記事が参考になったら「いいね!」をよろしくお願いします。m(_ _)m
カテゴリアーカイブ
検索
ファン

2018年04月11日

ストップ安 2018/04/11 1銘柄

本日のストップ安銘柄です。

◎:終日張り付き(配分)
◯:ストップ高・安引け
△:一時ストップ高・安


1 △ 4586 メドレックス


SL4586-20180411.JPG


ストップランド本国(過去のストップ高安銘柄のリスト)はコチラ


参考になったらクリックをお願いします。m(_ _)m


上記チャートはSBI証券さんの『HYPER SBI』を使用しています。
新興市場銘柄でも信用売りできる『HYPER空売り』、立会時間外でも取引できる『PTS取引』のSBI証券は利用価値の高い口座です。






ましたんギャラリー【2017】.jpg


『ましたんギャラリー【2017】』好評発売中!
このチャート集1冊があれば短期急騰銘柄の値動きのクセが分かる!
今なら無料で入手できるチャンス!!
詳しくはコチラのページ(『ましたんショップ』)の最後を見てね!

ストップ高 2018/04/11 9銘柄

本日のストップ高銘柄です。

◎:終日張り付き(配分)
◯:ストップ高・安引け
△:一時ストップ高・安


1 ◯ 1408 サムシングH


SH1408-20180411.JPG


2 ◯ 2467 バルクHD


SH2467-20180411.JPG


3 △ 6048 デザインワン


SH6048-20180411.JPG


4 ◯ 6142 富士精工


SH6142-20180411.JPG


5 △ 6297 鉱研工業


SH6297-20180411.JPG


6 ◯ 6575 HUMANA


SH6575-20180411.JPG


7 ◎ 6663 太洋工業


SH6663-20180411.JPG


8 ◎ 6734 ニューテック


SH6734-20180411.JPG


9 △ 8698 マネックスG


SH8698-20180411.JPG


ストップランド本国(過去のストップ高安銘柄のリスト)はコチラ


参考になったらクリックをお願いします。m(_ _)m


上記チャートはSBI証券さんの『HYPER SBI』を使用しています。
新興市場銘柄でも信用売りできる『HYPER空売り』、立会時間外でも取引できる『PTS取引』のSBI証券は利用価値の高い口座です。






ましたんギャラリー【2017】.jpg


『ましたんギャラリー【2017】』好評発売中!
このチャート集1冊があれば短期急騰銘柄の値動きのクセが分かる!
今なら無料で入手できるチャンス!!
詳しくはコチラのページ(『ましたんショップ』)の最後を見てね!

2018年04月10日

ストップ安 2018/04/10 なし

本日のストップ安銘柄はありません。


※ストップランド本国(過去のストップ高安銘柄のリスト)はコチラ


参考になったらクリックをお願いします。m(_ _)m




ましたんギャラリー【2017】.jpg



『ましたんギャラリー【2017】』好評発売中!
今なら無料で入手できるチャンス!!
詳しくはコチラのページ(『ましたんショップ』)の最後を見てね!

ストップ高 2018/04/10 9銘柄

◎は終日張り付き。◯はストップ高・安引け。△は一時ストップ高・安


1 ◎ 1408 サムシングH


SH1408-20180410.JPG


2 △ 2186 ソーバル


SH2186-20180410.JPG


3 ◯ 2467 バルクHD


SH2467-20180410.JPG


4 ◎ 3344 ワンダーCo


SH3344-20180410.JPG


5 △ 6016 Jエンジン


SH6016-20180410.JPG


6 △ 6553 ソウルドO


SH6553-20180410.JPG


7 △ 6628 オンキヨー


SH6628-20180410.JPG


8 △ 6659 Mリンクス


SH6659-20180410.JPG


9 ◯ 9272 ブティックス


SH9272-20180410.JPG


※ストップランド本国(過去のストップ高安銘柄のリスト)はコチラ


参考になったらクリックをお願いします。m(_ _)m




ましたんギャラリー【2017】.jpg



『ましたんギャラリー【2017】』好評発売中!
今なら無料で入手できるチャンス!!
詳しくはコチラのページ(『ましたんショップ』)の最後を見てね!

2018年04月09日

ストップ安 2018/04/09 2銘柄

◎は終日張り付き。◯はストップ高・安引け。△は一時ストップ高・安


1 △ 6276 ナビタス


SL6276-20180409.JPG


2 ◎ 7807 幸和製作所


SL7807-20180409.JPG


※ストップランド本国(過去のストップ高安銘柄のリスト)はコチラ


参考になったらクリックをお願いします。m(_ _)m



ましたんギャラリー【2017】.jpg



『ましたんギャラリー【2017】』好評発売中!
今なら無料で入手できるチャンス!!
詳しくはコチラのページ(『ましたんショップ』)の最後を見てね!

ストップ高 2018/04/09 4銘柄

◎は終日張り付き。◯はストップ高・安引け。△は一時ストップ高・安


1 ◎ 1408 サムシングHD


SH1408-20180409.JPG


2 ◯ 3784 ヴィンクス


SH3784-20180409.JPG


3 △ 3808 OK


SH3808-20180409.JPG


4 △ 3816 大和コン


SH3816-20180409.JPG


※ストップランド本国(過去のストップ高安銘柄のリスト)はコチラ


参考になったらクリックをお願いします。m(_ _)m




ましたんギャラリー【2017】.jpg



『ましたんギャラリー【2017】』好評発売中!
今なら無料で入手できるチャンス!!
詳しくはコチラのページ(『ましたんショップ』)の最後を見てね!

ストップ安 2018/04/06 1銘柄

◎は終日張り付き。◯はストップ高・安引け。△は一時ストップ高・安


1 △ 4728 トーセ


4728-20180406.JPG


※ストップランド本国(過去のストップ高安銘柄のリスト)はコチラ

参考になったらクリックをお願いします。m(_ _)m


ましたんギャラリー【2017】.jpg



『ましたんギャラリー【2017】』好評発売中!
今なら無料で入手できるチャンス!!
詳しくはコチラのページ(『ましたんショップ』)の最後を見てね!

ストップ高 2018/04/06 5銘柄

◎は終日張り付き。◯はストップ高・安引け。△は一時ストップ高・安

1 △ 4833 ぱど


4833-20180406.JPG


2 ◯ 8698 マネックスG


8698-20180406.JPG


3 ◯ 8889 APAMAN


8889-20180406.JPG


4 ◯ 9272 ブティックス


9272-20180406.JPG


5 ◯ 9519 レノバ


9519-20180406.JPG


※ストップランド本国(過去のストップ高安銘柄のリスト)はコチラ

参考になったらクリックをお願いします。m(_ _)m


ましたんギャラリー【2017】.jpg



『ましたんギャラリー【2017】』好評発売中!
今なら無料で入手できるチャンス!!
詳しくはコチラのページ(『ましたんショップ』)の最後を見てね!

2018年04月08日

ストップランド飛び地(チャート倉庫)

ましたんギャラリー【2017】.jpg

『ましたんギャラリー【2017】』好評発売中! →『ましたんショップ』はコチラ



ほとんど更新しなくなったブログに今さらではあるが新しいカテゴリを追加することになった。
その名も『ストップランド飛び地(チャート倉庫)』!

なんのこっちゃ!?(笑)

知っている人は知っている、『ストップランド』とはましたんワールドで今年から始まったもので、日々のストップ高・ストップ安銘柄を一覧リストにしたものだ。

「飛び地」ということはましたんワールド内ではなく、離れた所に存在しているということ。

「チャート倉庫」ということは、チャートを載せていくということ。

ストップ高関連のコメントや記事はけっこうあるのだが、時間が経ってから検証したいと思っても使えるデータやチャートがネット上に存在していないんだよね。

増担保規制の時もそうだったので、結局ましたんワールドを自分で作ることになったのだけど、要はそれと同じ流れ。株は英語でストックなのにね。みんなフローの方ばかり気になるらしい。(笑)


それはいいとして、でもなぜここに?
ましたんワールドでやればいいじゃん」って話なのだが、まあいろいろあるんだよね。

一応チャートの取扱いについて、自分なりのルールというかガイドラインがあって、それに則って使い分けをしている次第。

さあいつまで続くか、な。
2月6日みたいな日が来た日にゃあ・・・。






2018年03月26日

何と比べる?

※長らく記事の投稿をしていなかったら、勝手に広告が表示されるようになったので(しかもつきまとうタイプも!)、取り急ぎ新規投稿をば。


今さらではあるが、2017年の実績を振り返ってみる。

ましたんワールドのサイト運営をすることで、今まで畑違いだった株式市場の特徴というものを、ようやく今ごろになって体得することができた気がする。

ただちょっと遅すぎた。あともう1年早ければ違った方向性で進めたのだが・・・。
詳しいことはいずれ触れる機会があればその時にでも。

要点だけかいつまんでおくと、@株は資産の側面を持つことと、A出来高の2点だろうか。

出来高に関しては商品先物時代には当たり前だったが、為替(FX)になってから全体の正しいデータが入手できないこともあって無視するようになっていた。

それに加えて通貨は真の意味での資産ではなく「交換手段」ということもあって、為替の考え方で株を扱うと、特にチャートだけのテクニカルを振り回していると、「損切り貧乏まっしぐら」感が半端ない。


さて2017年。

使用した資金でみた利益率は約「30%」。
損失ではなく一応「利益」。(笑)


ここでカギとなってくるのが、
これを何と比べるか? だ。

比較対象を銀行預金にするなら、
この低金利時代、比較にならないくらいの高パフォーマンスだ!

しかし、かりにも筆者は「専業」(副業はしているが、やはり「専業」になるだろう)。
だとしたら、「率」だけでなく「量(絶対金額)」が重要だ。

つまり、自分を含めた一家を養うに足る金額をこの利益率で稼いでいるか、ということになる。

率はもう決定して変わらない。

としたら計算で必要になるのは元の資金の総額だ。

もうお分かりだろう。

筆者は残念ながら人に自慢できるほどの資産を持っていない。
つまり、これだけでは絶対金額が足りないのだ!

今回ほど当初資金の重要性を感じたことはない。
そして、このことが相場にとっていかに大きな意味を持つか、改めて思い知らされた。

相場から退場する時は損した時だけではない。
利益を上げても、環境が継続することを許さなければそこで終わりだ。

相場で生き残るには、「金」と「時間」に余裕を持っている人間が圧倒的に有利だ。
勝たなくてもいい。
ただ生き残るだけで勝手に周りが脱落していく。

昔「敗者のゲーム」を読んだ時に、「そんなことはない」と反発を感じたことがあったが、今なら分かる。
「あっ、そういうことね。あるある!」








リンク集
<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
プロフィール
また会う日までさんの画像
また会う日まで
プロフィール