広告

posted by fanblog

2015年12月21日

翔田寛『誘拐児』、末浦広海 『訣別の森』第54回江戸川乱歩賞受賞(2008年)





誘拐児
訣別の森
誘拐.jpg51Ghq40RidL__SX350_BO1,204,203,200_.jpg

『誘拐児』
終戦翌年の夏、5歳の男の子が誘拐された。“使い古しの新圓で百萬圓を用意しろ。場所は有樂町カストリ横丁”という脅迫状に従い、屈強な刑事たちが張り込むなか、誘拐犯は子どもを連れて逃げてしまう。そして15年後、とある殺人事件をきっかけに、再びこの誘拐事件が動き出す。

著者 翔田 寛
1958年東京生まれ。2000年『影踏み鬼』で第22回小説推理新人賞を受賞し、作家デビュー。本作で第54回江戸川乱歩賞を受賞し、単行本と併せて15万部を超える大ヒットとなる。著書に、『影踏み鬼』『参議怪死す』(ともに双葉社)、『逃亡戦犯』(講談社文庫、『祖国なき忠誠』より改題)、『築地ファントムホテル』(講談社)、「やわら侍」シリーズ(小学館文庫)などがある。

『訣別の森』
戦闘ヘリを無尽に駆った陸自の元エース・槇村は、ドクターヘリ機長として北海道の空を飛び回る日々を送っている。槇村は墜落した取材ヘリを救出、怪我人は自衛隊時代の部下・一恵だった。陸自を罷免された過去が槇村に鮮明に甦る。そして一恵は入院先から姿を消した。圧倒的スケールで謳いあげる男たちの叙事詩。

著者 末浦広海
1964年、兵庫県生まれ。関西学院大学経済学部卒業。2008年に、第54回江戸川乱歩賞を『訣別の森』で受賞。




この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/4365399
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
<< 2017年02月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
検索
カテゴリアーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。