記事が参考になったら「いいね!」をよろしくお願いします。m(_ _)m
カテゴリアーカイブ
検索
ファン

2016年10月07日

ポンド波乱。棚ぼたはしっかり手に入れておこう・・・ 〜GBP/JPYの売り〜

朝方トレードの準備が一通り完了して、そろそろ次の動きが出てきそうだった為替の雑感でも書こうかなと思っていたら、急にもよおしてトイレに行った。

トイレから戻って為替のチャートを見ると・・・

!?

なんじゃこりゃー!

英ポンド(GBP)が急落しているではないか。

ちょっと待て、さっきは何ともなかったよね?

何がどうなった。こんな時間にこんなに動くか!?


そうだ、出しっぱなしの逆指しの注文どうなってる?

まさかおそろしいほどのスリッページ計上か?

急いで確認。

「129.600」のポンド円(GBP/JPY)の売り注文。

2016/10/07 8:07 「129.585」

良かった大丈夫だ。おっ、すごい利が乗ってる!

でも急反発が始まってきている。どうする?


実は雑感に書こうとしていたのは、そろそろポンド円が下に行くんじゃないかという内容だった。しかも筆者としては珍しく日足ベースで考えた日足ベースでの仕掛けだった。

これが影響してその時の利食いを躊躇させた。

日足なんだから今レンジブレイクでトレンドが発生したんだったらまだまだ様子見だよね。でもこれだけ下がってるんだからストップオーダーは下げてプロテクトはしておこう。

というわけで当初のストップ「132.500」を「129.000」に引き上げた下げた。


今回いろいろな面が裏目に出ていた。

まず取引会社がDMM.com証券だったので、取引単位が「10,000」通貨単位の最低ロット「10,000」ポンドだったこと。これによりいい水準での半分利確という技が使えなかった。

もちろん他にも取引会社はあるのでヒロセ通商あたりで「5,000」ポンド新規に買うということもできるにはできた。

でも人間ってめんどくさいことってホントしないんだよね。人が面倒だと思うことをすることが相場も含めたビジネスの基本なのにね。

面倒だからログインもしてないもんね。


次にメインで見ている為替のチャート。いつもOANDAのMT4に9つのチャートを同時表示して各通貨ペアの様子を観察しているのだが、なぜかその時間帯ユーロポンド(EUR/GBP)とポンド円のデータが止まって更新されていなかったのだ。

筆者の家の通信環境のせいで全体が止まることはそこそこあるのだが、さすがにこういったケースは初めてだ。

1分足で反転上昇パターンが出れば買い戻そうかとも思ったのだがこれではよく分からない。


そうこうするうちにスルスル上がっていってしまった。

2016/10/07 8:17 「129.038」
(+0.547、+0.19R)

なんだろう、この虚しさは・・・。全然うれしくない。orz

瞬間的に「1.80R」まであったのにね。


そう言えば話がちょっとそれるが各取引会社の最安値のレートが全然違っていた。

DMM.com証券・・・「124.344」
ヒロセ通商・・・「118.975」
楽天証券(FXCMから移管)・・・「127.910」
※askベース

ここまで違う?

一応念のためチャートの画像を貼付しておこう。

〔DMM.com証券〕
GBPJPY20161007DMM.PNG

〔ヒロセ通商〕
GBPJPY20161007LION.png

〔楽天証券〕
GBPJPY20161007RAKUTEN.png

もしホントにこれらのレートが同時に提示されていたら、滅多にない純粋な為替のアービトラージ(裁定取引)ができてたことになるね。やってた人いるのかな?

※なんか楽天だけ時間が違う。同じ時間帯だともっと高い値段になる!?


話を元に戻そう。

今回のポンド円の筆者の下落予想の根拠というか前提は、実は円の全面高が起きると思っていたのだ。しかし実際に起きたのはポンドの全面安だった。

ということは筆者のシナリオは少なくともその時点では間違っていた。それにもかかわらず結果的にポンド円は下落して多大な利益を計上していた。

これを何と言う?

そう「棚からぼたもち」だ。

こんな時どうするべきか?

サッサと懐に入れる。

そう、これができれば良かったのだ。


なぜできないかって?

それはそういう可能性を想定していないから対応できないんだよね。今度から気をつけよう。


--------------------------------------------------------------------------

↓ クリックしてくれたら喜びます!
がんばって記事を更新します。(^o^)/
                 まるてん
【株式】

2016年09月01日

下手な利食い 〜GBP/JPYの売り〜

最近再び為替の記事を書くようになって為替のチャートをよく見るようになった。

前回のドル円(USD/JPY)は手が出せずじまいだったが、今回は筆者の好きなチャートパターンになってきたので仕掛けることにした。対象通貨ペアはポンド円(GBP/JPY)。

今までの経験上なんとなくではあるがオセアニアタイムに天井や底をつけるような気がしている。まあそれだけの根拠でトレードするわけではないが。


今メインのFXCM証券の口座が楽天FXに統合する関係で資金が変に分散してしまった状態になっている。

筆者にとって一番使い勝手がいいのがFXCMなのでまだ楽天に資金移動していない。というよりはFXCMなき後はDMM.com証券がメインになるかもしれない。取引単位が「10,000」通貨以上なので若干使いづらいのだが、クロスカレンシーのスプレッドを考慮すると楽天やヒロセ通商より良さそげなのだ。

というわけで今は過渡期のため三社で並行して仕掛けることになった。

まずヒロセ通商。

2016/09/01 7:53 「135.824」

続けてFXCM。

2016/09/01 7:53 「135.806」

この時点で今朝早くチャートに気づいた時より戻していたので値段としてはいいところを売れたことになる。

戻りいっぱいを確認してから仕掛けているつもりなのだが、相変わらず戻り売りのタイミング取りは下手くそだ。(笑)

今度こそ下げでしょう。DMMで最後のロット。

2016/09/01 8:00 「135.802」

ストップは高値よりちょっと余裕を持たせて「136.100」。

上がる気配はないけれど、さりとてすぐに下げるわけでもなし。ドル円ガラッと崩れないかな。(笑)


おっ、ようやく崩れ始めたかな。あれっ、でも戻っちゃう。ダマシ?

ここは踏ん張りどころ。まだチャートパターンは崩れてない。

二度目の下げがきた。これはどうだ!?

いい感じで陰線を引いている。短期売買なので一部はしっかり利確しておこう。

まずはDMM。

2016/09/01 9:03 「135.648」
(+0.154、+0.52R)

まだちょっと早い気はするんだけどね。

ここまで下げたらしっかりとプロテクト。「135.705」まで下げる。目先の高値だけど、気持ちはこの値幅でトレイルするつもり。


するつもりだったんだけどね。株式市場が始まったのでそっちを見てたら「135.552」をつけた後急速に値を戻し始めていた。

しまったなあ、これだったら「135.630」くらいで仕切れてたのに。見てなかったんだから仕方ない。

勢いありそうだからプロテクトすぐつくな。先にヒロセを仕切っとこう。

2016/09/01 9:23 「135.683」
(+0.141、+0.51R)

ここで冷静になってFXCMのポジションだけは建値近辺まで様子見すればその後の下げをなんとか取れてたのだが、まだできてないね。

FXCMのストップがそのままヒット。

2016/09/01 9:23 「135.709」
(+0.097、+0.33R)

GBPJPY20160901.png

--------------------------------------------------------------------------

↓ クリックしてくれたらうれしいです!
記事更新の励みになります。(^o^)/
                 まるてん
【株式】

2016年08月25日

久々の為替、しかも長め 〜EUR/GBPの売り〜

これも昨日のトレード。とは言っても仕掛けたのはちょっと前になる。

今月初頭に書いた為替の雑感『円高最終局面!?』で、要となる通貨として英ポンド(GBP)を挙げた。その中でも特にポンド円(GBP/JPY)の動きがドル円(USD/JPY)にとっても大きな意味を持つと。

ドル円はなかなか微妙な局面が続いているが、ポンド円は一足先に落ち着きを見せている。あくまでも今の段階では。

このままポンド円が強張ればドル円もしのげそうなんだけどね。ちなみに日本国債(JGB)のチャートはあれから戻せていない。ということは・・・。

JGB20160825.PNG


というわけでポンドのクロスチャートをよく確認していたら取れそうなものを見つけた。ユーロポンド(EUR/GBP)の売りである。

筆者としてはめずらしく日足ベースでの判断となった。まあ日中株ばっかりで為替を見てないせいもあるのだが。


日足でエントリーしたくなるようなポイントというのは大体それより短い時間軸だと順張りになる。

という当たり前のことに仕掛けて気づいた。つまり目先の安いところを売り叩く。相変わらずである。

2016/08/18 23:21 「0.86092」

短期チャートで仕掛けてたらすぐに損切りで終わってた。相場観が当たっていても損するパターンだ。

しかし成長したというよりは、ストップのポイントが日足で決まっていたので結果的にだいぶ遠く目先のブレに惑わされることなくポジションをホールドできた。


そして昨日ようやく長い戻り(値洗い損状態)を脱して下げてきたのである。

日足での仕掛けなので利食い目標はまだまだである。そんなことは百も承知である。

でも利確してしまった。

2016/08/24 14:48 「0.85689」
(+0.00403、0.33R)

なぜ?

EURGBP20160824.png


チキン利食いではない。

15分足チャートのユーロポンドで逆に買いシグナルが点灯していたのだ。気づいたのはちょっと遅く目先反転した後のアヤ押し近辺。

そうかこういうふうに違う時間軸のチャートを使うのかと、一人悦にひたっていた筆者。

その後予想通りいったん上昇に転じた。しかしその後は・・・。

データに残したチャート(当日であればエントリーとエグジットが記載される)でも一応その後の下げが確認できるが、実はさらに「0.84850」あたりまで下げているのだ。

日足のチャートだけ見ていればいまだポジションはホールドのはずであった。

何かがおかしい。


その何かに気づいた。そして以前からの疑問にも答えがでた。

6月にチラッと言及してそのまま放ったらかしにしていたものがある。
『増担保規制銘柄を事前に知ることの優位性』

「昨日久々に為替をやって、いつもならサクッと利食いを入れるのをあえて放置して結局損切りに終わらせてしまった。でもこれで、自分の中でイマイチよく分かっていなかった部分を特定できたような気がする。それはまた別の機会にでも。」

※あれっ、特定してなかったのかな?(笑)

これの逆パターンなのだ。超目先での転換は捉えておきながら(実際今回も短期なら利食えている)、すばやく利確しないとそのまま逆に持っていかれる。

つまりさらに上の時間軸のトレンドに逆らっている場合はさっさと利食えということだ。「損小利大」の言葉だけにとらわれているといつまでたっても損切り貧乏から抜け出せない。

「損小利大」が意味を持つシステムとそうでないシステムが世の中には混在しているのだ。ざっくり言えばトレンドフォローか否か。

今一度自分が使うシステムの本質を見直すべきだな。意外なところで勉強になった。


--------------------------------------------------------------------------

↓ この情報が参考になったらクリックをお願いします。m(_ _)m
情報発信の励みになります。(^o^)/
                 まるてん
【株式】

2016年07月27日

ボチボチ為替 〜AUD/NZDの買い〜

株の寄付きが始まる前に為替を見たら良さそげなのがあったので仕掛けた。

オージーニュージー(AUD/NZD)の買い。
※豪ドル(AUD)買いのNZドル(NZD)売り

2016/07/27 8:08 「1.06344」

ストップは「1.06200」。10時半にオーストラリアの消費者物価指数が発表されるのでそれまでに決着がついてほしいな。でないと発表前のスプレッドの広がりに耐えられないかもしれない。

目先下げがダマシになった感じになっているので大丈夫だと思う。でも時間掛かりそう。

株の寄付きが始まったので利食いのオーダーも出しておこう。「1.06500」。行くとしたらもっと上値の伸びしろはありそうだが見ていられないし指標発表もあるのでまあいいか。

やはりFXCMの「TradingStation」は操作しやすいな。これくらいの操作性が「HYPER SBI」にもあればいいんだけど。

でもFXCMが消えてなくなるのは残念だ。まだ使えるけれど来月からはまず通貨ペアが減ってしまう。

今はメインが株になってきたけど、為替のセットアップの方が信頼性が高く感じるんだよね。今のところは。

まあまた考えるとしよう。

おっ、ついたようだ。さっきの途中経過は上がってたから大丈夫だろう。

2016/07/27 9:36 「1.06500」
(+0.00156、+1.08R)

指標発表後さらに急伸してるけどまあそれは仕方ない。指標がらみなので。逆にその後下げてるから早めに終わって良かったかも。

AUDNZD20160727.png

このチャートはポジションのエントリーとエグジットを表示してくれるので良かったんだよね。一応証拠になるので。しかも口座番号とかは表示されないので余計な手間ヒマかけなくて済むし。


-------------------------------------------------------------------------

最後までお読みくださりありがとうございます。
今回の記事は参考になりましたか?
当ブログへの「投票」もしくは「順位の確認」、または「他のブログの検索」は下記ボタンからどうぞ。
                         まるてん


2016年07月19日

久々の為替 〜AUD/NZDの売り〜

なんと1ヶ月ぶりだ!

仕掛けるパターンは心に決めてあったものの、時間的にチャートを見ている余裕が無かったこともあって実際の売買には至らなかった。

今日は株がとりあえず終わった後にタイミング良く為替のチャートを見たら良さそげなのがあったので仕掛けてみた。

通貨ペアはオージーニュージー(AUD/NZD)。オセアニア通貨自体すごく久しぶりだ。


2016/07/19 10:53 「1.07083」

先ほど「タイミング良く」と書いたがホントはちょっと遅かったんだよね。「1.07300」くらいで売れれば御の字だったけど仕方ない。それでもまだ間に合うかと思って仕掛けた。

すぐに下に行ってくれたものの、そこからは足止めを食らった。前の安値を意識してるね。

ウダウダと保合に入ったけれど自信があったのでそのままホールド。

徐々に下値を切り下げている割に落ちない。そうこうするうちに欧州がオープンしてしまう。ストップのラインはまだまだ上の方だがここからどんちゃん騒ぎ(ストップ狩り)には巻き込まれたくないので仕切ることにした。

2016/07/19 15:51 「1.07000」
(+0.00083、+0.12R)

今は下値模索の旅を続けてます。(泣)

AUDNZD20160719.png

--------------------------------------------------------------------------

最後までお読みくださりありがとうございます。
今回の記事は参考になりましたか?
当ブログへの「投票」もしくは「順位の確認」、または「他のブログの検索」は下記ボタンからどうぞ。
                         まるてん


2016年06月09日

やらかした!

ついにやらかしてしまった。連続記録更新ならず。しかも連チャンで失敗。

とは言っても、今日ではなく昨日のことであるが。ちょっと調子に乗りすぎたかも。

EUR/GBPの売り
EURGBP20160608.png
2016/06/08 16:41 「0.78185」
2016/06/08 16:48 「0.78300」
(△0.00115、△1.00R)

GBP/USDの売り
GBPUSD20160608.png
2016/06/08 17:13 「1.45210」
2016/06/08 17:17 「1.45300」
(△0.00090、△1.00R)


細かな内容に意味はないので詳しくは触れないが、明確な過ちが存在している。

セットアップの条件を満たしていなかったのだ。二つとも。

昨日はそんなに株に時間を取られていたわけではなかった。比較的時間に余裕があったのだが、16時前後から家庭内Wi-Fiの通信状態がおかしくなってパソコンからインターネットに接続できなくなっていた。

これはけっこうよくある現象で、大抵はパソコンのトラブルシューティングで直るのだが、たまに直らない時がある。パソコンに言わせると、無線LANのルーターがおかしいそうだが、スマホの方はちゃんと受信しているので、どう見ても悪いのはパソコンの方なのに責任転嫁をしているように思える。(笑)

ルーターのケーブルを抜き差ししたりパソコンを再起動したりで、何とかつながるようになった。この時の精神状態は良好だったはずである。

しかし今思えば、その日何も仕掛けていなかったということがちょっとしたプレッシャーになっていたのかもしれない。

「何かやらなくちゃ」

その思いがセットアップ条件を満たしていないにもかかわらず、「こうなるだろう」という希望的観測でエントリーしてしまったようだ。

なので方向的には上も下も自信というほどのものもなかった。そんな状態で最初の仕掛けが失敗に終わり、そこでやめておけば良いのに、次に手を出してしまった。

ユーロポンド(EUR/GBP)が失敗(=英ポンド弱い)した上に、元々ポンドドル(GBP/USD)が下に行きそうだという気がしていたので(この時は根拠が薄かったので仕掛けず)、サポートを割っちゃったもんだから、制御ができなくなってしまったようだ。
※これは保合の放れを狙った仕掛けではない。

ここ最近はやってなかった追っかけのエントリー。パット見戻りを売っているがそれはあくまでも目先の話、もう少し長いスパンで見た場合(セットアップの時間軸)明らかに順張りの追っかけである。

相場の神様はほんの小さなミスも容赦はしない。あっという間に狩られてしまった。
※たまに見逃してくれるが、その場合は後から大きな借りを返す羽目になる。


ここ最近のプラスをあっという間に吹き飛ばしてしまう愚かさ。

唯一の救いは、トレードシステムの欠陥ではなく、人為的なミスが原因だということだろうか。

いや、そっちの方がまずいかも。簡単に直(治)らない可能性もありえる。

気を引き締めてやり直そう。


--------------------------------------------------------------------------

最後までお読みくださりありがとうございます。
今回の記事は参考になりましたか?
当ブログの順位の確認、または他の「人気」ブログの検索は下記ボタンからどうぞ。
※ボタンをクリックすると当ブログに「投票」したことになります。(笑)
 ↑説明記事
                         まるてん

↓ 「オリジナル手法」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「為替・FX」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「金融・投資」カテゴリのランキングはコチラから

2016年06月07日

やっぱなまってるな 〜EUR/GBPの売り〜

今日も朝から株の寄付きを見ていた。昨日の『ましたん注意報』銘柄である。

実際に試しで仕掛けたのだが、それについてはまた明日にでも。今日は時間がない。

為替の方であるが、指標の発表もないのに英ポンド(GBP)が対米ドル(USD)で買われたようで、それが全般に波及してポンド高のトリッキーなチャートを作り出した。

その後豪ドル(AUD) も動いたのだが、最近資源国通貨には手を出してないので、なんかやりにくさを覚えてきたため、今日も欧州通貨を手掛けることにした。

わけも分からず買われたポンドが急落してようやく落ち着いてきた頃合いと見てユーロポンド(EUR/GBP)を売ることにした。

2016/06/07 14:03 「0.78188」

ストップは余裕を持って「0.78400」にした。まだもう一段あり得るかも。

わりとすぐに順行したので「早いかな」と思いきやすぐに反発。その後アゲンストのまま長い保合時間帯に入ってしまった。

しまった!
エントリー早すぎだ、これは。まだ値動きが落ち着いてない。

株にかまけて、最近良かった感覚が鈍ってきている。ヤバイぞ〜。

ついに損切りか。

欧州時間になっても動意は出てこない。いつもなら、スパッ、スパッと大きく動くのに。今日は動かないのか。日本時間に動きすぎたせいもあるか。

タイム・ストップで仕切るか。でもまだ仕切る環境ではないし、本来ならまだ様子見継続してるはず。ただ株の場帖もつけなくてはいけないので集中できないんだよね。

ポンド崩れちゃうのか?

何とかもってる。

ちょっとした反発が始まった。これが最後かな。

どっちだ? 上か? 下か?

ヨシ、上だ!(ポンドが。ユーロポンドは下)

とりあえず何とかなったな。

後は仕切時。さて。

上は広くて余裕がありそうな空間だが、急反転の可能性もあるんだよね。

しかもまだ株のデータ入力もある。

この精神状態のままポジションを抱えるのは良くない。仕切ろう。

2016/06/07 17:13 「0.78116」
(+0.00072、0.34R)

EURGBP20160607.png

ホントは良くないんだよね。もっと利が伸ばせられる可能性があるから。実際落ちてるし。何のために待っていたのかを考えないと。

株はいったん置いとくか。
う〜む。


--------------------------------------------------------------------------

最後までお読みくださりありがとうございます。
今回の記事は参考になりましたか?
当ブログの順位の確認、または他の「人気」ブログの検索は下記ボタンからどうぞ。
※ボタンをクリックすると当ブログに「投票」したことになります。(笑)
 ↑説明記事
                         まるてん

↓ 「オリジナル手法」カテゴリのランキングはコチラから

↓ 「為替・FX」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「金融・投資」カテゴリのランキングはコチラから

2016年06月06日

ちょっとなまったか 〜EUR/GBPの売り〜

最近株にかまけていている。

今日も朝から寄り板の確認をして、日中も値動きと出来高の様子を見ていた。

引け値を場帖に入力してから、為替の状況を確認した。日中まったく見てないわけではなく、一応大きな動きがないのをチャートで確認はしていた。

朝方英ポンド(GBP)が急落してからはレンジ相場に移行したようで、特にトレンド(短期)は発生していない。

株が終わって欧州時間が始まるので、案外ちょうどいい交代のタイミングだ。

この時間、戻りが終わったように見せかけて円高に行きそうで行かないパターンというのは何となくわかってきた。絶対ってわけじゃないけれど、けっこうダマシになる確率が高いような気がする。

ポンドも抜きそうで抜けなかった。ここは目先反転の可能性あり。

ということで、ユーロポンド(EUR/GBP)を売ることにした。ダブルトップ確認後目先のトレンドライン割ってからの初戻り。

2016/06/06 16:04 「0.78924」

ストップは直近ではなく朝方の高値。安全見過ぎかな。

ちょっと揉み合ってから順行を始める。

今日の保合を割るかな、割らないな。ちょっと反発きつそうだ。逃げよう。

2016/06/06 16:17 「0.78830」
(+0.00094、0.60R)

逃げるのにワンテンポ遅れてしまった。木曜以来実戦から離れていたのでちょっと感覚が鈍ってきたかもしれない。入るタイミングもちょっと違うかな。なあなあにならないように気をつけよう。

EURGBP20160606.png

--------------------------------------------------------------------------

最後までお読みくださりありがとうございます。
今回の記事は参考になりましたか?
当ブログの順位の確認、または他の「人気」ブログの検索は下記ボタンからどうぞ。
※ボタンをクリックすると当ブログに「投票」したことになります。(笑)
 ↑説明記事
                         まるてん

↓ 「オリジナル手法」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「為替・FX」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「金融・投資」カテゴリのランキングはコチラから

2016年06月02日

ちょっと早かったか 〜EUR/USDの売り〜

円高ポンド安で返ってきたのね。そうかあ、ポンド円(GBP/JPY)安か。そういうことね。まあ時間軸が違うので仕方ないよね。(泣)(笑)

ということで、過去のことは忘れて未来に進もう。

さて何にしよう。

日本円(JPY)も買い疲れ、英ポンド(GBP)も売り疲れって感じだね。とりあえず行くとこまで行っちゃったという雰囲気はある。

どう動いていくのか見守っていたらユーロドル(EUR/USD)が高値を更新してきた。これはダマシのような気がする。別にユーロ(EUR)は強いわけではない。

ということで、EUR/USDの売りのタイミングを探すことにした。抜いてすぐに保合の中に入って行った。落ちそうなんだけどね。でもここはガマン。

あっ、落ちてった!
やっぱり売っとくべきだったか。ここで売るか?

いや、追っかけの順張りはダメだ。ガマンガマン。

もう一度反発してくると思う。多分。引きつけて、引きつけて。

来た来た。おっ前の高値付近まで来てる。いいぞ〜。

崩れたか!?
ヨシ、いこう!

2016/06/02 09:31 「1.11941」

ストップは余裕を持たせて直近の高値よりは上の「1.12050」。「1.12000」だとキリが良すぎて意識される可能性がある。遠くなる分サイズはちっちゃくなるけど仕方ない。

最近調子が良かったが今日はイマイチだ。さすがにすぐには落ちない。それどころか直近の高値抜いちゃったよ!

あれっ、このまま行っちゃうのかな!?

微妙だね。どうかな。

おっ、何とか下がってきた。

でも何か違う。というか勢いがないね。米ドル(USD)全体に反発力が弱い。サポートも意識されてるみたいだね。長居しない方がいいかも。利食っておこう。

2016/06/02 10:13 「1.11876」
(+0.00065、0.60R)

EURUSD20160602.png


--------------------------------------------------------------------------

最後までお読みくださりありがとうございます。
今回の記事は参考になりましたか?
当ブログの順位の確認、または他の「人気」ブログの検索は下記ボタンからどうぞ。
※ボタンをクリックすると当ブログに「投票」したことになります。(笑)
 ↑説明記事
                         まるてん

↓ 「オリジナル手法」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「為替・FX」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「金融・投資」カテゴリのランキングはコチラから

2016年06月01日

小掬いしちゃった 〜GBP/USDの買い〜

「円は強いわけではない」と今朝の雑感でポロッと書いたため、午後から一気に円高が進んだ。(笑)

これで何かできないかなと各チャートを見ていたところ、16時のロンドンオープンを前にまた欧州通貨の跛行が始まった。

ポンドドル(GBP/USD)かあ〜。サポート割ったね。でもこれってウソくさいな。

最近調子がいいのでやってみるか、ということで仕掛けた。超目先で。

2016/06/01 15:50 「1.44617」

サポート割ってキュキュっと戻したところ。ホントは一度押し目というかアヤ押ししてから買いたいのだが、足が早い時は一気にいくからまあいいか。
※既に上がる気満々である。(笑)

案の定ちょっとアヤ押しが入る。でもこういうのってすごく弱く見えるから普通は買えないんだよね。

少し動きが止まったが動き出した。上だ!

一応上には行っているが勢いが無い。1分足の超目先なので逃げる時も素早く行動する必要がある。とりあえず半分利食っておこう。

2016/06/01 16:00 「1.44725」
(+0.00108、+0.65R)

注文が成立したのを確認したかのように上げ足を早める。やはりそうきたか。

「1.44800」を前にして失速、上ヒゲをつけてしまった。どうする、逃げるか? 逃げよう。

2016/06/01 16:02 「1.44708」
(+0.00091、0.54R)

GBPUSD20160601.png
※今回はヒロセ通商で仕掛けたのでポジション表記は無し

仕切った後下げたものの当初のストップ水準には達していない。その後反転して上昇、さっきの高値を抜いてきているが、ポジションを持ちっぱなしのジェットコースターよりいいんじゃないかな。


調子がいい時に「続ける」か「休む」かは議論のあるところだが、精神状態が良好な時は仕掛けた方が良いと思う。ただ「良好」かどうかの判断は自分がするので微妙と言えば微妙なんだけどね。


--------------------------------------------------------------------------

最後までお読みくださりありがとうございます。
今回の記事は参考になりましたか?
当ブログの順位の確認、または他の「人気」ブログの検索は下記ボタンからどうぞ。
※ボタンをクリックすると当ブログに「投票」したことになります。(笑)
 ↑説明記事
                         まるてん

↓ 「オリジナル手法」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「為替・FX」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「金融・投資」カテゴリのランキングはコチラから

リンク集
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
プロフィール
また会う日までさんの画像
また会う日まで
プロフィール