広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2019年01月14日

@経営戦略 (2)成長戦略 3:PPM 1.PPMの前提(その3)

A製品ライフサイクル

2.成長期
・製品が消費者に認知され、市場に浸透してくる時期
1)売上・費用・利益
成長期当初は売上高はまだ低いが、時間とともに需要が急激に増し、売上高が急上昇していく。また、競争に勝つため広告宣伝費や営業活動費が多く必要となるが、利益は売上高の上昇につれてプラスに転じる。
2)製品コストと価格
市場への浸透とともに、生産量の拡大と作業の熟練とともにコストは低下していく。また、競合企業との価格競争も発生するため製品価格も低くなる。
3)顧客
比較的早期に新製品を購入したい層が顧客となり、その数も増加していく。
4)競合企業と市場規模
同業他社により同種製品が開発され、多くの競合企業が市場に参入。また需要の拡大とともに市場規模も大きくなる。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
ブログ感覚で簡単運営!飲食店ホームページが月額1,000円(税抜)の低価格!
グーペ https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZAMGR+6RIBYY+348+1TJLZN
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

@経営戦略 (2)成長戦略 3:PPM 1.PPMの前提(その2)

A製品ライフサイクル
Product Life Cycleの略
製品が市場に投入され、廃棄されるまでの生命周期と言える。

1.導入期
・新製品が開発され、初めて市場に投入された時期
1)売上・費用・利益
売上高は低い状態。また、新製品紹介など広告宣伝費や営業活動費が多く必要となるため、利益はマイナスとなる。
2)製品コストと価格
生産量が少ないため、製品コストは高くなり、販売価格も高い状態が続く。
3)顧客
新製品に関心の高い革新的な顧客であるが、少数である。
4)競合企業と市場規模
同業他社はまだ新製品の開発段階のため、競合製品が市場に参入してくる数は少ない。よって市場規模も小さい。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
ブログ感覚で簡単運営!飲食店ホームページが月額1,000円(税抜)の低価格!
グーペ https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZAMGR+6RIBYY+348+1TJLZN
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2019年01月08日

@経営戦略 (2)成長戦略 3:PPM 1.PPMの前提(その1)

@SBU
Strategic Business Unit(戦略事業単位)の略
特定の事業を中心として構成される戦略策定のための単位。個々のSBUは1つあるいは複数の事業部で構成され、各SBUは独自の目標を持ち、戦略と計画の策定を行う。



2019年01月06日

@経営戦略 (2)成長戦略 2:多角化戦略 2.リストラクチャリング

リストラクチャリングとは、事業構造の再構築のこと。リストラクチャリングには2種類あり、1つは本業強化につながるもので、もう1つは事業の多角化(新規事業開発)である。

本業強化型のものは徹底した合理化、ダウンサイジンクを行うことで事業の競争力を強めることを目的としている。

多角化型のものは事業構造そのものを複合化して環境変化に対応しようとするものである。

(結論)
企業が成長、生存を図っていくためには、展開している事業内容を見直し、再構築することが必要になる。

24時間安定稼働の初期費用無料、最低利用期間無し、月額1,800円から使える【ConoHa for Windows Server】



\ConoHa WEB広告限定キャンペーン実施中/

新規でConoHaのアカウントを登録すると

もれなく【700円】クーポンプレゼント!



▼キャンペーン詳細

2019年01月05日

解答E

バツ1
主力事業と関連が薄いのであれば、シナジー効果は高まらない。

オンラインで学ぶ!小中学生向けプログラミング D-SCHOOLオンライン

問題E

主力事業との関連が薄い事業分野への多角化は、新規技術や他マーケット情報をもたらすので、主力事業とのシナジー効果が高まる。



@経営戦略 (2)成長戦略 2:多角化戦略 1.多角化戦略を展開する5つの理由

@組織スラック(余裕資源)の活用

A新しい事業分野の認識

B主力事業の需要の停滞

Cリスクの分散
特定の事業の業績が悪化しても、他の事業でカバーすることで、ポートフォリオ効果(分散投資によって得られる安定したリターン)が得られる。この効果を得るには、事業間の製品あるいは市場の関連性が低いことが前提となる。このような多角化を「無関連多角化」という。

Dシナジー(相乗効果)の追求
既存事業と新事業の資源展開に共通点がある「関連多角化」と呼ばれる。無関連多角化よりも、既存の経営資源が利用可能な「関連多角化」のほうが成功確率が高い。




@経営戦略 (2)成長戦略 1:製品=市場マトリックス 2.経営戦略の4つの展開

@市場浸透戦略
既存市場に既存製品を投入する戦略。市場シェアを拡大し、経営目標達成を目指す。

A新市場開拓戦略
新市場に既存製品を投入する戦略。未開拓であった市場(新しい顧客層や土地等)に展開する方法で、海外進出や女性物を男性用にアレンジして販売する手法がこれにあたる。

B新製品開発戦略
既存市場に新製品を投入する戦略。自動車や携帯電話の新モデル投入や新機種の投入がこれにあたる。

C多角化戦略
新市場に新製品を投入する戦略。(無関連多角化)



2019年01月03日

解答D


「因果関係の不明性」に関するものであり、経路依存性に関する内容ではない。経路依存性とセットになるのは「独自の歴史的条件」である。



2018年12月22日

解答C

バツ1
長期計画は通常、3〜5年のスパンで策定すべきである。



ファン
検索
<< 2019年01月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール
中小企業診断士さんの画像
中小企業診断士
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。