広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2015年12月08日

『テロリストのパラソル』第41回江戸川乱歩賞受賞(1995年)著者藤原 伊織(ふじわら いおり)





テロリストのパラソル
61ATdLVA0cL__SX341_BO1,204,203,200_.jpg

ある土曜の朝、アル中のバーテン・島村は、新宿の公園で一日の最初のウイスキーを口にしていた。

その時、公園に爆音が響き渡り、爆弾テロ事件が発生。

死傷者五十人以上。

島村は現場から逃げ出すが、指紋の付いたウイスキー瓶を残してしまう。

テロの犠牲者の中には、二十二年も音信不通の大学時代の友人が含まれていた。

島村は容疑者として追われながらも、事件の真相に迫ろうとする。

小説史上に燦然と輝く、唯一の乱歩賞&直木賞ダブル受賞作!
著者 藤原伊織
昭和23(1948)年、大阪府生まれ。東京大学文学部仏文科卒業。大手広告代理店に勤務の傍ら、執筆活動を始める。昭和60年に「ダックスフントのワープ」ですばる文学賞を受賞。平成7年、『テロリストのパラソル』で江戸川乱歩賞、翌年には同作品で直木賞受賞。



2015年12月07日

「検察官の証言」【改題】『検察捜査』第40回江戸川乱歩賞受賞(1994年)著者中嶋 博行(なかじま ひろゆき)





検察捜査
51BC2hTxyAL__SX357_BO1,204,203,200_.jpg

大物弁護士西垣文雄が横浜の自宅で惨殺された。

首や手足はねじ曲げられ、顔は激痛にゆがんでいた。

検察官不足の背景もあり、事件の担当検事となった横浜地検の検察官岩崎紀美子は、恨みを買いそうな西垣の手がけた案件を調べていくうちに、資金繰りで追い込まれた産廃処理業者の社長自殺の事件にいきあたる。

だが、事件の闇は深かった。

検察庁と日弁連の確執とそれぞれの組織の主導権争い、その影が西垣事件の背後に見え隠れする。

そして東京地検が日弁連に強制捜査に踏み込むという騒然とする事態に進展。

上司の理解も得られず孤軍奮戦の岩崎には、脅迫者が迫る。

現役弁護士が、法曹界の闇に踏み込み、将来を予見したと評判を呼んだ江戸川乱歩賞受賞の本格リーガル・サスペンス。
著者 中嶋博行
1955年茨城県生まれ。早稲田大学法学部卒。ジョン・グリシャムの作品に影響を受けて小説執筆を始め、横浜弁護士会に所属しながら’94年『検察捜査』で第40回江戸川乱歩賞を受賞。



2015年12月06日

『顔に降りかかる雨』第39回江戸川乱歩賞受賞(1993年)著者桐野 夏生(きりの なつお)





顔に降りかかる雨
51R2Fyl1ueL__SX353_BO1,204,203,200_.jpg

親友のノンフィクションライター宇佐川耀子が、一億円を持って消えた。

大金を預けた成瀬時男は、暴力団上層部につながる暗い過去を持っている。

あらぬ疑いを受けた私(村野ミロ)は、成瀬と協力して解明に乗り出す。

二転三転する事件の真相は?

女流ハードボイルド作家誕生の’93年度江戸川乱歩賞受賞作。
著者 桐野夏生
1951年生まれ。’93年、『顔に降りかかる雨』で、第39回江戸川乱歩賞を受賞。’97年発表の『OUT』は「このミステリーがすごい!」の年間アンケートで国内第1位に選ばれ、翌年同作で日本推理作家協会賞を受賞。’99年『柔らかな頬』で、第121回直木賞を受賞。




2015年12月05日

「長い廊下」【改題】『白く長い廊下』第38回江戸川乱歩賞受賞(1992年)著者川田 弥一郎(かわだ やいちろう)





白く長い廊下
41XetduokOL__SX354_BO1,204,203,200_.jpg

十二指腸潰瘍手術後の患者が、長い廊下を病室に運ばれる途中に容体が急変、死亡した。

医療事故か? 巧妙に仕組まれた殺人事件か?

責任を問われた麻酔担当医・窪島は、独自に調査を開始し、意外な真相に辿り着く。

しかし、その時、彼はすでに大学の医局間の複雑な対立の中に、足を踏み入れてしまっていた。

現役の外科医が挑戦した、乱歩賞初の医学ミステリー。
著者 川田 弥一郎
昭和23年10月、三重県松阪市生まれ。本名、田上鑛一郎。名古屋大学医学部卒業。現在、愛知県渥美郡田原町の総合病院に外科医として勤務。専門は腹部外科。




2015年12月04日

『ナイト・ダンサー』第37回江戸川乱歩賞受賞(1991年)著者鳴海 章(なるみ しょう)





ナイト・ダンサー
21HRMZM8JGL__BO1,204,203,200_.jpg

M航ジャンボ機の貨物室から、アルミ合金をとかす特殊細菌があふれだし飛行困難に。

その菌をめぐる国際陰謀の渦のなか、米海軍戦闘機はM航空機撃墜にむかい、航空自衛隊機が緊急発進。

謎のジェット機ナイト・ダンサーをまじえ、息づまる空中戦が展開される航空サスペンス。
著者 鳴海章
1958年北海道帯広市生まれ。日本大学法学部卒業。91年『ナイト・ダンサー』にて第37回江戸川乱歩賞を受賞。航空冒険小説家として名を馳せる一方で、警察小説・時代小説も得意とする。





2015年12月03日

『剣の道殺人事件』第36回江戸川乱歩賞受賞(1990年)著者鳥羽 亮(とば りょう)





江戸川乱歩賞全集(18)剣の道殺人事件
51DN1X92EPL__SX345_BO1,204,203,200_.jpg

眼の壁に囲まれた密室。

衆人環視の中での殺人事件は、両国N大講堂で開催された全日本学生剣道大会の決勝戦で発生した。

殺されたのは武南大の副将石川洋。

京都体育大の岸本三段と対戦中のハプニングであった。

岸本犯人説が有力となるが、捜査は難航する。
著者 鳥羽亮
1946年8月31日埼玉県生まれ。埼玉大学教育学部卒。小学校教員を経て、’90年『剣の道殺人事件』で第36回江戸川乱歩賞を受賞 。



2015年12月02日

『浅草エノケン一座の嵐』第35回江戸川乱歩賞受賞(1989年)著者長坂 秀佳(ながさか しゅうけい)





江戸川乱歩賞全集(17)浅草エノケン一座の嵐
51H3CBE1N2L__SX334_BO1,204,203,200_.jpg

日中戦争の影がさす昭和十二年、浅草の人気劇団で看板役者が殺された。

容疑者として浮かび上がったのは、なんと人気絶頂の喜劇役者、エノケンこと榎本健一だった。

三重密室とアリバイの謎に、親友ロッパらと自ら挑むが、それをあざ笑うかのように第二、第三の殺人が。
著者 長坂秀佳
愛知県豊川市出身。1989年、『浅草エノケン一座の嵐』で第三十五回江戸川乱歩賞受賞。主にテレビ、映画の脚本で活躍中。



2015年12月01日

『白色の残像』第34回江戸川乱歩賞受賞(1988年)著者坂本光一(さかもと こういち)





江戸川乱歩賞全集(17)白色の残像
51H3CBE1N2L__SX334_BO1,204,203,200_.jpg

夏の甲子園大会、千葉代表と茨城代表の両監督はかつて大阪代表の名門信光学園でバッテリーを組んで優勝した実績をもつが、不幸な事故が二人を遺恨対決に変えてしまう。

東都スポーツの中山記者が二人を取材したが、そんなときハンデ師殺人事件が起きる。

高校野球への熱い思いを込めた乱歩賞受賞の傑作長編。
著者 坂本光一
1953年10月5日千葉県松戸市生まれ。東京大学農学部卒。在学中は野球部に所属、ショートとして東京六大学で活躍。現在、三菱商事勤務。乱歩賞初挑戦の『白色の残像』で、’88年第34回江戸川乱歩賞受賞 。



2015年11月30日

「ターン・ロード」【改題】『風のターン・ロード』第33回江戸川乱歩賞受賞(1987年)著者石井 敏弘(いしい としひろ)





江戸川乱歩賞全集(16)風のターン・ロード
51ZP4SJA3JL__SX334_BO1,204,203,200_.jpg

み…美恵ちゃん…娘たちの喉を突き破って金切声がほとばしった。

ふくよかな女の胸には1本のナイフが突きささっていた。

Z2を駆って芹沢顕二は単身、犯人を捜しに走る。

そこへ現われた“青い仔猫”という美貌のライダー。

そして盲目のピアニスト怜子。

疾走する青春群像を生き生きと描く江戸川乱歩賞受賞作。
著者  石井敏弘
1962年12月19日岡山県生まれ。岡山商科大学卒。’87年、乱歩賞挑戦3度目の『風のターン・ロード』で第33回江戸川乱歩賞を受賞。24歳での受賞は史上最年少だった。ミステリー・イベントの原作を多数手がける。



2015年11月29日

『花園の迷宮』第32回江戸川乱歩賞受賞(1986年)著者山崎 洋子(やまざき ようこ)





江戸川乱歩賞全集(16)花園の迷宮
51ZP4SJA3JL__SX334_BO1,204,203,200_.jpg

横浜の遊廓に、2人の少女が売られて来た。

飢えと不景気の昭和初期、歓楽の町に投げこまれた2人を、死と、恐るべき秘密が待っていた。

娼家を次々と襲う殺人事件、人間の欲望の凄まじさ、少女のけなげさが、巧みな展開と伏線、意表をつく結末で余すところなく描かれる、江戸川乱歩賞受賞の傑作推理長編。
著者 山崎洋子
1947年、京都府宮津市生まれ。コピーライター、児童読物作家、脚本家などを経て第32回江戸川乱歩賞を『花園の迷宮』で受賞し、作家デビュー。横浜を描く作家として名高い。現在は、小説だけでなく、ノンフィクション、戯曲なども手がける。2010年、NHK主催の地域放送文化賞を受賞。


DVDも出ています。



<< 2017年02月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
検索
カテゴリアーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。