広告

posted by fanblog

2015年06月10日

念願のフリーピストル購入(その2)




さて、こちらではカリフォルニア人民共和国のような共産主義州を除き、通信販売で銃を購入することができます。とは言っても、輸入卸売代理店であるCentury Armsからは直接購入することはできず、FFLという銃の取り扱い・販売の許可のある銃砲店かガンスミスに取り寄せてもらわなければいけません。ちなみに、ISSF用純競技銃はその辺の一般の銃砲店で見かけることは決してありません。誰も買いませんからうれしい顔

インターネットで検索してみると、TOZ-35Mの小売をしている業者を何軒か発見し、その中でも最大手で価格もダントツに安い Cheaper than Dirt!(泥より安い!)という店から購入することにしました。正確に言うと、Cheaper than Dirt! から近所の行き付けの銃砲店に送ってもらい、そこで通常の法的手続きを行って最終的に購入が許されると言う形になります。それにしても、この価格!$503.94プラス送料$10、それに地元の銃砲店でのTransfer Fee(州を越えての取引手数料)が掛かりますが、これは言うまでもなく激安です。アメリカに住んで10年以上になりますが、未使用品のTOZフリーピストルは、今まで一番安くても$1,000ぐらいしていたので、正直びっくりしました。製造コストが低くて有名な(プラスチックのフレームだけなら一円程度らしい。。。)あのグロックより安い。

現在は銃砲店からの連絡待ちです。

続く。。。
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/3780767
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
警察官の誤射 by 合衆国精密射撃部 (09/30)
警察官の誤射 by スタMasa (09/27)
警察官の誤射 by スタMasa (09/27)
2019年度モデルの豊和1500ライフル by 合衆国精密射撃部 (03/05)
2019年度モデルの豊和1500ライフル by スタMasa (03/04)
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
プロフィール
合衆国精密射撃部さんの画像
合衆国精密射撃部
アメリカ合衆国在住です。現在ピストル射撃を中心に行っていますが、ライフルも撃ちます。その他、アウトドア関係全般に興味があります。
プロフィール
日別アーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。