広告

posted by fanblog

2015年12月20日

『沈底魚』第53回江戸川乱歩賞受賞(2007年)著者曽根 圭介(そね けいすけ)





沈底魚
41-Fc96pV2L__SX298_BO1,204,203,200_.jpg

現職国会議員に中国のスパイがいるという情報によって、極秘に警視庁外事課に捜査本部が設置された。

指揮官として警察庁から女性キャリア理事官が送り込まれるが、百戦錬磨の捜査員たちは独自に捜査を進める。

その線上に浮かんだのは、次期総理の呼び声高い芥川健太郎だった。
著者 曽根圭介
1967年静岡県生まれ。早稲田大学商学部中退。2007年、「鼻」で第14回日本ホラー小説大賞短編賞、『沈底魚』(本書)で第53回江戸川乱歩賞をそれぞれ受賞。’09年、「熱帯夜」で第62回日本推理作家協会賞短編部門を受賞。



この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/4365374
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
<< 2017年02月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
検索
カテゴリアーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。