広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2017年01月25日

ストライカー方式オートの利点(1)

グロックピストルが登場して以来現在最新のCZ P10Cに至るまで、アメリカのハンドガン市場はストライカー方式(striker fired)のポリマーフレームオートピストルに席巻されています。ベレッタや1911などの旧式銃に比べて明らかな利点が数多くありますので、気が付く限り書いてみようと思います。

1.部品数が少なく、構造が簡単なこと。
そのおかげで、製造が簡単でコストも低くなっています。また可動部品も少ないので作動不良や故障も少なく、耐久性も高くなっています。
M_and_P-9c.JPG

余談ですが、1911は銃身回りが、銃身本体、バレルブッシング、リンク、リンクピンと四つもの部品からなっているのに比べ、現行の銃は全て一体になっています。もっと言うと、1911はフィードランプがフレームとバレルに分かれているという、現在の水準ではとても考えられないデザインです。



2017年01月23日

米軍次期正式けん銃がSig P320に決定

情報通の皆さんはもうご存知かもしれませんが、トライアルの結果、米軍の次期正式けん銃がSig P320に決定した模様です。かねてよりモジュラー式(modular)つまり拡張性のあるけん銃を探していた米軍と、正にそれを売りにしているSig P320の趣旨が一致したようです。この銃、テイクダウンレバーを抜くだけで、それこそあっと言う間に簡単にグリップフレームを交換することができ、更にスライドやバレルを交換することによって一つのシャシーで何丁分にも変身することができます。

基本構造がワルサーP38と同じ、つまり80年前のデザインと言えるベレッタM9は、最新のストライカー式ポリマーフレームオートと比べるといかにも古く、サイズも大きすぎて重いので、どう考えても時代遅れの感が否めませんでしたから、今回のトライアルも驚くものではありませんでした。

===============================
┏・‥…━━ ホームページデビューは夢じゃない ━━…‥・┓ 
 ★ロリポップ!☆月額100円(税抜)〜で最大400GB!!★
   メールもブログもショッピングカートもついてくる!
┗・‥…━━━━━━━━━━━━━https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2NQM13+D6IHWY+348+65U43 …‥・┛

アメリカの銃砲店巡り(Ready Line)





ダウンタウンシンシナティから約7マイル(11キロちょっと)ほど東へ行ったところにNewtownという小さな町があります。そこにはReady Line, Inc.という銃砲店があり、私がアメリカで最初の装薬銃であるRuger MarkIIIを購入したのはここです。

http://www.readylineonline.com/index.html

この店の規模は以前ご紹介したTarget Worldよりずっと小さいのですが、私の職場から近いこともあり、ちょっと鉄砲が見たくなったり、新製品の品評に出かけたりするのには最適です。先日お邪魔した時は、様々な現行モデルと一緒に、コルトパイソン6インチが$1,200(現金価格)、ドイツのルガー(Luger)P08が同じく$1,200(現金即決)、1944年製のワルサーP38が$750(現金払いだと割引があるのです)で売られていました。その中でやはり目を引くのはルガーP08で、お店のお兄さんに頼んでいじらせてもらいましたが、質実剛健のグロックとは正反対です。あれほど機能美に溢れ、手の込んだ拳銃はもう二度と作られないのは間違いありません。

ただし、予備弾倉を含めた部品が手に入らない(壊れたらどうする)、サイトが見づらい(もう少し大きくしてほしかった)、精度が良くない(あくまでも軍用銃)などの問題から、日常的に標的射撃用にじゃんじゃん撃つものではありません。私は撃たない銃を集めて眺める趣味は全く持っていないため、コルトパイソンやルガーP08などの銃を購入することはまずないと思います(P38の戦後版は持っています)。

ちなみに、以前はReady Lineで弾やクリーニングキット、イヤーマッフなどを購入していましたが、これらは全て一般のスポーツ用品店やスーパーでずっと安く購入できることが分かったので、今では銃以外の買い物を銃砲店ですることはほとんどありません。




2017年01月02日

謹賀新年




新年あけましておめでとうございます。
こちらも十四時間遅れで2017年がやってまいりました。今年も何卒よろしくお願い申し上げます。



ファン
検索
<< 2017年01月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
警察官の誤射 by 合衆国精密射撃部 (09/30)
警察官の誤射 by スタMasa (09/27)
警察官の誤射 by スタMasa (09/27)
2019年度モデルの豊和1500ライフル by 合衆国精密射撃部 (03/05)
2019年度モデルの豊和1500ライフル by スタMasa (03/04)
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
プロフィール
合衆国精密射撃部さんの画像
合衆国精密射撃部
アメリカ合衆国在住です。現在ピストル射撃を中心に行っていますが、ライフルも撃ちます。その他、アウトドア関係全般に興味があります。
プロフィール
日別アーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。