記事が参考になったら「いいね!」をよろしくお願いします。m(_ _)m
カテゴリアーカイブ
検索
ファン

2018年03月26日

何と比べる?

※長らく記事の投稿をしていなかったら、勝手に広告が表示されるようになったので(しかもつきまとうタイプも!)、取り急ぎ新規投稿をば。


今さらではあるが、2017年の実績を振り返ってみる。

ましたんワールドのサイト運営をすることで、今まで畑違いだった株式市場の特徴というものを、ようやく今ごろになって体得することができた気がする。

ただちょっと遅すぎた。あともう1年早ければ違った方向性で進めたのだが・・・。
詳しいことはいずれ触れる機会があればその時にでも。

要点だけかいつまんでおくと、@株は資産の側面を持つことと、A出来高の2点だろうか。

出来高に関しては商品先物時代には当たり前だったが、為替(FX)になってから全体の正しいデータが入手できないこともあって無視するようになっていた。

それに加えて通貨は真の意味での資産ではなく「交換手段」ということもあって、為替の考え方で株を扱うと、特にチャートだけのテクニカルを振り回していると、「損切り貧乏まっしぐら」感が半端ない。


さて2017年。

使用した資金でみた利益率は約「30%」。
損失ではなく一応「利益」。(笑)


ここでカギとなってくるのが、
これを何と比べるか? だ。

比較対象を銀行預金にするなら、
この低金利時代、比較にならないくらいの高パフォーマンスだ!

しかし、かりにも筆者は「専業」(副業はしているが、やはり「専業」になるだろう)。
だとしたら、「率」だけでなく「量(絶対金額)」が重要だ。

つまり、自分を含めた一家を養うに足る金額をこの利益率で稼いでいるか、ということになる。

率はもう決定して変わらない。

としたら計算で必要になるのは元の資金の総額だ。

もうお分かりだろう。

筆者は残念ながら人に自慢できるほどの資産を持っていない。
つまり、これだけでは絶対金額が足りないのだ!

今回ほど当初資金の重要性を感じたことはない。
そして、このことが相場にとっていかに大きな意味を持つか、改めて思い知らされた。

相場から退場する時は損した時だけではない。
利益を上げても、環境が継続することを許さなければそこで終わりだ。

相場で生き残るには、「金」と「時間」に余裕を持っている人間が圧倒的に有利だ。
勝たなくてもいい。
ただ生き残るだけで勝手に周りが脱落していく。

昔「敗者のゲーム」を読んだ時に、「そんなことはない」と反発を感じたことがあったが、今なら分かる。
「あっ、そういうことね。あるある!」








2018年02月15日

近況報告

なんかやることがいっぱいあって、書きたかったことも頭の中にいろいろあったけど書けずじまいの日々が続いていた。

ましたんワールド『ましたんワード』で語句説明の記事を書き始めていささか疲れたので、休憩代わりにひとりごとでもしたためよう。

新しく文章を書くのってけっこう大変で、しかも細かなところも整合性をつけようとすると確認やら何やらでけっこう時間を取られる。それもあって『ましたんスクール』の構想はあってもなかなか開校できなかったりする。

でもさすがに基本的な語句説明が無いと『機能するライン』シリーズも分かりにくいかと思って、とりあえず『ましたんワード』の追加作成を始めたしだい。


いろんなことが絡まりあって今の状態があるわけだが、まず大きな変化として再びサラリーマンに戻ることになり、今の生活スタイルともお別れすることになった。

今就職活動中なのだが、昨年から始めた塾講師のアルバイト、それよりも前の読み聞かせのボランティアなどを通して、子供たちと関わる仕事をしたいという気持ちが大きくなってきた。

特に塾講師などは、自分の持っている知識を教えることが会社や組織に貢献し、教えた生徒(や保護者)に喜ばれるという、かなり良い形での関係性ができていることに気づいた。

もちろんすべてがいい事ずくめという訳にはいかないが、以前書いた『居場所を探す』の「居場所」に近いんじゃないかと思えるのだ。

「でもそれだったら今のままでもいいんじゃない?」と普通なら思うが、そこはそれ、他にもいろんな理由というかしがらみがあるのだ。


その1つは「安定収入」というありふれた言葉だが、なかなかシビアーなお言葉。ついにこの言葉を突きつけられてしまった。

「相場で利益を上げる」のと「相場の収入で暮らす」のとは似て非なるものである。相場に携わっている皆さんは先刻ご承知のはず。(笑)

これについてはまた改めて書くとして、とりあえずは会社勤めに戻ることになりました。

今の塾講師のバイトはコマ数が少ないので「副業」としてはいいけど「本業」としては全然足りない。

かと言ってコマ数を物理的に増やすことも無理だし、もし可能だとしても時間との兼ね合いを考えたら、正社員の方が圧倒的にいいよね、って話。

ああ、これが世の中で起きていることなのか。今さらながらの実感である。


もう1つの理由として、今の場所が「居場所」ではないということが分かったから。

ある理由があって家にいるようになったのだと先日自分で気づいたのだが、それも考慮した上で出てきた結論だ。

自分が家にいることが与える家族への影響、そして自分自身への影響。

もっと自分に素直になってもいいんじゃない。


いろんな意味で大きな変化が起き始めている。さあどうなるか!?


ちなみにましたんワールドは今のところ閉鎖の予定は無し。

リアルタイムでの情報発信はできなくなるが(今でもそんなにしてるわけではないし)、定時・定型のデータ更新は空いた時間で対応可能だと思っている。

それもあって、今せっせとインフラ作りにいそしんでいるのだ。


あともう1つ株式市場について。

実は筆者がインフラ作りに時間を充てることができているのは、ポジションを持ってないし、ザラバを見ていないからだ。

市場の急落のタイミングより少し遅れてしまったが、幸い大ケガをすることなく撤退することができた。

おみくじ通りにやっていたら大儲けできたんだけどね!(笑)

おみくじ.jpg

長老のツイート

実はおみくじを引く前に、「現状打破」をするつもりで最後買いで勝負に行こうとしてたんだよね。(笑)

いつの間にか売りよりも買いを好むようになっていたし。

ただ自分の中に「これは確率的には期待値が高いけれど、それでも100%ではない。相場に確実は無い」という迷いというか学びが残っていて、大きなポジションを取ることを躊躇していた。

その矢先にこのおみくじ。

あまりにも断定してるので思わず笑ってしまったが、引きとめてくれたのだろうか?

かと言って売りポジションは持てなかったけどね。人(神様?)の意見は参考にしても、最後に決断を下すのはあくまでも自分。投資は自己責任だからさすがにこれで途転売りをやっちゃダメでしょ。

おみくじの力を持ってしても、すぐのポジション整理の判断はできなかったが、2月7日の寄り付いてからの時間帯で全玉を閉じてひとまず相場から距離を置くことにした。

サラリーマン復帰の話が確定したのが直接の理由である。決して、前日のストップ安が138銘柄だったことに神がかり的なものを感じたからではない。(笑)




2018年01月30日

『機能するライン』の説明

最初に『機能するライン』の簡単な説明をこのブログでもしておいた(コチラ)が、新しく連載し直すにあたって説明不足の感が否めなかったので、改めて説明文を作成した。

ましたんワールド内の『機能するライン』

良かったらご覧ください。




2018年01月17日

『機能するライン』シリーズは引っ越しました

いろいろやることがあって、すっかりこのブログの更新がおざなりになっていた。
気づいてみれば年が明けてから初の記事である!


ましたんワールドの構成を再考していて、この『機能するライン』シリーズは引っ越すことに決めた。

元々このブログはFX為替を主体とした相場ブログだったけれど、いつの間にか「株」主体になっていて、ブログタイトルと中身の乖離が著しいものになっている。やっぱ「乖離」は良くないよね「乖離」は!(笑)

というわけで新たに連載のステージを「fx-onの投資ナビ+」に移しました。もちろん今まで通り無料で読めます。


ちょっとした仕様の変更があって、記事の執筆者は筆者ではなく「ましたんワールドのまるてん」になっています。

「まるてん」が自分で勉強していく形をとるつもりですが、はたしてどうなるやら。

今後ともよろしくお願いいたします。m(_ _)m


※事情により『機能するライン』シリーズの「fx-onの投資ナビ+」での連載は2018年3月16日付けの記事で実質中止となりました。今後はましたんワールド内の『ましたん注意報』『ましたん解除予報』の記事に追加で対象銘柄のチャートを載せるように仕様が変更しています(2月1日分から)。冒険者登録することで無料で閲覧できます。




2017年12月28日

大木ヘルスケアホールディングス 2017/12/28

『ましたん解除予報 2017/12/28』銘柄の大木ヘルスケアホールディングス(3417)。

増担保規制が解除になる判定値は「2,263」以下。

実際のチャートはこんな感じ。

3417-20171228.JPG

※チャートソフトの仕様で判定値ちょうどのラインが引けません


判定値より下で寄り付いたものの、「2,263」にあったわりと大きな売り指値注文を一気に食べて早々に判定値をブレイクしていった。

あれっ、全然押し戻されなかったぞ!?

普段の出来高が10万株に満たない銘柄なのでこういうこともあるんだね。

このまま判定値と関係なく相場が動いてしまうのか?

と思っていたらちゃんと見せ場を用意してくれていました。

10時20分過ぎ、上値が重たくなってきての調整安値「2,265」。

そのままサヨナラして増し担解除はおあずけ。


ましたんワールドのデータを実戦に活かす!
『規制空売りの教科書』 ※関連記事はコチラ




上記チャートはSBI証券さんの『HYPER SBI』を使用しています。
新興市場銘柄でも信用売りできる『HYPER空売り』、立会時間外でも取引できる『PTS取引』のSBI証券は利用価値の高い口座です。




※空売りコストがやや高いですが、取扱銘柄数が圧倒的に多いのが魅力! ですが、利食いと損切りの同時注文ができないのは切実です。 SBI証券さん、ぜひともご検討をよろしくお願いします。本当に心の底からお願いします。m(_ _)m

※(上記バナーではなく)筆者からの紹介でSBI証券の口座を開設された方には、『ましたんワールド』『勇者(S)』の権利を2ヶ月プレゼントします!『ましたんワールド』の問合せよりご連絡ください。件名:「SBI証券口座開設紹介希望」




ソルクシーズ 2017/12/28

長らく判定値の攻防が無かったので更新できずにいた。

久々の銘柄は『ましたん注意報 2017/12/28』のソルクシーズ(4284)。

増担保規制になる確率が高い判定値は「1,323」以上

実際のチャートはこんな感じ。

4284-20171228.JPG

※チャートソフトの仕様で判定値ちょうどのラインが引けません


前回12月25日にも増し担リーチとなっていたが、この時の判定値が「1,243」に対して安値は「1,264」。意識されたかどうか微妙な値位置だったので取り上げなかった。

この時は移動平均との乖離はアウトだったものの、信用取引の新規買付比率が足りず規制を逃れたが今回はどうなるか?

昨日の上昇は「押し目完了」のようにも見えるし「戻りいっぱい」にもとれるそんなチャートだった。

今日は判定値を下にして前日のレンジの中で始まった。

前場保ち合いながらも徐々に下値を切り下げており、後場寄りでさらに売られた。

一時「1,332」をつけて反発、これが今日の安値。

判定値が「1,323」で昨日の安値が「1,335」。比較的買いが入りやすい価格帯ではあったようだ。

結局判定値の上で引けたので移動平均との乖離はアウト。後は信用取引の新規買付比率しだい。


長老のツイート



ましたんワールドのデータを実戦に活かす!
『規制空売りの教科書』 ※関連記事はコチラ




上記チャートはSBI証券さんの『HYPER SBI』を使用しています。
新興市場銘柄でも信用売りできる『HYPER空売り』、立会時間外でも取引できる『PTS取引』のSBI証券は利用価値の高い口座です。




※空売りコストがやや高いですが、取扱銘柄数が圧倒的に多いのが魅力! ですが、利食いと損切りの同時注文ができないのは切実です。 SBI証券さん、ぜひともご検討をよろしくお願いします。本当に心の底からお願いします。m(_ _)m

※(上記バナーではなく)筆者からの紹介でSBI証券の口座を開設された方には、『ましたんワールド』『勇者(S)』の権利を2ヶ月プレゼントします!『ましたんワールド』の問合せよりご連絡ください。件名:「SBI証券口座開設紹介希望」




2017年12月18日

YKT 2017/12/18

『ましたん解除予報 2017/12/18』銘柄のYKT(2693)。

増担保規制が解除になる判定値は「644」以下。

実際のチャートはこんな感じ。

2693-20171218.JPG

※チャートソフトの仕様で判定値ちょうどのラインが引けません


日足ベースで小幅レンジの保合が続き、そろそろ動いてもいい頃合いではあったが、寄付きから安く売られる展開。

このまま何事もなく増し担解除を迎えるのかと思いきや、後場寄りでギャップアップした後一気に買いが入って急伸。
※他の銘柄を見ていたので筆者はリアルタイムで見ていなかった。

「644」をつけて上昇が止まっている。

どこかで見たことのある数字だな、あっ判定値ね!

引けてみれば判定値が見事今日の高値になっているという事実。
ここまでキッチリしなくてもいいのに。(笑)

長老のツイート



ましたんワールドのデータを実戦に活かす!
『規制空売りの教科書』 ※関連記事はコチラ




上記チャートはSBI証券さんの『HYPER SBI』を使用しています。
新興市場銘柄でも信用売りできる『HYPER空売り』、立会時間外でも取引できる『PTS取引』のSBI証券は利用価値の高い口座です。




※空売りコストがやや高いですが、取扱銘柄数が圧倒的に多いのが魅力! ですが、利食いと損切りの同時注文ができないのは切実です。 SBI証券さん、ぜひともご検討をよろしくお願いします。本当に心の底からお願いします。m(_ _)m

※(上記バナーではなく)筆者からの紹介でSBI証券の口座を開設された方には、『ましたんワールド』『勇者(S)』の権利を2ヶ月プレゼントします!『ましたんワールド』の問合せよりご連絡ください。件名:「SBI証券口座開設紹介希望」




2017年12月15日

アルファクス・フード・ 2017/12/15

『ましたん注意報 2017/12/15』銘柄のアルファクス・フード・システム(3814)。

増担保規制になる確率が高い判定値は「1,841」以上。

実際のチャートはこんな感じ。

3814-20171215.JPG

※チャートソフトの仕様で判定値ちょうどのラインが引けません


オーミケンシの流れととほぼ一緒。


ましたんワールドのデータを実戦に活かす!
『規制空売りの教科書』 ※関連記事はコチラ




上記チャートはSBI証券さんの『HYPER SBI』を使用しています。
新興市場銘柄でも信用売りできる『HYPER空売り』、立会時間外でも取引できる『PTS取引』のSBI証券は利用価値の高い口座です。




※空売りコストがやや高いですが、取扱銘柄数が圧倒的に多いのが魅力! ですが、利食いと損切りの同時注文ができないのは切実です。 SBI証券さん、ぜひともご検討をよろしくお願いします。本当に心の底からお願いします。m(_ _)m

※(上記バナーではなく)筆者からの紹介でSBI証券の口座を開設された方には、『ましたんワールド』『勇者(S)』の権利を2ヶ月プレゼントします!『ましたんワールド』の問合せよりご連絡ください。件名:「SBI証券口座開設紹介希望」




オーミケンシ 2017/12/15

『ましたん注意報 2017/12/15』銘柄のオーミケンシ(3111)。

増担保規制になる確率が高い判定値は「129」以上。

実際のチャートはこんな感じ。

3111-20171215.JPG

※チャートソフトの仕様で判定値ちょうどのラインが引けません


ギャップダウンで寄付いてからも下げが続いたが一度判定値で反発した。

反発はしたものの始値を奪還することができなかったので下げに転じ、今度は判定値を割ってしまった。

その後は一度も判定値の上に出ることもなく、かと言ってダダ下がりもせず、ひたすら大引けを待つのみ。

意図的な増し担回避か。

長老のツイート

ましたんワールド『増担保規制実施日前日の値動き 2016/01〜2016/12』での長老の発言。

「おぬしが今見ていたデータはあくまでも「結果的に規制になった銘柄」だけ抽出しておるので、実際「リーチが掛かっとる銘柄」はこれよりも多いでな。それらの銘柄はほとんどが「下落して」規制を逃れておるので、それも入れたらもっと数値は良くなるはずじゃよ。」


ましたんワールドのデータを実戦に活かす!
『規制空売りの教科書』 ※関連記事はコチラ




上記チャートはSBI証券さんの『HYPER SBI』を使用しています。
新興市場銘柄でも信用売りできる『HYPER空売り』、立会時間外でも取引できる『PTS取引』のSBI証券は利用価値の高い口座です。




※空売りコストがやや高いですが、取扱銘柄数が圧倒的に多いのが魅力! ですが、利食いと損切りの同時注文ができないのは切実です。 SBI証券さん、ぜひともご検討をよろしくお願いします。本当に心の底からお願いします。m(_ _)m

※(上記バナーではなく)筆者からの紹介でSBI証券の口座を開設された方には、『ましたんワールド』『勇者(S)』の権利を2ヶ月プレゼントします!『ましたんワールド』の問合せよりご連絡ください。件名:「SBI証券口座開設紹介希望」




2017年12月13日

YKT 2017/12/13

今日はもう1つ。

こちらも『ましたん解除予報 2017/12/13』銘柄ではないがカウント2日目挑戦だったYKT(2693)。

増担保規制の解除カウントが進む判定値は「607」。

実際のチャートはこんな感じ。

2693-20171213.JPG

※チャートソフトの仕様で判定値ちょうどのラインが引けません


昨日の移動平均との乖離率が「14.54%」だったのでもしやと思ったら、やっぱりだった。

一時判定値を上回ったが、最後はきっちり決めてきた。



『ましたんワールド』のデータを実戦に活かす!
『規制空売りの教科書』 ※関連記事はコチラ




上記チャートはSBI証券さんの『HYPER SBI』を使用しています。
新興市場銘柄でも信用売りできる『HYPER空売り』、立会時間外でも取引できる『PTS取引』のSBI証券は利用価値の高い口座です。




※空売りコストがやや高いですが、取扱銘柄数が圧倒的に多いのが魅力! ですが、利食いと損切りの同時注文ができないのは切実です。 SBI証券さん、ぜひともご検討をよろしくお願いします。本当に心の底からお願いします。m(_ _)m

※(上記バナーではなく)筆者からの紹介でSBI証券の口座を開設された方には、『ましたんワールド』『勇者(S)』の権利を2ヶ月プレゼントします!『ましたんワールド』の問合せよりご連絡ください。件名:「SBI証券口座開設紹介希望」




リンク集
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
プロフィール
また会う日までさんの画像
また会う日まで
プロフィール