記事が参考になったら「いいね!」をよろしくお願いします。m(_ _)m
カテゴリアーカイブ
検索
ファン

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2015年12月16日

主観は入り乱れる

先ほどNZD/CADの売りを選択したが、実は通貨ペアの選定にあたってNZD/CADの売りにするか、AUD/NZDの買いにするか悩んでいた。要は、今までNZドル(NZD)に比べて対米ドル(USD)で売られ過ぎていたのは、加ドル(CAD)と豪ドル(AUD)のどちらなのか、ということになる。

日柄でいえば圧倒的に加ドルなのだが、直近で見ると豪ドルも程よく売られている。じゃあ、直接比べてみればいいじゃん、ということでAUD/CADのチャートを見ると、ものの見事に「往って来い」の往来相場となっており、足元ベースでは豪ドルが売られている。

直近でAUD/CADを仕掛けているのでよくわかっているのだが、昨日手仕舞った後、再度の高値トライに失敗して転がり落ちている。なのである意味売られ過ぎなのは豪ドルの方なのだが、ここに主観が入ってくる。

実は1時間足ベースで最近の2回のAUD/USDの下落は、AUD/CADの天井つかえと足並みを揃えているのだ。そしてけっこう下がるもんだから、豪ドルの買いに対して「それはないだろう」的な先入観を持つようになってしまったのだ。人はより直近の経験に影響を受けやすい動物である。

どちらかと言えばNZD/CADの売りよりはAUD/NZDの買いの方を選ぶべきなのであるが、主観による判断のためNZD/CADの売りを選択してしまった。

そうこうするうちに、NZドルの切り返しが入ってきた。前回の仕掛けのストップはめちゃくちゃ近かったが、今回は昨日の高値に設定してあるので緊迫感はない。しかしAUD/CADも上がってきたので、ちょっとよろしくない。


--------------------------------------------------------------------------

最後までお読みくださりありがとうございます。
今回の記事は参考になりましたか?
当ブログの順位の確認、または他の「人気」ブログの検索は下記ボタンからどうぞ。
※ボタンをクリックすると当ブログに「投票」したことになります。(笑)
                         まるてん

↓ 「オリジナル手法」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「為替・FX」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「金融・投資」カテゴリのランキングはコチラから

NZD/CAD 売り

実は昨日仕掛けて失敗したトレードがある。失敗(という表現が妥当かどうかは置いといて)の原因は明白。いつものことではあるが、フライングである。これは性癖に近いので、自己規律が大切だと痛感する。

さて実際の売買であるが、NZD/CADの売りである。結果から先に記載しておくと
2015/12/15 12:12 「0.93017」 成行の売り注文約定。
2015/12/15 14:24 「0.93271」 逆指の買い注文ヒット。
△0.00254(△0.273%)

昨日の朝の段階で、NZD/USDが1時間足ベースで、三度目の大きなトライをして失敗した感じの状況だった。その後、押し目を完了して再度トライ、目先高値更新してからのプライスアクションを観察していたら、すぐに反落。その後も大きく抜けていく様子はなく、高値を更新しても下げを繰り返していたので、「これは!」と思い始めた。5分足で上昇トレンドラインをちょろっと割ったので仕掛けてしまった。1時間足ベースでの仕掛けなので、エントリーはもう少しゆっくりと「確認」してから行うべきであった。

NZD/USDでなくNZD/CADなのは、米ドル(USD)の反転上昇に遭っても、加ドル(CAD)の方がNZドル(NZD)よりも「売り飽き」の状態にあるので耐性が強いと踏んだため。

結果は、NZD/USDが「無事」高値更新を続けて、NZD/CADもあえなく玉砕した次第。以前書いたことがあるが、間違った仕掛けの時に利益を上げることは自分にとってマイナスに働くので、損失に終わって良かったと思う。ことにしておこう。


筆者が見ていた時間帯はNZドルが強張ったままだったが、朝明けてチャートを確認すると、ほらやっぱりね!ちゃんと下げてるんだよね。(笑) 筆者の仕掛けをシグナルにして、ストップをかなり広めにとったら、けっこうな確率で勝てる気がする。(笑) ただ勝率だけ良くても仕方ないのでやらないけどね。

ということで、NZドルの強勢が思ったより強くないことを考慮して、NZD/CADの再エントリーを検討した。NZドルが一方的に全通貨に対して強いようではない。米ドルがユーロ(EUR)や英ポンド(GBP)、日本円(JPY)に対して売られていた状況も一服したようで、ここから一気に売られるチャートではなさそう。よってNZD/USDのさらなる高値追いの展開も想定しづらい。USD/CADもこのあたりで調整しそうな雰囲気。ということで、NZD/CADのここからの売り仕掛けはさほど悪くないと思われる。

9:50 「0.92803」 成行の売り注文約定。
今度はどうなるか。


--------------------------------------------------------------------------

最後までお読みくださりありがとうございます。
今回の記事は参考になりましたか?
当ブログの順位の確認、または他の「人気」ブログの検索は下記ボタンからどうぞ。
※ボタンをクリックすると当ブログに「投票」したことになります。(笑)
                         まるてん

↓ 「オリジナル手法」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「為替・FX」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「金融・投資」カテゴリのランキングはコチラから

リンク集
記事ランキング
<< 2015年12月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
プロフィール
『ましたんワールド』で会いましょう!さんの画像
『ましたんワールド』で会いましょう!
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。