広告

posted by fanblog

2017年01月23日

アメリカの銃砲店巡り(Ready Line)





ダウンタウンシンシナティから約7マイル(11キロちょっと)ほど東へ行ったところにNewtownという小さな町があります。そこにはReady Line, Inc.という銃砲店があり、私がアメリカで最初の装薬銃であるRuger MarkIIIを購入したのはここです。

http://www.readylineonline.com/index.html

この店の規模は以前ご紹介したTarget Worldよりずっと小さいのですが、私の職場から近いこともあり、ちょっと鉄砲が見たくなったり、新製品の品評に出かけたりするのには最適です。先日お邪魔した時は、様々な現行モデルと一緒に、コルトパイソン6インチが$1,200(現金価格)、ドイツのルガー(Luger)P08が同じく$1,200(現金即決)、1944年製のワルサーP38が$750(現金払いだと割引があるのです)で売られていました。その中でやはり目を引くのはルガーP08で、お店のお兄さんに頼んでいじらせてもらいましたが、質実剛健のグロックとは正反対です。あれほど機能美に溢れ、手の込んだ拳銃はもう二度と作られないのは間違いありません。

ただし、予備弾倉を含めた部品が手に入らない(壊れたらどうする)、サイトが見づらい(もう少し大きくしてほしかった)、精度が良くない(あくまでも軍用銃)などの問題から、日常的に標的射撃用にじゃんじゃん撃つものではありません。私は撃たない銃を集めて眺める趣味は全く持っていないため、コルトパイソンやルガーP08などの銃を購入することはまずないと思います(P38の戦後版は持っています)。

ちなみに、以前はReady Lineで弾やクリーニングキット、イヤーマッフなどを購入していましたが、これらは全て一般のスポーツ用品店やスーパーでずっと安く購入できることが分かったので、今では銃以外の買い物を銃砲店ですることはほとんどありません。




この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/5852230
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
警察官の誤射 by 合衆国精密射撃部 (09/30)
警察官の誤射 by スタMasa (09/27)
警察官の誤射 by スタMasa (09/27)
2019年度モデルの豊和1500ライフル by 合衆国精密射撃部 (03/05)
2019年度モデルの豊和1500ライフル by スタMasa (03/04)
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
プロフィール
合衆国精密射撃部さんの画像
合衆国精密射撃部
アメリカ合衆国在住です。現在ピストル射撃を中心に行っていますが、ライフルも撃ちます。その他、アウトドア関係全般に興味があります。
プロフィール
日別アーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。