートライン突破に失敗した上に、ナントUSD/CADが高値を更新しようという場面ではないか!

こりゃイカン、ということで速攻でNZD/CADを手仕舞った。
23:39 「0.93161」 成行で買い。
△0.00358(△0.386%)


ここで、「転んでもただでは起きない」意識を持って、AUD/CADを買った。以前ちょっと触れたことがあるが、資源国通貨の特殊な関係性(があると思っている)から、AUD/CADを買えという指示が下ったのである。(笑)
23:41 「0.99204」

ストップを保合の下に入れて眠りについた。明け方スマホでチャートの確認。下へ上へのどんちゃん騒ぎがあったようだが「0.99550」あたりをウロチョロしている。ヨシ、指標発表のどさくさでストップには引っかかってない!

「1.00000」に指しておけば良かったなどとアホなことを考えつつ仕事を始めたら、アレっ?下がってるよ。どうしたんだろう。どうも雑感で書いた『ドル高の流れ』の影響を受けて、今までの流れが変わってきたのかもしれない。

利が剥げてしまって悲しかったが仕方ない。利があるだけマシと思おう。
8:04 「0.99275」 成行で売り。
+0.00071(+0.072%)


--------------------------------------------------------------------------

最後までお読みくださりありがとうございます。
今回の記事は参考になりましたか?
当ブログの順位の確認、または他の「人気」ブログの検索は下記ボタンからどうぞ。
※ボタンをクリックすると当ブログに「投票」したことになります。(笑)
                         まるてん

↓ 「オリジナル手法」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「為替・FX」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「金融・投資」カテゴリのランキングはコチラから

ドル高の流れ(補足)

さっきの雑感で書いた『ドル高の流れ』について補足というか注意事項。

ほとんどの通貨に対して米ドル(USD)は強くなり始めているが、唯一NZドル(NZD)についてはまだ確定していない。ここが目先の天井(NZD/USD)となる可能性もないことはないが、もう一段高の可能性もあり。米ドルに対して売るのはNZドル以外が無難。


--------------------------------------------------------------------------

最後までお読みくださりありがとうございます。
今回の記事は参考になりましたか?
当ブログの順位の確認、または他の「人気」ブログの検索は下記ボタンからどうぞ。
※ボタンをクリックすると当ブログに「投票」したことになります。(笑)
                         まるてん

↓ 「オリジナル手法」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「為替・FX」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「金融・投資」カテゴリのランキングはコチラから

ドル高の流れ

夜の間に重要な指標の発表があったらしい。実はその内容はまだ知らない。ただ各種チャートを確認して感じたのは、当面米ドル(USD)高の流れが確定的になったのだろうということ。

一度米ドル高に振れた後、急速に切り返して米ドル安に。これで一度確定的かと思わせた。
※実はここまでの動きは夜中にチャート確認して知っていた。珍しく夜中にバタバタやっていた。これはまた別項で。

朝起きて再度確認すると、さらに切り返して米ドル高に振れている。そして今は安定した状態に。まずこれで間違いなく米ドル高の流れができたと思われる。


--------------------------------------------------------------------------

最後までお読みくださりありがとうございます。
今回の記事は参考になりましたか?
当ブログの順位の確認、または他の「人気」ブログの検索は下記ボタンからどうぞ。
※ボタンをクリックすると当ブログに「投票」したことになります。(笑)
                         まるてん

↓ 「オリジナル手法」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「為替・FX」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「金融・投資」カテゴリのランキングはコチラから

リンク集
記事ランキング
<< 2015年12月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
プロフィール
『ましたんワールド』で会いましょう!さんの画像
『ましたんワールド』で会いましょう!
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。