広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2015年07月28日

初めてのAP(1)

国内最大級の個人向けレンタルサーバー『ロリポップ!レンタルサーバー』は、

月額100円(税抜)〜で容量最大400GB!しかも安いだけじゃなく
大人気WordPressの簡単インストール/ウェブメーラーなど
機能も満載!共有/独自SSLもバッチリ対応でセキュリティ対策も万全!

もちろん、オンラインマニュアルやライブチャットなど、

充実したサポートで初心者の方でも安心です。

無料のお試し期間が10日間ありますので、

まずはお気軽にご利用してみてくださいね!


▼ロリポップ!レンタルサーバーはこちら

=====================
実は2005年にアメリカで射撃競技を再開するにあたり、諸事情によってまず購入したのは、日本では実銃にあたる空気銃でした。購入する際ライフルにしようかピストルにしようか少しだけ迷いましたが、ピストルの場合銃以外の用具がほとんど必要なく、また所属のクラブ員の大多数がピストル射手なので、 結局APを購入することにしました。

アメリカでは、まずは安いAPで射撃競技を始め、つまらなければ辞め、気に入ればより性能の良い銃に買い替えるのが普通となっています。逆に日本では、法律上、制度上(一銃一許可制で、しかもAPは日ラの推薦が必要なため)入門用の安いAPから始めて、後でステップアップするというのは難しくなっており、最初から最高の性能の銃を手に入れる場合がほとんどだと思いますが(間違っていたら済みません)、こちらでは逆にいきなり高価なAPを購入する人は珍しいです。

2015年07月25日

あのー、その英語違いますよ(1)




マクマホン X
マクマーン O
日本のニュースでWWEレスリングの社長の名前を、「ビンス・マクマホン」って書いてあるのを読んで、笑いました!"Vince McMahon"の"McMahon"は、メリケン語で正しくは、「マクマーン」と発音します。ご本人が、恐らく「マホ〜ン!!!」とか叫んで怒っていますよ(笑)。


2015年07月24日

Ruger Precision Rifle




このライフルは気に入った!
http://ruger.com/micros/rpr/index.html
メーカー希望小売価格は$1,399だが、店頭では$1,100ぐらいになるはず。基本構造がよく似たあの有名なTubb2000が$4,500もするのに比べて、何と四分の一の価格!欲しい。。。



2015年07月23日

ライフルかピストルか




日本人射手の方に「ピストルとライフルのどちらが好き?」とよく尋ねられます。通常私は少し迷ってから、実はライフルの方が好きかもしれない、と答えます(その時の気分によって異なることがありますが)。アメリカでは、オリンピックスタイルのライフル射撃人口が極端に少なく(私の周りでは皆無)、また一番近くの射撃のクラブがピストルクラブである等の理由から、現在私はピストルを主に撃っている次第ですが、ライフルも現在三丁所持しています。


2015年07月21日

日常携帯品(カーショー・クライオ)




こちらでは、日常携帯品としてポケットナイフを持っているのはごく当たり前のことで、私も、毎日何らかの形で(例えば封筒を綺麗に切ったり、ダンボールの小包を開けたり、紐を切ったり、鉛筆を削ったり等々)ナイフにお世話になっています。
Kershaw_Cryo.JPG
さて、写真はKershaw Cryoというフレームロックのポケットナイフで、カーショー社からたしか2012年に発売になったものです。ハンドルを含めた全体がステンレススチール製で、チタンコーティングがされています。フレームロックは文字通りフレームの一部で開かれた刃をロックし、一般的にライナーロックより丈夫だと言われています。まあ、日用品として使う分には強度はさほど重要ではありませんが。




Kershaw_Cryo-Frame-lock.JPG
ドロップポイントの小型の刃は2 3/4インチで、私の日常携帯品としてはちょうどいい大きさです。材質は8Cr13MoVという中国産ステンレスですが、品質はまあまあでしょうか。確か、$25ぐらいの安価で購入したと思います。
Kershaw_Cryo-Opened.JPG
クライオは、Flipper Designという方式を採用していて、人差し指でフィンガーガードを文字通り「フリップ」して刃を開きます(写真参照)。この方法は、慣れないと刃が半開きになって危険なこともあり得るのですが、カーショー社独自のスピードセーフというスプリング補助が入ってあり、バネの圧力で完全に(安全に)刃が開くようになっています。
Kershaw_Cryo-Flipper.JPG
ちなみに妻も同じものを愛用しているんですよ。


2015年07月20日

S&W K-38(3)




K-38購入時-3.jpgK-38_Bluing-2.JPGK-38_Bluing-1.JPG
ご覧の通り、仕上げはとても綺麗です。ただし、何しろ古い銃なので頻繁に手が触れる部分はブルーが擦れてしまっているので、Birchwood Caseyというガンブルーを使って再仕上げしました。


2015年07月19日

S&W K-38(2)




K-38購入時-2.jpg

購入時の話の続きです。
自宅から最も近いところにあるA銃砲店の特徴は、なんと言っても珍しい中古品の売買を中心に行っていることでしょう。しかも、その中古銃がどれも非常に丁寧に掃除されているんです。実際のところ、この地区最大手のT銃砲店で売っている新銃よりも、ずっときれいですから。この銃砲店が「プロ」によって運営されているのが分かります。

さて、店に着くとリボルバーのコーナーに直行。ケースの中にはいつもながらまあ珍しい銃があるわあるわで、思わず「へー。」と声が出てしまいました。例えば、コルトのOfficial Policeの程度極上が二丁、コレクター垂涎のS&W M1917、極めつけは、S&W M36 Chief’s Specialのスクエアバット2インチモデルまでありました。収集家であればこれらの銃を外すことは有り得ないでしょうし、値段も$500代と大したことはありません(M1917を除く)。しかし、私には使い道がなく、撃たない銃は持っていても意味が無いので、迷わず本命のK-38に集中することにしました。

“I must say you always have VERY interesting pieces.”
“Thank you. We try.”
“Now, could I take a look at this K38, please?”

という感じで会話が進み、銃を手に取らせてもらうことにしました。店員さんは、銃を渡す前にきちんと弾倉を開けて、弾が装填されていないことを確認してから私に手渡してくれました。弾が入っていないのが分かっていようがいまいが、プロとしての当然の安全確認行為なんです。私も銃を受け取った際、弾倉を再度開けて装填の有無を確認し、その礼に応えます。

この銃はPre 14と呼ばれる古いモデルで、M14という名前がつけられる以前のタイプです。ご存知かもしれませんが、サイドプレートが4つのねじで固定され、しかもトリガーガードの前にもネジが着いている骨董品(笑)です。まず驚いたのがその価格で、何と$495と値札に書いてあるじゃないですか!やっ、安い!私の表情を読み取ったのか、店員さんが、「本当だとあと$100は高くなるはずの銃なんだけれど、前の所有者が自分の名前をここに刻印しちゃんたんだよ。」と言って、銃の左側を指差しました。まあご丁寧に、サムピースのすぐ下のところにJ. Collinsとしっかり名前を彫っちゃってるんですね、これが。また、撃鉄と引き金がオリジナルではなく、ハードクロームメッキのカスタム品に交換してありました。コレクションのことはよく知りませんが、これで恐らく収集品としての価値は無くなってしまったはずです。

私にとっての銃はコレクションの対象ではなく射撃スポーツの道具なので、作動が完璧で高精度であれば、誰の名前が刻印してあろうが部品が交換してあろうが、これっぽっちも気になりません。むしろ安く手に入れられれば好都合というものです。実際引き金を引いてみると、あまりにアクションが軽く滑らかなので、パワーを下げたメインスプリングに交換してあるのが直ぐに分かりました。店員さんによると、前の所有者はガンスミスで、自分でアクションのチューンや部品交換まで行ったとのことで、納得。その他、弾倉の固定具合や、タイミング(引き金をゆっくり引いて、撃鉄が落ちる寸前にシリンダーストップが弾倉の溝にかかること)、銃口付近などを見て問題が無いことを確認しました。非常に古い銃ですが、よく手入れされています。

「うーん、これは買うしかない。。。」

この時点で、購入を決心しました。


2015年07月17日

ハンドロード(6)




リー・パーフェクトパウダーメジャー.JPG
これも、リー社製の"Perfect Powder Measure"です。38スペシャルの鉛弾頭セミワッドカッター(LSWC)158グレイン用に、AlliantのBullseye火薬が3.2グレイン出るように微調整してあります。本当はフルロードだと3.5グレインなのですが、約一割減らして精密標的射撃用にしています。


日常携帯品(スイスアーミークラッシックSD)




Swiss_Army_Classic_SD-1.JPGSwiss_Army_Classic_SD-2.JPG
日本でも有名なビクトリノックス社(Victrinox)製のスイスアーミーナイフですが、その中でも一番小さくて、しかもアメリカで一番人気があると言われているのがこのClassic SDモデルです。私も、普段の生活でほとんどこれを携帯して、封筒や小包を開けたり、紐を切ったり、ささくれ立った爪を整えたり、刺さった棘を抜いたり、射場ではリアサイトのネジを回したりと、ありとあらゆる所で活躍してくれます。

Swiss Army Classic SDには、

1. ナイフ
2. はさみ
3. やすり(先端にマイナスドライバー付)
4. つまようじ
5. ピンセット(刺抜き)
6. キーリング

と六つの機能がこの小さなボディーに詰まっています。確か$11ぐらいだったと思います。

2015年07月16日

S&W K-38(1)




K-38購入時-1.jpg
現在私が所有している銃の中で最も製造年月日が古いのがこれです。写真は購入時のもので、現在とは若干異なります。ちなみに、よく聞かれるんですが、今自宅に何丁あるかは数えてみないと分かりません。(今度また数えてみます。)

いつも使っている郵便局の二件隣に、個人経営のこじんまりとした銃砲店があるのですが、この店は自宅から3.2キロしか離れていないので、ちょっとした時間があれば気軽に行けます。ここはコレクターなら涎が出るような珍しい銃や、古い軍用ライフルが多数あり、普通の銃砲店ではちょっとお目にかかれないようなすごい物がごろごろあります。程度極上のアストラM600なんていう珍品も見たことがあります(ブルーイングが素晴らしく綺麗でした)。もうかなり前、その店のサイトでS&W K38 6”が売りに出ているのを見たときは、本当に嬉しかったのを今でもよく覚えています。私は、精密射撃射手の端くれとして(本当に端くれですが)、AP、FP、それにCP特にK38の6インチモデルがどうしても欲しかったので、店まで飛んで行きました。同モデルの程度良の中古品の相場が大体$570程度なのはなんとなく知っていましたので、それより安かったらすぐに買おうと思っていました。
ファン
検索
<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
警察官の誤射 by 合衆国精密射撃部 (09/30)
警察官の誤射 by スタMasa (09/27)
警察官の誤射 by スタMasa (09/27)
2019年度モデルの豊和1500ライフル by 合衆国精密射撃部 (03/05)
2019年度モデルの豊和1500ライフル by スタMasa (03/04)
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
プロフィール
合衆国精密射撃部さんの画像
合衆国精密射撃部
アメリカ合衆国在住です。現在ピストル射撃を中心に行っていますが、ライフルも撃ちます。その他、アウトドア関係全般に興味があります。
プロフィール
日別アーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。