広告

posted by fanblog

2019年09月22日

警察官の誤射





https://news.yahoo.co.jp/pickup/6337308

これまでは、日本で警察官が銃を誤って発射するたびに「暴発」と言って銃のせいにしていました。特に「落としたら暴発した。」などのお笑いの言い訳がまかり通っていたようですが、今回初めて(?)安全確認を怠った「誤射」と発表して責任は使用者側にあることをはっきりさせました。これはある程度の進歩だと思います。若しくは、当事者が正直だったのでしょうか。しかし、「安全確認をしなかった。」というのは銃を使用するものとして最低、言語道断の行為でしょう。

ちなみに在米14年以上になりますが、警察官が銃を「暴発」させたという話はただの一度も聞いたことがありませんし、ニュースで見たこともありません。
この記事へのコメント
スタMasaさん、おはようございます。
そうですね、銃を携帯するのであれば、操作方法を熟知しておくべきだと思います。これまでは、「手入れ中に銃を落としたら暴発した。」という驚愕の言い訳がまかり通っていたようですが、一般市民に誤った情報をもたらすと思います。現代の銃は"drop safe"といって落としても暴発しない構造になっているのが常識ですから。(古い設計の銃はdrop safeになっていないものもあり、例えば1911シリーズ70等は、ハンマーダウンの状態で落とせば暴発する可能性があります。)
Posted by 合衆国精密射撃部 at 2019年09月30日 20:00
お久しぶりです。

日本の警察官はあまりにも銃を知らなすぎです。
逆に見ると、それだけ日本は非銃社会で平和ということです。

ですが、小型武器として拳銃を持つ警察官、
少なくても自分の銃を熟知してほしいものです。
Posted by スタMasa at 2019年09月27日 21:30
お久しぶりです。

今回の事故、機動捜査隊の小隊長らしいですね。
事故の拳銃が何なのか分からないので、何とも言えませんが、本件事故の根本的な原因は、日本の警察官が、あまりにも銃を知らなすぎる、ということです。貸与されているリボルバーの場合、シリンダーの回転方向を知らない警察官のなんと多いことでしょうか。 逆に考えると、それだけ日本は平和だということです。 それが良いのかどうか、小生には判断のしようがありません。
Posted by スタMasa at 2019年09月27日 20:23
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9225887
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
警察官の誤射 by 合衆国精密射撃部 (09/30)
警察官の誤射 by スタMasa (09/27)
警察官の誤射 by スタMasa (09/27)
2019年度モデルの豊和1500ライフル by 合衆国精密射撃部 (03/05)
2019年度モデルの豊和1500ライフル by スタMasa (03/04)
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
プロフィール
合衆国精密射撃部さんの画像
合衆国精密射撃部
アメリカ合衆国在住です。現在ピストル射撃を中心に行っていますが、ライフルも撃ちます。その他、アウトドア関係全般に興味があります。
プロフィール
日別アーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。