広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2016年11月30日

アガサ・クリスティ  「ねずみとり」





ねずみとり (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
51S42G08TWL__SX317_BO1,204,203,200_.jpg

若夫婦の山荘に、大雪をついて五人の泊り客、そして一人の刑事がやってきた。折しも、ラジオからは凄惨な殺人事件のニュースが流れはじめる。やがて、不気味なほどの緊張感がたかまり、舞台は暗転した!マザー・グースのしらべにのって展開する、スリリングな罠。演劇史上類をみないロングランを誇るミステリ劇。




2016年11月29日

アガサ・クリスティ  「杉の柩」





杉の柩 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
51GY9ZDT00L__SX317_BO1,204,203,200_.jpg

婚約中のロディーとエリノアの前に現われた薔薇のごときメアリイ。彼女の出現でロディーが心変わりをし、婚約は解消された。激しい憎悪がエリノアの心に湧き上がり、やがて彼女の作った食事を食べたメアリイが死んだ。犯人は私ではない!エリノアは否定するが…嫉妬に揺れる女心をポアロの調査が解き明かす。




2016年11月28日

アガサ・クリスティ  「死の猟犬」





死の猟犬 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
518ZPYA2SVL__SX318_BO1,204,203,200_.jpg

ベルギーの小さな村に侵入したドイツ兵士を、謎の爆発現象で吹き飛ばしたのは聖女と評判の修道女であった。まもなく、彼女は「死の猟犬」について謎めいた話を始めるが…。超自然現象とそれに絡む犯罪を描いた表題作をはじめ、幻想怪奇をテーマにした異色短篇11篇と映画化された名作短篇「検察側の証人」を収録。




2016年11月27日

アガサ・クリスティ  「ブラック・コーヒー」





ブラック・コーヒー (小説版) (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
51YZWJ0H3PL__SX314_BO1,204,203,200_.jpg

晩餐後、科学者サー・クロード・エイモリーは家の者を集め「この中に極秘書類を盗んだ者がいる」と叫んだ。部屋を暗くしている間に書類を返すことを彼は勧めたが、明かりがつくと殺されていた。彼から国家的大問題について相談したいと言れていたポアロは、真相を追うが…巧みな構成による、同名戯曲の小説版。




2016年11月26日

アガサ・クリスティ  「愛の重さ」





愛の重さ (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
515HPTQBWRL__SX313_BO1,204,203,200_.jpg

ローラは寂しい少女だった。両親の愛は、若くして死んだ兄に向けられ、さらに生まれたばかりの妹シャーリーがその愛を奪おうとしている。ローラは嫉妬を覚えた。だが、家が火災に見舞われ妹を救いだしたことで、ローラは愛する歓びを知り、ひたすらシャーリーに愛を注ぎこむ。それが妹の重荷になるとも知らず…。




2016年11月25日

アガサ・クリスティ  「ミス・マープルのご意見は?」





ミス・マープルのご意見は? 1
41YiZ9jVoWL__SX373_BO1,204,203,200_.jpg

セント・メアリ・ミード村で静かな暮らしを送るミス・マープルは、人のうわさ好き。どんな出来事にも興味をもち、好奇心旺盛で記憶力も抜群。編物をしながら、じっと話に耳を傾けている。ガーデニングも好きで、通りかかる人物にも注意を怠らない。そして驚くべき洞察力で、事件の謎を解いてしまう。ミス・マープルは長編「牧師館殺人事件」で初めて顔をみせ、 その後、多くの短編・長編で活躍した。「ミス・マープルの物語は、書いていてとても楽しかった。わたしは、自分が作ったこのおだやかなおばあさんが大好きになってしまいました。読者のみなさんにも好きになってほしいと心から願っています」作者はこう書いた。




2016年11月24日

アガサ・クリスティ  「招かれざる客」





招かれざる客 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
51DHAFKM3CL__SX315_BO1,204,203,200_.jpg

深い霧がたちこめ、霧笛が響く夜。庭を見わたすフランス窓の前で、車椅子に座った館の当主が射殺されていた。そのかたわらには、拳銃を握ったままの若い妻が立ちつくしている。車の故障でたまたま立ち寄った男は、美しい妻のために一計を案ずるが…スリリングな展開と意外な結末が待ちかまえる傑作ミステリ戯曲。




2016年11月23日

アガサ・クリスティ  「スリーピング・マーダー」





スリーピング・マーダー (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
51OOdH93usL__SX337_BO1,204,203,200_.jpg

若妻グエンダはヴィクトリア朝風の家で新生活を始めた。だが、奇妙なことに初めて見るはずの家の中に既視感を抱く。ある日、観劇に行ったグエンダは、芝居の終幕近くの台詞を聞いて突如失神した。彼女は家の中で殺人が行なわれた記憶をふいに思い出したというのだが…ミス・マープルが、回想の中の殺人に挑む。




2016年11月22日

アガサ・クリスティ  「五匹の子豚」





五匹の子豚 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
51FPDW9896L__SX315_BO1,204,203,200_.jpg

母は無実だったのです―娘の頼みにポアロの心は動いた。事件が起きたのは16年前。若い恋人に走った高名な画家を妻が毒殺、裁判の末に獄中死したのだ。殺人犯を母に持った娘の依頼で再調査に乗り出したポアロは、過去へと時間を遡り、当時の状況を再現してゆく。関係者の錯綜した証言から紡ぎ出された真相とは。




2016年11月21日

アガサ・クリスティ  「ゼロ時間へ」





ゼロ時間へ (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
513DCA13CSL__SX314_BO1,204,203,200_.jpg

残忍な殺人は平穏な海辺の館で起こった。殺されたのは金持ちの老婦人。金目的の犯行かと思われたが、それは恐るべき殺人計画の序章にすぎなかった―人の命を奪う魔の瞬間“ゼロ時間”に向けて、着々と進められてゆく綿密で用意周到な計画とは?ミステリの常識を覆したと評価の高い画期的な野心作を新訳で贈る。




<< 2016年11月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
検索
カテゴリアーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。