広告

posted by fanblog

2017年03月15日

プローン、フリーピストル競技についてのISSFの決議





先月行われたISSFの会合において、全会一致でプローンとフリーピストル(それにダブルトラップ)競技をオリンピックから削除し、APとARの男女チーム種目に置き換えることが決議されました。今後IOCの最終協議を経て決定となります。ゲームオーバーです。

http://www.guns.com/2017/03/01/issf-recommends-dropping-historic-shooting-events-for-2020-olympics/
この記事へのコメント
スタMasaさん、それは世界中どこも同じようです。こちらでISSF競技を統括しているのはUSA Shootingという組織ですが、今回の一件において全く無力だった同組織に愛想を尽かし、脱退すると言っている人たちが大勢いるそうです。アメリカでは元々全然人気のないISSF系種目は、これで大打撃を受けるのは火を見るよりも明らかです。
Posted by 合衆国精密射撃部 at 2017年03月17日 00:53
日本国内ではプローン競技を残さないと、日ラが壊滅します
Posted by スタMasa出先 at 2017年03月16日 11:32
ほっしーさん、こんばんは。
私もそれが一番の懸念だったんです。日本では装薬拳銃の初めがFPですから、それを奪われてしまうようなことになると今後はどうなるか非常に気掛かりです。民間から、ほっしーさんのように装薬銃のトップ射手が現れる機会がなくなってしまいそうで。。。私も署名運動に参加するなどささやかな抵抗をしましたが、相手がIOCや国連では勝負になりません。
Posted by 合衆国精密射撃部 at 2017年03月16日 07:11
スタMasaさん、こんばんは。
確かオリンピック射撃種目の中で、一番競技人口が多いのがプローンだというのをどこかで読んだ覚えがありますが、国内種目が影響を受けるのは避けられないでしょうね。
Posted by 合衆国精密射撃部 at 2017年03月16日 07:05
日本国内の種目変更がどうなるか、が気掛かりです
Posted by スタMasa出先 at 2017年03月16日 03:49
50mのピストルがオリンピック競技から外れるのはとても残念です。
日本での装薬拳銃所持には推薦が必要ですけど、推薦状には確か「国際的規模で開催される競技会の選手または候補」とかってあった気がします。
今後ワールドカップ等からも外れてしまうと今の推薦要綱だと推薦が出なくなる可能性も…
そうなると私達民間選手はアウトになりかねませんね
Posted by ほっしー at 2017年03月15日 18:12
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6052918
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
警察官の誤射 by 合衆国精密射撃部 (09/30)
警察官の誤射 by スタMasa (09/27)
警察官の誤射 by スタMasa (09/27)
2019年度モデルの豊和1500ライフル by 合衆国精密射撃部 (03/05)
2019年度モデルの豊和1500ライフル by スタMasa (03/04)
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
プロフィール
合衆国精密射撃部さんの画像
合衆国精密射撃部
アメリカ合衆国在住です。現在ピストル射撃を中心に行っていますが、ライフルも撃ちます。その他、アウトドア関係全般に興味があります。
プロフィール
日別アーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。