記事が参考になったら「いいね!」をよろしくお願いします。m(_ _)m
カテゴリアーカイブ
検索
ファン

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2016年10月02日

本日の大商い4 買っちゃいました、上場初値! 〜G−FACTORYの買い〜

さて次なる銘柄は本日上場のG−FACTORY(3474)。

買い人気が旺盛でなかなか初値がつかない。今日は早めにトレードが終わっていたのでこちらを見る余裕があった。

シルバーエッグ・テクノロジーやチェンジのように上場してすぐは人気化してボラティリティが高くなる確率が通常より高くなることに気づいたので、この銘柄も目をつけていた。

事前にちょっとお勉強して、IPO銘柄は公募価格で買えなくてもセカンダリーでチャンスがあることを知った。
※でもそれってデイトレードの視点では無かったんだよね。

『ましたんリーチ』銘柄の売買記録からも分かるように、筆者はいつもなら始値で買ったり売ったりすることはまずしない。機械的に注文することにどうしても抵抗があるからだ。

なのに今回に限って寄付き成行で買うことにした。
※正確には成行注文ができないシステムだったのでかなり高い値段での指値注文。

この時点でもう結果は想像できる。(笑)


一応その時に自分を納得させた根拠は以下のとおり。

・公募価格より高めの初値となり人気はある
・寄付きは160,000株程度になりそうだったが、公募150,000株、売出69,000株なので、公募で手に入れた株主の相当数が寄付き利益確定しようとしている→もう売りたい人はそんなにいない
・寄り付いた後に残る指値注文は、買いがかなりの数(詳しくは忘れた)が残るのに対し売りはほとんどない→潜在的な買い需要が強い

とまあ付け焼き刃の考えで自己を正当化させた。


そして寄付き。

2016/09/30 10:46 「5,000」

ストップは比較的買い板があった「4,900」。

寄ってすぐに「5,010」をつけたけれどすぐに下り始めた。

えっえっえっ!?

「4,900」にタッチしたが売る準備をしてなかったので(甘いね)慌てているうちに反発に転じ一時「5,020」をつけた。

これで上昇モードに入ったかと思いきや、二度とその値段を目にすることは無かった。

また下げ始めた。これはダメだ!

さすがにヤバイと感じてすぐに売り注文を出した。

2016/09/30 10:46 「4,910」
(△90、△0.90R)

自信があったわけでは無かったのでポジションサイズを通常の半分にしておいたのが不幸中の幸いだった。

「4,860」をつけて再度持ち直した時は「5,020」抜けで再参入を考えていたが、ついぞその機会は訪れなかった。結局ほぼ終日下げ続け一時は20%の下落率だった。

あなおそろしや〜。

やはり始値(特に今回は初値)がついて初めて行動を起こす(注文を出す)人も相当数いるのが分かった。やっぱり寄り成りは厳しいね。

3474-20160930.PNG

--------------------------------------------------------------------------

↓ クリックしてくれたら喜びます!
がんばって記事を更新します。(^o^)/
                 まるてん
【株式】

2016年10月01日

本日の大商い3 〜シルバーエッグ・テクノロジーの買い2〜

次はまたまたシルバーエッグ・テクノロジー(3961)。

さっきの高値からオープニング安値を割って売られたが前日終値までに反発に転じて再度高値をうかがう展開になっていた。

一度跳ね返されてレンジ中ほどまで下押す。再び上昇基調に。

高値は「4,190」だがキリのいい「4,200」に厚い売り板がある。ここを抜くかどうかがカギか。

食われだした。そろそろか。

2016/09/30 9:53 「4,205」

ちょっと遅かったようだ。ストップは始値の下「4,010」

抜いて「4,255」をつけたが一気に加速する勢いではない。ここで戻すとイヤな展開になりそう。仕切ろう。

2016/09/30 9:54 「4,230」
(+25、+0.13R)

その後さっきまでの高値を割り込んだものの再度上伸していったのは仕方ない。

3961-20160930.PNG

--------------------------------------------------------------------------

↓ クリックしてくれたら喜びます!
がんばって記事を更新します。(^o^)/
                 まるてん
【株式】

本日の大商い2 〜チェンジの買い〜

お次はチェンジ(3962)。

これもIPO銘柄。初日こそイマイチ人気が出なかったが、二日目は同じ日に上場したシルバーエッグ・テクノロジーの影響を受けたのかストップ高に。

こちらは本日大幅ギャップアップの高寄りで始まったが売れない銘柄だ。とりあえずスルーしておいたら復活してきた。

買えるかな。でもストップ高まであんまり値幅ないんだよね。

まあ買おう。勢いありそうだし。

オープニング高値は「4,415」だったが「4,400」の売り板が厚くなっていたのでこれを抜く時に買った。

2016/09/30 9:38 「4,400」

ストップは始値の下「4,265」。

高値を抜いたもののアヤ押し。ストップ高は目前だ、頑張れ!

抜けた。いくか?

いった。ストップ高「4,480」をつける。

しかし下押す。弱いか?

ストップ高の買い気配で手仕舞うつもりだったが仕方ない。

2016/09/30 9:43 「4,450」
(+50、+0.37R)

よく考えたらストップ高の1ティックにこだわることはなかった。一つ手前の「4,475」に指値入れとけば良かったんだ。間抜けだな。

3962-20160930.PNG

--------------------------------------------------------------------------

↓ クリックしてくれたら喜びます!
がんばって記事を更新します。(^o^)/
                 まるてん
【株式】

本日の大商い1 〜シルバーエッグ・テクノロジーの買い〜

今日は久々に何回もトレードをした。

まずはIPO銘柄のシルバーエッグ・テクノロジー(3961)。上場初日から二日連続でストップ高となるほど人気化している。

今日は小幅ギャップアップの高寄りだった。この銘柄は上場間もないにもかかわらずSBI証券では売ることができるのだが、以前書いたように高ボラティリティ銘柄は売りだけでなく買いもいけるので、どちらかと言うと買い目線で見ていた。

寄り後一本陰線をつけたもののすぐに切り返してきた。やはりまだ買い意欲が旺盛のようだ。

寄ってすぐの高値を抜いたが「4,100」にちょっと厚い売り板があって跳ね返された。ちょうど良いアヤ押しが入った。これを抜く時に買おうと思ったが勢いがあるのでそのまま突き抜けそうに感じたので再度上がり始めてすぐに買った。

2016/09/30 9:11 「4,090」

ストップは始値の下「4,010」

すぐに上がったのでまず半分利確。

2016/09/30 9:11 「4,140」
(+50、+0.63R)

残りは様子見だけど勢い無くなったらすぐに手仕舞う準備。

「4,175」つけてから鈍くなった。撤収。

2016/09/30 9:13 「4,150」
(+60、+0.75R)

朝一番で幸先の良いスタートだった。

3961-20160930.PNG

--------------------------------------------------------------------------

↓ クリックしてくれたら喜びます!
がんばって記事を更新します。(^o^)/
                 まるてん
【株式】

2016年09月29日

アイランドリバーサル!? 〜LINEの売り〜

昨日上場来高値を更新したものの勢いが持続しなかったLINE(3938)。今日もう一度高値トライする可能性を考慮して監視銘柄に入れていた。

寄り付いてみれば、ありゃまギャップダウンで「5,000」の節目を始値(「4,980」)で割っている。その後の下げは反発でかわしたけれど高値が「4,990」で窓を埋めることはできなかったようだ。

これってアイランドリバーサル!?

ギャップの値幅が狭いのと、昨日の出来高がそこまで激増してないからそこまでの焦りは無いか。


他の銘柄を見ている間に再度下げに転じ、オープニング安値「4,930」を割って「4,915」をつけたところでチャートに気づいた。

どうしよう。これって弱いよね。

「5,000」に厚い売り板が控えているし、今ちょっと戻ってるのでブレイクする時の値段で売れる。

いこうか。

2016/09/29 9:38 「4,930」

ストップは「5,010」

待て待て。割ったのにすぐ落ちて行かないということは、目先レンジ内に戻って保合になる確率が高いんじゃない?

そうだった。そうだよね。忘れてた。

昨日の場味が今日も引き継がれている感じがしたのと、相変わらず場に出ている注文が買いよりも売りの方が圧倒的に多い状況からある程度の時間待つ覚悟をした。

戻りは「4,950」までだった。

ようやく下げに転じ始めてくれた。

ただし『真空斬り』ではないので勢いがない可能性があるのと、前々日の引け前につけた押し目底「4,895」がサポートラインとして意識されることは頭に刻みこんでおいた。

「4,915」割った!
「4,895」つけた!

でも止まった。

動きが遅くなった。板の状況を見て決めよう。

売る気無さそう。撤収。

2016/09/29 10:21 「4,910」
(+20、+0.25R)

3938-20160929.PNG


--------------------------------------------------------------------------

↓ クリックしてくれたら喜びます!
がんばって記事を更新します。(^o^)/
                 まるてん
【株式】

2016年09月28日

欲に目がくらんだ結果・・・ 〜LINEの買い〜

昨日仕掛けたLINE(3938)。いきなりギャップアップで上場来高値を抜いて始まりそうだ。

今日は他にも目ぼしい銘柄がいくつかあったのだが、昨日からの流れもあるし「LINE、君に決めた!」。


上場来高値を寄付きで抜くことも一応想定していたので、その後のシナリオも考えてあった。

すぐに前日の価格帯に戻るようならパス。

寄り後すぐに上伸したら、一度売られるのを待って始値近辺まででサポートされれば、再度の上伸時に買いエントリー。


さて現時点で始値「5,080」、オープニングの高値「5,150」、安値「5,050」、昨日までの上場来高値「5,000」、前日高値「4,990」、前日終値「4,935」というシチュエーションとなった。

おそらくこの後再び買われていく。でなければそのまま落ちていくだろう。

「5,050」をつけた後の切り返しが速い。これは勢いありそうだ。「5,150」抜く手前のエントリーの方がいいかも。

ヨシ行け!

2016/09/28 9:12 「5,130」

ストップは「5,040」。

いい感じで買われていく。「5,150」も抜いた。押しもアヤ押し程度で上伸を続ける。高値「5,230」をつける。


「5,230」をつけた。つけたけど「5,120」まで押されてしまった。

あれっ、「5,230」なら1Rあるじゃん!?

しまった。半分でも利確しておけば良かった・・・。

シンバイオ製薬の時はちゃんと利食いのタイミングまで考えていたのに。

しかも今回は1Rも値幅があったのに。

なぜだ!?


そうか昨日利食いが理想的じゃなかったからか。シナリオ通りに動いていったのに取り損なったのが影響しているな。

今回、「上に行くだろう」だったのが「上に行くに違いない」、いや「上に行くべきだ」と段々考え方がエスカレートして自分に都合の良い解釈に変わっている。

状況としてはシンバイオ製薬と一緒なので、一気に値が飛ばないなら一度撤退すべきだった。


これに気づいたのが「5,150」近辺で取引されていた頃。後から見ると戻りいっぱいで売られ始めたところだ。

我ながらここが弱い。ここで撤退できない。なまじ相場観が当たっていただけに現状を受け入れることができない。

「もう一度、もう一度チャンスがあるはず。あってくれ〜!」

しかしそんなものあるはずがない。

そのまま始値も割り込み安値の一歩手前まで売り込まれた。

とりあえずここで反発してくれた。そういう場所というのは一応分かっている。

さてこれからどうするか。


最近買い方向で参入しているが、元々の売り方の視点で見てみよう。

・前日長い陽線で「買われた」
・寄付きギャップアップの高寄り
・上場来高値更新
・寄付きから買われて上伸
・勢い持続せず始値安値近辺まで押し戻される

おおっ、ほとんど『真空斬り』のセットアップじゃないか!

では安値を割ったら売りか?


いや待てよ。

『真空斬り』のセットアップとほとんど一緒ではあるが、大事なところが違う。

・前日ストップ高かそれに近い上昇幅まで買われていない
・当日のギャップアップも小幅、真空地帯が狭い
・前日までの上場来高値がサポートとして強く意識されそう


ということは、目先「5,050」を割っても「5,000」で跳ね返される可能性が大いにある。実際「5,000」には厚い買い板が出来上がっている。大きく売られるとしたらそこを割ってからか。

となると今現在のストップ「5,040」のままだと、損切りした後反転してしまう一番イヤなパターンになってしまう。

どうしよう!?


ストップの水準を下げると実際損切りした時の金額が大きくなってしまう。それはいただけない。それなら最初からそのストップの水準でサイズを計算するべきだ。

じゃあどうする。

仕方ない。半分今の価格で仕切るか。そうすればトータル損失金額は当初の予定通りで、半分のロットにはなるけど「4,995」まで耐えることができる。

2016/09/28 9:57 「5,100」
(+△30、△0.33R)

ストップ変更。


あ〜下がっていく。

「5,040」つけた。

勢いは!?

無さそうだね。

「5,030」つけて反転。買いの勢いも無いが、とりあえず最悪の事態だけは避けられたようだ。

低位置で幅の狭いレンジ相場が続く。

見てるだけで気疲れする。

こういう状態の相場を見続けなくてもいいように、速攻で利食い損切りするスキャルピング的なデイトレードの方が精神的にはいいようだ。


とりあえずレンジは上に抜けたがまた一進一退。

後場が寄っても状況は変わらず。

「5,000」をサポートに買い板も厚くなってきたけど、それ以上に売り板がひしめいている。

厚い、厚すぎる。

場に出ている板の総数が買いより売りの方が多い。通常は買ってから売るので買い注文の方が多いのがスタンダードなのだが、よほどみんな手放したいのか。

もう付き合ってられない。

2016/09/28 12:51 「5,100」
(+△30、△0.33R)

結局さっきと同値か。

評価益を出しながら損失で終わる。最低なトレードだ。

「尻尾」を望まなければ良かったのに。欲が招いた失態だ。

手仕舞った後にすぐレンジを上に抜くのはいつものことか。でもかえって良かったかも。もし持ってたら「高値よもう一度!」という思いが強くなってその後の下落で仕切れなかったかもしれない。

しかし、つくづく「上場来」というのは合わないらしい。実態以上に特別視してしまうからだろうか。

3938-20160928.PNG

--------------------------------------------------------------------------

↓ クリックしてくれたら喜びます!
がんばって記事を更新します。(^o^)/
                 まるてん
【株式】

2016年09月27日

戦略は良かったけれど戦術が・・・ 〜LINEの買い〜

今日の銘柄はLINE(3938)。

これはストップ高銘柄ではない。昨日チャートを見つくろって、ストップ高に準じた値動きの銘柄を探しておいたうちの一つである。

他の銘柄と違ってLINEは非常に興味のある値位置だったので寄付きからチェックしていた。

さて何に興味惹かれていたかというと、上場初日の値段である。

LINEは上場初値が「4,900」で、その後高値「5,000」を買われた後見事に急落して初日買いをした人たちに悲哀をもたらした。

翌日以降も売られがちな展開の中安値「3,780」をつけた後は戻り歩調に転じたが、8月半ばに高値更新を意識する前に失墜

その後は大きく下がることなくレンジ相場を形成して今回再び高値更新の機会をうかがっている。


8月の戻り高値が「4,820」で昨日の高値が「4,800」。そして厚い売り板が「4,800」に横たわっている。

寄付きから高く始まるかと思いきや意外にも安寄り。しかしすぐに買われ始める。この時間帯ではまだ手が出せないな。「4,800」厚いし一度跳ね返されるよね。

と思っていたら27,700株を一度に誰かが買ってった。その前についてるの100株だよ。桁が違い過ぎるよ。

何もできずに見守るだけだったが、この時は「4,820」で押し戻された。


押し目を形成して再度トライか、と予想していたら意外にも始値を割るところまで売られてしまった。

今日は違うのか?

しばし様子見。


始値を割ったものの安値を割り込まなかったので持ち直した。高値まで戻ってくるかな。

レンジ中間VWAP近辺で長らく保合を続けた後、10時過ぎてようやく上に動意づいてきた。さっき「4,800」の厚い売り板が無くなったのにさっきよりも厚くなっている。

トリガーは「4,820」じゃなく「4,800」かな。

「4,800」食われ始めた。

あっ、また25,000株なんて買っちゃって。

急げ!

2016/09/27 10:02 「4,810」

ストップは安値の下「4,700」。ここまで見なくてもいいんだろうけど。


節目節目で厚い売り板があるんだよね。「4,850」「4,900」「5,000」とか。

そこまで勢いがあるとは思ってないのでスキャルピングするつもりはない。上場初値と高値を抜く時の上昇波に乗れればいいんだけどね。

ジリジリ上がっていく。

「4,850」抜いた。けど勢いは無い。

とりあえず半分利確しておこう。ゆっくり観戦するためにも。

2016/09/27 10:13 「4,850」
(+40、+0.36R)

残りの半分はちょっと厚めの買い板の下の「4,835」でプロテクトしよう。


「4,855」「4,860」「4,875」と高値を徐々に切り上げてはいるものの、出来高は逆に減ってきている。危険な兆候だ。

潮時か?

2016/09/27 10:32 「4,865」
(+55、+0.50R)

売って1分もしないうちに動意づいて上値を買い始めた。なんて絶妙のタイミングなんだ。(泣)

プロテクトしてるんだから放ったらかしにしておけば良かった。

3938-20160927.PNG

その後上場初値は抜いたものの高値更新はお預けとなった。明日も注目だね。

でも寄付きギャップアップで抜いたらやだな。


--------------------------------------------------------------------------

↓ クリックしてくれたら喜びます!
がんばって記事を更新します。(^o^)/
                 まるてん
【株式】

2016年09月26日

意識してスキャる2 〜シンバイオ製薬の買い〜

今日の銘柄は先週末ストップ高まで買われたシンバイオ製薬(4582)。

ギャップアップの高寄りで『真空斬り』の対象となったものの、在庫なしで信用売りの受付不可とのこと。

売れないものは仕方ないのでとりあえず対象から外した。


チャートをよく見ると、寄ってすぐの1分間は売られたが、そのまま切り返して始値を抜いている。

ん?

これって強い?


『真空斬り』の対象となる銘柄は必ずしも弱いと決まっているわけではない。高値で出来高が膨らみ、そこから下げて買い玉がしこってしまいそれらが因果玉となることによって次の下げのエネルギーを蓄えるという構図である。

逆の見方をすれば、そのまま買われたら一気に連続ストップ高になる可能性も秘めている。要はボラティリティが非常に高くなることが想定される銘柄ということになる。

サポートラインを割った後、意外に下げず大きく切り返すことがよくあるのはそれが原因だ。


さて今始値を切り返した段階で板を見ると、「380」に100,000株以上のとびきり厚い売り板が目立っている。始値を抜いた割に一気に値が跳ばないのはこれのせいか。

ということは、オープンして間もない今の時間帯を考慮すると、これを抜きにいく確率が高そうな気がする。

ただし抜いた後一気に値が飛ぶかどうかは微妙なので、「380」で買うと値幅があまり取れないかもしれない。だとしたら始値を抜いて勢いが持続している今買った方がいいか。

では。

2016/09/26 9:23 「377」

ストップは寄付き安値「360」の下。

さあどうだろう。


「380」抜いた。でもすぐには跳ねない。若干下押しするもジリジリ上げる。

次は「390」にも厚い売り板があるんだよね。あまり勢いが無いようだとすぐに離脱の準備が必要。


長めの陽線。「390」つけた!

一気に抜、かないね。

撤収。

2016/09/26 9:27 「387」
(+10、+0.56R)

4582-20160926.PNG

信用の買いは余計なHYPER料とか無いから気が楽だ。

--------------------------------------------------------------------------

↓ クリックしてくれたらうれしいです!
記事更新の励みになります。(^o^)/
                 まるてん
【株式】

2016年09月23日

スリッページの悪夢。建値にこだわるとろくな事にならない 〜日本メディカルネットコミュニケーションズの売り〜

今日の銘柄は日本メディカルネットコミュニケーションズ(3645)。

前日ストップ高で寄り付いて瞬間下げたもののその後は終日張り付き。今日は安寄りだったが始値が前日安値に近かったので監視銘柄に。

前日安値を割ることなく上昇を始め、そのまま前日終値もぶち抜いていった。このまま上げればサヨナラだがどうなるか。

買い気続かず落ちてきた。引き続き監視することに。


安値「503」始値「505」で、一度「505」に突っ込んで反発。もう一度突っ込む「508」。

次の反発も勢いは無い。前日終値「525」とVWAPに頭を押さえられそう。

落ちてきた。準備準備。

今回はちょっとサイズが大きい。筆者のオーダー+アルファ(誰か)でブレイクできそうだな。


「505」ついた。ヨシ!

2016/09/23 9:39 「497.1」

なんだこれ?

こんなにスベったの!?

ひえ〜っ。

「496」まで売られたがすぐに「507」まで戻す。

いきなりマイナス発進か。orz


すぐに「494」まで突っ込んだ。この値段じゃ何もできないな。

建値にこだわっちゃダメなのにこだわり始めている。エントリーポイントの「504」ベースで考えろ!


出来高が増えないのが気に掛っていたが案の定反発し始めた。

でも強くはないね。さっきの「507」止まりだ。

ここはガマンでいいんじゃない。今は買い方の方がつらいはず。時間はこちらに味方している。今のところは。


徐々に崩れてきた。行きそう。

行った!
「492」

ん?

下がんないね。とりあえず半分利確しておくか。

2016/09/23 10:35 「494」

指値をしたら10分の1しか成立しない。いつもはすぐつくのに。
※強さの裏返しだね。

さっきの「499」まで戻したな。これはちょっと危ないぞ。普通なら全玉離脱してるな。

でもなぜかホールド。だって今仕切るとマイナスで終わっちゃうんだもん。

バカだねー。こっちの都合は関係ないのに。


始値「505」抜いた。これはマジでやばい。残念ながら撤退。

2016/09/23 10:47 「510」

全玉平均で「508.4」
(△11.3、△0.41R)

相場観は合ってたのに玉操作がまずかったので損失計上。最初のスリッページは仕方ないとしてもエグジットが建値に影響されて遅れてしまった。良くないね。

3645-20160923.PNG

--------------------------------------------------------------------------

↓ クリックしてくれたらうれしいです!
記事更新の励みになります。(^o^)/
                 まるてん
【株式】

2016年09月22日

セットアップ条件に当てはまるのなら仕掛けるべき 〜環境管理センターの売り2〜

午前中フライングで失敗した環境管理センター(4657)。あの後見事にショートカバーが入って前日終値以上に買われた。

ショートカバーという表現は株式(特に貸借銘柄ではないもの)については適切ではないが、「あれよあれよ」という上げ方が非常にしっくりくるのでつい使ってしまう。

戻り高値をつけた後は見事に急落して前場が終わる。
※なかなかここは取れないね。

後場始まってもう一度持ち上がろうとするものの続かず。再度「487」をトライするか。

来た、来た。

今度は歩み値をしっかり見て、と。実際に「487」が勢いよく食われてるね。

ヨシ!

2016/09/21 12:52 「486.8」(分割約定)

ストップは直近高値の上「504」。

約定が「487」と「486」に分かれた。値段的には下になってしまうが、タイミング的には一番いいところを押さえることができた。

今度は下がってくれたね。


ちょっと陰線の長さが短くなってきたので、半分はしっかりと利確しておこう。

2016/09/21 12:56 「476」
(+10.8、0.63R)

また伸びた。でも勢いは鈍ってきている。チャートだけ見てると「1R」あるんだけど値洗いがそこまで良くないのはHYPER料のせいか。仕方ない。

2016/09/21 12:59 「473」
(+13.8、0.80R)

午前のマイナスよりR倍率はいいんだけどHYPER料等のコストが考慮されていないのでトータルでマイナスになってしまっている。う〜ん、数字のマジックだ。(笑)

4657-20160921.PNG

--------------------------------------------------------------------------

↓ クリックしてくれたらうれしいです!
記事更新の励みになります。(^o^)/
                 まるてん
【株式】
リンク集
記事ランキング
<< 2020年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
プロフィール
『ましたんワールド』で会いましょう!さんの画像
『ましたんワールド』で会いましょう!
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。