広告

posted by fanblog

2015年12月28日

『道徳の時間』第61回江戸川乱歩賞受賞(2015年)著者呉勝浩(ご・かつひろ)





道徳の時間
51R1-C9zLEL__SX349_BO1,204,203,200_.jpg

問題。悪い人は誰でしょう?

ビデオジャーナリストの伏見が住む鳴川市で、連続イタズラ事件が発生。

現場には『生物の時間を始めます』『体育の時間を始めます』といったメッセージが置かれていた。

そして、地元の名家出身の陶芸家が死亡する。

そこにも、『道徳の時間を始めます。殺したのはだれ?』という落書きが。

イタズラ事件と陶芸家の殺人が同一犯という疑いが深まる。

同じ頃、休業していた伏見のもとに仕事の依頼がある。

かつて鳴川市で起きた殺人事件のドキュメンタリー映画のカメラを任せたいという。

十三年前、小学校の講堂で行われた教育界の重鎮・正木の講演の最中、教え子だった青年が客席から立ち上がり、小学生を含む300人の前で正木を刺殺。

動機も背景も完全に黙秘したまま裁判で無期懲役となった。

青年は判決に至る過程で一言、『これは道徳の問題なのです』とだけ語っていた。

証言者の撮影を続けるうちに、過去と現在の事件との奇妙なリンクに絡め取られていくが、「ジャーナリズム」と「モラル」の狭間で、伏見はそれぞれの事件の真相に迫っていく。
著者 呉勝浩(ご・かつひろ)
1981年青森県生まれ。大阪芸術大学映像学科卒業。現在、大阪府大阪市在住。本作『道徳の時間』で、第61回江戸川乱歩賞を受賞する。



この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/4365591
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
<< 2017年02月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
検索
カテゴリアーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。