記事が参考になったら「いいね!」をよろしくお願いします。m(_ _)m
カテゴリアーカイブ
検索
ファン

2016年03月13日

「神託売買」の考え方2

前回の続き。

まず前回のおさらいから。

前提条件として

「豪ドルとNZドルは相関している」
「豪ドルと加ドルも相関している」

が成立している。(←ココ重要

ここから

・NZドルが上(下)に行くとそれにつられて豪ドルも上(下)に行く。加ドルも上(下)に行くが豪ドルほどではない(はず)
・加ドルが下(上)に行くとそれにつられて豪ドルも下(上)に行く。NZドルも下(上)に行くが豪ドルほどではない(はず)
※わかりやすくするためにNZドルと加ドルの向きを逆方向のみで簡略化してあります。

を導き出し「NZD/CAD」が重要な意味を持つことを導き出した。

つまり「NZD/CAD」の動きを追っていけば、「AUD/CAD」と「AUD/NZD」の動きも予測できるのだ!

計算式で表すと

「NZD/CAD」=「NZD/AUD」x「AUD/CAD」
※「NZD/AUD」は「AUD/NZD」の逆数。わかりやすくするため方向性を揃えたのでこの表記になる。

これを言葉で表すと

「NZD/CAD」と「NZD/AUD」と「AUD/CAD」は同じ方向に動く。(「AUD/NZD」は反対方向)

より詳しく言うなら

「NZD/AUD」と「AUD/CAD」は同じ方向に動き、その方向性は「NZD/CAD」によって規定される。

といったところだろうか。

もしこれが豪ドル(AUD)、NZドル(NZD)、加ドル(CAD)ともに足並み揃えて「全く」同じ動きをしているなら当然「NZD/CAD」と「NZD/AUD」(AUD/NZD」の逆)と「AUD/CAD」も「全く」同じ動きになる。

しかし実際の値動きは各通貨ごとに異なる。ということは(いつもではないが)「出遅れ」る通貨ペアが出てくるということだ。これを仕掛ければ!


これに気づいた時、自分は天才ではないかと思った。(笑)
今までこういう考え方は見たことも聞いたこともなかったからだ。

実際に売買を始めてみて、なぜ「今までこういう考え方は見たことも聞いたこともなかった」のかがわかってきた。つまりこれだけでは大して使えないのだ。「豪ドルとNZドルと加ドルは相関している」という知識と大差ないのである。

なぜ使えないのか?


この項続く


--------------------------------------------------------------------------

最後までお読みくださりありがとうございます。
今回の記事は参考になりましたか?
当ブログの順位の確認、または他の「人気」ブログの検索は下記ボタンからどうぞ。
※ボタンをクリックすると当ブログに「投票」したことになります。(笑)
 ↑説明記事
                         まるてん

↓ 「オリジナル手法」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「為替・FX」カテゴリのランキングはコチラから


↓ 「金融・投資」カテゴリのランキングはコチラから
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/4833802

この記事へのトラックバック
リンク集
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
プロフィール
また会う日までさんの画像
また会う日まで
プロフィール