広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2019年04月18日

家の中にコウモリが侵入してきた!

もう数年前の話です。

うちは田舎の一軒家。

夕方になるとコウモリがたくさん飛んでいるのですが、

そのコウモリが、なんとある日、通気口から家の中へ入ってきてしまったんです!ガーン!こわー!こわすぎー!

幸い、侵入してきたのは1匹(1羽?数え方わからない)でしたが、家の中にコウモリです。

家族は大パニック。誰がコウモリを追い出すのか、押し付け合いすたーと!

そんな経験から、コウモリが家の中に入ってきてしまった場合について書きたいと思います。

少しでも同じ目にあったかわいそうな人たちのためになればいいなと思います。…気持ち、わかりますよ。



まず、絶対にコウモリは殺してはいけません。

まぁそう簡単に殺す人はいないとは思いますが…コウモリは鳥獣保護法で守られています。

殺してはいけないんです。

ならば出て行ってもらおう!とはいうものの、捕まえるのとか怖すぎ…あと汚そう…(コウモリごめん)



ということで、実際に私がコウモリを家から追い出した方法を試してください。

まず、コウモリの侵入した部屋、押入れ、トイレなど、コウモリが侵入してきた場所から別の部屋へ移動しないように、いったんドアなどを閉めてください。

これでとりあえず安心してください。

で、できれば、いまコウモリを閉じ込めた部屋の電気をつける。

なぜかというと、夜行性のコウモリが侵入してきたということは、もう家の外は日が落ちて真っ暗か、少なくとも夕方の薄暗い時間帯です。

そこで部屋の電気をつけると、コウモリはまぶしいのを嫌がって、侵入してきた窓なり通気口なりから、暗い外へ出たがります。

なので、せっかくいまコウモリを閉じ込めたはずですが、できればコウモリが外へ脱出できるように窓も開けて、さらに電気をつけてから、もう一度閉じ込めるといいです。

え?難易度高いですか?

でも、コウモリが脱出してくれないと、最悪の場合、コウモリはそこに居座り、朝になる少し前に自分のねぐらに帰るか、もしくは、その部屋をねぐらにします。(!)

コウモリの侵入が、一度きりならいいですが、2回以上同じ場所から入られた場合は、これはもう完全に狙われています。

うちの場合もそうでした。同じ通気口から2度侵入されてしまいました。

こうなってしまったら、もう害獣駆除業者に頼むしかありません。

コウモリ駆除はもちろんコウモリを殺すわけではないので、すでに家に住み着いてしまっているコウモリを追い出し、もう来ないようにしてくれるのです。

具体的には、家にすでにコウモリが住み着いている場合には、まず薬をたいて屋根裏や、壁と壁の隙間など、家の内部のあらゆる隙間に住み着いているコウモリを追い出します。

たいてい業者から説明がありますが、この薬は赤ちゃんも含めて人間には害はないです。

それからコウモリ汚いですからフンの掃除はもちろん、消毒もしてくれたりします。

そして、根本的に通気口などの侵入口にはもう侵入できないように、外側からあみをはめたりします。

ちなみにうちの場合は通気口から侵入されてしまいましたが、

駆除業者さんに「この通気口はすごく侵入されやすいです」と言われてしまいました。

そのコウモリが入りやすい通気口(換気扇)とはこれ。

IMG_20190418_215938.jpg

このタイプは危険らしいです。

また、害獣駆除の業者さんから聞いた話だと、コウモリに入られやすい家の特徴というものは存在しないらしいのです。

田舎だからとか、逆に都会だから、というのも関係ないとのこと。

ただし、何軒か家が並んでいる場合は端や角の家のほうが狙われやすいということはあるけれど、だからといって、真ん中の家には入ってこないということもない、という微妙な情報。

それから、田舎に多いですが、一軒だけで建っている家、つまり、ほかの家と隣接していない家も、狙われやすいといえば狙われやすい…という感じでした。

ううーん、はっきりとは言えないみたいでしたが。

とにかく、コウモリに侵入されてしまった私たちから言えることは、家をコウモリのねぐらにされてしまう前に、早く駆除業者を呼んでください、ということです。

特に、コウモリの繁殖期や、秋から冬への季節の変わり目は冬眠前ですから、コウモリがねぐらを探しているそうです。

ねぐらにされてしまったら大変です。急いで駆除業者に連絡してください。

↓この駆除業者なら全国どこでもOKで深夜でも電話OKです。
↓ホームページにはアライグマとかイタチとか書いてありますが、コウモリも駆除してくれます。




とりあえず早めに連絡したほうがいいです。

なぜかというと、だいたいあなたの家にコウモリが侵入したということは、コウモリの活動が活発な時期なのです。

ということは、ほかの家にも侵入しているはずです。

そういう時期は駆除業者も忙しくてすぐには来てくれない可能性高いです。

うちの場合も、電話して1週間後にしか来てくれなかったので、それまで換気扇を24時間ずっとONにして侵入されないようにしていましたが、換気扇壊れないかハラハラしてしまいました。

さらにそれでも心配だったので、コウモリはハッカのにおいが苦手らしいので、薬局でハッカ油を買ってきて、侵入された換気扇下にハッカ油をしみこませた綿を置いておきました。

意味があったのかどうかは謎ですが、それでも業者の方が来てくれるまではコウモリの侵入は防げました。


以上が、家の中にコウモリが入ってきてしまったというショッキングな出来事が起こったときの対策やらなんやらです。

参考になればうれしいです。
最新記事
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
日別アーカイブ
プロフィール
ぶんちゃんさんの画像
ぶんちゃん
保育園の娘がひとり。子育てしながら正社員として働いてます。 なんてことないブログですが、なにか役に立つ情報が発信できたらいいなと思っています。
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。