最新コミック情報

広告

posted by fanblog

2019年07月24日

絶対可憐チルドレン 55巻

「絶対可憐チルドレン」の最新刊情報を作品情報と共に発表します!

【作者】
椎名高志

【出版社/掲載誌/連載開始年】
小学館/週刊少年サンデー/2004年

【新刊発売日】
55巻:2019年8月16日

【主要キャラクター】
明石 薫(あかし かおる)
特務エスパー「ザ・チルドレン」のメンバー。
超度7の念動能力者(サイコキノ)で、念力で物体を動かすことができる。
チルドレンのリーダー格。

野上 葵(のがみ あおい)
特務エスパー「ザ・チルドレン」のメンバー。
超度7の瞬間移動能力者(テレポーター)で、空間を自由に行き来することができる。
チルドレンのしっかり者。

三宮 紫穂(さんのみや しほ)
特務エスパー「ザ・チルドレン」のメンバー。
超度7の接触感応能力者(サイコメトラー)で、接触することにより様々な情報を読み取ることができる。
チルドレンの名参謀。

皆本 光一(みなもと こういち)
日本の内務省特務機関「バベル」の職員。
「ザ・チルドレン」の現場運用主任に着任し、教育役として中間管理職の悲哀を味わい尽くす日々を送る。

兵部 京介(ひょうぶ きょうすけ)
パンドラの首領。
催眠能力(ヒュプノ)を中心に様々な能力を持つ複合能力者で、「エスパー史上最悪の犯罪者」としてその存在は外部に秘匿されている。
大戦中に隊長に裏切られたのをきっかけにノーマルに敵意を抱くようになり、エスパーの楽園を作ろうと「パンドラ」を結成する。

【あらすじ】
そう遠くない未来、超能力者の存在は当たり前となり、彼らの能力があらゆる分野で国際競争力の鍵を握るようになる。

超能力者の中でも最強の超度7を持つ3人の少女によって結成された特務エスパー「ザ・チルドレン」は、日々難事件の解決にあたる!
posted by comicday at 20:15| 小学館
検索
出版社カテゴリー
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。