記事が参考になったら「いいね!」をよろしくお願いします。m(_ _)m
カテゴリアーカイブ
検索
ファン

2016年09月21日

歯が痛い男の妄想

今日は日銀の金融政策決定会合とFOMCの政策金利発表があるのか。為替の世界の人たちにとってはお祭り騒ぎだね。

筆者としては珍しく事前にそれがあることを認識している。(笑)


今までのパターンだと、チャートだけ見ていて、そろそろ(下に)動く頃合いかなと予想していたら、トレンドラインを見事崩され一気に逆に持っていかれることが多かった記憶がある。

結局日銀の無駄な抵抗で終わり時間が経てば元の流れに戻っていくだけなのだが、なまじチャートが壊されただけに新しいトレンドができたと勘違いしてしまい、その後の流れに心理的に乗れなくなってしまう。筆者を含めてそういう人が多いのだろう。

だからかえってその後にできるトレンドは長続きする。

結局チャートというものは、あくまでも現在の状況を表しているものに過ぎず、遠い将来のことは何も指し示してはくれない。

かろうじて超目先については、確率統計的に隔たりを作ってくれることがあるようだが。


ドルストレートは上下幅がほぼ一定のレンジ相場。クロス円に関しては三角保合気味のこれもある意味レンジ内での動きが続いている。

チャートだけ見ていると、どちらかと言うと円高方向に崩れていきそうな雰囲気を醸し出しているが、スンナリとはいかないんじゃないかな。

崩れ出して後追いの円買いオーダーが続々入ってきて「崩れたぞ!」と思った時にわけの分からない日銀の発表があって一気に上にブレイクしちゃったりして。

しかもその後はしっかりと元の円高トレンドに戻す。(笑)

三角保合というものは抜けて失敗してもその後普通のレンジ相場になったら、元々三角保合だったことに気づかないことがある。抜けてトレンドができたチャートしか目につかないので精度の高いパターンだと鵜呑みにしてしまう。そういう意味ではそれだけでは当てにならない代物だ。


どっちに動くかは神のみぞ知ることだが、ドル円(USD/JPY)を張るにあたって、ポンド円(GBP/JPY)とJGB(日本国債)の値動きには注視しておくべきだと思う。

ポンド円が下に崩れ、JGBが上値を目指す展開になったらドル円買いはやめた方がいいんじゃないかな。


--------------------------------------------------------------------------

↓ クリックしてくれたらうれしいです!
記事更新の励みになります。(^o^)/
                 まるてん
【株式】
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/5455707

この記事へのトラックバック
リンク集
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
プロフィール
また会う日までさんの画像
また会う日まで
プロフィール