記事が参考になったら「いいね!」をよろしくお願いします。m(_ _)m
カテゴリアーカイブ
検索
ファン

広告

posted by fanblog

2016年08月04日

円高最終局面!?

久々に為替の雑感。

ドル円(USD/JPY)クロス円ともに円高再燃で、英国のEU離脱国民投票時につけた安値を更新するかどうかに注目が集まっているようだ。

元々日足をあまり見ていなかった筆者だが、あることが気になって久しぶりに為替の日足チャートを見てみた。もちろんクロスカレンシーすべてだ。(笑)

なるほど。


筆者が気になっていたのは、日本円(JPY)に還流してきた資金がどこに向かっているのか、orいたのかということ。

※短期的には円への「投機」が円高の原因かもしれないが、中長期的には今まで日本から海外に「投資」されていた、経常収支の黒字を原資にした資金が日本に戻ってきているのが年初からの円高の原因と筆者は捉えている。

為替相場に一喜一憂している株式市場でないのは明白。(笑)

ではどこへ?

今の日本で投資に値する(個別銘柄ではない総合的な)市場なんてあったっけ?


一瞬何もないと錯覚してしまうが、実はある。

それは債券市場だ。

そう、JGB日本国債!

恒常化した財政赤字と積み上がった債務残高を背景とした、1990年代から何度も何度もマスコミや書店を賑わせた暴落(=ハイパーインフレ)説をものともせず、良く言えば不死鳥、悪く言えばゾンビのように復活しては上昇トレンドを続けてきたJGB。

市場最高値をつけたのはつい先月のことだ。
※つまり債券のショートポジションをホールドしていたら延々と損失が続いていたということ。

そのJGBのチャートを見たら直近で急落してまだ回復の兆しをみせていない。

JGB20160804.PNG


これから次第のところもあるが、このままJGBが下落トレンド入りまたは安値圏で往来を続けるようだと、この先ドル円が新安値を更新したとしても長くは続かないかもしれない。

クロスカレンシーがらみでみると、要となる通貨は英ポンド(GBP)。

ドル円が安値更新してもポンド円(GBP/JPY)が踏みとどまるようだと勢いはない。おそらくダマシで終わる可能性あり。


最近株のデイトレが本業になっている人間の妄想です。(笑)


--------------------------------------------------------------------------

最後までお読みくださりありがとうございます。
今回の記事は参考になりましたか?
当ブログへの「投票」もしくは「順位の確認」、または「他のブログの検索」は下記ボタンからどうぞ。
                         まるてん
【為替・FX】

【株式】
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/5306276

この記事へのトラックバック
リンク集
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
プロフィール
また会う日までさんの画像
また会う日まで
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。