広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2016年07月31日

『東西ミステリーベスト100』 2012年版 海外編8位





ブラウン神父の童心 (創元推理文庫)
5158NDJZ1SL__SX350_BO1,204,203,200_.jpg

奇想天外なトリック、痛烈な諷刺とユーモア、独特の逆説と警句、全五冊におよぶ色彩ゆたかなブラウン神父譚は、シャーロック・ホームズものと双璧をなす短編推理小説の宝庫で、作者チェスタトンのトリック創案率は古今随一だ。まんまるい顔、不格好で小柄なからだ、大きな黒い帽子とこうもり傘の神父探偵の推理は常に読者の意表をつく。




2016年07月30日

『東西ミステリーベスト100』 2012年版 海外編 7位





薔薇の名前〈上〉
515XTBC9ESL__SX327_BO1,204,203,200_.jpg

迷宮構造をもつ文書館を備えた、中世北イタリアの僧院で「ヨハネの黙示録」に従った連続殺人事件が。バスカヴィルのウィリアム修道士が事件の陰には一冊の書物の存在があることを探り出したが…。精緻な推理小説の中に碩学エーコがしかけた知のたくらみ。




2016年07月29日

『東西ミステリーベスト100』 2012年版 海外編 6位





ロング・グッドバイ (ハヤカワ・ミステリ文庫)
419Hp-T4cpL__SX344_BO1,204,203,200_.jpg

私立探偵フィリップ・マーロウは、億万長者の娘シルヴィアの夫テリー・レノックスと知り合う。あり余る富に囲まれていながら、男はどこか暗い蔭を宿していた。何度か会って杯を重ねるうち、互いに友情を覚えはじめた二人。しかし、やがてレノックスは妻殺しの容疑をかけられ自殺を遂げてしまう。が、その裏には哀しくも奥深い真相が隠されていた…大都会の孤独と死、愛と友情を謳いあげた永遠の名作が、村上春樹の翻訳により鮮やかに甦る。アメリカ探偵作家クラブ(MWA)賞最優秀長篇賞受賞作。




2016年07月28日

『東西ミステリーベスト100』 2012年版 海外編 5位





アクロイド殺し (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
51MNFB472ML__SX315_BO1,204,203,200_.jpg

深夜の電話に駆けつけたシェパード医師が見たのは、村の名士アクロイド氏の変わり果てた姿。容疑者である氏の甥が行方をくらませ、事件は早くも迷宮入りの様相を呈し始めた。だが、村に越してきた変人が名探偵ポアロと判明し、局面は新たな展開を…驚愕の真相でミステリ界に大きな波紋を投じた名作が新訳で登場。




2016年07月27日

『東西ミステリーベスト100』 2012年版 海外編 4位





幻の女〔新訳版〕 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
517aSHFdTgL__SX336_BO1,204,203,200_.jpg

妻と喧嘩し、あてもなく街をさまよっていた男は、風変りな帽子をかぶった見ず知らずの女に出会う。彼は気晴らしにその女を誘って食事をし、劇場でショーを観て、酒を飲んで別れた。その後、帰宅した男を待っていたのは、絞殺された妻の死体と刑事たちだった!迫りくる死刑執行の時。彼のアリバイを証明するたった一人の目撃者“幻の女”はいったいどこにいるのか?最新訳で贈るサスペンスの不朽の名作。




2016年07月26日

『東西ミステリーベスト100』 2012年版 海外編 3位





シャーロック・ホームズの冒険 (新潮文庫)
41aHfHbt6lL__SX355_BO1,204,203,200_.jpg

ロンドンにまき起る奇怪な事件を追って神出鬼没する名探偵シャーロック・ホームズは、その怜悧な推理と魅力的な個性で読者を魅了する。近代探偵小説を確立したホームズ物語の第一短編集。赤毛の男が加入した奇妙な組合のからくりを追う「赤髪組合」、乞食を三日やったらやめられない話「唇の捩れた男」など10編。意表をつく事件の展開、軽妙なユーモアがあふれる作品集である。




2016年07月25日

『東西ミステリーベスト100』 2012年版 海外編 2位





Yの悲劇 (角川文庫)
41jp0JHbYCL__SX351_BO1,204,203,200_.jpg

大富豪ヨーク・ハッターの死体がニューヨークの港で発見される。毒物による自殺だと考えられたが、その後、異形のハッター一族に信じられない惨劇がふりかかる。ミステリ史上最高の傑作が、名翻訳家の最新訳で蘇る!




2016年07月24日

『東西ミステリーベスト100』 2012年版 海外編 1位





そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
51QRUaZvIzL__SX325_BO1,204,203,200_.jpg

その孤島に招き寄せられたのは、たがいに面識もない、職業や年齢もさまざまな十人の男女だった。だが、招待主の姿は島にはなく、やがて夕食の席上、彼らの過去の犯罪を暴き立てる謎の声が……そして無気味な童謡の歌詞通りに、彼らが一人ずつ殺されてゆく! 強烈なサスペンスに彩られた最高傑作! 新訳決定版! (解説・赤川次郎/装幀・真鍋博)




2016年07月23日

『東西ミステリーベスト100』 2012年版 日本編 102位





エトロフ発緊急電 (新潮文庫)
516h4ixehyL__SX348_BO1,204,203,200_.jpg

1941年12月8日、日本海軍機動部隊は真珠湾を奇襲。この攻撃の情報をルーズベルトは事前に入手していたか!?海軍機動部隊が極秘裡に集結する択捉島に潜入したアメリカ合衆国の日系人スパイ、ケニー・サイトウ。義勇兵として戦ったスペイン戦争で革命に幻滅し、殺し屋となっていた彼が、激烈な諜報戦が繰り広げられる北海の小島に見たものは何だったのか。山本賞受賞の冒険巨篇。




2016年07月22日

『東西ミステリーベスト100』 2012年版 日本編 101位





永遠の仔(幻冬舎文庫)
51Q72QJJ16L__SX307_BO1,204,203,200_.jpg

霧の霊峰で一人の少女・久坂優希と二人の少年が起こした聖なる事件。その秘密を抱えたまま別れた三人が、17年後再会した。そして過去を探ろうとする弟の動きと殺人事件の捜査によって優希の平穏な日々は終わりを告げた-。




<< 2016年07月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
検索
カテゴリアーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。