記事が参考になったら「いいね!」をよろしくお願いします。m(_ _)m
カテゴリアーカイブ
検索
ファン

2018年03月26日

何と比べる?

※長らく記事の投稿をしていなかったら、勝手に広告が表示されるようになったので(しかもつきまとうタイプも!)、取り急ぎ新規投稿をば。


今さらではあるが、2017年の実績を振り返ってみる。

ましたんワールドのサイト運営をすることで、今まで畑違いだった株式市場の特徴というものを、ようやく今ごろになって体得することができた気がする。

ただちょっと遅すぎた。あともう1年早ければ違った方向性で進めたのだが・・・。
詳しいことはいずれ触れる機会があればその時にでも。

要点だけかいつまんでおくと、@株は資産の側面を持つことと、A出来高の2点だろうか。

出来高に関しては商品先物時代には当たり前だったが、為替(FX)になってから全体の正しいデータが入手できないこともあって無視するようになっていた。

それに加えて通貨は真の意味での資産ではなく「交換手段」ということもあって、為替の考え方で株を扱うと、特にチャートだけのテクニカルを振り回していると、「損切り貧乏まっしぐら」感が半端ない。


さて2017年。

使用した資金でみた利益率は約「30%」。
損失ではなく一応「利益」。(笑)


ここでカギとなってくるのが、
これを何と比べるか? だ。

比較対象を銀行預金にするなら、
この低金利時代、比較にならないくらいの高パフォーマンスだ!

しかし、かりにも筆者は「専業」(副業はしているが、やはり「専業」になるだろう)。
だとしたら、「率」だけでなく「量(絶対金額)」が重要だ。

つまり、自分を含めた一家を養うに足る金額をこの利益率で稼いでいるか、ということになる。

率はもう決定して変わらない。

としたら計算で必要になるのは元の資金の総額だ。

もうお分かりだろう。

筆者は残念ながら人に自慢できるほどの資産を持っていない。
つまり、これだけでは絶対金額が足りないのだ!

今回ほど当初資金の重要性を感じたことはない。
そして、このことが相場にとっていかに大きな意味を持つか、改めて思い知らされた。

相場から退場する時は損した時だけではない。
利益を上げても、環境が継続することを許さなければそこで終わりだ。

相場で生き残るには、「金」と「時間」に余裕を持っている人間が圧倒的に有利だ。
勝たなくてもいい。
ただ生き残るだけで勝手に周りが脱落していく。

昔「敗者のゲーム」を読んだ時に、「そんなことはない」と反発を感じたことがあったが、今なら分かる。
「あっ、そういうことね。あるある!」








この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7479670

この記事へのトラックバック
リンク集
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
プロフィール
また会う日までさんの画像
また会う日まで
プロフィール