広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2015年12月31日

深町秋生『果てしなき渇き』水原秀策『サウスポー・キラー』 第3回『このミステリーがすごい!』大賞受賞(2003年)





果てしなき渇き
サウスポー・キラー
果てしなき.jpg519t7LJuKDL__SX298_BO1,204,203,200_.jpg

『果てしなき渇き』
部屋に麻薬のカケラを残し失踪した加奈子。その行方を追う、元刑事で父親の藤島。一方、三年前。級友から酷いイジメにあっていた尚人は助けてくれた加奈子に恋をするようになったが…。現在と過去の物語が交錯し、少しずつ浮かび上がる加奈子の輪郭。探るほどに深くなる彼女の謎。そして用意された驚愕の結末とは。全選考委員が圧倒された第3回『このミス』大賞受賞作品。読む者の心を震わせる、暗き情念の問題作。

著者 深町秋生
1975年、山形県生まれ。専修大学経済学部卒業。第3回『このミステリーがすごい!』大賞受賞、『果てしなき渇き』にて2005年デビュー。製薬メーカー勤務。

『サウスポー・キラー』
人気球団オリオールズの投手・沢村。ある日、沢村の「暴力団との癒着」と「八百長試合」を指摘した告発文書が球団とマスコミに送りつけられ、身に覚えがないにもかかわらず、沢村は自宅謹慎処分を受けてしまう。自身の潔白を証明するため、告発文書の調査を開始する沢村。やがて彼がたどり着いたのは周到に計画された恐ろしい陰謀だった!第3回『このミス』大賞を受賞した正統派ハードボイルド。

著者 水原秀策
1966年、鹿児島県生まれ。早稲田大学法学部卒業。不動産会社勤務、衆議院議員秘書(公設第二)などを経て、第3回『このミステリーがすごい!』大賞受賞、『サウスポー・キラー』にて2005年デビュー。





2015年12月30日

『パーフェクト・プラン』 第2回『このミステリーがすごい!』大賞受賞(2003年)著者柳原 慧(やなぎはら けい)





パーフェクト・プラン
612+glVtE6L__SX355_BO1,204,203,200_.jpg

代理母が引き起こした前代未聞の誘拐事件!

かつて新宿三丁目界隈に名を馳せるホステスだったが、現在は代理母として生計を立てる小田桐良江は、自分が産んだ子供が虐待を受けていることを見かねて連れ出してしまった。

そんな時に声をかけてきた老舗キャバクラ店の店長・田代幸司は、事情を知り驚愕するも、誘拐を利用したある大金強奪計画を思いつく。

誘拐ミステリーに新機軸を打ち出した。
著者 柳原 慧 (やなぎはら けい)
東京都生まれ。日本大学芸術学部卒業。デザイン会社へ勤務後、独立。第2回『このミステリーがすごい!』大賞受賞、『パーフェクト・プラン』(宝島社) にて2004年デビュー。著書に『いかさま師』『コーリング 闇からの声』『パーフェクト・プラン』(以上、宝島社)、『レイトン教授と怪人ゴッド』(小学館)などがある。



2015年12月29日

『四日間の奇蹟』 第1回『このミステリーがすごい!』大賞金賞受賞(2002年)著者浅倉 卓弥(あさくら たくや)





四日間の奇蹟
41YpdyxBUqL__SX346_BO1,204,203,200_.jpg

第1回『このミステリーがすごい!』大賞・大賞金賞受賞作として、「描写力抜群、正統派の魅力」「新人離れしたうまさが光る!」「張り巡らされた伏線がラストで感動へと結実する」「ここ十年の新人賞ベストワン」と絶賛された感涙のベストセラー。

脳に障害を負った少女とピアニストの道を閉ざされた青年が、山奥の診療所で遭遇する不思議な出来事を、最高の筆致で描く癒しと再生のファンタジー。
著者 浅倉卓弥
1966年、札幌生まれ。東京大学文学部卒業後、レコード会社へ就職。洋楽部ディレクターなどを務める。その後、翻訳会社、雑誌編集部ほかへ勤務。2003年『四日間の奇蹟』にて第1回『このミステリーがすごい!』大賞・大賞金賞を受賞、選考委員たちの絶賛を受けてデビュー。


DVDも出ています。




2015年12月28日

『道徳の時間』第61回江戸川乱歩賞受賞(2015年)著者呉勝浩(ご・かつひろ)





道徳の時間
51R1-C9zLEL__SX349_BO1,204,203,200_.jpg

問題。悪い人は誰でしょう?

ビデオジャーナリストの伏見が住む鳴川市で、連続イタズラ事件が発生。

現場には『生物の時間を始めます』『体育の時間を始めます』といったメッセージが置かれていた。

そして、地元の名家出身の陶芸家が死亡する。

そこにも、『道徳の時間を始めます。殺したのはだれ?』という落書きが。

イタズラ事件と陶芸家の殺人が同一犯という疑いが深まる。

同じ頃、休業していた伏見のもとに仕事の依頼がある。

かつて鳴川市で起きた殺人事件のドキュメンタリー映画のカメラを任せたいという。

十三年前、小学校の講堂で行われた教育界の重鎮・正木の講演の最中、教え子だった青年が客席から立ち上がり、小学生を含む300人の前で正木を刺殺。

動機も背景も完全に黙秘したまま裁判で無期懲役となった。

青年は判決に至る過程で一言、『これは道徳の問題なのです』とだけ語っていた。

証言者の撮影を続けるうちに、過去と現在の事件との奇妙なリンクに絡め取られていくが、「ジャーナリズム」と「モラル」の狭間で、伏見はそれぞれの事件の真相に迫っていく。
著者 呉勝浩(ご・かつひろ)
1981年青森県生まれ。大阪芸術大学映像学科卒業。現在、大阪府大阪市在住。本作『道徳の時間』で、第61回江戸川乱歩賞を受賞する。



2015年12月27日

「無縁の常闇に嘘は香る」【改題】『闇に香る嘘』第60回江戸川乱歩賞受賞(2014年)著者下村 敦史(しもむら あつし)





闇に香る嘘
41D4PXs5xvL__SX354_BO1,204,203,200_.jpg

「週刊文春2014ミステリーベスト10」国内部門 第2位。

「このミステリーがすごい!2015年版」国内編 第3位。

歴代の江戸川乱歩賞受賞作で両ランキングのベスト3に入ったのは史上初の快挙!

村上和久は孫に腎臓を移植しようとするが、検査の結果、適さないことが分かる。

和久は兄の竜彦に移植を頼むが、検査さえも頑なに拒絶する兄の態度に違和感を覚える。

中国残留孤児の兄が永住帰国をした際、既に失明していた和久は兄の顔を確認していない。

27年間、兄だと信じていた男は偽者なのではないか。

全盲の和久が、兄の正体に迫るべく真相を追う。

選考委員の有栖川有栖氏が「絶対評価でA」と絶賛し、選考会では満場一致で受賞が決定。

第60回を迎える記念の年にふさわしい、江戸川乱歩賞受賞作!
著者 下村敦史(しもむら・あつし)
1981年京都府生まれ。99年に高校を自主退学し、同年、大学入学資格検定合格。2006年より江戸川乱歩賞に毎年応募し、第53回、第54回、第57回、第58回の最終候補に残る。2014年に9回目の応募となる本作で第60回江戸川乱歩賞を受賞。



2015年12月26日

「ブージャム狩り」【改題】『襲名犯』第59回江戸川乱歩賞受賞(2013年)著者竹吉 優輔(たけよし ゆうすけ)





襲名犯
51A6MNDbuuL__SX352_BO1,204,203,200_.jpg

関東の地方都市で起きた連続猟奇殺人事件。

ルイス・キャロルの詩を下敷きにしたかのような犯行から「ブージャム」と呼ばれた犯人は、6人を殺害した後、逮捕される。

容姿端麗、取り調べにも多くを語らず、彼を英雄視する熱狂的な信奉者も生まれるが、ついに死刑が執行された。

そしていま、第二の事件が始まる。

小指を切り取られた女性の惨殺体。

「ブージャム」を名乗る血塗られた落書き。

14年前の最後の被害者、南條信の双子の弟、南條仁のもとへ「襲名犯」からのメッセージが届けられる。
著者 竹吉 優輔
1980年茨城県生まれ。二松学舎大学文学部卒業後、東洋大学大学院で文学を専攻。図書館で司書として働くかたわら、小説執筆をつづける。
2013年、本作にて第59回江戸川乱歩賞を受賞。
2014年『レミングスの夏』を発表。



2015年12月25日

『2015年12月25日』NHKラジオ第一「すっぴん!」「源ちゃんのゲンダイ国語」のコーナーで紹介された本





2015年12月25日のNHKラジオ第一「すっぴん!」、「源ちゃんのゲンダイ国語」のコーナーは、特別編です。高橋源一郎さんが今年読んだ本の中からおもしろいと思った3冊を、“年末年始、おすすめ図書”として紹介しています。
一冊目は『日本永代蔵』(著・井原西鶴)です。 

日本永代蔵
619MaCjZ9jL__SX348_BO1,204,203,200_.jpg

本格的貨幣経済時代を迎えた江戸前期の市井の人々の、金と物欲にまつわる悲喜劇を描く経済小説。

舞台は日本全国に及び、商売成功の方法を述べた実用書の面もあわせもつ当時のベストセラー。

成功談と失敗談の双方を描きながら、金銀万能の世相を活写して、町人生活の諸相をあぶり出す傑作。
著者 井原西鶴
江戸時代の大坂の浮世草子・人形浄瑠璃作者、俳諧師。別号は鶴永、二万翁、西鵬。 『好色一代男』をはじめとする浮世草子の作者として知られる。談林派を代表する俳諧師でもあった。

「ご存知、浮世草子の井原西鶴。初めて読んだ。日本、あるいは世界で最初の経済小説です。」
(すっぴん!ブログ:NHK)より


二冊目は『おひとりさまの最期』(著・上野千鶴子)です。 

おひとりさまの最期
414QXYTdqBL__SX341_BO1,204,203,200_.jpg

ベストセラー『おひとりさまの老後』から8年。その後、おひとりさまは増える一方です。著者も親しかった友人の死を身近に経験して、 「そうか、死は遠くにあるんじゃなくて、隣にあるんだ」…という気持ちになりました。そして「次はいよいよ私の番だ! 」。ではおひとりさまの私は どのように住み慣れた家での「在宅死」ができるのか? ひとりで死んでも「孤独死」とは呼ばれたくない。当事者の切実な問いをたずさえて、 医療・介護・看護の現場で疑問をなげかけながら、体当たりの取材を積み重ねました。 死の臨床の常識は変わり、従来の介護を支える家族は、どうも当てにならないことが実態のようです。本書は「在宅ひとり死」を可能にする現実的な必要条件を多方面に取材し、研究した超高齢社会の必読書です。「在宅ひとり死」のおススメの本です。

●目次
1 み~んなおひとりさま時代の到来
2 死の臨床の常識が変わった
3 在宅死への誘導?
4 高齢者は住宅弱者か?
5 在宅ホスピスの実践
6 在宅死の条件
7 在宅ひとり死の抵抗勢力
8 在宅ひとり死の現場から
9 ホームホスピスの試み
10 看取り士の役目
11 看取りをマネージメントする
12 認知症になっても最期まで在宅で
13 意思決定を誰にゆだねるか?
14 離れている家族はどうすればよいのか?
15 死の自己決定は可能か?
16 死にゆくひとはさみしいか?

著者 上野千鶴子
1948年富山県生まれ。社会学者。東京大学名誉教授。立命館大学大学院先端総合学術研究科特別招聘教授。認定NPO法人WAN理事長。日本における女性学・ジェンダー研究のパイオニア。近年、介護とケアの分野に研究領域を拡大している。

「フェミニズムの大家で、“おひとりさま”という言葉を定着させた人。いわば、シリーズの完結編ですね」
(すっぴん!ブログ:NHK)より


三冊目は『SAPEURS(サプール)』です。

SAPEURS - Gentlemen of Bacongo
51MTACLGaQL__SX378_BO1,204,203,200_.jpg

武器を捨て平和を愛し、世界一服にお金をかける最高にエレガントでかっこいいコンゴの男たち=サプールをとらえた写真集 『Gentlemen of Bacongo』日本語版。

アフリカコンゴ共和国のスラム街、月収3万円の半分をブランドファッションに費やし、 着飾った姿で土日の街を練り歩く「サプール」と呼ばれる男たちがいる。

フランス統治下から内戦の混乱を経て90年続く、外見と内面を磨く「紳士道の美学」! 

高級な服の内側に、人間は高貴さを備えていなければならない。

SAPEURSとは、人生における選択だ。

NHKドキュメンタリーで大反響!

世界のファッショニスタ注目の写真集。
「サプールとは、生き方がかっこいいとされるコンゴのファッショニスタのこと。今、世界から注目が集まってます」
(すっぴん!ブログ:NHK)より






「カラマーゾフの兄妹」【改題】『カラマーゾフの妹』第58回江戸川乱歩賞受賞(2012年)著者高野 史緒(たかの ふみお)





カラマーゾフの妹
41QQvB2PzcL__SX347_BO1,204,203,200_.jpg

カラマーゾフ事件から十三年後。

モスクワで内務省未解決事件課の特別捜査官として活躍するカラマーゾフ家の次男、イワンが、事件以来はじめて帰郷した。

兄ドミートリーの無罪を証明し、事件の真相を確かめたい。

ロシアでまだ誰も試みたことのない大胆な捜査方法を使い、再捜査を開始するイワンだったが、そこにまた新たな事件が起こり――。

十三年前の真犯人は誰なのか。

新たな事件は誰が、何のために起こしているのか、そして、謎解きの向こうに見えてくるものとは。

息詰まる展開、そして驚愕の結末!
著者 高野 史緒
1966年茨城県生まれ。茨城大学卒業。
お茶の水女子大学人文科学研究科修士課程修了。
1995年、第6回日本ファンタジーノベル大賞最終候補作『ムジカ・マキーナ』でデビュー。著書に『アイオーン』、『赤い星』など。編書に『時間はだれも待ってくれない 21世紀東欧SF・ファンタスチカ傑作集』(東京創元社)がある。2012年、本書で第58回江戸川乱歩賞を受賞。



2015年12月24日

川瀬七緒『よろずのことに気をつけよ』、 玖村まゆみ 『完盗オンサイト』第57回江戸川乱歩賞受賞(2011年)





よろずのことに気をつけよ
完盗オンサイト
よろず.jpg61VM45ONRrL__SX351_BO1,204,203,200_.jpg

『よろずのことに気をつけよ』
都内に住む老人が自宅で惨殺された。奇妙なことに、遺体は舌を切断され、心臓をズタズタに抉られていた。さらに、縁の下からは「不離怨願、あたご様、五郎子」と記された呪術符が見つかる。なぜ老人はかくも強い怨念を受けたのか?日本の因習に絡む、恐るべき真相が眼前に広がる!

著者 川瀬 七緒
1970年、福島県生まれ。文化服装学院服装科・デザイン専攻科卒。服飾デザイン会社に就職し、子供服デザイナーに。デザインのかたわら2007年から小説の創作活動に入り、2010年第56回江戸川乱歩賞の最終候補に選ばれる。2011年、同賞二度目の応募作『よろずのことに気をつけよ』で第57回江戸川乱歩賞を受賞。15年ぶりの女性受賞者にして、乱歩賞史上初の女性ダブル受賞として、大いに注目を集める。

『完盗オンサイト』
皇居に侵入せよ。
乱歩賞史上、最も困難なミッション。
天才クライマーが狙うのは、徳川家光が愛でた名盆栽!
皇居に侵入して、“お宝”を盗み出せ! ターゲットは、徳川家光が愛でたという名盆栽「三代将軍」。樹齢550年!? 報酬は1億円!! 天才フリークライマー水沢浹(みずさわとおる)は、多額の損害賠償を求められ窮地にある元恋人を救うため、この前代未聞の依頼を引き受ける。果たして勝算はあるのか?

著者 玖村まゆみ
1964年、東京都生まれ。中央大学商学部在学中、体育連盟航空部に所属する。同大学卒業後、航空会社にCAとして入社。20代から作家を志し、航空会社退職後、ポルトガル、島根県と居を移しながら創作活動を続ける。2011年、初応募で第57回江戸川乱歩賞を受賞。同賞15年振りの女性作家デビューを果たす。




2015年12月23日

『再会』第56回江戸川乱歩賞受賞(2010年)著者横関 大(よこぜき だい)





再会
51FODEGGrjL__SX350_BO1,204,203,200_.jpg

殺人事件に使われた拳銃。

在処を知っていたのは幼なじみの四人だけ。

嘘を吐いているのは、誰?

小学校卒業の直前、悲しい記憶とともに拳銃をタイムカプセルに封じ込めた幼なじみ四人組。

23年後、各々の道を歩んでいた彼らはある殺人事件をきっかけに再会する。

わかっていることは一つだけ。

四人の中に、拳銃を掘り出した人間がいる。

繋がった過去と現在の事件の真相とは。
著者 横関大
1975年静岡県生まれ。武蔵大学人文学部卒業。8年連続で江戸川乱歩賞に応募し、『再会』で第56回江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。



<< 2015年12月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
検索
カテゴリアーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。